« Reよしなしごと(8) | トップページ | Reよしなしごと(10) »

2021年4月27日 (火)

Reよしなしごと(9)

Reよしなしごと(9)

3度目の緊急事態宣言。。。コロナ禍は終息するのか収束するのか、五輪はあるのかないのか。

泣く人がとてもたくさんいそうです。

凡人に出来るのは、外出を控えマスクや手洗いをし、ただ静かに病魔に侵されないよう気を付けることだけ

 

かぁちゃん話「スピッツの記憶」

 古い話続きで申し訳ないけど、アメーバでいつも読んでいる方のブログで急に思い出したので。。。

 母方の祖母の家では、スピッツという日本に昔からいる長毛種の小型犬が飼われていた。祖母がとてもかわいがっていたので、毛並みも美しく綺麗な犬だった。

 当時3歳くらいだった私のことを、その犬はかわいがって?くれていて、アブナイことをしそうになると甘噛みして止めてくれるし、年の離れた従兄姉(イトコ)達に取り残されてる私に、いつも寄り添ってくれた。

 ある日、お留守番中に、お庭と縁側で一緒に、上がり降りして遊んでいると、庭の扉が急に開いた。そして、全く見たことのない知らないおじさんが入って来た。

 キャンキャン吠えるスピッツを抱え上げると、

「お祖母ちゃんにお散歩を頼まれたんだよ」と言って

さっさと連れ出してしまった。

 そんな話を聞いたことのなかったので、そわそわしながら祖母の帰宅を待つと、言いつけた。

 もちろん、祖母は大急ぎで探し回っていたが、他の家族にはこの事実は伏せていたようだった。開いていた庭の扉から逃げ出してしまったと皆が思っていて、私は誰からも叱られなかったのだもの。

 ただ、ものすごく罪悪感に苛まされた記憶はある。。。

 暫くして少し離れた公園に遊びにいった時、よく似たスピッツが駆けよって来たことがあった。

「うわぁ、お祖母ちゃんが飼っていたスピッツにそっくり。知らないおじさんが連れて行っちゃったの」

「犬なんてどれも似て見えるものなのよ」と優しく言いつつ、おばさんはそそくさと公園を出ていってしまった。まだ、血統書付きの犬がどう扱われるか知らない子どもだったから、疑うことはなかったけれど、何か心にささくれが残ったような感じだった。

 すっかり忘れていたのに、スピッツの優しい鼻息とともに、記憶が蘇った。

 

*お薦め韓国ドラマ「彼はサイコメトラー~He is Psychometoric~」

 久々に韓ドラ続きだけど、かぁちゃんが観ているのは、圧倒的に中華モノが増えたわねぇ。別に嫌韓とかNOKORIAとか意識してないけど、面白くて壮大な設定のファンタジーは俄然中華が多いみたいなのよねぇ。。。

 さて、表題のドラマ。サイコメトラーを「残留思念を読み取る人」に限定した解釈で、団地火災で両親を目の前で失ったイ・アン(GOT7のジニョンさんが演じてる)が、後天的に得た能力という設定。

 複雑な利害と、加害者被害者との絡みで、事件がややこしい様相を呈しているが、キム・グォンさん演じる兄貴カン・ソンモとイ・アンとシン・イェウンさん演じるユン・ジェインちゃんの3人の関係を軸に話は進む。

兄貴の理解者ウン・ジスさんが亡くなるシーンは泣けた。。。彼女には父の償いを見届けて欲しかった

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝継続中~♬

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真(フタツキトウマ)著

紀伊国屋書店とLIBROの系列など15店でのお取扱い

・紀伊国屋書店(札幌店、笹塚店、新潟店、高槻阪急店、泉北店、堺北花田店、天王寺ミオ店、長崎店)

・リブロ(ひたちなか店、ララガーデン春日部店、小手指店、港北東急SC店、大分わさだ店)

・よむよむ坂戸入西店・パルコブックセンター調布店

電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

« Reよしなしごと(8) | トップページ | Reよしなしごと(10) »

Re.よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Reよしなしごと(8) | トップページ | Reよしなしごと(10) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ