« よしなしごとR(97) | トップページ | よしなしごとR(99) »

2021年1月 5日 (火)

よしなしごとR(98)

よしなしごとR(98)

あけおめでごじゃるm(__)m

今年最初の投稿です。心機一転なるか?

今年もやっぱり小説は書き続ける所存にて。。。

上梓できるかどうかは、いまだ不明じゃ('◇')ゞナハハ

でも、今年もよろしくねぇ(#^^#)

 

家族話「初詣でおみくじ」

 ものすごく何年かぶりに全員一緒に元日に初詣。。。

しかし、とぉちゃんてば相変わらず、予定の立て方がアバウト。「15分後でいいかな?」とか……ヽ(`Д´)ノ

「かぁちゃん、泣けちゃうね」とお返事したさ。

そらそうでしょー、ブランチのおせちのお片付けを一人でしてるというに、自分のことしかしない人と同じ余裕しかもらえないとか、それはないでしょう。

ま、でも、何となく楽しいねぇ。みんな一緒って。

そして、おみくじをひいたら、あーらびっくり、4人が大吉!!1人も小吉なので、まぁまぁまぁ。いいことあるかしらん?

 ちなみに、小吉は就職活動が難航している2男君。ちょっと表情が暗かったような。。。頑張れ~~~

 

*お薦め和書「ソナンと空人シリーズ」

 「瞳の中の大河」「黄金の王 白銀の王」「猫が足りない」以来久しぶりの沢村凛作品のご紹介です。

ソナンと空人シリーズの4冊。「王都の落後者」「鬼絹と姫」「運命の逆流」「朱く照る丘」で完結。

 中々世界観に没入できなかった一巻目。何しろ主人公だと思ったソナンが、ええっ、そっちのソナン?まるで主客転倒な衝撃で、混乱と困惑で始まった。

 2巻目からどんどん読み進むのだが、いわゆるファンタジーに抱くワクワクドキドキという擬態語が当てはまらない。うん?うんうんふむふむの方が近い印象かな?

 空人になったソナンの人生がなるほどな終焉を迎えるまで、中々目の離せない状態に。。。

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« よしなしごとR(97) | トップページ | よしなしごとR(99) »

よしなしごとR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よしなしごとR(97) | トップページ | よしなしごとR(99) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ