« Reよしなしごと(91) | トップページ | Reよしなしごと(93) »

2023年1月 3日 (火)

Reよしなしごと(92)

Reよしなしごと(92)

新年明けましておめでとうございます。

どうぞ今年もよろしくお願いします_(._.)_

兎年、かぁちゃんが還暦になる時がとうとう来てしまったよ(;^_^Aはははっ。ばばぁともいうな

 

かぁちゃん話「酒粕」

 年末のこと。バイトの後、夕食何にしようと考えながらのお買い物。鮭の腹身が目に入り、何故かどうしても粕汁が食べたくなった。。。鍋一杯つくったった

 美味かったぁ。後で鍋の蓋をとったら、中々に酒臭い

どういうわけか、酒に匂いに惹かれているようなのだ。

此の頃、料理用に買った普通の芋焼酎も美味しくて、お料理の際にちびりちびり。むふむふしながらやってる。

これってもしかしなくてもキッチンドランカーへの道まっしぐらなやつ??

 

*お薦め和書「時をかける眼鏡」シリーズ 椹野道流作

 この方の作品は、「鬼籍通覧」シリーズを4巻目まで読んでいて、丁寧な法医学や監察の知識で物語に現実味を与えてくれる作品だと思っていた。ただ、やはり、殺人事件が続くものは、心が疲れてしまうので、ちょっと休止中でした。他の小説のしおりみたいなものに、転生モノの新刊が紹介されていたので、読むことに。

 遊馬(アスマ)君という法医学志望の医学生が転生しちゃって、過去? の小さな国で活躍するオハナシです。相変わらず、そっちの道の話は細かく詳しく丁寧ですが、転生先の王様や宰相様や鷹匠との関係がすごく面白い。

 今のところ9巻まで上梓されているようですが、まだまだ続きがありそうな雰囲気で、楽しみです

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 

・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« Reよしなしごと(91) | トップページ | Reよしなしごと(93) »

Re.よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Reよしなしごと(91) | トップページ | Reよしなしごと(93) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ