« よしなしごとR(67) | トップページ | よしなしごとR(69) »

2020年6月 9日 (火)

よしなしごとR(68)

よしなしごとR(68)

 暑くなってきました。バイト先でビニールに覆われてお仕事してるので、想像以上に蒸されてます。

 マスクも着けてるから、汗だく。疲れるのも疲れるけど、コロナを防ぐには必要だしねぇ。でも、このまま猛暑日続きに突入したら疲弊してしまいそうだなぁ

 

かぁちゃん話「熱いよ熱いよ」

 この台詞と言えば、出川哲郎さんなんだろうけど、

かぁちゃんが無意識に大騒ぎした時のこと。

 4月頃だったかなぁ、まだ寒かったのでお鍋をしたの。

煮詰まって辛くなったし、2回目の具を煮込むのに、

水からでは時間がかかるので、ポットの熱湯を継ぎ足すことに。。。年季の入った計量カップに並々と注いで、

いざお鍋に、、、

 でも、表示をよく覚えていなかったかぁちゃんは、

カップの耐熱温度が80℃くらいまでのプラスチックで、

しかも古いからあちこちひびだらけだったのに、

98℃の熱湯を入れちまった。

 当然、最初の一歩目から、ぼたぼた熱湯がこぼれて靴下の上からかぁちゃんの足を直撃。そこで止めればいいのに、

「熱いよ熱いよ」

と言いながら長男君の右側からお鍋に入れようとした。

「いや、熱いよ熱いよって、まじ熱いじゃん。足どけてって言ってよ。火傷しちゃうじゃん。なんで出川さんの真似してんのかと思ったら、まじ熱いし」

 こぼしながらもなんとかお湯を鍋に投入したが、その後

対岸からの見物だった2男3男を巻き込んで、大笑いになった。

ううむ、冗談で済んでよかったけど、何となく自分の間抜けな姿を想像して笑いが止まらなかったかぁちゃんであった。あ、もちろんカップは直ぐ新しいものに交換しましたよ。

 

*お薦め洋画「名探偵ピカチュウ」

長男君が面白いからと録画したのを、3男児と観た。

実写版で、ピカチュウが喋るというから、あんまり期待してなかったんだけど、最後まで楽しく観られた。

英語版での印象は知らないけれど、ピカチュウの声を演じた西島秀俊さんが、ともかくびっくりするくらい良かった。はまってたわぁ

第一声から、いいの。楽しそうでたまらない。

 こんなに嬉しそうな西島さんの声って聴いたことなかったかもしれない。とっても楽しかった~

素晴らしい名画ってなことはないけれど、親子でも大人だけでも随分と楽しい時間を過ごせるだろうと思うよ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« よしなしごとR(67) | トップページ | よしなしごとR(69) »

よしなしごとR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よしなしごとR(67) | トップページ | よしなしごとR(69) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ