« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月22日 (月)

よしなしごとR(15)

よしなしごとR(15)

うーむ、やっぱり金土日とバイトのシフトが入ると、更新するのを忘れちゃうなぁ(;^_^A

今日はくそ面白くもない反省文なので、スルーしてもらって大丈夫です(m´・ω・`)m ゴメン…

 

ちょっと反省

「よしなしごとR(7)」で、ある和書をご紹介したんだけど、思うところがあったので、少し訂正を入れて、そしてそこんところを説明しようかと思うの。

この本の題名は「妻の地雷を踏まない本」で、それに惹かれて購入したのだけど、最初からちょっとひっかかりはあったのよね。

「地雷」という言葉の持つ強さと、同時に嫌悪感。。。

実はかぁちゃんの周辺でも、年齢によらずこの言葉を使う人は多い。相手が急に怒り始めた時なんかにね。

そのせいで、耳慣れてしまってはいたけれど、自分的には少し抵抗があるのでなるべく使わないようにしていた。なのに何の対策もなく紹介してしまった(-_-;)

もしも、武装解除したはずのエリアでの地雷撤去の話題をニュースとかで聞いた後だったら、決して用心を怠らなかったと思うのだけど。

その上、最近は下書きしたものを推敲することなく誤字脱字のチェックだけで掲載してしまうことが多くて、今回は本当に失敗したなと思う。

実はよく似た本で「妻のトリセツ」というのがすごく売れているので余計気になった。内容はよく似てる。こちらでも、「地雷」の他にもトリガー(銃の引き金)という言葉や、弾丸が飛んでくるなんていう表現は出てくる。

ただし、頻出しないし、心理学用語として定着しているような用法でトリガーを使っているし、英語なので銃を直ぐイメージするわけじゃないし、何より本の題名には使ってない。

配慮があるという点で「妻のトリセツ」に軍配を挙げるのが妥当だと思うけど、共感を得るという点では「妻の○○を踏まない本」はとても面白かった。

印刷物は、それというだけで公共性が高いので、その言葉が一般的に使用を認められているような誤解があるけど、不文律というか自主規制というか、なるべくなら人を傷つけない表現を選ばないといけない。

とにもかくにも、とっても反省<(_ _)>小説家になりたいのに細かい部分で、大雑把だったもの(´;ω;`)ウッ…

あー、言葉って難しい(;^ω^)

 

*お薦め日本ドラマ「イノセンス~冤罪弁護士~」

 近頃法廷モノがすごく多いけど、これは、有罪で起訴される被疑者の無罪を、コツコツと調べて検察の調査の疑問点をきちんと洗い出し、無罪を立証していくドラマ。

 小さな事実に疑問を感じ、その理由をきちんと追究していくことで事実を明るみにしていく弁護士役に坂口健太郎君。それを大掛かりな実験で実証していく先輩の大学教授に藤木直人さん。最終回は涙涙でした~♪

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年4月15日 (月)

よしなしごとR(14)

よしなしごとR(14)

久々に熱出した。インフルかと思ったけど、違った⤵

熱は下がったけど、咳が残って、咳をし過ぎて胸筋が筋肉痛ざんす(;’∀’)流行ってるらしいからお気をつけて~

遅くなりましたが更新しますぅ

 

長男話「細かい請求?」

 さて、この4月から社会人の長男君。まだ家に居座る気満々なので、とぉちゃんが「そりゃ、家に金入れるんだよな」的な感じで長男君に声をかけた。

「まぁ、そのつもりだけど。かぁちゃんに言われた金額を入れる予定」

「そーだなー、一人暮らしでならかかる程度ということで、電気代で〇円くらい、ガス代で〇円くらい、水道代で〇円くらい、食費は……で、全部で〇〇円はかかるな」

「まじかぁ~。俺、これからの新入社員歓迎会とかで鉄板ネタにしよっと。実家通いだからって父親から細目で請求されたって。。。」

 ぶははははっ(*´艸`*)中々面白いネタざんしょ

 

*お薦め日本ドラマ「メゾン・ド・ポリス」

 推理を期待するなら、前シーズンで言えば「相棒17」を観ればいいと思った。だって今シーズンは先が読めないもん。面白かったけど

で、これは、犯人が早い段階で分かっちゃうことが多いけど、ともかくじぃじが役立ってる。頑張ってる。じぃじの人間関係とそれをまとめる高畑充希ちゃん演じる新米刑事のやりとりとを楽しむドラマだと思えば、とっても微笑ましくって楽しかったんだわ~、最後にどんでん?

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

 

 

2019年4月 1日 (月)

よしなしごとR(13)

よしなしごとR(13)

 平成31年度が始まりました?たった1か月程だけど?

年号がどうなるかもきになるところ。お昼頃には発表されているのよね。でも、我が家にも大変化があって……

 

家族話「今年度から」

 何から書いたらいいのか。。。とぉちゃんから、話があったのは2年くらい前だったかなぁ?

「10歳くらい上の先輩から、農業のベンチャー企業への参加を打診されていて、すごく興味があるので転職したい」

ということ。とぉちゃん自身の将来にかかわることなので、子供のことがなければ諸手を挙げて賛成してあげたいところだったけど、その時点ではこんなお返事o(TヘTo)

「長男が院に上がったばかり。2男も結局私立。3男に至っては国公立への期待は無理。という状況下で即賛成という訳にはいかないよ」

 とはいうものの、60歳定年が視野に入って来ていて、定年のない農業分野で働き続けられる仕事には魅力を感じざるを得ない。問題はその時点では最悪収入が4割減の可能性があって、老後のことも考えると退職金だけではとてもとてもだったこと。

 そこからともかくボーナスの殆どを教育資金の貯蓄に回し、子供たちへのお祝い金もピンはねしたりして(;’∀’)、必死こいて貯める方向へ。

 でも、その当時皮肉なことに新作の本を上梓するための資金だったりとか、歯の治療費だったり、出費もあって上手く回らない(´;ω;`)ウッ…

 はい、歯が折れたストレスの多くはここから発生したものかなぁ?くいしばって頑張ってたからなぁ

 去年の夏ごろから、かぁちゃんが自費出版3作目を諦め、長男の外資系への就職が決まり、とぉちゃんも早期退職の支援金がつくということが分かり、3男君も進級の危機以来真面目に進学について考えるようになり、で、事態は好転?何とかなるかも~な能天気な雰囲気に(;^ω^)

 今だって、不安でいっぱいだけど、ともかくとぉちゃんは転職して、単身赴任へと。かくして我が家は新しい局面を迎えているという訳です

 

*お薦め日本ドラマ「ハケン占い師アタル」

 題名からは全く内容が想像できなかったので、とりあえず見てみることに。これはねぇ、役者さんの力量で面白くなってる感じがする。って、どんな上から目線なん?

 ともかく、ほっとして慰められて、しかも爽快?

終わっちゃってますけど(;’∀’)エヘッ

 

2018年6月出版のかぁちゃんの本の宣伝です♪

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著

8月末より電子書籍も。よろしくね(*- -)(*_ _)

Amazon Kinndleストア/楽天Kobo電子書籍ストア

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ