« ほぼほぼまめごと(91) | トップページ | ほぼほぼまめごと(92) »

2018年7月 9日 (月)

うらきゃん(92)

バイト先があまりにも暑いので、白いバンダナに保冷剤を入れて冷やすことにあい努めておったのですが、

どうやら建物の所有筋からダメ出しがあったようで、

上長からやめてね~とやんわり注意されちゃいました。

正直バイトの度に熱中症もどきの症状。。。どうにかして冷やしたいので保冷剤を服の中につかられないか検討中

何かアイデアがあったら教えてちょ~~

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

うらきゅん(92)

米国ドラマ「スーツ」

ちょっと前に観終えたドラマなんですが、ずーっと掲載するかどうかをとても迷ったままでした

先日、英国アンドリュー王子と、準主役のレイチェル・ジェイン役のメーガン・マークルさんがめでたくご結婚されたので、一応ご紹介しておこうかと。。。

 天才的な記憶力を持ったマイク・ロス君は、弁護士目指してロースクールに通っていましたが、友人の関係で退学の憂き目を見ます。でも、あれこれ事態が動いて、№1法律事務所の採用面接に潜り込み、資格を持たないまま採用されてしまいます。

 ともかく法律の知識は天才的な上、採用してくれた上司ハーヴィー・スペクターさんがまた天才的で、そのやり方を身近で学んでどんどん実力をつけていきます。

 法律的な力で色々なことに対処したり解決したりしていくのは、すごく爽快で面白い一方、資格のない者が司法の場に立つことは法律違反の犯罪です。。。

 ゆえに面白いと思う一方で、犯罪を看過していることへの反発があって、3シーズンあたりで止めようかとも思ったのですが、何度も告白してやり直すタイミングがやってくるので、つい続けて観てしまいました。

 事務所の仲間の家族のような関係もとても素敵だったしねぇ。見た目も中身も濃いルイス・リットや、カリスマ的なジェシカ・ピアソン、スーパー秘書のドナ・ポールセン。。。一人として欠けてはつまらなくなります

 レイチェルも、途中で資格のないことを知ってしまい一緒に苦しみますが、愛があって人生を共にしようと心に決めています。その葛藤と素直な愛情がとてもよかったですよ(#^.^#)

 韓国版が制作されているようです。観るかどうか悩みますねぇ(゚д゚)(_)ウン

 

|

« ほぼほぼまめごと(91) | トップページ | ほぼほぼまめごと(92) »

感想など(うらきゅん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472088/73824593

この記事へのトラックバック一覧です: うらきゃん(92):

« ほぼほぼまめごと(91) | トップページ | ほぼほぼまめごと(92) »