« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月16日 (月)

うらきゅん(93)

ちょっと顰蹙を買いそうな表現ですが、日本列島災害銀座な感じです。続いています……

東京は今のところは免れているようですが、この先何が起こるかは神のみぞ知るです。

ご苦労されている皆さんのためにも、東京は決して壊滅してはなりません。経済的な支柱であり続けないと。。。

そして、私に出来るのはやっぱり小さな募金ですが、災害による被害で皆様の心が折れてしまわないよう、応援すると同時に忘れないようします。

熱中症に気を付けて休み休み、水分を補給しつつ復興に向けて気張ってくださいね

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

うらきゅんなこと(93)

韓国ドラマ「被告人」

チソンさん、彼の出演作は興味を引かれることが多くて、結構観てますねぇ。ムムッ

ご紹介しただけでも、「鉄の王スロ」「大風水」「秘密」「ボスを守れ」「キルミー・ヒールミー」とありますねぇ。特にファンということはないんだけどなー

 ほかの役者さんも魅力的。ミノとソノを演じ分けたオム・ギジュンさんは、「君の声が聞こえる」「ザ・ウイルス」「ファントム」「女の香り」でもお目にかかっていますが、いい役者さんだと思います

 ユ・アインさんと「ファッションキング」で共演したユリさんは、この役は当たり役ではないでしょうか?すごくよかったですよ。

 囚人仲間の面々も味があってすごくいい♪

 さて、今回も1話を観て面白かったので継続しました。

記憶喪失の死刑囚……が始まりです。

過去の記憶、現在の記憶、残された記憶、色んな記憶が入り混じります。彼は本当に妻を殺害して、娘の死体を遺棄したのでしょうか?気になりますよ

 最後まで気の抜けない展開でした。お薦めです

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

ほぼほぼまめごと(92)

明日は家のにゃごもすくんの命日です

かれこれ6年かな?さすがにもうペットロスではないですが、やっぱあのもふもふは懐かしいです

彼を飼い始めてからネコアレルギーが発症したので、またにゃごを飼うのは怖いですが、子ども達が独立したら考えようかな~(´―`*)ウンウン

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

ほぼほぼまめごと(92)

長男話「3桁越え」

 就職活動も終え、修論もほど形になり、それまでストレスで食べまくっていた長男君は、メキメキ太って結構な体重に……

「やべぇ、俺、そろそろ体重調整性ないと3桁越えしちゃうかも(;)

「なぬ?3桁ってぇ~~そら、健康上にも悪影響だわ」

「何?長男、3桁いっちゃいそうなの?ふふふっ、それはやべーよ。そこは気にするリミットかも」

滅多に口をはさまない2男君が面白そうに言った。

「なになに、経験者は語る?」

「うん、百越えるまではさ、あれこれ未練たらしくやったけどさ、一端越えちゃったら『もーいっか~』ってなっちゃってさ、平気になっちゃったんだよ」

平気になるぅ~(;^ω^)

「うーん、かぁちゃんの〇〇㌔と同じだぁ~。そりゃやばいじゃん。長男、まじやばしだよ」

と、その時は無言だった長男君ですが、内心ちょぴっと焦った模様で、翌日から散歩に行ったりサイクリングにいったり、あれこれやりはじめた。

 ま、若いから体を動かせばぼちぼち痩せるでしょうかね

にしても、越えるのはまずい。何としても痩せろよ~

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

うらきゃん(92)

バイト先があまりにも暑いので、白いバンダナに保冷剤を入れて冷やすことにあい努めておったのですが、

どうやら建物の所有筋からダメ出しがあったようで、

上長からやめてね~とやんわり注意されちゃいました。

正直バイトの度に熱中症もどきの症状。。。どうにかして冷やしたいので保冷剤を服の中につかられないか検討中

何かアイデアがあったら教えてちょ~~

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

うらきゅん(92)

米国ドラマ「スーツ」

ちょっと前に観終えたドラマなんですが、ずーっと掲載するかどうかをとても迷ったままでした

先日、英国アンドリュー王子と、準主役のレイチェル・ジェイン役のメーガン・マークルさんがめでたくご結婚されたので、一応ご紹介しておこうかと。。。

 天才的な記憶力を持ったマイク・ロス君は、弁護士目指してロースクールに通っていましたが、友人の関係で退学の憂き目を見ます。でも、あれこれ事態が動いて、№1法律事務所の採用面接に潜り込み、資格を持たないまま採用されてしまいます。

 ともかく法律の知識は天才的な上、採用してくれた上司ハーヴィー・スペクターさんがまた天才的で、そのやり方を身近で学んでどんどん実力をつけていきます。

 法律的な力で色々なことに対処したり解決したりしていくのは、すごく爽快で面白い一方、資格のない者が司法の場に立つことは法律違反の犯罪です。。。

 ゆえに面白いと思う一方で、犯罪を看過していることへの反発があって、3シーズンあたりで止めようかとも思ったのですが、何度も告白してやり直すタイミングがやってくるので、つい続けて観てしまいました。

 事務所の仲間の家族のような関係もとても素敵だったしねぇ。見た目も中身も濃いルイス・リットや、カリスマ的なジェシカ・ピアソン、スーパー秘書のドナ・ポールセン。。。一人として欠けてはつまらなくなります

 レイチェルも、途中で資格のないことを知ってしまい一緒に苦しみますが、愛があって人生を共にしようと心に決めています。その葛藤と素直な愛情がとてもよかったですよ(#^.^#)

 韓国版が制作されているようです。観るかどうか悩みますねぇ(゚д゚)(_)ウン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

ほぼほぼまめごと(91)

歯の治療がまだ終わっていない(;^ω^)

やっと折れたところの治療が終了して、かぶせものの型とりまできましたが、治療中にあちこちよろしくないところが出てきて、まだずっと通うかもです

お金が~~(´;ω;`)ウゥゥ

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

ほぼほぼまめごと(91)

2男話「イタズラ」

2男君はじみ~なイタズラを時々しかけてくる

高校時代には、中華ちまきの皮をそっともとの形に戻しておいたので、ひっかかったかぁちゃんが、「食べてないよ~」と声をかけたり、ベッドの布団をいるかのごとく丸めておいたので、「遅刻する~」と叱ったり。。。「やられたぁ」となることが多い。

 長男君は、割とびっくり系のイタズラが多くて、物陰からニュッってやつなので、「ぎゃっ」と悲鳴をあげることが多い。あんまりひねらないタイプなのね

 ひねったイタズラが多い2男君が、長男君系のイタズラをすることが、この頃多くなって、びっくりすると同時に「君だったか」となることが多くなってます。

 二人とも大体忘れた頃になさるので、まんまとやられることが多いかぁちゃんです。息子達にいいようにからかわれていて、ちくそーなのですが、3男君はまだまだ。

 わっかりやすくてイタズラが成立しない。。。(*´艸`*)

独立しちゃったらそんなこともなくなるのかなぁと思うと、何やらサミシイ気持ちになりますねぇ( ノД`)シクシク…

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

うらきゅん(91)

ι(´Д`υ)アツィー

保冷剤を首に巻いて頑張ってますが、1時間くらいでぬるくなってしまうので、困ります(;^ω^)

今、これで真夏はどうなっちゃうんでしょ

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

うらきゅん(91)

中国ドラマ「わたしの嫌いな翻訳官」

 男性の主役、どS天才通訳官チョン・ジアヤン役が、「女医明妃伝」で弟皇帝を演じたホアン・シュアンさんだったので観てみることに。

こいつのツンデレにめげない女子がすごいし、こいつの筋金入りの片思いにも頭が下がるってな感じで、すっかりお気に召して観続けています。

めげない女子研修生チャオ・フェイには、初めてお目にかかります、ヤン・ミーさん。

余談ですが、ジアヤンの兄ジアミンに片思いしていて後でジアヤンの片思いに応えようとしますが、時既に遅かったシャオホワ役にチョウ・チーチーさん。この方「琅邪榜~麒麟の才子、風雲起こす~」でお目にかかっていたようです。確かに見たことはあるんだけど。。。

 回がすすむと、なるほどな展開になっていきますが、んーちょっと韓流的な?昼メロ的な?次々に不幸がふりかかるパターンになってきて、継続するかどうか考え考え観続けてしましました。

 んー、ハッピーエンドでめでたしめでたし、、、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ