« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月27日 (火)

よしなしごとR(32)

よしなしごとR(32)

少し体が楽ですよね?

といっても日中は30度超えるから、暑いのはいっしょ

でも、もう8月も終わらんとして、何やら何も遊ばずに終わったのがもったいなかったような気も。。。

今更水着は着たくもないけど、何か夏っぽいことしたかったかもなぁ~

 

かぁちゃん話「汗疹(あせも)」

我が家はとぉちゃんがとてつもない汗かきだった

反して低体温低血圧なかあぁちゃん、汗だけモデル並み

結婚当初、エアコンの設定温度でもめたりもしたけれど、

背中の(あらん♪)汗疹を見て、かぁちゃんが布団にもぐって諦めた懐かしい記憶もあるし、とぉちゃんに似て子どもたちも中々の汗っかきで、夏は着替えもシャワーもあれよあれよ~~~

他人事だった汗っかき。。。

太っているせいか更年期障害の関係か、近頃すんごく汗をかくかぁちゃん(;^_^A

高じて、今年は頭汗がとんでもない~タラタラタラ💦

お陰で、生まれて初めて頭の中に汗疹ができて

かゆくてたまらない今日この頃( ノД`)シクシク…

 

*お薦め和書 日本人も知日になろうよ

一挙に3冊ご紹介します。

ま、結局自分が日本を大好きなので、生まれ育った人には好きでいてほしいという思いからのご紹介です

 

「世界を変えた日本と台湾の絆」黄文雄著

新日知日として有名な方の書かれたものなので、抵抗のある方もいるとは思いますが、日本人として知っておきたいものだと切に思うのです

だって、台湾とは今もとっても仲良しじゃないですか

 

「韓国でも日本人は立派だった」喜多由浩著

 なぁんだ右寄りの産経新聞の編集員が書いたものかと思う方もおいでもかもしれませんが、疑問を感ずることはどこの若者にも必要です。本当に完全に一方的な支配であれば、起こりえないことがあったという事実は、事実として知る必要があるように思えます。

少なくとも当時のアジア各所で、白人さんなどが行った支配とは一線を隔していたとしか思えないんですよね

 

「果てしなく美しい日本」ドナルド・キーン著

 愛日家といっても過言ではない著者です。帰化した人じゃんと言われれば、またしても、手前味噌かと思われるかもしれませんが、過去の日本や日本人がどう見えたのかというのはやっぱり知っておくべきかと思います。

 最近は褒められているような行動も、且つてはいかがなものだったのかとってもよく描かれているし、いいことばっかり書かれているわけじゃないし。。。ぜひ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2019年8月20日 (火)

よしなしごとR(31)

よしなしごとR(31)

一昨日、バイトの後久々に熱を出した

温めなおしていたポトフ、忘れて煮立ててしまい

塩加減はなぜか丁度よくなっていたけれど、

危ないことこの上ない~(;^_^A

 

かぁちゃん話「モスキート音」

モスキート音といえば、蚊のブーンていう羽音

あいつがあんまり気にならなくなってだいぶ経つ

いつのまにか、かゆゆになってることが増えた

まぁ、でもそれって年齢なりだと思ってたんだけど

先日テレビで「○十代で見える・聞こえる」という内容であれこれやってたの

見える方は眼鏡の補正もあるので、まあまあな結果

ところがっ!聞こえる方がええええっな結果

60代で聞こえる高音というのから流されたのだけど、

子どもたちが「鳴ってる鳴ってる」と当たり前のように

頷き合う横で

「え?もう鳴ってる?今も鳴ってる?」なかぁちゃん

やばいじぇ、モスキートどころの話じゃなかった

こうして聞きたくないことは聞かないばぁちゃんへの道一直線のかぁちゃんなのであった(;^ω^)

 

*お薦め韓国ドラマ「番人!~もう一度、キミを守る~」

 よしなしごとR(28)でご紹介した「リミット」でも、刑事役だったイ・シヨンさんが、また刑事役だったので観てみることに。華奢なのにすごいのよ。スタントもこなしてるのかな?どうやら「イタKiss」であの美女ヘラ役だったみたいで、なるほど見覚えがありやした。日本で言えば、北原景子ちゃんのような印象かしら。

検事長が悪でねぇ。そいつをその地位から引きずり下ろすためにグループの存在があるの。

 リーダーのドハン役、キム・ヨグァンさんの足の長さには見とれることもしばしばでしたが、ボケナスっぷりも中々見ものでんがな

 でもねぇ、番人になった理由がどれも痛い。それはあんまりだろうという設定で。。。でも、そのくらい悲惨な経緯がなければ、そうはならんかとも思う

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

2019年8月13日 (火)

よしなしごとR(30)

よしなしごとR(30)

子どもたちが休みに入ったので、朝自分のペースで起床すればよいの。とっても楽~

 

*2019夏ドラ

NHK

「いだてん」「なつぞら」継続視聴中

・「猫的人生ドラマ~捨て猫に拾われた男」(前後編)

スローライフな感じがよかった。拾ってきた黒猫ちゃんに、危うく出社拒否で鬱になりかけていた旦那さんが救われるオハナシであった。良かったよぉ

 市原隼人さんご夫婦役がかわいい!(^^)!

・「これは経費で落ちません」

多部未華子ちゃんの主役がきっちりはまった感じです

経理って嫌がられたり軽視されたりと、中々サビシイ立場だったりするのではないかと思うんだけど、これは見直してしまうわよ。原作本も興味が湧きますね

・「子吉の女房」

誰の小説だったかな?司馬遼太郎さんかな?勝麟太郎の父ちゃんのセリフで、「一寸の虫にも五分の魂」ってのを記憶してる。

そういう渋さと古田新太さんというキャスティングのずれみたいなものが妙に楽しい。美し過ぎる女房もね

✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

 

日テレ

・「ボイス~110番緊急指令室」

 元はアメリカのものだったような気もするけど、韓国ドラマで観た記憶が新しい。あちらは、チャン・ヒョクさんの悲しみの演技が印象的でした。

こちらは唐沢寿明さんと真木よう子さんで。ストーリーはすごくよいのに、キャスティングが思いの外しっくりこず……かぁちゃん的には唐沢さんじゃなかったのかも。

 やっぱし初めに観たものの印象って強いのかな?

 

テレ朝

・「刑事7人」

間違いないですね~よかよか(((uдu*)ゥンゥン

・「警視庁0係」

これも相変わらず面白いだよ(´―`*)ウンウン

・「サイン~法医学者柚木貴志の事件」

うーん、元は韓国ドラマでかぁちゃん的には気に入ったものでしたので、バイアスかかっちゃうなぁ。

元作品同様、大森南萌さん演じるところの法医学者と仲村トオルさん演じる同じく法医学者の対決は期待してるんだけど、ちょっと控えめ気味?なんだろなぁ?

寧ろトオルちゃんの例の内閣付きなんとやらのイメージが強すぎるのかな?それなら、視聴を重ねれば払拭される気もするのかも。。。

・「セミ男」

えれーところに目をつけなさったなぁなドラマ。

うん、おもろ~大家さん姉妹が面白過ぎるし(*´艸`*)大川さんの地味すぎる感じも可笑しいし。。。

 

TBS

あれ?一個もないわ

 

フジTV

・「TWO WEEKS」

 あっちもこっちも韓ドラ原作が重なってますなぁ。どれもかぁちゃんは面白いと思った作品なので、待ちかねていたんですよ~。

全く別のキャラを作り上げて欲しかった気も少ししますねぇ。三浦春馬くんとイ・ジュンギさんだと全く違う役者さんですものねぇ。でも、やはり展開は気になる仕掛けで楽しめますよ

・「監察医 朝顔」

日本の医療モノ、法医学や科捜研などのドラマは、何となく安心して見ていられる。役者の顔を見せるために、実際の現場ならありえない素顔や素手なんてなくて、きっちり防護服をつけて演じてくれますもの。不自然な無理解もあんまりないし……主役の設定や雰囲気もよい

 

テレ東

・「きのう何食べた?」原作柴門ふみ

原作の絵のイメージが強いとちょっと違和感があるかもだけど、二人のやりとりがすごくいい。西島和敏さんと内野聖洋さんがゲイのパートナー役。どハンサムなお二人にゲイにしておくのは勿体ないなどど、差別発想が(;^ω^)

・「リーガルハート~いのちの再建弁護士」

反町君は絶対集落だったかな?以来、割と嫌な役者さんじゃなくなったので、観てみることに。

 実話を元にしているだけあって、すごく胸にきます

・「W県警の悲劇」

芦名星さんは好きな役者さん。アクションは封印して女性初の警視役。かっこいいと同時に苦しい

回ごとの女性刑事も立場が微妙なので、心の中で思わず頑張れ~となる

 

アニメ

「フルーツバスケット」継続視聴中

・「かつて神だった獣たちへ」

今までにない設定のストーリーという意味では、すごくよくできた作品ではないかと思います。哀しいそして面白いでっせ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年8月 6日 (火)

よしなしごとR(29)

よしなしごとR(29)

息が苦しくなるくらい暑いねぇ(;゙゚’’ω゚’’):

雨ばかり続いて早く夏にならないかとばかり名がっていたのに、1週間も経たない内に早く秋が来ないかな~

なはっ、自分勝手ですな(´―`*)ウンウン

ま、でも、なんでもいい塩梅が丁度いいもんです

 

3男話「かぁちゃんの変顔」

 先日、ちょっぴり体調がよくない時に、やたらくしゃみが出てムズムズ状態にすぐなって困ったんだけど。

 3男君に「今日の夕食何?」と喋りかけられた時のこと。返答しようとしたら、いきなりムズムズし始めた。

「うなっ、はひっ、ふほっ」とくしゃみが出そうで出ない感じでいて、その後「はっくしょーん」と一発。

すると、それを横からみていた3男君が一言

「げーっ、かぁちゃんのそんな変顔初めて見た~すげぇ」

って、誰でもくしゃみが出そうなら変顔になると思うけど。

自分で見られないので反論できないかぁちゃんだった

 

*お薦め中国ドラマ「永遠の桃花~三生三世」

「わたしのきらいな翻訳官」で主演のヤン・ミーさんが、狐族のイタズラ娘白浅役。親の手に負えず男の子司音として修業に出される設定。あいかわらずキュートでねぇ(*^m^*) ムフッ

 で、お気には主役の師匠墨淵で後に夜華皇太子になるマーク・チャオさん。珍しく主役です(●´ω`●)

師匠の時はお髭のせいかとても大人びてステキで、皇太子以降は、記憶をなくした白浅の素素とのやりとりが、ともかく微笑ましくって♪

 すっかりはまってます。瑯琊房と同じくDVD観てテレビ観てと、がっつり( ̄皿 ̄)うしししし♪だけど、テレビの方は野球に邪魔され?中々進展せず(_ _|||)

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ