« よしなしごとR(37) | トップページ | よしなしごとR(39) »

2019年10月 8日 (火)

よしなしごとR(38)

よしなしごとR(38)

年寄イジメだと思っていたこのところの天候、若い方々もキツイようで風邪を引かれる人が散見されますね~

かぁちゃんもこのところずーっとお腹がゆるゆるです。

気持ちの良い秋を満喫したいのはかぁちゃんだけではないはずです。お天気祈念でござるぅぅぅ

 

3男話「ぶかぶかゆるゆる」

Tシャツの襟ってシャキッとしてないと、だらしなく見えがちだし、どうかするとちょっと貧乏くさい?差別発言にならないといいのだけど、どうしても買ってあげられない感じに見えちゃう。

ゆえに、子供たちのシャツは汗滲みも含めて、あんまり襤褸に見えないように気をつけてたのだけど。。。

 この前買ったばかりのTシャツの襟をグイグイ引っ張ってるのを見て、なにしとんじゃーと怒り爆発

「こら3男、新しいTシャツがヨレヨレになるがな。襟を引っ張るんじゃないっ!」

「まあね。でもさ、俺、襟ぐりがキツイの苦しくて嫌なんだよね。だから、2サイズくらい大きいのを買ってもらうか、ジャストサイズの時は仕方なくこうしてなるべく手を加えるわけ」

 随分と冷静に答えやがりましたが、そういえば大きいのを買ってくれと頼まれるが、兄ちゃん達のと区別がつかないと却下しとった。その上、かぁちゃんには何やらいやぁな記憶が……

 3男君の衣服は、特に小さい内は殆どお下がり。ズボンや靴のように摩耗が激しくて捨ててしまったもの以外は、特に上着など、ほぼ100%お下がり

 推して知るべし。そらもう襟ぐりや袖周りや裾ときたら、ぶかぶかゆるゆるのシロモノばかり。。。そういうのに慣れ親しみすぎて新しいパリッとしものがダメなのね~~

 育てたように育つってこと??まじっ?

 

*お薦めNHK時代ドラマ「螢草」

 原作者の葉室麟さんは鬼籍に入られたと思うのですが、作品の人気は健在です。我が家もとぉちゃんが好きでいっぱいあるのに、かぁちゃんはほとんど読んだことがなく。。。

 今回、このドラマが面白くて楽しみだった。原作本は読んだが、ちょっと印象が違う点が多々。その他の作品も読んでみようかと心惹かれてまふ!(^^)!

 北村有起哉さん演じる轟が悪い奴でねぇ、とっても怖いのさ。こいつが父上の仇と知っているななは、父と同じ道を辿り始めてしまった主に思いを寄せつつ、頑張ってるのよね~。健気だし、応援したくなる

 なな役には、「なつぞら」で妹役だった清原果耶ちゃんかな?

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

« よしなしごとR(37) | トップページ | よしなしごとR(39) »

よしなしごとR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よしなしごとR(37) | トップページ | よしなしごとR(39) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ