« Reよしなしごと(52) | トップページ | Reよしなしごと(54) »

2022年4月 5日 (火)

Reよしなしごと(53)

Reよしなしごと(53)

 ウクライナの若者にこの歌を贈ります

♪君のゆく道は果てしなく遠い

だのになぜ、歯を食いしばり、

君は行くのか、そんなにしてまで。。。

君のゆく道は希望へと続く

空にまた日が昇るまで

若者は行く、あてもないのに。。。♪

 どうか下を向かずに頑張って

 

2男話「省略」

青少年は親と普通に会話するのを、出来るだけ短く済ませようとする傾向があるように思う。かぁちゃん家でその傾向が強いのは、2男君

仕事に行くときも帰って来た時もたった一言

「ま」である

行きは「行って来ます」、帰りは「ただいま」の一部分

いや~省略し過ぎでしょぉ、と言うかぁちゃんも

「いってき」「いってら」「いま~」「け~り」と縮める

ははたのは、やっぱり似たもの親子だった。。。

 

*お薦め中華ドラマ「芸汐伝~乱世をかける永遠の愛~」

 御殿医の娘で毒に滅法詳しい 韓芸汐(ハン・ユンシー)を「新白蛇伝」で純粋かつ真面目な白蛇を演じたジュー・ジンイーさんが、お茶目にキュートに殿下一筋に愛を貫きます。とっても頑張り屋さんです

 お相手の龍非夜(ロン・フェイイエ)殿下役には、この作品がお初だけど、「ハンシュク」でも何だかよく似た役柄だったチャン・ジャーハンさんが、凛々しく格好よく演じています。最初はちょっとツンデレね。

 悪政を敷く非夜殿下の兄上の天徽帝は、周辺の国を滅ぼし続けたために恨まれています。実はロン殿下は、天徽帝に滅ぼされた国の皇子で、名を偽って宮廷に入り込んだその人。蠱毒人を毒によって作り出せる毒宗によって、秦凞国の皇太子だった殿下は、実験体の中で唯一蠱毒人となってしまった子供だった。

 他にも、複雑な関係があれこれありつつ、芸汐の殿下との愛を中心に、お話は進んでいきます。その選択しかなかったの? という最期が。。。

 

かぁちゃん(二ツ木斗真)の小説の宣伝です

2021年12月15日「繁吹雨×翔雲(シブキアメニカケルクモ)」税抜800円で上梓しました。ぜひ買ってくださいね♪

だた、毎度のことながら広く薄くの配本だけど、前作に比べると110店舗と増えました。ただ、ない場合は「入荷日が分らない保留注文でよいので注文しておく」との旨を書店にお伝えくださいね

2018年6月出版の前作「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」は、下記の20店でお取扱い中。こちらもよろしく~

・紀伊国屋書店(札幌本店、笹塚店、梅田本店)

・リブロ(ひたちなか店、イオンタウン守谷店、川越店、小手指店、レイクピアウスイ店、花小金井店、福生店、イオンモール鶴見店、大分わさだ店、大分トキハ店)

・よむよむ(草加松原店、原当麻駅前店、新敷島店

・あゆみBooks仙台一番町店 ・オリオン書房ノルテ店

・CROSSBOOKSサミット王子店 

・リンボウブックセンター店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

« Reよしなしごと(52) | トップページ | Reよしなしごと(54) »

Re.よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Reよしなしごと(52) | トップページ | Reよしなしごと(54) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ