映画・ドラマ・小説などの所感☆綺羅雲母

2016年8月 8日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(100)

夏バテでぼーっとしてる内に、栄えある100回目を迎えてしまった。

何となく終わってしまうけど、それもかぁちゃんらしいかしらん?

何しろ久しぶりにいっぱい寝た。寝た分、咽喉の痛みは取れたけど、何だか全体にぼんやりした感じが残ってしまった。このまま夏が過ぎてゆくぅ~って、2男君の大学受験があるから、そもそも夏を満喫する何の予定もないけどさ(;^ω^)

それにしても、またまた2年あまりの間毎週かぁちゃんのブログにお付き合いくださって本当にありがとう~(´;ω;`)ウッ…うれびぃのだ

再開は10月の予定ですが、その時もまたよろぴくなのだ

 

綺羅雲母ですじぇ(100

☆韓国映画「ベテラン」

 2番目のブログ「綺羅雲母ですじぇ」と「うら…うら…なこと」の二つとも今週目出度く100回目を迎えます。このやり方がよかったかどうか、今も分からないなぁ。何かのご紹介なんかは、不定期にした方がよかったのか、以前のようにブログ名は一つで思うところを何でも掲載し行くのか。考えちゃうなぁ。ま、とりあえず、この後8月9月とブログをお休みして、次からどうするか考えまぁす。バイト探しも必要だしね(;´・ω・)ショボン

 しゃて、今回は映画のご紹介です

韓国映画史上3番目に多い観客動員数を記録した映画であり、むふふふっユ・アインさんが出演しているものでもあります。しかもね、あんなにきれいなお顔でいやぁ~な財閥の御曹司役。えええっな設定です(´;ω;`)ウッ…アインさんがおバカな酷い奴なの。役どころとはいえ、正視に耐えない( ノД`)シクシク…

 でも、だからこその高評価でしょうし、日本でも評価が高いようで、レンタルショップに並んでいたのを見たら、借りずにはおれませんでした。購入の予約もしてるんだけどねぇ~(*´艸`*)テヘヘッ

 さて、内容、、、の説明は止めておくかな。あちこちで見かけるあらすじや感想を読めばわかるし、ストーリー自体はシンプルでとってもわかりやすいものね。アクションも爽快だし。でもね、アインさんファンのかぁちゃんとしては、ちょっと悪役よりで観てしまって、つかまりそうになるとドキドキバクバク。正義の味方よりに観た方が気分はいいと思うじょ~っっ

 ぜひ観てみてちょ

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(99)

土曜日、お通夜に行ってきました

仲の良かった人達で、「一人では耐えられない」からと一緒に行きました

前のバイトの時、ご招待したら他の方と一緒にお店に来てくれて、とっても楽しそうにお買い物してくれました。「おしゃれするのも楽しいわ。新たななる楽しみを発見してしまったわ」って言ってたのに、お棺の中にひっそりとおさまってしまっていました。寂しくて悲しくて……

長男君のお友達も妹さんも、とってもしっかりしていました。倒れてから3週間、覚悟を決めることができたのうでしょうか。でも、それが却って痛々しくて。。。

孫自慢したり、嫁いびり自慢をしたり、旅行に行ったり、食べ歩きしたり、、、いっぱいやることがあったのに。残された友達同士、健康に気をつけながら過ごしていくから、こっそり一緒に楽しんでね

祈りを込めて。。。。。

 

綺羅雲母ですじぇ(99

☆モノ「歯ブラシ」

一応「綺羅雲母ですじぇ」のタイトルを考えた時には、ドラマや映画、本なんかの紹介や感想を掲載するつもりでしたので、まぁ今回初めてモノを出してみようかと。次回で、目出度く(100)を迎えるので、次なるタイトルでのお試しの意味も含めてチャレンジ~。あれ?以前もそんなこと言ってたかも?まぁいいやぁ。アハッ((´∀`))ケラケラ

 今回は、最近買って気に入った歯ブラシのご紹介

テレビコマーシャルで某歌舞伎役者さん(奥様、病気に負けるな、がんば!)が、どんと存在感たっぷりに「贅沢っ」と「~は毛束の量とみたり」とおしゃってますので、すんごく興味を引かれて買ってみました。

 ええ、ええ、結構新しもの好きでごじゃりますの(*´ω`*)オホホ

 んで、結構お気にです。1回で歯肉まであちこちがマッサージされて気持ちいいし、1回で2か所くらい歯間をブラッシングしてくれて嬉しい。久しぶりに歯磨きが楽しみ(#^.^#)

 でもね、毛束が多いってことは、実はヘッドがでかいってことで、ちょびっと不安はあるの。一番の奥の臼歯の奥や前歯の裏なんかにブラシがあまり届いていないような気がするの。1ヶ月磨いてみて歯垢がやたら溜まるようなら磨き方をもっと工夫する必要があるかもです

 とはいえ、最近の新製品で一番のおすすめですじぇ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(98)

えーっと体調は正常に戻りつつあります

やっぱり前のバイト、おばちゃんにはきつかったかな?

パートというよりバイトみたいなシフトになっちゃったからね

でも、いい思い出も身になったこともいっぱい♪

これからアパレルもやれるお仕事になったかな~

今日からはまた違ったものの販売

これはたった3週間のパートなので、すぐ次を探さないといけないけど、好きな本屋さんとのかかわりがあるので、楽しめそうです

しゃて、今日は今期の日本のドラマからです

 

綺羅雲母ですじぇ(98

☆フジテレビドラマ「異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」

女優の波瑠さんを初めて観たのはなんのドラマだっただろう。多分NHKの時代劇だったと思うんだけど。アップしたのはこのドラマ

アクセス先:綺羅雲母ですじぇ(8)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2014/09/post-1a76.html

その後、たくさんの方々に愛された「あさが来た」ですね~(*)

さて、今回は今までのイメージと異なり、何やら不思議なものをもった捜査官役で、藤堂(役名)流の筋道で犯人に迫っていきます。取り扱う事件もどうにもならない異常な犯罪はかりで、上司や同僚、検死官、たまたま知り合った精神科医など少しくせのある周囲の方々に囲まれてお話は進みます

「善光寺七味」はどうやら彼女のメンタルの謎を解くカギのようです

とても次回が楽しみです

共演の皆さまです

穏やかで判断力のある上司厚田巌夫は、渡部篤郎さん

ステキで優しい倉島敬一郎先輩には、要潤さん

クセと陰のある同僚刑事の東海林泰久は、ジャニーズ横山裕さん

司法検死官には、意外にアクの強い女がお似合いの原田美枝子さん

何か秘密のありそうな精神科医中島保に、林遣都さん

何だけ妙な鑑識官三木健に、ジャングルポケット斉藤信二さん

ふふっ、キャスティングも中々興味深いので、それぞれの過去やその仕事についた経緯が気になります(*´ω`*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(97)

やっと治ったと思ったら、すぐさま新たなる口内炎が3つ右側ばかりにできて、それの一番上のが唇の真裏……

なったことのある方はご想像に難くないと思うのですが、口内炎は大抵腫れてます。ゆえに、歯のかみ合わせの近くにできると食べたり喋ったりと何かのきっかけで噛んじゃうんです。それが(>_<)痛い

んで、今回の場合拙いことに2個目がすんごく傍にあった

お陰で2個が1つに統合されて、滅茶苦茶でっかい口内炎に~~キャーッ

喋るのも飲むのも食べるのも、苦痛だじょーいでーよー(´;ω;`)ウッ…

ばい菌でも入ったのか、なんだか熱まで出て来た感じだじぇ

はぁ、ついてないなぁ。ともかく元気になりましょーっっ

今からばててる場合じゃないですね(・∀・)ウン!!

今日は韓流なりよ(^^

 

綺羅雲母ですじぇ(97

☆韓国ドラマ「匂いを見る少女」

大好きなユ・アインさんと「ファンション王」で共演して以来、「善徳女王」「男が愛する時」「根の深い木」と見続けた、とってもお気に入りの女優さん、シン・セギョンちゃんが主演です

ある事故をきっかけに、左目の色が特殊になり匂いを目で見える形で感知し、辿れるようになってしまいます。

片目が特殊な色というと、かぁちゃん的には神永学原作の「心霊探偵八雲シリーズ」をどうしても思い出してしまいます。(あれは、いつ最終巻が発売されるんでい??)特殊な色というのは、周囲の人の嫌悪感を誘い、時には畏怖となって疎外されてしまうものなのでしょうか。

この少女オ・チョリムもその瞳を隠すためにカラコンをしています。

 でも、この能力が目一杯役に立つ時がやってきて、彼女の人生は生き生きと輝き始めます。役に立てる相手はパク・ユチョンさん演じる心的な要因で痛みを感じなくなってしまった刑事チェ・ムガクさんで、いつしかそれは恋心へと……

 その一方で、事件は進行していきます

悪役が悪役の顔をしてるのは、実は恐怖ではありません。日本の俳優さんでも、つるべ師匠や小日向さんが演じる悪役は背筋が凍るほど怖かったりします。今回も同様で、とってもいい人そうなんですよね。それがぞくりと怖い。

 恋の行方も事件の行方も気になるドラマです

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(95)

疲れのためか、大きな口内炎が二つ出来ちゃった

かぁちゃんの場合、お医者様のお世話になることは滅多にないので

先ず自力で治すのですっ

必要なのは、抗生物質、栄養剤、そしてお酢

ま、前者の二つは誰でも分かりますよね

お酢は、酢酸。酢酸には殺菌作用があります

むぐぐっ、お察しの通り、お口の中でお酢をくちゅくちゅして

口内炎を焼く感じですっっっ。(>_<)イタタタタタ;

滲みるぅ~、でも治りは早くなるような気がします

あと、1回くらいでほぼほぼ治癒です

痛みとの戦いは続くのです

今日は悩んだ挙句、以前観た映画をご紹介します

 

 

綺羅雲母ですじぇ(95

☆洋画「プライドと偏見」

以前、韓国ドラマ「傲慢と偏見」をご紹介した際にちらっと触れてことがあります

アクセス先:綺羅雲母ですじぇ(75)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2016/02/75-0db1.html

これ自体は、なんとなぁく点けたテレビで放映していた映画でした

あまり存じあげない役者さんばかりだったのですが、恋愛模様になぜか心惹かれて最後まで観てしまい、中古を購入してしまった映画です

家柄も考えず、玉の輿を夢見て家族ぐるみで努力して次女である主役を舞踏会に参加させます。ところが、当の次女は家柄のよい男によいイメージを持っていなかったのよね。で、そのよくないイメージにぴったりの男性に出逢ってしまいます。男性側も彼女の印象は最悪。

これだけ書けば、ラブ・ストーリーの展開は何となく想像がついてしまいそうなのですが、その恋の行方から目が離せなくなってしまうのです。

ブロークン・ラブなのか、ハッピー・エンドなのか、、、気になって仕方がなくなってしまった方は、観てしまいましょー

主役のお二人は、女性が「パイレーツオブカリビアン」のヒロインを演じたキーラ・ナイトレイさん。男性が「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」でアトスを演じたマシュー・マクファデンさん。とっても魅力的な方々ですよね。中世の衣装やなんかもステキですよ。よろしければ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(94)

ジトジトベトベトのあまりないのは喜ばしいことなのですが、こうも空梅雨で暑いと厭になるというか、普通に雨が降ってほしいと思ってしまいます。

みなさんはいかがお過ごしですか?

かぁちゃんは、中々バイトが忙しく、欠伸の連続とちょっとぼーっとしてる感じですね。しかも暑いし……

さ、今週もファイトです。元気の出るドラマではないですが、考えさせられた韓国ドラマです

 

綺羅雲母ですじぇ(94

☆韓国ドラマ「秘密の扉」

ユ・アインさんが演じられたことで、世界的?にも知名度の上がった思悼世子は、このドラマの主人公でもあります。王である父に米櫃に閉じ込められて死ぬという悲劇の結末を迎えた歴史上の人物ですが、このドラマではその死の直前の狂騒は描かれず、父王の政敵にならざるをえなかった立場を重点に描いていました。

あまり美化してたら途中で止めようと思ったのですが、父王との対比がものすごくよかったし、例によって派閥争いに狂奔する両班とのやりとりも見応えが中々ありました。

 思悼世子には、「ファンション王」でユ・アインさんと共演したイ・ジェフンさん。父王の英宗には映画「シュリ」で一世を風靡し「根の深い木」で世宗を演じたハン・ソッキュさん。両班の重臣たちに、キム・チャンワンさん、チャン・ヒョンソンさん、イム・ミョングクさん、キム・ハギュンさん、オム・ヒョソプさん、チャン・グクファンさん、キム・スンウクさん、などどこかでお見掛けしたことのあるそうそうたるメンバーが揃いました。はたまた注目した脇役さんがいるというよりは、ストーリーが気になって見続けたので、あまり役者さんを丁寧にご紹介はしませんね。

さて、これを「韓国の歴史はこの通り」と言い切る人はさすがに減って来ただろうと思いますが、「解釈」によって人物像や国のあり方が違って見えることが、このドラマでもよく分かりますね。

日本でも何十年も前には「黄門様は全国を巡って人助けをしていた」と本気で信じていたお年寄りがいたものです。テレビドラマには虚偽の信憑性があるということについて、人が自然に受け入れるようになるには時間がかかるものなのかもしれません。韓国でテレビドラマが自由に作られるようになってまだそれほど年数が経っていないことを考えれば、ある意味仕方のないことかもしれません。個人的には、韓国の視聴者がどう受け止めたのか興味が湧くところです。

で、ちなみになぜ刑が米櫃に閉じ込めるだったのかは結局分からず終いでした。これで分かるかなと期待していたのですが……

愉快な面白さはあまりありませんでしたが、歴史に潜む国の病巣はかなり見て取れたように思います。お時間があったら……

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(93)

中々疲れがとれなくなってきました

年のせいでしょうかね~

ともかくやるべきことをやって、休める時は休む

そうやって頑張りましょー

さぁ、1週間ふぁいとだじぇ~

 

綺羅雲母ですじぇ(97

☆韓国ドラマ「わたしはチャン・ボリ」

有名な女優さんは、国を問わず目力のある方が多いですね。

このドラマの主人公ボリ役のオ・ヨンソさんもとっても目が印象的。最近観たものでは「輝くか、狂うか」で渤海国最後のお姫様をキュートに演じておいででしたが、こちらでは、何だか不幸な過去を背負いながら、成長してもなんだかすぐ幸福になれない女性を元気いっぱい演じていらっしゃいます!(^^)!彼女を観てるだけでも、何やら元気がもられるような気がします

 「成均館スキャンダル」でチョン・ヤギョン先生を素敵に演じていらしたアン・ネサンさんも、ボリの実の父親役で出ていらして、嬉しいですね~。ボリの生みのお母さんには、キム・ヘオクさん。この方も独特な役を演じられることが多い役者さんで、かぁちゃん的には「TWO WEEKS」と「スカーレット・レター」が最も印象に残る役柄です。今回もすんごく自己中心的でボリの人生を滅茶苦茶にかき回してしまってます(;^ω^)母親なのにね

 自分のことしか考えてない方は他にも色々おいでになって、その人達に周囲が振り回される設定は、韓国ドラマらしいですね。それが面白くもあり楽しくもありなのですが、たまぁにイライラしたりして。。。

 で、今回一番のお気に入りはボリの伯母さんオクス役のヤン・ミギョンさん。「チャングムの誓い」のハン尚宮役など優しい人の役が多いような気がしますが、今回はボリが幸福になるのに欠かせない役回りをしています。

 あと、ボリの姉ミンジョンの産んだ娘ピダンには、「パンチ」のイェリン役や「ドクラー異邦人」で父親の巫術をフンに頼んだ女の子の役を熱演したキム・ジヨンちゃんが。かわいいですよ~

 さて、誰に恋してどんなふうに幸せになっていくのか展開が楽しみです

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(92)

昨日は肌寒かったですが、調子はいかがですか?

かぁちゃんは、まだ眠くて忙しい日々を過ごしてます

土日、バイトでココログに入れなかった(;^ω^)ごめんなさいね

このアップを予約したら即布団です

今もコックリさんでキーボードに顔から突っ込みそうです

感想というより愚痴ですかい?な内容になってしまった(;'')

 

綺羅雲母ですじぇ(92

☆NHKファンタジー大河「精霊の守り人」

 上橋先生の作品は全部大好きだけど、この守り人シリーズはホント素晴らしいと思うのよね~小説をお読みになったことがなければぜひに!!

 さて、テレビは観ました?4話完結なので随分割愛してシンプルにまとめてありましたけど、ストーリー性は十分わくわくどきどきさせてもらったし、殺陣も満足のいくものでしたし、納得の面白さでした

けどね、何で次が来年なん?

綾瀬バルサもっと観てたいし、吉川ジグロもすごくいいし、、、

美女に何させんねんな高島トロガイもすんごく魅力的だしねぇ

東出タンダも妙にしっくりきてたし、、、

はよ、観たい。全22回こんな感じなの?ぴぇ~(;´・ω・)

 シーズン2全9話の内容やキャストが決まったようで、またまた楽しみ

鈴木亮平さんやディーン・フジオカさんが出られますよん♪

それにしても、やれやれ罪作りなNHKはんだこと

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(91)

ううっ、工事が終わったじぇ~(*´ω`)

あーしんどい5月どしたわぁ~

もう、こっくりさんで失敗しないかな?はぇ~

しゃて、今日は日本のドラマのご紹介

もしかしてもう観てらっしゃるかもなぁ~

 

綺羅雲母ですじぇ(91

TBSドラマ「99.9~刑事専門弁護士」

松潤さんが主演のドラマってそんなにたくさん観たことがあるわけじゃないですが、面白いものが多いような気がします。容貌に惹かれないので、特にお名前を挙げたことはなかったと思うのですが、中々よい役者さんですよね

確か、最初は「花より男子」で「ラッキーセブン」「ごくせん2」と観たことがあったと思います。あ、嵐の中ではニノが一番好きだもの。彼のは問答無用でなるべく観ますけどね(・∀・)ウン!!

で、キャスティングがツボ(^^

香川照之さん、榮倉奈々ちゃん、青木崇高さん、奥田瑛二さん、岸部一徳さん……名前がすぐ思い出せなくても顔は知ってるぜな方々も、1話ごとのゲストさんも、ついいいね~とつぶやいてしまいます

 それから、香川さんと松潤さんとのやりとりがいいし、岸部さんがやっぱり岸部さんなのらりくらりぶりがたまらないし、、あれこれあれこれ、、、、いいのよね~(#^.^#)ニヒッ

 あれ?評価が高い?かぁちゃんに紹介されんでも、もう観てる?そうですよね~。次回が楽しみなドラマですよね(¨)(..)(¨)(..)ウンウン面白いから子供たちと一緒に観てますよん(*´艸`*)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(90)

人によって適切な1日の睡眠時間というのは異なるような気がします

かのナポレオンさまは夜4時間しか寝ないということでしたが、よく調べるとちょい寝がとてもお上手だったとか。

短時間睡眠が自慢のニュースキャスターさんは、先日ガンの手術を受けたとか。本当に丁度良かったのかな?

睡眠時間ひとつで感心したり考えたり……

ちなみにかぁちゃんは、夜の睡眠時間は平均4時間半だけど、トータル6時間くらい寝ないと段々体調が悪くなってきます。だから、お昼寝とかちょい寝をしないとなんですが、このところそれがうまくいかなくて。立ったまま寝そうになることしばしば。あぶな~(~_~;)気をつけなくっちゃ

さて、韓国ドラマが続いちゃいますが、今日もですぅ

 

綺羅雲母ですじぇ(90

☆韓国ドラマ「ピノキオ」

う~ん、面白かったのだけど、無理な設定がなくもなかったかな?

まず、嘘をつくとしゃっくりが出るというピノキオ症候群

こういうのは、まずもって頭に「故意に」という言葉がつくのが至極当たり前と思われるので、誤解や勘違いがなかったか精査を要するのは、当然かと思います。そういうのナッシング?だとしたら、警察もマスコミも慎重さに欠けると言わざるを得ない。うーーん、どこの国でもそうであってほしくありませんが、そうした慎重さが足りないのだとしたら、未熟なのではないかと思ってしまって、どうも理屈でドラマに感情移入できなかったじょ

 主役のはお二人はお気に入りの役者さんなので、それはご機嫌

キ・ハミョンでチェ・ダルポには、「シークレット・ガーデン」でも「ドクター異邦人」「君の声が聞こえる」「ゆれながら咲く花」でもとても印象的な役を演じられていたイ・ジョンソクさん。まだ少年のころは、大好きなユ・アインさんにちょこっと似ていたのでお気に入りに。ルン(*´艸`*)

ダルポの愛する女性チェ・イナには、「美男ですね」「オレのことスキでしょ」「となりの美男」で超キュートな女子を演じたパク・シネちゃん。ラブリー(#^.^#)

で、やっぱ一番のわき役さんは二人のコンピルじーちゃん。その役者、ピョン・ヒボンさんは、やはり超ベテラン俳優さんでしょうか?たくさんご主演されておられますが、かぁちゃん的には「火の女神ジョンイ」でジョンの師を演じられた記憶が鮮明です!(^^)!

あとね、ダルポの実のお兄さんキ・ジェミョンを演じたユウ・ギュンサンさんは、とっても悲しい役柄で印象的でした。この方。ユ・アインさんがこの前出演した「六龍が飛ぶ」で側近のムヒョル役を演じられたんです。滅茶苦茶早く観たい!!それから、刑事役でご主演の「カプトンイ」は観たいんだけど、怖そうなので逡巡しているの。どなたか感想をお聞かせください。怖いばかりでなければ視聴しようかと~

でもね、このとてつもなくフュージョンな設定の裏には、韓国社会の病魔を一生懸命えぐろうとしているのかもという気もするのです。検察やマスコミのあり方に一石を投じるような……ともかく、社会派ドラマでないものでこういうテーマを是非に扱い続けて欲しいと思うの。疑問を感じ続けるというのはとても大事なことですものね(*´ω`*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧