« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月26日 (火)

続よしなしごと(37)

続よしなしごと(37)

 きゃー寒い。東京は冬らしいなんて呑気なもんですが、ところにより大変な雪の被害が。。。お天気ばかりは丁度良くにならないもんだわねぇ

 今年も読み続けて下さってありがとうございました。来年もよろしくね(^_-)-☆

かぁちゃん話「だから言ったでしょ」

 二つのことを同時にやろうとすると失敗しちゃうことが増えた今日此の頃。

何かの行動の途中で声を掛けられると、それまでの動作の意味がポンと飛ぶ。声をかけられたことの処理をしている間に、完全に忘れちゃって、その後、まあ思い出さない。

「あれ? あたし何してたっけ?」という独り言の増えたこと増えたこと。

同類のとぉちゃんは、自分のして欲しいことを忘れないために、かぁちゃんの動作を止めてでもお構いなし。まぁこれは仕方あんめぇ

確信犯なのが3男君。ワザとでしょ? と問いたくなる程度に頻繁に遠慮なく声をかけてくる。末っ子の甘えかもしれないけど、「ちょっと待って」を聞いてくれない。「だから待ってって言ったでしょ~」

3男君と繰り返される攻防戦なのであった。。。

*お薦め韓国ドラマ「ホン・チョンギ」

 目が見えなかったチョンギ少女が、魔王の力を分断するために、その視力を授かる。そして、絵を描くことに心酔していく。

 一方で、目が見えない当時にチョンギと心を通わせた少年は、魔王の力を閉じ込めたことで、視力を失ってしまう。父をその際に殺されたと思っていた彼は、復讐を誓って才能を発揮し謀略を巡らす。

 さあ、二人の関係はどうなる? 復讐はどうなる? 世子兄弟の争いも絡んで複雑な展開。ものすごく楽しめました。

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ない場合は書店でご注文くださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 ・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2023年12月19日 (火)

続よしなしごと(36)

続よしなしごと(36)

ああ、しんど

掃除洗濯お片付け。。。普段さぼってるから面倒くさいくらいやることが目白押し~

2男話「こっそり?ひっそり?」

なんというか半引きこもりの2男君の行動は体の大きさに比して静か。謎めいておる。

 朝仕事に行くのも帰って来るのも静かだし、帰宅後は部屋から出て来ない。という具合に、ちっともうるさくないんで、アラいたのということが多い。なんでもかんでもドタバタな3男君とは大違い。

 いつの間にか後ろに立っていてかぁちゃんびっくりなんてことも。。。どうもいたずらじゃないらしい。右耳がちょっと聞き取りづらいかぁちゃんゆえに、右側から後ろに回られると、気づくタイミングが遅れるせいのようなのだ。

 でっかい体でこっそりひっそり動かないでちょうだいよ~心臓に悪いからさ。かぁちゃんビビリだし

 

*お薦め和書「ただいま、憑かれています。」橘しづき作

 話は主人公のOLさんが退職したところから始まる。おや? これは今までに何度も読んだことのある出だしじゃない? と思ったのも束の間

 退職理由がええええっで始まり、詐欺まがいのイケメンにひっかかって付いて行っちゃう展開。。。どうなんと思っていたら、再就職が決まり持てる能力? を活かせる立場に。

 どうかこのまま路線が変わりませんように。ただ怖いだけの幽霊ものになりませんように、とついつい願っちゃうくらい共感性がいいのよね。うんうん

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ない場合は書店でご注文くださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 ・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2023年12月12日 (火)

続よしなしごと(35)

続よしなしごと(35)

年賀状の印刷の途中、プリンターが死んだ~~~

便利な世の中でぽちっとひとつで二日後には新しいのが届いたけれど、中々PCと素直につながってくれず、思いの外時間がとられた( ノД`)シクシク…

3男話「言えない秘密」

お久しぶりの3男君。最近おじさんになって面白話が減ったので、過去の話をいっちょ

 あれは幼稚園か小学校低学年の頃。とぉちゃんと虫取りに川沿いに行って帰って来た時のはなし。

「ママ~、おれちゃんねぇ、ママに言えない秘密があるんだぁ」

「ママに言えない秘密?」

「うん、パパとねぇ、△△島行った時ね~、〇っちゃん買って貰たんだ~」

「へぇ~」(秘密はどうした?)

 とぉちゃんの懐が痛まないように水筒を持たせてたのに、ねだったのね。ふ~ん

「こら、3男(間抜けめ?)、ママには内緒だって約束したろ」

 3男に秘密なるものをもつような頭はなかった。。。とぉちゃん、息子のお馬鹿っぷにがっくり

*お薦め中華ドラマ「瑠琉~めぐりあう二人、封じられた愛~」

 6識を持たずに生まれた少陽派で双子の妹、褚旋僟ちゃん(袁冰姸)と、成毅演じる離沢宮後継者の禹司鳳の、前世から続く純愛の物語。

 最初のうちはゆっくり物語が進むのと、幼い執着と恋心の間で揺れ動く気持ちが、ま、ちょっとしんどかったんだけど、途中、一つずつ式が目覚め始めた辺りから、どんどん面白くなっていく。

 本音はどうなん?な帝君様で兄弟子や正義を翳す派閥のみなさんに噓くさい仙門の方々。絡まった糸が解れて、二人の純愛が昇華することはあるのか? 最期まであれもこれも気になった展開でした。

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ない場合は書店でご注文くださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 ・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2023年12月 5日 (火)

続よしなしごと(34)

続よしなしごと(34)

師走感ゼロのまま12月に突入。年末って毎年何してたっけ??? 年賀状、大掃除、……年取ったせいか、慌ててやんなくていいやという心境(*´艸`*)

2男話「タクシー運転手」

 2男3男と夕食時「東大王」を観ていた時のこと。難読漢字に地名があった。

「大任」で読みは四字。皆で頭を捻っているところ、かぁちゃんは言ってみた。

「『おまかせ』とかだったら笑えるね」

すると、ふふふっと笑いながら2男君が返した。

「それだと、タクシーの運転手さんが難儀だな~」

「あい?」

「『どちらまで?』『おまかせで』」

何処へ行ったらいいんじゃ? だな。ブフフと笑いながら、2男君てば相変わらずしれっと面白いこと言うじゃないの~と感心したかぁちゃんであった

*お薦め漫画「転生しまして、現在は侍女でございます」玉響なつめ原作、田中ててて&仁藤あかね画

 テイストは「聖女の魔力は万能です」を彷彿とさせますが、設定キャラとも、とてもいい。好ましい

題名の通り転生はしたものの、聖女でも冒険者でも魔法使いでもなく、故にチートとも無縁な普通女子。貧乏貴族の長女として後宮に女官として入り、滅相かわゆい主役級の王女様にお仕えすんのね。母か姉か。。。過保護に溺愛する侍女ってどうよ

 7巻まで一気読みしましたが、原作小説があったようで、しまったと後悔。。。でも、漫画、かわゆいですよ~癒されたもんね

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ない場合は書店でご注文くださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 ・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ