« 続よしなしごと(43) | トップページ | 続よしなしごと(45)  »

2024年2月13日 (火)

続よしなしごと(44)

続よしなしごと(44)

もう2月も半ばだよ。一年が過ぎるのが速すぎて、なんかじっくり過ごしてないかもしれんなぁ

長男君ももう29歳。。。おそろしい

2男話「失礼な!」

 1月の末に、長男君の誕生祝を兼ねて焼肉屋さんにGO! 飲んで食って大いに楽しんだ。。。

我が家は特にとぉちゃんと長男君がおしゃべりで、何とかかぁちゃんが合いの手を入れ、たまに2男君と3男君が参戦するという感じ。今回は、自活している長男君が、食事を作る苦労話を始めた。

「何としても短時間で野菜に火が通った鍋にしたいんだけど、強火にすると鍋底に焦げた野菜がこびりつく結果になってあれこれやり方を変えてるんだ」

「野菜を先にチンしてる?」とかぁちゃん

「ああ、なるほどね~先に野菜だけやらかくしとくのか~ふむふむ」

「カレーでもなんでも、そうすると時短になるのさ。かぁちゃん、すげぇ美味い料理はでけんが、早く作ることにかけてはあれこれ知恵があるぞ。なんでかぁちゃんに相談せんかった?」と言ったところで2男君がぽつり……

「おばあちゃんの知恵袋だな」

 ぐぬぬ、この野郎。図星だけに反論でけんがな~~~覚えてろ~ちくそ~と叫んだかぁちゃんであった。。。

*お薦め和書「神の庭付き楠木邸」えんじゅ作

 最初はどこかのコミックサイトで漫画を読み、続きが気になってシリーズ買い。6巻まで出てます。

山神様達と無心の楠木湊が出逢ったことで起きる数々のハレーションに心躍らされます。そんなアホなという神格設定や湊の書く字に宿る祓いの力に魅了されつつ読み進めちゃいましたぁ~

 真剣に神様を信じてる方からしたら、ちょっと不敬に感じるかもしれないけれど、山神さまがとっても身近に感じられるのよね。そして、祓う力を無意識に行使してしまう湊君も、何故か和菓子情報がばりばりなのも、ふふっと楽しい一品でごんす

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ない場合は書店でご注文くださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 ・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« 続よしなしごと(43) | トップページ | 続よしなしごと(45)  »

続よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続よしなしごと(43) | トップページ | 続よしなしごと(45)  »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ