« 続よしなしごと(24) | トップページ | 続よしなしごと(26) »

2023年10月 3日 (火)

続よしなしごと(25)

続よしなしごと(25)

お天気は今一つなれど、少しずつ平均気温が下がってきている此の頃。却って外出に覚悟が必要だった真夏と違って、精神的にたるんどるかぁちゃん

 要は散歩にもろくにでず、瘦せんがなな状況。

冬に向けてやばやばである。。。

とぉちゃん話「アレルギー性蕁麻疹」

 先日、とぉちゃんが蕁麻疹で苦しんだ。生まれて初めての経験にまあまあ大騒ぎ

「かゆくてねむれん」「こんなにぶつぶつが」

煩いな~と思いつつ、見せてもらった。

「あ~、細かい湿疹が巨大化してるねぇ。多分アレルギー性の蕁麻疹だよ。放置しても、水分たっぷりとって体内から排出すれば3、4日で消えるけど。一応病院行って薬貰えば?」

「かゆみがおさまる?寝れないんだよ」

「どうかな。かなり楽にはなるとは思うよ」

 早速通院。帰宅後もくどくどと症状や薬の説明

「薬、飲んだら眠くてたまんねー」

はいはい、10代で発症して以降、20代前半からそれらに苦しめられてきたかぁちゃんとして、今更感が半端なく。。。

「はん、今頃かぁちゃんの辛さが分かったか」と同情の欠片もなく捨て台詞を吐いたのであった。

 可哀想なとぉちゃん(って全く心が籠っとらん)

*お薦め中華ドラマ「唐天遠のステキな災難」

 クールビューティな唐天遠が、派遣された地で、自立を目指して小説家妙妙生として頑張っている譚鈴音ちゃんと恋に堕ちるわけですが。

 天遠には身分を偽っても果たすべきお役目がある。北野きいちゃん似の偽婚約者や、謎の美人妓女がからんで、中々解決しない。天遠と親友のやりとりや、その親友と妓女の恋愛事情、天遠と鈴音ちゃんの甘~い関係、とお楽しみ要素はたっぷりだな

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ない場合は書店でご注文くださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 ・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« 続よしなしごと(24) | トップページ | 続よしなしごと(26) »

続よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続よしなしごと(24) | トップページ | 続よしなしごと(26) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ