« よしなしごとR(30) | トップページ | よしなしごとR(32) »

2019年8月20日 (火)

よしなしごとR(31)

よしなしごとR(31)

一昨日、バイトの後久々に熱を出した

温めなおしていたポトフ、忘れて煮立ててしまい

塩加減はなぜか丁度よくなっていたけれど、

危ないことこの上ない~(;^_^A

 

かぁちゃん話「モスキート音」

モスキート音といえば、蚊のブーンていう羽音

あいつがあんまり気にならなくなってだいぶ経つ

いつのまにか、かゆゆになってることが増えた

まぁ、でもそれって年齢なりだと思ってたんだけど

先日テレビで「○十代で見える・聞こえる」という内容であれこれやってたの

見える方は眼鏡の補正もあるので、まあまあな結果

ところがっ!聞こえる方がええええっな結果

60代で聞こえる高音というのから流されたのだけど、

子どもたちが「鳴ってる鳴ってる」と当たり前のように

頷き合う横で

「え?もう鳴ってる?今も鳴ってる?」なかぁちゃん

やばいじぇ、モスキートどころの話じゃなかった

こうして聞きたくないことは聞かないばぁちゃんへの道一直線のかぁちゃんなのであった(;^ω^)

 

*お薦め韓国ドラマ「番人!~もう一度、キミを守る~」

 よしなしごとR(28)でご紹介した「リミット」でも、刑事役だったイ・シヨンさんが、また刑事役だったので観てみることに。華奢なのにすごいのよ。スタントもこなしてるのかな?どうやら「イタKiss」であの美女ヘラ役だったみたいで、なるほど見覚えがありやした。日本で言えば、北原景子ちゃんのような印象かしら。

検事長が悪でねぇ。そいつをその地位から引きずり下ろすためにグループの存在があるの。

 リーダーのドハン役、キム・ヨグァンさんの足の長さには見とれることもしばしばでしたが、ボケナスっぷりも中々見ものでんがな

 でもねぇ、番人になった理由がどれも痛い。それはあんまりだろうという設定で。。。でも、そのくらい悲惨な経緯がなければ、そうはならんかとも思う

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« よしなしごとR(30) | トップページ | よしなしごとR(32) »

よしなしごとR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よしなしごとR(30) | トップページ | よしなしごとR(32) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ