« Reよしなしごと(9) | トップページ | Reよしなしごと(11) »

2021年5月 4日 (火)

Reよしなしごと(10)

Reよしなしごと(10)

 またしてもアレルギー性の吐血にて、散々なGWの始まりとあいなった。長男に「そろそろ懲りたら」と言われるけれど、ついつい美味しい物を口にしちゃう

 アレルギーが全く起きないのは、白い物ばかり。ご飯、乳製品、おうどん、お豆腐系。。。

美味しいけどさ、飽きちゃったよ(我儘?)

 

2男話「次男が冷たいっ( ;∀;)」

 ここのところあまり体調がよくなくて食欲がない。先週の始め、そのことが夕食の話題に上った

とぉちゃんが「まだ膀胱炎治ってないのか?」

かぁちゃん「痛みは取れたけど、まだな感じ」

長男「病院行ったら?」

かぁちゃん「薬を追加でもらっても、どうかなぁ」

3男「健康診断受けたら?」

かぁちゃん「そうだけど、結局何も出ないような」

2男「ちゃんと健康診断受けないで、いきなり倒れて面倒看てくれって言われても、引き受けないからねっっ」

かぁちゃん「2男が冷たい~~( ノД`)シクシク…」

「「その通りだし」」ととぉちゃんと長男。。。

 後で3男が「最近の2男、言い方がきついよね」

と何となくフォローしてくれたが、無口がいきなり有言になって、驚くと共にびっくりΣ( ̄□ ̄|||)

 働くようになって、自信がついたのか、それともストレスを溜めているのか。前者であることを祈りたいかぁちゃんであった。。。

かぁちゃん?悪化しとるわな。先週の金曜日、また吐血したけど、多分アレルギー性だし去年ほど酷くなくて、抗アレルギー薬と抗炎症剤飲んで寝て治った感じ。

でも、2男が疑わし気~に睨んどった(;^_^A

 

*お薦め和書「広岡浅子~明治日本を切り開いた女性実業家」小前亮作

 時代が大きく変わる時、優れた人材が輩出するのは何も男性に限ったことではない。明治前後の時代、それはそれは多くの女性が台頭し活躍した。

「八重の桜」の新島八重さん「花燃ゆ」の吉田文さん、「花子とアン」の村岡花子さん、そして、「あさがきた」の広岡浅子さん、「とと姉ちゃん」に「べっぴんさん」「なつぞら」「おちゃよん」と。。。

 最近ドラマ化(主に朝ドラ)されただけでも、大変沢山のモデルが存在している。

 男尊女卑の時代に、生き生きと負けないで生き方を貫いた女性たちの生きざまには心が震えますね。

 この本は「あさがきた」で人生を紐解かれた広岡浅子さんの生涯実績を書き記したものですが、豪傑の女を支えた夫やその他の存在とともに、感動すら覚えるその真摯な姿勢を丁寧に描き出してくれています。

 ドラマが終わって時が経ちましたが、こんな時代だからこそもう一度見直して欲しい生き方でもあります。

 因みに、豪傑な女でなくとも、時代を陰で支えた女達にもエールを送りたいので、ご紹介。なんや専業主婦かと見下すなかれ。こうと決めたら前進あるのみ、天晴れな生き方に拍手喝采~

「物語 幕末を生きた女101人」歴史読本編集部編

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝継続中~♬

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真(フタツキトウマ)著

紀伊国屋書店とLIBROの系列など15店でのお取扱い

・紀伊国屋書店(札幌店、笹塚店、新潟店、高槻阪急店、泉北店、堺北花田店、天王寺ミオ店、長崎店)

・リブロ(ひたちなか店、ララガーデン春日部店、小手指店、港北東急SC店、大分わさだ店)

・よむよむ坂戸入西店・パルコブックセンター調布店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

« Reよしなしごと(9) | トップページ | Reよしなしごと(11) »

Re.よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Reよしなしごと(9) | トップページ | Reよしなしごと(11) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ