« Reよしなしごと(92) | トップページ | Reよしなしごと(94) »

2023年1月10日 (火)

Reよしなしごと(93)

Reよしなしごと(93)

年末年始の忙しさに随分と体力をもっていかれたけど、

どうも少々寝たくらいでは体力が戻って来ない

そろそろ生活を変える算段をしないとなぁ~

 

かぁちゃん話「スティックシュガー?」

 おっちょこちょいも極まれり。。。先日の粕汁3日目、酒の匂いを緩和するために生姜を擦って入れた。ちょっと多かったので、生姜湯にして飲もうと砂糖とお湯を入れてぐるぐる。

 さて、夕食を食べながら生姜湯ちびちび飲んでいたのだけど、途中からどうも重い? どうゆうこと? なんか固まって来た。2男に聞いてみた。

「生姜って人工甘味料とかと化学反応する?」

「いやぁ、聞いたことねーなー」

「何か砂糖入れた生姜湯が固まってきたんだよね。ほら、逆さにしてもこぼれない」

「えー、何か別のもん入れたんじゃね?」

「スティックシュガーの差してあるところから取ったけど。あれ? 見もせずに取ったから違うもんだった?」

「そーじゃーねー」

「ま、まさかの、かんてんスティック?」

 ゴミ袋をあさったら、かんてんとかかれたスティック袋が出て来た。。。甘くないなーとは思ったんだけど、砂糖だと思い込んでたからねぇ。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

*お薦め中華ドラマ「探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~」

 んーきっとお初の役者さんばかりな気がするけど。故あって男装で生きる官吏蘇瓷(ソ・シ)に、陳瑶(チェン・ヤオ)さん。斎王であることを隠して、一緒に捜査をする裴昭(ハイ・ショウ)殿で斉王様に張凌赫(ジャン・リンホー)さん。他の準主役級登場人物も好感がもてる。

 さて、男装で生きることを余儀なくされた理由が、過去の政変? 謀反? の罪を一族が着せられたことにあって、一人で生きていく為と一族を陥れた罪を暴くことが目的での宮仕え。能力のある官吏ではあるんだけど、早々に裴殿には女子であると見破られてしまい。。。むふふなことに。つかず離れず、いろんな事件を解決していく二人。医療に長けた董如双(トウ・ジョソウ)ちゃんと侠客謝北溟(シャ・ホクメイ)君の手助けもあって、大活躍。

 さて、一族の冤罪は晴らせるかしら? ともかく楽しくて、次作が楽しみでした。

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 

・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« Reよしなしごと(92) | トップページ | Reよしなしごと(94) »

Re.よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Reよしなしごと(92) | トップページ | Reよしなしごと(94) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ