« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

よしなしごとR(62)

よしなしごとR(62)

遅くなっちゃたい(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

 

かぁちゃん話「流行性角結膜炎」

 なんだか、また陰鬱な話が続くけれど、経験者は語る、ということにてお許しあれ~

 何故罹ったのかは全く良く分からないのだけど、プール熱とかと同じアテノウィルスによって引き起こされる目の病。どっかを触った手で目をこすったのかしら?

 右目が数日前からゴロゴロした感じはあったのだけど、目やにもなく酷い充血もまだなく、流行り目とは全く思いもしとらんかった。

 

 水曜日の朝、自分の顔を見た衝撃って忘れられん~まだ、充血や痛みもそれほどではないのに、右顔が崩れてるのよ~。お岩さん~~よーく見たら、右眼球下部に水膨れのような塊があって、目を圧迫してる感じ

「何これ、ぞわわわわ~((+_+))」

 1回目の通院では、病名はつかず、炎症を抑える点眼液と感染を抑える点眼液を処方されて帰宅。その日の夜に、吐血して救急搬送されて、目のことはちょっとぶっ飛んでたし、胃薬や炎症を抑える薬の入った点滴で症状が落ち着いてたのもあるし、で余り意識してなかった。

 

 帰宅してからが、うえん、そらもー泣いたわ~

まず、吐血のあった胃からウィルスが全身に回ったのか、熱があった。36.5~37.5の間で乱高下。って、微熱じゃんと思わないで、平熱35.6~.8ですからっ

 そして、痛い!ともかく痛い。あんだけだるくてフラフラして、横になると寝ずにはおれない状態なのに、痛くてがばっと起き上がる。特に、明け方、ぎゅあんと痛くて飛び起きた。病名に角がつくのは伊達じゃねーわ(TヘT)

 右目を失うんじゃないかと、まじで思ったよ。地面が歪んで見えたからね~どんだけぇ、でしょ?

 ただ、段々どういうことで痛むのかが少しずつ分かってきて、水蒸気のような高熱に弱いとか太陽光や明かりに弱いとか。。。普通の状態だとウィルスが活発になって、どんどん浸食されてる気がしたけど、苦手な状態では奥に引っ込んでいく感じだったから、熱いお茶をふーふーして湯気を目に当てるようにして飲むとか、電気をつけて寝るとか、自分なりに工夫して対応。

 でもね、頭の中やこめかみまでぶよぶよと腫れて、触ると痛いし、喉や鼻、右の肺などの痛みや息苦しさもあって、全く治っているようには思えなかった。眼科では痛み止めの飲み薬なんかは処方してくれないみたいで、聞いたけどもらえず……o(TヘTo) くぅ

 そういうことなら強い痛み止めは止めておいた方がいいと思ったので、仕方なく風邪薬をずっと飲み続けた。対症療法の全身薬だから少しは楽になるのよね。

 肺が痛いのは、フェイ○スを背中の肩甲骨の内側か前側の胸の上部に貼ると少し緩和するので、それで対処。

 あとは、ウィルスを胃に落としてpH2の強酸でやっつけるしかない。痰はどんどん捨てて、鼻をすすっては涙やなんかをごっっくん!余計鼻や喉を傷める気もしたけど、目を放置はしちゃおけないもんね。

 あとね、血中の水分を奪われてるような気がしたので、熱い日本茶をすごくたくさん飲んだ。

 何だか例の病気と症状が被るので、ずーっと不安を引きずってたけど、結局ウィルスの仲間だからねぇ。似た状態にもなるわなぁ

 

 でもさ、なんでウィルス系の病気は対症療法ばっかなんだろ。プール熱なんて毎年のように流行るのにね?本人の抵抗力に委ねる?衛生に十分気を付ける?それでもなっちゃったら、痛いし辛いじゃん。薬とか素早く治す方法を見つけてくれると有難いのにな。

今もまだ右目の奥の方に違和感が残っているのが不安なんだけど、他人様に伝染す時期はすっかり脱したので、買い物に行ったり外に出て体力を戻す努力中。

コ○ナのせいで、外出は控え気味になりがち。バイトも出れなかったし、今は建物が休業中だし、かぁちゃんの収入はゼロ~。とぉちゃんがサラリーマンでよかったと胸をなでおろし、でもこういう状態が続けば減給もあるかもしれないので、先行きが不安だわ。

今世界を席巻しているのではないコロナウィルスで苦しんだかぁちゃんのオハナシであった。。。

 

 

*お薦め和菓子「麻布かりんと」

元々黒糖かりんとうが好きだったんだけど、歯が悪くなって以来買ってなかった。だって、硬いだもん

 デパ地下にお店が入っていて、気になっていたので

去年の秋頑張ったご褒美に自分用に買ったのだ~

歯の悪いかぁちゃんでもいけるかりんと~(⌒∇⌒)

そして何より美味い。ただ、高いので月1回くらいしか買えてないけど、あれこれお試ししてるの。種類豊富なりよ

今のところのお気には「レーズン」と「アップル」

薩摩芋は普通に芋けんぴで、おや~?な感じだったな。

お店のHPはこちら

アクセス先;https://www.azabukarinto.com/

 

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2020年4月21日 (火)

よしなしごとR(61)

よしなしごとR(61)

雨がコロナウィルスを洗い流してくれないかしら?

体がなまってしょうがないよ~

長くてm(_ _"m)ペコリごめんちゃ 

 

かぁちゃん話「救急医療センター」

 自分が救急車のお世話になるなどと全く思ってなかったんだけどねぇ。アレルギー反応が強く出るものは、なるべく口にしないようにしていたし、抗アレルギー薬は、ずっと服用し続けているし。以前やばかったから気を付けているつもりだったのよね。だから、ショック症状に至ることはまずないと思ってたんだけどな~

アクセス先;綺羅雲母ですじぇ(50)

お薦め韓国ドラマ「密会」の冒頭にてアナフィキラシーショックについて書いてます

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2015/08/50-3ef5.html

 ま、そんなことでコロナを疑いつつ救急搬送された訳。そこでの扱いで少し気になったことがありアップぅ~

 

 多分救急に配属されるようなお医者さんや看護師さんは、高い意識のある方々ばかりだと思うので、その場で文句を言うのは憚られ、こんなところで書いた内容がやんわり伝わるといいのにな~などと虫のいいことを考えてんのよね。何しろ色々不安になったんだもん

 私の意識がもっとはっきりしていたら、その場で言い方を考えてやんわり伝えることもできたと思うんだけど。。。

 

 まず、CT。

折角撮るんだから、吐血したからって胃だけじゃなくて、こういう時期的に気管支や肺も一緒に撮れなかったんだろうか?確かにまだ3月4日時点では、感染経路の不明瞭なケースはなかっただろうし、それでも、渡航歴や濃厚接触がなくても疑うべきではなかったんじゃなかろうか?でも、これは医療現場の混乱を抑えるために仕方なかったのかもしれん。わからん……

それに、熱が37.5℃に達していなくても、平熱から1℃より上がっていたら疑うべきでは?吐血する前に、目から病気が来ることもあるらしいと聞いたのでコロを疑って、厚生労働省に電話したら、渡航歴や濃厚接触と熱が基準だから、それがないと保健所も検査はしないと思うと言っていたので、医療現場でも同じってことなのかな?

ただ、もし私が感染していたなら、クラスターの最初の一人になっちゃうじゃんと、一抹の不安がやはり残る。

 

 それから、嘔吐物を出すために胃に入れる管。

胃カメラなどの喉を通すものは苦手で、胃カメラは全身麻酔でしていることを伝えたんだけど、管の太さは一番細いのではないものを選らんでいた。声からして選んだのはお医者さんだったと思う。鼻から通すのは始めてだったけど、通過点が喉なので少し不安だった。

 多分男性看護師さんだと思う方が、「喉に来たらごっくんしてね」と言いつつ、ぐいぐい通してくるので、最初の切りっぱなしの先っぽが、炎症をおこしているらしい喉で引っかかった。

「待って」のつもりで左手を挙げたんだけど、止めてくれなくて、どんどん気管支と食道の入り口部分で折りたたまれるように重なって、ついには呼吸できなくなってしまい、看護師さんの迷惑になると我慢していたのもぶっとんで、左手で管を引き出した。窒息して死んじゃうよ~

 で、えづいた拍子にまたどばっと吐血し、看護師さんにぶっかけた。きっとまだ新人さんなんだよ、ごめんね~

 苦手だと言ったら、管を一番細くして欲しかったし、もう少し私の様子を確認して欲しかった。左手で異常を合図するのって歯医者さんだけなんだろうか?ともかく、管を通してたら喋れないだもん。それに、せめて管の先っぽは切りっぱなしじゃなくて、丸くするとか鉛筆のように先細にするとか、入り易くならないんだろうか?

 まじで死ぬかとおもったもん( ノД`)シクシク…

 

 次に採血。

多分新人さん的な方だったせいもあるのだろうと思うんだけど、あまり上手ではなかったの。苦しい息の中採血のために咳やえづくのを長い時間我慢するのは難儀。

 以前すごく上手なベテラン看護師さんに「私の経験した中で一番上手です」と称賛したら、こう言ってた。

「特に患者さんにとって採血は苦痛なケースが多いから、早く終わらせることも大事なの。それを意識してやってる内に上手くなったのかしらね。針を刺して、8~9割血管に入ったら直ぐゴムを緩めれば、勝手に針が血管に潜り込むから、さっと終わるのよ」

 新人というだけでなく、あの医療センターではどの方もゴムをそのままにしてたのよね。ダムをせき止めたまま取水しようとしてるようなものだと思うのは素人考え何だろうか?

 で、その上、針が入りにくかったからと左腕内側(曲げるところね)の針をテープで貼ってそのままにしてたの。針先が折れて血管を回らないようにするために、点滴用の針をわざわざ手首の側面や手の甲に刺すようにしている病院もあるのになぁ。

それとも今の針は折れたりしない素材なのかな?退院する時に抜いたら曲がってたから、ちょっとぞっとしたんだけど。どうなんだろう?

 

日常では経験しないことが色々あったし、意識が朦朧としていたから長く感じたのかもしれないけど、何となく不安が残る救急体験だった。対応して下さった関係者の方に文句が言いたいのではなくて、救急に運ばれてくる患者さんは、我慢が出来る状態ではないだろうから、手当や検査でひっかかりがないようにすることは大事かなと思うの。

でも、一番言いたいのは「ありがとうございました」ですから。。。

 

 

*お薦め中国ドラマ「独孤伽羅~皇后の願い~」

 なんとか見続けたけど、病気している内に終わってしまってからのご紹介になちゃった(-_-;)

以前から気にはなっていたのですが、縁のなかったドラマ。この度やっと録画できた(^^♪

 面白いね~。独孤家の3姉妹の3様が面白い。そして、一番欲や野望と無縁だった加羅が多くのものを手にしていく様が痛快。

他方で男性陣がちょっとつまらないというか、ハンサム揃いなのに印象残らないというか、になっちゃったけどね。

毎回心惹かれるわき役さんがいるのに、思い出せない。自分の体調にも関係があるのかも~

 

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2020年4月14日 (火)

よしなしごとR(60)

よしなしごとR(60)

長らく理由も掲載せずにお休みしてしまい、失礼致しました(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

 言い訳をば。。。

・かぁちゃん話「流行性角結膜炎&アナフィキラシーショック」

 去年の暮れ辺りからだろうか、疲れが寝ても抜けなくなってた。そのせいでこうも長引いたのかとも思うけど、前回掲載の3/3(火)分をアップしてからどうも様子が変になり、月火と連続早寝をしたのよね。

 なのに、体が重くて中々起き上がれず、フラフラ。それでも3男の学校もあれば私のバイトもあったので、早朝から起きて普段通りに。そして、いざ洗顔となって鏡を見て(@_@)驚天動地~

「ギャー、右目がお岩さんになってる~」(誰もいないけど叫んでみた)

 絶対流行り目なので、バイトには行けないよ~時間が来たら即バイト先に電話して眼科へ。直ぐにも流行り目で出席停止的なことを言われるかと思いきや

「この器具は60%の確度しかないので、現時点では何のウィルスか確定し難いですね。1週間後また来て下さい」

「流行り目と断定して頂けないんですか?この状態ではバイト先で接客出来るとは思えないです~」

「疑いありで診断書を出すことは出来ますよ」

「疑いあり?……なら、いらないです」(病名がついてからもらったけど)

 いや~びっくらこいた。お岩さんなのに疑いだけって?疑いありではバイト先の方に言いにくいやん。近所なので直接見せることに。。。それが、3/4(水)のこと。

 で、とりあえず1週間ほどお休みいただくことになり、休養にこれ努めるべく帰宅。じっくり寝てから夕食づくり。

しかし、なんか食欲ねーなーと少し口にして横になり、お風呂に呼ばれて起き上がったら、気持ち悪っっっっっ、あかんパターンやとトイレに飛び込んだ

 なんと、吐血して意識が朦朧とし、挙句廊下でこけた。こりゃやばい~と慌てて110番!?救急車お願いしますと言ったら、「こちらは警察ですよ。回しますか?」「いえ自分で」

 と返事をしたものの、意識がだいぶおかしかったみたいで119番するまでに上手くスマホをいじれなくてねぇ。「切れてませんよ。119番通報しますか?」と再度言われたりして(-_-;)それでも、何とか電話して15分?くらいでピーポーピーポー。

 覚えてないけど、その時在宅してた息子に指示した模様。2男君には「コロだといけないのでトイレとかぁちゃんが触りそうなところを掃除&消毒して。後、換気もしておいてね」。3男君には「かぁちゃんの荷物を持って付き添って」。。。

覚えとらんがな~(;'∀')

 吐血した上、息は苦しいし意識が飛ぶ。その上コロだったらどうしようと不安で仕方なかった。救急車内でやたら名前と日付を聞かれた気がする。意識が飛びそうになる度、確認されたらしい(・_・D フムフム

 救急センターでのことはまたいずれ掲載するとして、普通に胃腸の病気として検査されたが原因不明。。。症状と飲み食いしたもので思い当たるのは、キャベツと豚バラの味噌炒めで使った味噌だれに入っていた化学調味料系のもによるアレルギーのみ。これまでは添加物があってもかゆゆになるだけだったのになぁ?最近急に加工食品類の無添加表示が減ったせいかしら?

 帰宅途中に飲んだスポーツドリンクで気分が悪くなり、裏面を見たら原材料名に調味料(アミノ酸など)とあって、一応自分なりにやっぱりこれかな?と。

 確かに、アナフィキラシーショックと症状はかぶっていた:(;゙゚''ω゚''):

吐血を伴う嘔吐、下痢、大量発汗、気管支の炎症による呼吸困難、意識朦朧、

 でも、大麦と松の実でしかそういう状態になったことはないので、ちょっと疑問は残るし、全身に回ったと思われるウィルスの攻撃力が強かったのかもしれないから、やっぱり原因不明なのかも。

 ともかく、先週に至るまで高い熱(平熱が低いので37台だったけど)が続き、呼吸が苦しく、鼻や喉と右目が焼けるように、時には激痛で目が覚めるほど痛かった。

『流行性角結膜炎』というのだそうだ。(これも症状をいずれ掲載予定)体力が落ちていたので、治癒に時間がかかったのかもしれないが、お陰でずっと自宅待機。家族の誰かが持ってこない限り、コロにはかからないはず。。。

不幸中に幸いかな?

 長男君は「仕事より家族」と出張先から駆けつけてくれ、2男君は家事をあれこれ引き受けてくれ、3男君は「俺の両親は50代だからコロを伝染すとやばい」からとバスケに行くのを諦めてくれ。。。3男児が意外に頼りになることを実感したかぁちゃんであった。

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ