感想など(うらきゅん)

2018年2月19日 (月)

うらきゅんなこと(72)

かぁちゃんの小説の宣伝を暫くつけますね

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

今回は空いた時間で読めるような分量なので、ぜひ~

 

羽生君すごいですねぇ。小平さんもですね

そして、銀、銅のメダルの方も取れなかった方も

みんなとっても頑張りました。(’’▽`)ありがとう☆

 

うらきゅん(72)

お土産「濃厚チーズケーキ」

 美味しいものをたくさんご存知の皆さまからしたら、もしかするとなんだぁと思われちゃうかもしれないのですが、スナック類以外を口にする機会の少ないかぁちゃんには、ちょっと衝撃的に美味であったお土産です

 先日、実家を訪ねた時のこと。運転手が長男君だけだし、レンタカーで半年に2,3回しか運転しないので、大事をとって毎回高速の途中で休憩します。そのサービスステーションに北海道の物産を扱ったお店が入っていて、そこのお品物なんです

品名は濃厚チーズケーキ

製造は有限会社ロイヤルスイーツ

北海道札幌市東区北32条東16丁目1-6

他にはどこで販売しているのか分かりませんが、かぁちゃんが購入したのは常磐自動車道下り方向にある「守谷SA」です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

うらきゅんなこと(71)

かぁちゃんの小説が新発売なので頭に宣伝をつけますね

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

どうぞよろしく(*- -)(*_ _)ペコリ

 

店頭に並びました(´;ω;`)ウゥゥ感涙です

 

 

うらきゅん(71)

日本ドラマ ‘17年度下期後半視聴ドラマ

今回はちょっと少なめかな~

〇NHK

・継続視聴中「オクニョ」「わろてんか」「精霊の守り人」

・「西郷どん」

 はい、上野の銅像のイメージでも、以前の西田敏行さんのイメージでも、そういうイメージで観ると違和感満載になっちゃうので、全く別物として楽しむとよいかも

 西郷はんに鈴木亮平さん、3度目の妻に黒木華ちゃん

意外性のある配役だし、お話も何か新鮮に感じます

 

〇日テレ

・「もみ消して冬~我が家の問題なかったことに」

 実に阿保らしい設定で笑っちゃうの。そこが面白いんですよ。医者なのに、弁護士なのに、学校経営者なのに、そして刑事なのに。。。やりよる(-_-;)

 

〇TBS

・「アンナチュラル」

 感覚的にいいなって思うドラマは初回から気に入ることが多くて、これもそう。ともかく脚本がいいって感じ。今シーズン一押し

・「99.9%~刑事専門弁護士」

 前回も面白かったけど、今回もいいですねぇ~子育て中の榮倉奈々ちゃんは留学中でいなくて、代わりの人がまたいいお味なのよ。脇役さん達ももうサイコー

 

〇テレ朝

継続視聴中は「相棒」

・「BG~身辺警護人」

 さて、キムタクさんの役柄を、かっこいいとするか渋いとするか、よくないとするか、意見は色々あろうかと思いますが、かぁちゃんは割と好きかな?斎藤工さんとの絡みが今後どうなるか気になるなぁ~

・「明日の君がもっと好きになる」

う~ん、すごく先が気になる感じのいいドラマですよ。ただ、なんていうかカテゴライズしにくいというか、ミステリアスというか。。。結構気に入ってます。

 

〇テレ東

おっ、今回は一個もないなぁ~

 

〇フジ

・「海月姫」

おたくなひきこもり女子達のわちゃわちゃです

瀬戸康史さんの女装が美しい。もしかして女子達よりも?

 

〇その他

アニメは、「七つの大罪」で、漫画が原作の模様。長男君かな?がコミックを集めていて、題名は知っていたので見始めた。ふーん(*-)ふ~んなのね

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

うらきゅんなこと(70)

今週から順次かぁちゃんの小説が新発売なので

しばらく頭に宣伝をつけますねm(__)m

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真作著 

700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

アマゾンなどのネットではご予約頂ける模様。

KINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

どうぞよろしく(*- -)(*_ _)ペコリ

 

 

うらきゅん(70)

和書「大家さんと僕」矢部太郎著

 誰だよ?と思いますよねぇ、矢部太郎さんとは、「カラテカ」というコンビ芸人さんのおひとりで、気象予報士の資格をお持ちなんだけど、どうも存在感が希薄?芸能人のオーラとかいうものは多分ないかも?

 でもね、不思議と名前を言われると分かるし覚えているし、どうかすると顔も分かったりしますよねぇ。そういう意味では芸人さんとしての資質があるとも。。。

 ま、そんなことでその矢部さんがお書きになったエッセイ漫画。矢部さんと彼がお住まいのお家の大家さんとの、なんとも微笑ましくも愛らしい日常生活を綴ったもの。

「ごきげんよう」とご挨拶なさり、新宿伊勢丹にタクシーで行ってめんたいこを一つ買って帰る、おひいさま。。。

 お二人のランデブーがまたとってもキュートなのです。そしてお手伝いにつれて来た他の若手芸人さんと大家さんが楽しく会話されている姿を見て、「僕の大家さんなのに」ってちょっぴり嫉妬する矢部さんもまたカワイイ

 ふふふっ、とってもほっこりしますよ(#^.^#)

あ、近々アニメ化もするとのこと。どんなのでしょうね

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

うらきゅんなこと(69)

寒くて、久々にババシャツ2枚重ねしちゃいました

あと、貼るホッカイロも大活躍です(;)アハッ

できればエアコンは入れたくないに、点ける時間が伸びてます。電気代はんぱねぇ~(´;ω;`)ウッ…

さ、寒すぎます。。。

 

 

うらきゅん(69)

中国ドラマ「三国志~趙雲伝」

フュージョン時代劇ですね、

面白いんですが、ひとつ不満~

かぁちゃんは、吉川英治さんの「三国志」をいやっちゅうほど読んだくらい、若い頃は大好きだったんです。

で、中でも、関羽が大のお気に入りでほんま嫁に行きたいくらいの気持ちだったんやけど、このドラマの関羽様は、ありゃコミックです。。。泣けましたがな( ノД`)シクシク…

主人公は趙子龍ですから、ものすごく端役なので仕方ないんでしょーが、あたしゃ熱が出そうになったもんね(-_-;)

 ストーリー自体は、歴史ファンタジーとして観れば、中々面白いですよ。

お暇ならどうぞ~(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

うらきゅんなこと(68)

昨日実家に行ってきました

眠いです。。。

今日は交代したのでただ今バイト中です

 

 

うらきゅん(68)

和書「夢中になる!江戸の数学」桜井進著

「塵劫記」という書籍の名前を聞いたことがあるでしょうか。日本史かまたは古文で習ったか目にしたか、という程度にしか知らない方が多いので社ないかと思います。

 それは江戸時代に、「算額」を神社などに奉納した人が、千人単位で存在した状況を招く基になった書籍なのです。民衆の間で算数が流行するなんて、他のどこの国にそんな事実があるものでしょうか。

 でも、そんな奇跡が実際に起きた。それが「塵劫記」によって分かりやすく解説された和算でした。

 というお話が書かれています。とっても興味深くて面白いですよ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

うらきゅん(67)

しまった(;’’’’)

どうもやっちまった感が半端ねぇべ

腰っっっいたたたたたっ

1日で治るかしらん(無駄な妄想だにゃ)

ちょっと疲れ気味だったんで、気をつけてんかった

 

 

うらきゅん(67)

中国ドラマ「女医明妃伝~雪の日の誓いから」

 少し前にご紹介した「秀麗伝」もまだ視聴中ですが、もしかしたらこちらの方が好みかも~

 女医が大変地位の低い時代、庶民を助けるために医療の道を目指した両家の女子允賢に、「若曦」ですんごくキュートに演じていたリウ・シーシーさん。今回もとっても魅力的。実話が基になっているお話で、中国4大女医のお1人だそうで、中国版チャングムとも。。。

 その 允賢に惚れこんじゃう皇帝陛下祁鎮と弟殿下祁それぞれ、ウォレス・フォさんとホアン・シュアンさん。

 中国の役者さんて、観る度新しいというくらい沢山いらっしゃるので、有名なのかそうでないのかも分かりませんが、いい男というより魅力的な役者さんという印象です。

 お話もとっても面白いですよ(#^.^#)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

うらきゅん(66)

年末から年始にかけて、バイト頑張ってます

スタッフの人数がぎりぎりなので仕方ありません

今日が終われば、通常の決まった曜日に戻ります

かぁちゃmm、がんば♪です

 

 

うらきゅん(66)

モノ「リールキー」

最近、定期券入れやなんかで、びよ~んと伸びるキーホルダーがありますよね。

そういうのなんですが、一昨年たまたま手に入れたのが、バイトする時に便利で気に入ってます

カードの利用控えやなんかに押印するので、印鑑ホルダーをくっつけたのと、ボールペンをくっつけたのと、2つをエプロンの紐にひっかけてます(#^.^#)

小さなストレスを軽減するのって、サービス業にとってはとっても大事だと思うんですよね。大したことないかもですが、印鑑のふたをとったりつけたり、ボールペンを探したりって、すごくイライラするもんね

お仕事上、そういうのを使うならいいですよ~

お店の名前は「Diral」

代官山に本店があるそうですが、年末とかになるとデパートからお呼びがかかったりして出張販売するんだって。

ネット販売もあるそうですから、ホームページを見るのもいいかも

www.diral.jp

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

うらきゅん(64)

おおう、何とかなってきたじょ

バイトはクリスマスの山場を越えた

年賀状終了

大掃除?まだだな(--;A アセアセ

あれ?気分的なことだったか

もうちょこっと頑張りましょ~

 

 

うらきゅん(64)

食べ物「サンドウィッチ」

デパ地下のお惣菜やお弁当って、とっても美味しいんですが、かぁちゃんのお財布にはあんまし優しくなくいので、滅多にお口に入りません。

 大抵、パンやさんでちょっとしたおかずパンを買うのがせいぜいってとこだったんですが、買いやすいお値段のサンドウィッチ専門店が出来たんです。

 それが、美味しいのよね。

フルーツやクリーム入りのおやつ系のものから、なんていうのか覚えてないけどすんごく詰め込んでて分厚いのまで、たくさんの種類があります。

 卵アレルギーがあるので、かなり食べられないものもあるんですが、しっとり甘い食パンにたっぷりの具で、400円を超えないので、たまにご褒美に買ってます

BLOSSOM & BOUQUET」といいます

本店は別のところにあるみたいです

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

うらきゅんなこと(63)

なんだか冷えますねぇ

忙しくて考える余裕もなくなってきちゃいましたが、

3男に続いて長男も嘔吐下痢症になりました

何とか皆に伝染らないようにしなくてはね

皆さんもお気をつけて~

 

 

うらきゅん(63)

韓国ドラマ「ビューティフルマインド~愛がおこした奇跡~」

 アクションが本当に美しいチャン・ヒョクさん主演ですが、アクションシーンはありません。だって外科医役なんですもんね。

今までにご紹介した「チュノ~推奴~」「根の深い木」「輝くか、狂うか」では素晴らしいアクションで魅了されたんですが、「運命のように君を愛してる」同様、そこは封印。灰汁の強い笑い方もここでは封印。

感情や他人への共感のないことを隠して生きている天才外科医イ・ヨンオ。テーブルデスの犯人を疑われて、事件の渦中へと巻き込まれていきます

 相手役で、警察署交通課の刑事のケ・ジソンにパク・ソダムちゃん。「シンデレラと4人の騎士」以来注目中の女優さん。

アクセス先;うらきゅんなこと(39)「シンデレラと4人の騎士」

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2017/06/39-5669.html

 そのジソンの主治医で胸部外科の助教授ヒョン・ソクジュには、多分初めましてのユン・ヒョンミンさん。

 それから、ヨンオのかつての恋人で主治医だったキム・ミンジェにはパク・セヨンちゃん。「ゆれながら咲く花」「赤道の男」「ラブレイン」ではまだちょい役でしたが、「シンイ~信義~」でとってもキュートに女王陛下を演じてましたね。その内ご紹介する予定の「気分の良い日」でもいいんですよ。

 と、話がそれましたが、本当は医療現場での不正や命を軽んじる話はどうしても好きになれなくて、観るのをやめてしまうこともあるんですが、中々よかったですよ(*^^*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

うらきゅん(62)

どうしたらこんなに足がつるんだろ?

ちょっと座ろうとしたら、

寝てたら明け方に、

なんて感じで。しかも両足~( ノД`)シクシク…

痛いのなんのって(--;A アセアセ

熱中症気味なのか、カルシウム不足なのか

なんとか年末を乗り切らねばね

 

 

うらきゅん(62)

和書「流」東山彰良作

 作者さん、元々は台湾の方のようですが、直木賞を受賞された作品です

 面白いです。「血の通った」とか「生き生きした」という修飾がぴったりくるんですよね~少し以前の台湾の若者の生活を切り取っていて。

でも、なぜか、面白いな~と読み進めるんですが、で、テーマは何のオハナシだっけ?とふと立ち止まるというのを繰り返しながら結末へと向かって行きました、

 年末年始お暇なお時間にどうぞ~

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧