よしなしごとR

2019年8月20日 (火)

よしなしごとR(31)

よしなしごとR(31)

一昨日、バイトの後久々に熱を出した

温めなおしていたポトフ、忘れて煮立ててしまい

塩加減はなぜか丁度よくなっていたけれど、

危ないことこの上ない~(;^_^A

 

かぁちゃん話「モスキート音」

モスキート音といえば、蚊のブーンていう羽音

あいつがあんまり気にならなくなってだいぶ経つ

いつのまにか、かゆゆになってることが増えた

まぁ、でもそれって年齢なりだと思ってたんだけど

先日テレビで「○十代で見える・聞こえる」という内容であれこれやってたの

見える方は眼鏡の補正もあるので、まあまあな結果

ところがっ!聞こえる方がええええっな結果

60代で聞こえる高音というのから流されたのだけど、

子どもたちが「鳴ってる鳴ってる」と当たり前のように

頷き合う横で

「え?もう鳴ってる?今も鳴ってる?」なかぁちゃん

やばいじぇ、モスキートどころの話じゃなかった

こうして聞きたくないことは聞かないばぁちゃんへの道一直線のかぁちゃんなのであった(;^ω^)

 

*お薦め韓国ドラマ「番人!~もう一度、キミを守る~」

 よしなしごとR(28)でご紹介した「リミット」でも、刑事役だったイ・シヨンさんが、また刑事役だったので観てみることに。華奢なのにすごいのよ。スタントもこなしてるのかな?どうやら「イタKiss」であの美女ヘラ役だったみたいで、なるほど見覚えがありやした。日本で言えば、北原景子ちゃんのような印象かしら。

検事長が悪でねぇ。そいつをその地位から引きずり下ろすためにグループの存在があるの。

 リーダーのドハン役、キム・ヨグァンさんの足の長さには見とれることもしばしばでしたが、ボケナスっぷりも中々見ものでんがな

 でもねぇ、番人になった理由がどれも痛い。それはあんまりだろうという設定で。。。でも、そのくらい悲惨な経緯がなければ、そうはならんかとも思う

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2019年8月13日 (火)

よしなしごとR(30)

よしなしごとR(30)

子どもたちが休みに入ったので、朝自分のペースで起床すればよいの。とっても楽~

 

*2019夏ドラ

NHK

「いだてん」「なつぞら」継続視聴中

・「猫的人生ドラマ~捨て猫に拾われた男」(前後編)

スローライフな感じがよかった。拾ってきた黒猫ちゃんに、危うく出社拒否で鬱になりかけていた旦那さんが救われるオハナシであった。良かったよぉ

 市原隼人さんご夫婦役がかわいい!(^^)!

・「これは経費で落ちません」

多部未華子ちゃんの主役がきっちりはまった感じです

経理って嫌がられたり軽視されたりと、中々サビシイ立場だったりするのではないかと思うんだけど、これは見直してしまうわよ。原作本も興味が湧きますね

・「子吉の女房」

誰の小説だったかな?司馬遼太郎さんかな?勝麟太郎の父ちゃんのセリフで、「一寸の虫にも五分の魂」ってのを記憶してる。

そういう渋さと古田新太さんというキャスティングのずれみたいなものが妙に楽しい。美し過ぎる女房もね

✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

 

日テレ

・「ボイス~110番緊急指令室」

 元はアメリカのものだったような気もするけど、韓国ドラマで観た記憶が新しい。あちらは、チャン・ヒョクさんの悲しみの演技が印象的でした。

こちらは唐沢寿明さんと真木よう子さんで。ストーリーはすごくよいのに、キャスティングが思いの外しっくりこず……かぁちゃん的には唐沢さんじゃなかったのかも。

 やっぱし初めに観たものの印象って強いのかな?

 

テレ朝

・「刑事7人」

間違いないですね~よかよか(((uдu*)ゥンゥン

・「警視庁0係」

これも相変わらず面白いだよ(´―`*)ウンウン

・「サイン~法医学者柚木貴志の事件」

うーん、元は韓国ドラマでかぁちゃん的には気に入ったものでしたので、バイアスかかっちゃうなぁ。

元作品同様、大森南萌さん演じるところの法医学者と仲村トオルさん演じる同じく法医学者の対決は期待してるんだけど、ちょっと控えめ気味?なんだろなぁ?

寧ろトオルちゃんの例の内閣付きなんとやらのイメージが強すぎるのかな?それなら、視聴を重ねれば払拭される気もするのかも。。。

・「セミ男」

えれーところに目をつけなさったなぁなドラマ。

うん、おもろ~大家さん姉妹が面白過ぎるし(*´艸`*)大川さんの地味すぎる感じも可笑しいし。。。

 

TBS

あれ?一個もないわ

 

フジTV

・「TWO WEEKS」

 あっちもこっちも韓ドラ原作が重なってますなぁ。どれもかぁちゃんは面白いと思った作品なので、待ちかねていたんですよ~。

全く別のキャラを作り上げて欲しかった気も少ししますねぇ。三浦春馬くんとイ・ジュンギさんだと全く違う役者さんですものねぇ。でも、やはり展開は気になる仕掛けで楽しめますよ

・「監察医 朝顔」

日本の医療モノ、法医学や科捜研などのドラマは、何となく安心して見ていられる。役者の顔を見せるために、実際の現場ならありえない素顔や素手なんてなくて、きっちり防護服をつけて演じてくれますもの。不自然な無理解もあんまりないし……主役の設定や雰囲気もよい

 

テレ東

・「きのう何食べた?」原作柴門ふみ

原作の絵のイメージが強いとちょっと違和感があるかもだけど、二人のやりとりがすごくいい。西島和敏さんと内野聖洋さんがゲイのパートナー役。どハンサムなお二人にゲイにしておくのは勿体ないなどど、差別発想が(;^ω^)

・「リーガルハート~いのちの再建弁護士」

反町君は絶対集落だったかな?以来、割と嫌な役者さんじゃなくなったので、観てみることに。

 実話を元にしているだけあって、すごく胸にきます

・「W県警の悲劇」

芦名星さんは好きな役者さん。アクションは封印して女性初の警視役。かっこいいと同時に苦しい

回ごとの女性刑事も立場が微妙なので、心の中で思わず頑張れ~となる

 

アニメ

「フルーツバスケット」継続視聴中

・「かつて神だった獣たちへ」

今までにない設定のストーリーという意味では、すごくよくできた作品ではないかと思います。哀しいそして面白いでっせ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年8月 6日 (火)

よしなしごとR(29)

よしなしごとR(29)

息が苦しくなるくらい暑いねぇ(;゙゚’’ω゚’’):

雨ばかり続いて早く夏にならないかとばかり名がっていたのに、1週間も経たない内に早く秋が来ないかな~

なはっ、自分勝手ですな(´―`*)ウンウン

ま、でも、なんでもいい塩梅が丁度いいもんです

 

3男話「かぁちゃんの変顔」

 先日、ちょっぴり体調がよくない時に、やたらくしゃみが出てムズムズ状態にすぐなって困ったんだけど。

 3男君に「今日の夕食何?」と喋りかけられた時のこと。返答しようとしたら、いきなりムズムズし始めた。

「うなっ、はひっ、ふほっ」とくしゃみが出そうで出ない感じでいて、その後「はっくしょーん」と一発。

すると、それを横からみていた3男君が一言

「げーっ、かぁちゃんのそんな変顔初めて見た~すげぇ」

って、誰でもくしゃみが出そうなら変顔になると思うけど。

自分で見られないので反論できないかぁちゃんだった

 

*お薦め中国ドラマ「永遠の桃花~三生三世」

「わたしのきらいな翻訳官」で主演のヤン・ミーさんが、狐族のイタズラ娘白浅役。親の手に負えず男の子司音として修業に出される設定。あいかわらずキュートでねぇ(*^m^*) ムフッ

 で、お気には主役の師匠墨淵で後に夜華皇太子になるマーク・チャオさん。珍しく主役です(●´ω`●)

師匠の時はお髭のせいかとても大人びてステキで、皇太子以降は、記憶をなくした白浅の素素とのやりとりが、ともかく微笑ましくって♪

 すっかりはまってます。瑯琊房と同じくDVD観てテレビ観てと、がっつり( ̄皿 ̄)うしししし♪だけど、テレビの方は野球に邪魔され?中々進展せず(_ _|||)

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年7月30日 (火)

よしなしごとR(28)

よしなしごとR(28)

急になんなん?この暑さってば

外にいるとちょっと気分が悪くなる(;^_^A

これから夏本番なのに、もうすでにバテてます

 

長男話「恐ろしい発想」

前々回、つぶやいたと思うのですが、近頃頭汗をすんごくかいて、バイト中にも流れ落ちてくるかぁちゃん

 そんなことを長男君にぼやいていたら

「まさかの禿げてきて空いた毛穴から汗が出てるとか?」

「ええっ、そんな恐ろしい発想なかったわ~~~」

返答しつつ、中学時代から一つの毛穴から一本しか生えてない、禿げっぽい、つるちゃんなどと言われていたかぁちゃんとしては、あまりにも思い当たる節が……

「うぇぇっ、まじか?禿がすすんだ?なぬぅ」

いつまでも、ぞわぞわしてるかぁちゃんにまた一言

「ん?毛穴と汗腺って一致してたよな?」

ダメ押しの一言に、ぎゃふんなかぁちゃんであった

( ノД`)シクシク…

 

*お薦め韓国ドラマ「リミット」

初めての俳優さんが主役だなぁと思って観ていたのだけど、どうもジュヨン役の女優さんに見覚えが。

「ミス・コリア」「夜警日誌」「あなたが眠っている間に」にご出演のコ・ソンヒさんでした。中々印象的な美人さんですよ。

なんだかすんごく可哀そうな設定でした。幸せの絶頂にあったカップルが、女性の過去の関係で崩れていくのだけど、毎回うわぁひでぇな扱われ方。

キム・ムヨルさん演じるドヒョンは特殊部隊出身設定なので滅相強い。だからって、一人ではどうにもならない時に、協力者が出てきたりして、最終的にハッピーエンドではあるけど、ぶちっと切られたような、後味の悪さ。

それでも、ともかく毎回待ち遠しかったですよ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年7月23日 (火)

よしなしごとR(27)

よしなしごとR(27)

先日、長男君のママ友達とランチしたのだけど

お目出たいお話がいっぱい飛び出した(∩´∀`)∩

そそ、結婚話が続出。うわぁぉ

仕入れた情報を長男君に伝えたところ、

目出たいとは思うが、自分は暫くない、

面倒くさくなっちゃったそうな( ノД`)シクシク…

孫には中々会えそうにないなぁ

 

3男話「あと20年?」

期末テストも終わって、就職後も家に居る長男と休日ゲームを楽しんだ3男君、突然かぁちゃんに宣った

「かぁちゃん、あと20年は長生きしてね」

「なんで20年って限定なのよ」

(小学生の頃は200歳までとか言ってなかった??)

「え?大学行って就職してしばらくするまで、楽したいじゃん?」

「らくぅ~~~?」

しまったという顔をしてたが、もう遅い。

言っちゃった言葉は戻って来ないのさ

「就職したらさっさと出て行ってもらうかな~」

「えー長男君は、そう言ってまだ居るじゃん」

「阿呆!人生そんなに甘かぁないわ」

ぷりぷりっ、腹の立つ奴らじゃ

人生を20年と区切られてご不満なかぁちゃんであった

 

*お薦め和書「慈雨」柚月裕子作

 この方のモノは初めて?なのですが。何だか気になって読んでみることに。後ろの解説に書店員さんの素晴らしい文学的解説が出ていて、同じ書店員でもかぁちゃんには無理だなぁと、変なところで感心したりして(;^ω^)

 かぁちゃんはというと、以前のブログ「うらきゅん(30)」で紹介したルポ「文庫X」が思い出されてならなかった。 

ちょっと、内容に触れてしまうのですが、冤罪の重みを、被害者やその家族でも犯罪者にされてしまった人でもなくて、冤罪を起こしてしまった側つまり真犯人ではない人を犯人にしてしまった側の人間の葛藤を描いていた。

間違いを認めるのにプライドが邪魔をする。。。でも、冤罪は常に真犯人を擁護してしまうの。犯罪者と紙一重の人の起こるかもしれない犯罪を犯人ということにして防ぐことと、犯した罪を放置することを同列で語らないで欲しい。そんなことをしみじみ考えました

 久しぶりに文字数の多い小説を一気読みしてしまった。

 ちなみに、同じ作者の「朽ちないサクラ」もとてもよかったです。これの続きを早く読みたいですぅ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2019年7月16日 (火)

よしなしごとR(26)

よしなしごとR(26)

最近頭から汗が流れる

心臓もちょっとバクバクしてるし、

体調悪かった時に、食べて寝る方式で治したので

ちょい太ったせいかしら?

バイトの時品物に落とさないように気を付けんと

 

2男話「またまたカミングアウト!」

家の中では無口な方の2男君は、たまぁに過去の失敗談をぽろっと告白する。

大抵が、ぎょっとするようなことなのですが、これもまたまじで!?な驚きに満ちた告白でしたわ~

かぁちゃんが歯医者の予約の日にちを間違えたという話から、あるある話で盛り上がったところで爆弾発言!

「俺さ~、大学受験の時にね、私立の第2志望の試験日に行って受験票出したらさ。『あれ?これ昨日のだよ。終わってるよ~』って言われてさ」

「なんですと~~~んで、どうしたのよ」

「どうしようもないから、マックで時間つぶした」

「ああああああああ」

受けてたからって受かってたとは限らないけどさ、それでも自分でチャンスを潰しちゃうなんてありえね~

「まさか、ドミノ式に他の日にちも違ってたなんてことはないわよね?」

「えーとそれない」(怪しいぞぉ)

「と、ともかく、就職活動でそれはしないでね。信用にもかかわるからね」

「さすがにしないでしょー」(信用ならんわっ)

全く持ってまじかなオハナシであった(;’∀’)

 

*お薦め韓国ドラマ「法廷プリンス イ判サ判」

「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」という法廷モノも観てたし、「操作」など他にも、法廷が絡むドラマがあれこれありましたねぇ。なんでしょ、あっちもこっちも検事か判事か弁護士か……

ちょっとコミカルとシリアスを混ぜるところが、韓流っぽい。しかも、その立場の方が闇を抱えていたりして。。。

 法廷ものがあまりふざけた内容だったりすると、嫌なんですが、どれもぎりぎり真面目。ただし、そこまで同じ人に問題が集中するのはドラマであっても不自然かも?とも思ったりして。韓流ならではなのかな?

 日本のものでも海外のものでも、法律がどういうものかよく考えるきっかけにしたいものだと思ったりして

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2019年7月 9日 (火)

よしなしごとR(25)

よしなしごとR(25)

もーひんやりシーツに取り換えた途端寒い

明け方とっても冷える

どうしてこうタイミングが悪いんだろーねけ

ε=(・д・`*)ハァ…

 

3男児話「黒い影?」

そもそも子どもって親に対してイタズラするの好きですよね?家だけかしらん?

 ま、ともかく、そういうオハナシです

上二人は大人だし、3男君も高校生ですから

帰宅時間は遅くなる一方。

ゆえに、夕食を作っている最中は一人のことが多くてね。

 煮る焼く炒めるの音の中、一人静かに家事に勤しむかぁちゃんを絶対わざと驚かしてると思う

突然目の前に現れる怪しげな黒い影……

「うおっ、びっくりした」な毎日

かぁちゃんがチキン過ぎる?

それとも、ドアが開く音や足音は?な耳の問題?

いずれにしろ、ドキドキ?な毎日でんがな(;’∀’)

 

*お薦め韓国ドラマ「花郎」

 きれいな男の子ばかりを集めてのドラマなのかと、何となく引いてたので観てなかったんですが、「金よ出て来い☆コンコン」のパク・ソジュン君が主役のお一人と聞いて観てみることに。。。

 お気には叔明王女とパンリュ。どっちも何だか気の毒な立場の若者なのよね(´―`*)ウンウン

 意外と重たい内容。ヨンシル役のキム・チャンワンさんは相も変らぬ怪演ぶりで、全体をすごく引きしめてくれて、この人なくばという感じでしたよ。中々面白かった

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

2019年7月 2日 (火)

よしなしごとR(24)

よしなしごとR(24)

蒸し風呂な外。。。どないせーゆーんでしょ

九州は災害ばかりで、本当にお困りでしょうね

何とか無事にやり過ごして下さいね

暑いので体調にはどうぞお気をつけて

 

*お薦め2019年春TVドラマ

 ほぼ終了していて、もう夏ドラが始まろうという時期に今更ですが(‘◇’)ゞ

○NHK

 ・「なつぞら」

  朝ドラでは、家族に魅力がなければ面白くないと思うのですが、じぃちゃんはじめ何だかいいんじゃないかしらと思う。人生の行方、恋の行方気になりますね

 ・「いだてん」

  日曜の大河ドラマにチャンバラや戦略戦術ものを期待している方々からすると、面白くないかもだけど、知らない時代や事象を描かれたものは、やっぱり興味を引かれてしまう。観てます

 

○テレ朝

 ・「緊急取調室2」

  2はいまひとつなことも少なくないし、大杉蓮さんが亡くなられてトーンダウンしてしまうかと思っていたのですが、代わりに入ってきたキャストに味があったし、ストーリーも目を離せない展開。おもろ~でした

 ・「特捜9」

  長らく続いた「9係」が装いも新たに再発進。新しいキャストもはまりつつ安定の面白さ。やっぱりいいねぇ

 

○TBS

 ・「インハンド」

 山P主演なので観始めて、改めて山Pいいわぁと思いつつ、岳ちゃんって本当にスーパーサブというかドラマを面白くするバイプレヤーだなぁとつくづく感心

 ・「わたし定時で帰ります。」

  吉高ちゃん主演となればとりあえず観るともさ。んで、今時なんだなぁと思いながら。。。ユースケやな奴だわぁ

 

○フジテレビ

・「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」

 観ようによってはちょっと不気味な雰囲気の放射線科技術者役のクボタ君を始め、この科のメンツはとっても味のある方ばかりでよい。もちろんアリスちゃんも(^^♪

個人の趣向で本田翼ちゃんは違うキャストの方がよかったなぁと思うのだけど、ま、幼馴染に強い憧れとなるとこれくらい美しくないとね(ノ´∀`*)

現実世界でも、医者とか技術者とか、どうでもいい区分は捨てて、患者ファーストでお願いしたいもんです。一部の銀行では販売売上ではなくて顧客に目を向ける方向転換があったようだもんね

・「ストロベリーナイトサーガ」

 一度放映されたもので以前の記憶がまだ鮮明なものは、台本を大きく変更するかキャスティングにメスを入れるか、より大きな工夫が必要と思われるのですが、、、

 一番気になるのはガンテツかなぁ?かっこよすぎる気がすんのかぁちゃんだけかしらん?

 ・「警視庁捜査資料管理室」BSフジです

 仮がとれた上に部下までできて、ひとまずよかったね~なのに相変わらず妄想推理がとまらない。この役者さん、なんとも言えずいいです(^w^) ぶぶぶ・・・

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年6月25日 (火)

よしなしごとR(23)

よしなしごとR(23)

あれ?折角アップの曜日変更したのに、

また忘れてた~(;’∀’)デヘヘッ

ブログ巡りも全くできてないし、申し訳なさいっぱい

 

かぁちゃん話「ホワイトアウト?」

 すんまへん。連続してかぁちゃん話で(;’∀’)ダハハッ

先日、アルバイトの最中に突然左目の前が真っ白に~~

かーっ、ついに白内障が来たかっ💦

内心とっても焦りましたよ~

接客中だったのですぐに確認ができず、

手がすいた時に目を拭こうと眼鏡を取ると、、、

視界良好でんがな

眼鏡に汗がたっぷり垂れてたのが乾燥した空気で急速乾燥。。。んで、見え難くなってたってわけ

あ~焦った。見えなくなったら家族の生活がすごく不便になっちゃいますものね。

健康にもっと気を配りたいと思うのであった

 

*お薦め中国ドラマ「花と将軍~Oh My Jeneral~」

 「太子妃狂想曲」で将軍様を演じたション・イ-ルンさん主演なので観ることに。ともかく俳優陣が美しいわよ。かぁちゃんのお気には、葉昭の軍師「孤狸」。女将軍にひそかに心を寄せる哀愁がたまらんかった。

ストーリーは、うむむっ、おっとり話が進んでいく印象ですが、くすっと面白い。将軍が実は女だったというのは、どこかで観た設定ですねぇ。でも、将軍と群王夫婦がともかくキュート(^^♪で微笑ましい

 この二人どうなるん?と、先が気になる仕掛けでした。陰謀をめぐらす祈王様、見た目からは想像もつかない陰険で腹黒い人だったけど、最後哀れでしたねぇ。

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年6月18日 (火)

よしなしごとR(22)

よしなしごとR(22)

体の調子がお天気に左右されてるような気がする

なんか夏を前にすでに夏バテしてるような……

みなさま、お体には十分気をつけてちょ

 

かぁちゃん話「地図が読めない女」

 以前脳科学的なお話で、こんな題名の書籍は流行ったことがありましたが、ご多聞にもれずかぁちゃんも読めん

 子どもが小さい時に三軒茶屋に用があって、3人連れて行った時の事。地下から上がって地図を広げたのはいいけれど、どっちが北か全くわからず、地図をぐるぐる……

 回したからと言って分かるようになるわけじゃないのにねぇ。目印を探しなさいよと。。。そこへ

「何やってんの、ママ。貸して」

イライラ気味に長男が地図を奪い取った。そして、さっさと歩き始めて、目的地へと。

 子どもの成長を目の当たりにして嬉しかった半面、かっこ悪い母の姿を見られて恥ずかしいことこの上なく。。。

 かくして地図が読めない女であることが一発でばれたのであった。今は、グーグルがあるじゃん?

いえいえ、そいつをもってしても、真反対に進んじまうんだにゃ、これがさ

 

*お薦め韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」

人気の役者さんお二人が主役。「君の声が聞こえる」「ピノキオ」のイ・ジョンソク君が新米検事役で、そして「むやみに切なく」「九家の書」のペ・スジちゃんが悪夢を見続ける新聞記者役で。

このキュートなカップルに、爽やかにチョン・ヘイン君演じる警察官のウタクが加わって。更に……

 ユ・アインさんの「チャン・オクチョン」で可哀そうな東平君役だったイ・サンヨプさんが、うわぁ自己中~な先輩弁護士役で怪演。いや~こわっ

 正夢をここまで突っ込んでドラマを作ったものは初めて観たかも。面白かったよ~

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ