感想など(うらきゅん)

2017年5月29日 (月)

うらきゅん(35)

50肩かしらん。いてー

右肩が痛くてあがらんじょー

肩たたきで叩くと暫く楽になるけど、すぐ戻っちゃう

どうにかなんないかしら

さ、気分を変えて。あげあげでいきましょ~♪

 

 

うらきゅん(35)

韓国映画「ハッピーログイン」

あい、またまたアインさんが出ている映画です(^^♪ルン

3組の男女の恋愛模様をさらりと描いています

一組目、「冬ソナ」のチェ・ジウさんと「ホジュン」のキム・ジェヒョクさん演じるCAとシェフの二人。ゆえあって、同居することに。兄妹のような関係からやがて愛を育むようになっていきます

二組目、「六龍が飛ぶ」のユ・アイン♪さんと「キムマンドク」のイ・ミヨンさん演じる兵役後の人気俳優と脚本家の二人。兵役前からどうやら何かあった模様の二人は、素直になれない愛に苦しみます。コートキスがラブリー

三組目、「未生」のカン・ハヌルくんと「ファントム」のイ・ソムちゃん演じる天才作曲家とドラマプロデューサーの二人。初恋と一目ぼれで、初々しい恋愛関係を築きます。すごくキュートでした

それぞれの恋が優しくて温かい。ほのぼのする映画でしたよ(#^.^#)

え?アインさん?うへへへへっ、かわいかっこよし

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

うらきゅん(34)

uu眠い~といいつつ、朝寝坊して更に昼寝して。。。

ちかれたびぃ(;^ω^)

今週がまた始まりました

がんばです

 

 

うらきゅん(34)

韓国ドラマ「イノセントデイズ」早見和真作

 この作者さんの書籍は多分初めて読んだと思います。

表題の作品は、昨年日本推理作家協会賞を受賞したんだそうで、話題性も十分ですから、既にお読みの方も多いのではないかと思います。本屋さんの店頭にもたくさん並んでいるしね

でも、やっぱりご紹介したくて。。。

どうしてだろうか?虐待された人というのは、自分の存在が不幸を招いていると思い込む。時にはありえない状況のことすら、自分が原因ではないかと思い悩む。そして、あまりの加害者意識に、その存在を抹消したいと真剣に思っている。。。多分虐待経験がないと理解は難しい

 本作の主役、田中雪乃の望みも究極そこにあった。

殺人事件の犯人として本書の始めから存在して、死刑囚として描かれている彼女の望みは、早期の死刑執行。

 だが、彼女の犯した罪が幼い頃から関わって来た人々によって、小説上は解き明かされていく。

 この謎がどうで、結末はどうなのか……

読み応えのある小説をお探しなら、ぜひご一読を

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

うらきゅん(33)

うまくいかねーっす

ちゃんと回れなくてごめんなさい_(._.)_

時間はあるけど、頭が別のことでいっぱいです

ともかく一生懸命書いてます

1年後には出版できてるかなぁ(;^ω^)

 

 

うらきゅん(33)

韓国ドラマ「オクニョ」

「私の娘、コンニム」で主役を演じたチン・セヨンちゃんが主役の長編時代劇。わーい、セヨンちゃんだーと録画

ちょっと不思議な設定のフュージョン時代劇ですよ。

なんと彼女は、典獄署で生まれたのでオクニョと名付けられ、各種犯罪者からその知恵と技能を授かった天才田母てな設定です。

 産んですぐ死んだ母の正体と追われた理由を知る人生の始まりです。面白いです

んー不満を言うと、今のところ好みの男優がおらんっっ!

ププッ( ^)o(^ )

でもまぁ、脇を固めるベテランさん達はお気に入り

オクニョの育て親になっちゃた典獄の役人チ・チョンドク さんには、「太陽と月」で王様の内官ヒョンソンを演じたチョン・ウンピョさん

オクニョの師であるパク・テスには名優チョン・グァンリョルさん

オクニョを追い詰めていく文定王妃役には、美しくて冷たい女の役どころはNO1のキム・ミスクさん

と、見どころもあれこれ(#^.^#)ゴキゲン♪

中々面白いですよ~

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

うらきゅん(32)

生活のペースがもどりません

困りました(;^ω^)

もうしばらくお待ちくださりませ

お返しにあがりますね

ちょっと下調べが足らないのですが、今シーズン観ているドラマをご紹介しますね。連続して観られてないのもあるのですが、とりあえず。。。

 

うらきゅん(32)

日本ドラマ 2017年上期前期

○NHK

・「ひよっこ」

  この朝ドラ。いいねぇ、普通で。かぁちゃんが生まれた頃の設定なので、共感とまではいきませんが、昭和中期の日本の時代性をしみじみと感じるお話です。何だかね、炊き立てのご飯を頂いてるような感じ(*´艸`*)

 有村架純ちゃんがいいのよね。そして、父ちゃん母ちゃん祖父ちゃんに、なんと豪華なキャスティング

 篤くて温かくて、ほっとするお話の数々。脚本がいいのかな?岡本恵和さん。何となく「北の国から」っぽい?

 

・「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」

多部未華子ちゃん主演で、ほわんとした雰囲気で、お手紙の温かみをしみじみとかんじさせてくれる珠玉のオハナシです。ほっとします(*)

 

・「4号警備」

 警備対象によって1~4号に分類されている警備。民間の警備会社に所属する二人の警備員が、毎回色々な人を守っていくのですが、そこにそれぞれドラマがあります

キャスティングもよくて、面白いですよ

 

○日テレ

・「ぼく、運命の人です」

ラブコメディでしょうかねぇ。それにしても、亀梨君と山下君の使い方が、やられたーって感じがします。毎回楽しい気分になるので観ています

 

○BSジャパン

・「百万円の女たち」

 近頃いい漫画が多いんでしょうかね~。これも漫画発。すごく面白いです。設定も特異で目を引かれます。次回が楽しみな作品です

○TBS

・「リバース」

 原作がいいものですからねぇ。ものすごく緊張感があります。役者さんも演技派を揃えてらして、毎回楽しみです

 

○テレ朝

・「緊急取調室」

 さすが刑事ものはテレ朝です。前回も犯人とのかけひきが、とっても面白かったドラマ。天海祐希さんをおばはん扱いするベテランの刑事達が、アメとムチやら何やら、取り調べのテクニックを駆使して解決へと導きます

 

○フジテレビ

・「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」

 これも原作があるらしく、既にアニメ化もされているようですが、知らないので新鮮に楽しんでいます。米国ドラマの「ボーンズ」好きには若干抵抗がないこともない?

でも、毎回楽しいですよ

 

・「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」

 ハードな刑事ものといった感じかなー。小栗旬くんと さん、田中哲司さん、野間口さんともったいないくらい豪勢な共演陣。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

うらきゅん(31)

うーーーー、書いている小説が行き詰ってます

なんとか、自費出版にはこぎつけたのにね、

思う通りに書きなおせないのよね~

今回は、時間をしっかりかけてなるべく多くの方に読んでいただけるようにしたいのです

頑張るのにゃ(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

 

 

うらきゅん(31)

韓国ドラマ「高潔な君」

久々に観ましたよ。ツンデレ王子とお天気娘のオハナシ

で、単純に楽しかった

んで、何だか妙に進展が早いなぁーとは思ってました。

そこは、いつもの韓ドラなら、結論に結びつくまで紆余曲折だらけで、時には何の目的だったか忘れちゃうくらいなのに、はて?ひっぱらんなーと。

したら、にゃんと7話で終了

あははっ、よっぽど裏番組にもっていかれたか、面白くなかったのか、視聴率がとれなかったのね

それにしても、感想らしいものに到達する前に終わっちまって、何やら物足りない感じだわねぇ

そういえば、この前、女子高生が過去にタイムスリップするお話「ホダンホダン」だっけかな?それも超ウルトラ短くて、はあっ?ものたりなあぁいとなったけ

そーねー、確かにそろそろツンデレ王子観たいかもね

あれがいいかな?「シンデレラと4人の騎士」だっけ?

もし、よいツンデレ王子ドラマがあったら教えてちょ

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

うらきゅん(30)

この土曜日、長男君の運転でかぁちゃんの実家へ

85と81の老夫婦です

かぁちゃんが50代中盤なので、当然と言えば当然ですが、父は頭に小さな動脈瘤があって静かに暮らさねばならず(高齢で手術は危険なんです)、母はだいぶん痴呆が進んでいました

なるべく行こうと思いますが、なかなか(;^ω^)

子育ても含め、悩み多きかぁちゃんです

 

 

うらきゅん(30)

書籍「文庫X~殺人犯はそこにいる」清水潔作

 先日9歳の女の子が誘拐された挙句殺されるという痛ましい事件がありました。その報道に際し、思い出さずにはいられない本でした。

 これは実話です

子どもを持つ一人の親として注視していた事件の数々。。。

実はその真犯人がつかまっていないかもしれないことを、この本は元記者という立場から丁寧に描いてくれました。

 それは、ものすごく恐ろしい事実です

今回の事件は、場所が違いますが、犯人像に同じような臭いを感じます。証拠を無造作に残しているようで、真実に連なるものは実は残されていない、気づかれていない。そうこうしている内に、未解決事件になっていってしまわないか?

 そんな不安にかられてしまいます

どうぞ今回の事件は犯人を捕まえて、その罪を罰してください。どうかお願いします

 実話の持つ重みをか恐怖とか、向き合う勇気をもって。ぜひ読んで欲しい書籍のひとつです

 

これ、書いた時、まだ容疑者がいなかったです。何とPYAの会長である人が容疑者として捕まったとか。でも、まだ犯人と確定したわけではないですよね、冤罪にならないよう慎重にしっかり証拠を固めてから起訴して罰してほしいものですよ。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

うらきゅん(29)

今日は雨が降るらしい

昨日からの異常な暑さに加えて、湿気かぁい!!

体がもたない感じです

みなさま、健康には十分お気をつけてなりよ

 

 

うらきゅん(29)

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ」

主役のソ・ジヌは、癒しの俳優ユ・スンホ君。

アルツハイマーに苦しみ、冤罪で収監されてしまったお父さんに、名優チョン・グァンリョルさん

相手役のイ・イナ検事に、正義感の強い役はもうベテラン級のパク・ミニョンちゃん

気になる配役でしたし、何だかかわいそうな設定のドラマのようでしたので見始めました

んで、今回かぁちゃんに強烈なインパクトを与えて、このドラマを観続けさせたのは、何でもやっちゃう弁護士パク・ドンホを演じたパク・ソンウンさん。その他「太王四神記」「製パン王キム・タック」「アテナ」「階伯」、でもお目にかかっていたようですが、この役の強烈さは超弩級といえましょーっっ。権力と恩に縛られて少しずつ小さくなっていく感じが切なかった。すごい好きな役柄です

人に罪をなすりつけ微塵の反省もない保険会社常務ナム・ギュマン役には、「匂いの見える少女」でも悪役を演じたナムグン・ミンさん。

こういう財閥系のアホ御曹司は、実在でもしたのでしょうかねぇ。映画「ベテラン」でユ・アインさんの演じた御曹司もなにやら近いものがありましたもの。ミンさんでいうと、「匂いの…」の悪役の方が、背筋がぞぞっとする感じが好きですよ。

ストーリーは胸が痛くなるような面もあるのですが、弁護士ソン・ジェイクを演じたキム・ヒョンボムさんがいいお味を、カン・ソッキュを演じたキム・ジヌくんが爽やかに痛快にしてくれています

お時間があればぜひ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

うらきゅん(28)

てーへんだぁ

久々に更新するのを忘れてました

ポチ返しをしているときに、はっと(;^ω^)

とりあえず、書き溜めておいてよかったと思いつつ

アップします~

今更ですが、読んでちょ

 

 

うらきゅん(28)

日本ドラマ「三屋清左衛門残日録」藤沢周平原作

このごろ日本の時代劇でドキドキするのが少なくて、ご不満だったかぁちゃんですが、久々に楽しみにしてました。

BSフジにて3週連続で放映された表題の時代劇、面白かったです

北大路欣也さん、伊東四朗さん、、、、、

とまぁ御大がいっぱい

派手なアクションを期待するとちょっとがっかりかもですが、重厚な演技で十分に補って下さいます

江戸時代、ある藩のお家騒動を隠居した清左衛門が、その立場から解決に導いていくのですが、その間に描かれる彼の幼馴染達の老いがすごく身に沁みますねぇ

いいドラマでした(´―`*)ウンウン

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

うらきゅん(27)

さぁて、新学期が始まりますねぇ~

早くリズムのある生活にしたいなぁと思いますが、どうなることやら

大学生が2人って。。。(;^ω^)

もう知らん。勝手にしてもらおう~

 

 

うらきゅん(27)

韓国ドラマ「ヒーラー」

ヒーラーと称する闇の請負人、、、身軽でちょっと忍者みたいな身体能力。それだけでもかっこいいですね~

このヒーラー役にチ。チャンウクくん。特別好きな役者さんではありませんでしたが、「ペク・ドンス」はよかったですよね~(゚д゚)(_)ウン「奇皇后」では元の気弱な皇帝役でした。

 幼馴染で恋人で、しかも全編に通じる謎を解き戦う同志でもある読んしん役にはかわいいパク・ミニョンちゃん。彼女はとっても大好きな役者さん。「トキメキ成均館ス、キャンダル」に始まって「シティーハンター」「Dr.JIN」「幻の王女チャミンゴ」「弁護士の資格~改過遷善」「リメンバー~記憶の彼方へ」と、どの役もよかったですよ。

 この二人を引き裂き、互いが互いと分からぬようにしてしまった、敵役で御大に「六龍が飛ぶ」でインギョム役をド迫力で演じたチェ・ジョンウォンさん。ご自身がそのまま俳優さんとして御大ですよね。

それから、二人の両親の親友だったのに、その御大にひざまずいてしまった男キム・ムンシクには、「私の娘コンニム」でコンニムのお舅役だったパク・サンウォンさん。「太王四神記」「シンイ~信義」でもお目にかかりました

 うーん、人間関係とか謎とか、そういうのは知らない方が楽しめると思うので書かないで置きますね。でも、とっても面白かったので、観てみてね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

うらきゅん(26)

眠いぞ~、何としても眠いぞ~

春眠暁を覚えずなんて優雅に言ってる暇はないけど、寝ていてもいいもんなら昼間でも寝ていたいよ~

そう、花粉症たけなわな今日この頃

薬を飲んでも飲まなくても、ともかく眠い。。。

一瞬で寝落ちしちまう。。。やばしっっっ

 

 

うらきゅん(24)

和書「信じられない現実の大図鑑」

シリーズで出版されている図鑑なのですが、切り口が面白く活字嫌いな3男君によいかもと思って買ってみました

彼の反応はよく分かりませんが、中々面白いです

って、一番面白がってるのはかぁちゃんだにゃ(;)

たとえば、木星の大きさの表現が、中から1320個もの地球がこぼれてたり、、、

世界在台の氷山の大きさが、ベルギー一国分ほどあるのを重ねてみたり、、、

世界中の氷が全て解けたら、自由の女神像が半身浴状態になってたり、、、

見て愉しむ図鑑なのかもです(*)

 

他に、「まぎらわしい現実の大図鑑」「ウソのような現実の大図鑑」あと、多分「ありえない現実の大図鑑」とあるようですよ~知的欲求が満たされるかもです(#^.^#)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧