感想など(うらきゅん)

2017年11月20日 (月)

うらきゅん(59)

やばい、おちかれモードに突入じゃ

ちゃんと寝てないといけないのに、不足しちゃって

くぅぅ、なんとかしなくちゃ

最終稿のチャックもあるのに(;’’’’)やばばばば

 

 

うらきゅん(59)

米国ドラマ「リミットレス」

 とんでもなくアブナイ薬によって、普通の人が眠っている脳を120%活性化された青年が、妙なしがらみに縛られながらも、FBIの顧問として色んな事件を解決するという設定なんですが

 まるめると何だか身もふたもない単純なストーリーになっちゃうな~。でも面白いのよ

 まず、主人公のブライアン・フィンチくん役のジェイク・マクドーマンさんが、ロックやってる設定の割に何だか鍛え抜かれたいいからだ♪ま、見ただけで格闘技なんかも再現できる設定だから筋肉がなくちゃダメなんでしょーけどね(*^^)v

 スーパー記憶力があって語学を数時間で習得したり、学術レベルの医学の知識を持ったり、ハッキングできるようになったり、匂いを色で認識できたり、なんでもありなのよね。で、ともかく何だか楽しくなるんです(#^.^#)

 最近観るモノがないなーなんて場合はぜひに

あ、今、役者さんの名前調べてたら、このシーズンで終了だってぇ~なぬぅ、しかも、エレメンタリーも?

ちょっとかぁちゃん好みがなくなっちゃうってどうよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

うらきゅん(58)

身体が緊張でバキバキです

というのも、バイト先で使っているレジが新しくなったのですが、研修が十分というわけではなかったからです

暫くは失敗もありそうですが、ゆっくり丁寧に頑張るつもりです

なので、またまたブログがおろそかになってます(-_-;)

ごめんちゃいねm(__)m

 

 

うらきゅん(58)

和書「カエルの楽園」百田尚樹作

カエルを主人公にした現代の寓話です。とてもよく作られているし、平易な文章が読み易いので、3男君にお勧めしています。

 現代日本の問題をあれこれ思い浮かべながら読んでしまいましたよ。なるほどねぇ、と思うこともしばしばだったのですが、最後まで感じていた疑問が解けることはありませんでした。何分、これはカエルの世界ですから。。。

 パスカルの「人間は考える葦である」という言葉をずっと思い出していました。知と力は相対するものではないような気がするのですが、それぞれの思惑で中々上手くいかないことが多いものです。

それから、どんなに普段理性的な母親でも、自分の子どものこととなると守りの感情が先に立ちます。ゆえに、現実世界では母としてなら戦争や武力保持は反対の立場になります。でも一方で一国民としては、国という境界線の存在する場を守るために、防衛力としての武力は認めたいとも思っています。ただ、母親としての保護欲という感情はもしかすると全てを覆す力すらあるとも思っています。もちろんよくない方向での場合もありますが。。。

 でもねぇ、うまく言えませんが、この本に書かれていることは一つの真実であり、その一方で正解という訳でもないと思いました。なんども言うようですが、この小説はあくまでもカエルの国のことですから、人間界とは事情がかみ合わないこともあるように思えてならないんですよね

 だから、子ども達には進めつつも鵜呑みにはするなよ、考える一助とすんだよなんて言ってます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

うらきゅん(57)

ちょっと過労気味で、失敗の連続です

気をつけなくっちゃ

でも、中々たんと寝れないのよね(-_-;)

 

 

うらきゅん(57)

和食材「にんにく塩」

確かそんなに読者はいないはずだから、アップしたからといってなくなることはあるまい~

って、パスコのホイップアンパンが食べられなくなって久しいので、不安は不安ですが、ご紹介しちゃいます

我が家で晩夏以降大人気になっている調味料があって、どんな肉料理にも合うので、テーブルに出しっぱなしになっているのがこれ。鹿児島のメーカーさんのもののようですが、塩は甘く、にんにくも辛くない。生ニンニクでお腹が緩くなるとぉちゃんも2男君もこれは大丈夫

さらさらでとっても使い勝手もよい。

あんまし料理の腕のないかぁちゃんでも、お肉料理を焼くだけで美味くなるのでほんと重宝しちょります

特に鶏胸肉のから揚げの下味にはもってこいで、安くて美味いから揚げになるので有難いんですよ~(#^.^#)

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

うらきゅん(56)

遊興施設は、どこも悪天候続きで売り上げがよくないんでしょうね~

ともかくニッポン頑張れですね

雨でもめげずにお出かけしましょ(*^^*)

 

そして個人的には、例の自費出版は初稿校正の段階で、また気持ち悪くなるくらい自分の文章を読んで訂正確認中です。ごめんちゃい、あんましブログに入れてないんですよ~。お宅訪問も出来ず、ポチいいね返しもしちょらんですよ。m(__)m落ち着いたら回りまぁす

 

 

 

うらきゅん(56)

日本‘17年秋ドラマ

そこそこ観てる感じですねぇ

NHKは、

・下期の朝ドラ「笑ろてんか」

 はい、ハンサム男児を朝から拝むドラマだねぇ。

 千葉くん(なんで直ぐ死ぬの~)、桃李くん、一生さん

 んで、岳ちゃんときて、遠憲さんです。目の保養です

 お話も中々楽しいです。ニコニコしちゃいますよ

 

・土曜時代ドラマ「アシガール」

 漫画が原作の超フュージョン時代劇。設定も内容も可笑しいのよねぇ~。つい観ちゃう

 

・韓国ドラマ「オクニョ」は継続視聴中

 

 

〇日テレは、

・日曜夜の「今からあなたを脅迫します」

むふふふん、ディーン・フジオカさんがお好きなら絶対観てらっしゃるでしょ~。これは素敵というより、謎めいた迫力がある感じですねぇ。全体を漂う変な感じもいいですよ~(*^^)v

 

・土曜夜の「先に生まれただけの僕」

桜井君が羨まし過ぎるわぁ。かぁちゃんが男だったもう叱られてもぼーっとしちゃうよ。蒼井優ちゃんと多部未華子ちゃんに囲まれちゃってさ

 あ、でも内容は中々。サラリーマン校長頑張ってますよ

 

 

TBSは、

・火曜「監獄のお姫様」

ともかくキャスティングが豪華。ベテラン女優陣に圧倒さるれること間違いない。ともかく怪演です(゚д゚)(_)ウン

 

・金曜ドラマ「コウノドリ②」

 漫画が原作で、綾野剛さん主演のドラマの続きですね、間違いありませんよ。引き続きのキャストさん達の息もぴったりでともかく楽しい。あ、でもテーマは重いです

 

 

〇フジTVは、

・木曜劇場「刑事ゆがみ」

楽しいドラマとは言い切れないけど、滅多に連続ドラマに出ない浅野忠信さんと刑事初挑戦?の神木龍之介くんのタッグが面白い

 

・アニメ「いぬやしき」

中々衝撃的なアニメですが、興味深い。テーマソングの間の映像は、初めて大友克洋のアニメを観た時のような感覚になりました。

スーパーじじぃの活躍から目が離せませんな~

 

 

〇テレ朝は、

BORDER 先ずは「衝動~検視官・比嘉ミカ」

 もともとは、小栗旬君演じる霊の見える警察官のお話ですが、関係ある検視官役で波留さんが主演したドラマです。

とっても面白かった。「LINK」と服装は同じような感じなのに、印象が違いました。さすがに役者さんです

 この後ドラマが、「贖罪」10/29日曜21時からなので、感想を入れる暇がなさそうです。

 

・「相棒シーズン16」

今回は難しい立場の設定ですね~。面白いです

 

・「重要参考人探偵」

 まだ、見始めてばかりで。。。モデルで探偵役のジャニーズさん達の軽快な雰囲気とは違って、警察関係者が重鎮揃い。違和感が謎の重さを思わせて、逆に効果的になってるような?終わりに向けて愉しみですよ

 

〇テレ東

・要博士の異常な映画愛 勝手にセリフ変えてみました

 面白いです。映像と勝手にいじったセリフの絶妙なマッチングがともかく面白い、時に大笑い、時に含み笑い、時に苦笑い、、、ドラマじゃないけどご紹介しちゃいます

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

うらきゅん(55)

おら風邪ひいちまっただぁ~(ノд-)クスン

はながぐるじい

のどがいだい

あたまがおもい~

台風も困ったもんです。各地の被害が心配です

 

 

うらきゅん(55)

韓国ドラマ「テバク~運命の瞬間」

「チャン・オクチョン」と「トンイ」の時代ですね。すごく役者の揃っている時代ですから、色々想像力を掻き立てられるんでしょうかねぇ

粛王様は「ペク・ドンス」で天を演じたチェ・ミンスさん。他にも「傲慢と偏見」「剣と花」「シンイ」「太王四神記」でもお目にかかりました。ともかく、すごく渋い魅力のある方ですよねぇ~。今回も何やらどすの利いた王様です( ̄▽ ̄)ニヤリ

 淑様には「匂いを見る少女」で厳しくて優しいプロファイラー役でお見掛けしたユン・ジンソさん。上品な感じのする女優さんですね

 陰で色んなことを操っているイ・インジャには名優チョン・グァンリョルさん。今回はちょっといやな感じの人

さて、因縁のある2人の若者には、チャン・グンソクくんとヨ・ジングくんが華麗に演じています

脇役さん方もベテランさん揃いで見応えたっぷり

 フュージョン時代劇好きな方なら面白くみられると思いますよ~

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

うらきゅん(54)

先週はやってもーた(-_-;)

ましゃか、アップを完全に失念するとはぁ~

金土日と連続バイトで、月曜日が3男君バスケにお付き合いと、バタバタでばたんきゅ~どした(-_-;)

以前はすごくよくあったような気もするので、

またぁ、と~まは忘れてるよと、温かい目でみてちょ

 

 

 

うらきゅん(54)

漫画「フルーツバスケットアナザー」高屋奈月作

かぁちゃんの母親は漫画が大嫌いな人で、かぁちゃんは小さい時からテレビも漫画も殆どダメでした

お陰で読書は好きになりましたが、漫画はものすごく隠れて読むことになりました(*´艸`*)

「花とゆめ」は小学校中学年の頃、伯母さん(母親の姉)がお土産に買ってくれました。母もお姉さんのすることに文句は言えなかったみたいで。以来、こっそりお小遣いで買うようになってしまったんですよね~

で、その花ゆめで連載していたオハナシでとってもお気に入りだったのが「フルバ」です。そして、花ゆめを止めるタイミングをこれが終了した時と決めていました。それだって結婚して子育ては始まっていたような(;’’’’)タハハッ

んで、最近そのフルバの続編が始まりました。んーどーでしょー世界観は変わらない気もするし、かつての登場人物達が親になっている時代で、話題として出てくると可笑しくてたまりません(´∀`*)ウフフ

楽しみが増えました(*^^)v

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

うらきゅん(53)

昨日は3男君の学校の文化祭を見てきました

行くだけで1時間以上かかってしまうので、

彼のクラスと部活のを見て、他のクラスを少し回って

帰りました

部活のが体力測定で、トホホな結果でした

握力右手23左手21、、、素直ジャンプ10㎝、、、

ま、ばぁちゃんだな(--;A アセアセ

 

 

うらきゅん(53)

韓国ドラマ「雲が描いた月明り」

大好きなフュージョン時代劇で、楽しいですよ

「君を憶えてる」でえええな役どころをシビアに演じたパク・ボゴムくんが、ツンデレで父王に複雑な感情を抱くイ・ヨン王子をかわいく演じ、

「善徳女王」「風の絵師」「太陽を抱く月」「トンイ」「欲望の炎」「階伯」、、、と、ともかく子役としてはプロフェッショナルだったキム・ユジョンちゃんが、すっかり大人になって、素敵に男装女子の内官ホン・ラオンを演じて、

ともかく楽しくて可愛らしいオハナシでした。

 それから、ヨン王子の幼馴染で護衛官のキム・ビョンヨンには、ユ・アインさん主演の「チャン・オクチョン」にて東平君の少年時代を演じたクァク・ドンヨンくん。中々の美貌で画面に華を与えてくれてますよ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

うらきゅん(52)

立派でなくてもいい

ともかく真面目で心優しい人になってほしい

3男君について思うこと(*^^*)

 

 

うらきゅん(54)

和書「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」田中経一作

この作者さん、フジテレビで一世を風靡した「料理の鉄人」をプロデュースされた方なのだそうです。人々の心に残るものを作ることに長けた方ということなのでしょうね~

 さて、内容ですが、ネタバレしない方がきっと楽しめると思います。かぁちゃん的には、なぜこの時代のこの状況で一切写真が出てこないのかすごく疑問が残りましたよ。最期に、あの人が写真を出さなかったのは理解できるんだけど、その他はどうなの?とは思いましたけどねぇ

 いろんな謎が最後に一気に解けるのですが、そこまでぐいぐい引き込まれました。

嵐の二宮君主演で既に映画公開の予定があるみたいで、既にすごく話題の小説でもあるようです。ニノも大好きなのでとっても楽しみ、ってかぁちゃんが目にするのは1年以上後なんだけどねぇ( ノД`)シクシク…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

うらきゅん(51)

今日はバイトです

台風の進行状況によっては、すんごくお暇になる可能性もありますが、ともかくガンバです

お留守番の子ども達にお掃除をお願いしましたが、ちゃんとやってくれたかな?って心配するような幼児じゃないんだけど(-_-;)

昨日から気圧の関係か、頭痛が酷くて困ります

ぼーっとしている時に焦ると失敗が多くなるので、気をつけなくちゃね(((uдu*)ゥンゥン

 

 

うらきゅん(51)

韓国ドラマ「1%の奇跡~運命をかえる恋~」

ほらね、またまたコメディタッチのものだと観る気になるでしょ?かぁちゃん、お疲れ気味かしらん?

 さて、このドラマもしかして悲しいオハナシかもって、録画するのをちょっぴり躊躇したんですが、見始めたら違っていて、「おやまぁ」の連続です(#^.^#)

 主人公には年齢の割にちょっぴり年上に見えないこともないキム・ダヒョンことダダに、初めましてかな?のチョン・ソミンさん。もう30歳の方なので。25歳の役どころに少しばかり違和感があったのかな?

 「童顔美女」「イニョプの道」でお会いしてたようですが、服装やお化粧の違いかしら?ほぼ初見の印象です。

そして、不真面目?かつ我儘、毒舌でツンデレというよりお子ちゃまのおぼっちゃん実業家イ・ジェインに、「伝説の魔女」でとっても爽やか真面目ないい人を演じたハ・ソクジンさん。「サメ~愛の黙示録」や「キム・マンドク」でも、生真面目な役どころでしたねぇ。印象が違っていて、何やらキュートな感じですよ

 多分結果としては玉の輿なんでしょうが、 ダダちゃんがとってもツンデレ?で始まったんで、とっても楽しいです。今は、ボクちゃんの我儘に振り回されてるお姉さんって感じですが。。。(;’’’’)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

うらきゅん(50)

昨日から3男君は、中学の修学旅行ならぬフィールドワークに行っていません

月火水と、にへら~( ̄― ̄)ニヤリ、そうなのよ、学校に行かせるために早起きしなくてすむのよね~ムフフ(*)

もちろんバイトの日は、6時には起きるのですが、5時台に起きなくていいのよ~あー幸せぇ(*^^)v

え?たいしたことないって?ままま、そうおっしゃらず。かぁちゃんにとっては、5時台でも苦痛なんだもーん

 

 

うらきゅん(50)

和書「八咫烏シリーズ」阿部千里作

 長男君の彼女さんお薦めで、現在金欠病の長男君が興味が湧いたら買って読んで、後で回してと言われ。。。

 ネットで見たページでは最新刊のハードカバーのご紹介だったので、1冊買えたらぐらいな気持ちだったのです。お店で探したら既に文庫化されており、即座に4巻分お買い上げとあいなりました

 して、一気読みしちゃいました。面白かったです

デビュー作がこのシリーズの1巻目で、しかも松本清張賞を受賞したとか。。。しかも20歳で。。。すごいなぁ~

 でも、おばちゃんはおばちゃんなりに頑張ります。その気持ちにはどうやら変化はないようですよ(#^.^#)

 面白かったのですごい勢いで読んじゃったんだけど、何というかよく分からない違和感というかちぐはぐした感じが残りました。理由は分かりません??

 最初は、若い才能に対する嫉妬かしら?って思ったんだけど、4巻読了後もそういう感じが残ります。なんでだろー。6巻で第1部終了だそうです。全部読んだら謎が解けるかな?はやく文庫化してほしいなぁ~

 緻密な世界観、全編を通じて表現される衣装や景色からくる美しい色彩感、圧倒的な世界観。とても若干20歳の力量とは思えないです。知らなければそれなりの年齢の方が書いたものだと思ってしまうでしょ~。ファンタジーがお好きなら、きっと気に入ると思いますよ~

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧