« うらきゅんなこと(86) | トップページ | うらきゅんなこと(87) »

2018年5月30日 (水)

ほぼほぼまめごと(86)

5月が終わってしまいます。。。

何となく毎日が過ぎていってしまい、不安です

こうして50代も何事もなく終わってしまうのかしらん

(´;ω;`)ウッ…

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

 

ほぼほぼまめごと(86)

3男児話「歯医者」

毎週月曜に歯医者さんに通っているのですが、午前中のこともありあまり子どもの患者さんに会うことはありません。

 それが、一昨日ここと。治療室には既に幼稚園さんくらいのボクちゃんがいて、先生に説明を受けていたのですが

「いたいーぎゃーいやだー」

と、突然大騒ぎを始めました。でもね、先生が、「まだどこも触ってないよ~」と言ってたので、気分的なものでしょうかね?でも、その声ときたらすごくって、私の方でも先生の声が全く聞こえないくらいでしよ

 んで、家の3男児について思い出してました。

長男君、目に涙を浮かべて我慢してましたが、「途中からは痛くなかったー」と元気に申告するタイプ

2男君は、全体的に鈍感ちゃんなので、くすぐったいのも痛いのも人より感じにくいようで、歯医者も私いらずで治療を受けられる大人なタイプ

さて、3男君。大泣きもせず「頑張ったよー」と自己申告するでもなく、さめざめと泣きましてねぇ

「ママ、どうして傍にいてくれなかったの。ぼくちゃん痛かったんだよ、(ノд-)クスン」なタイプでした(*´艸`*)

 歯ブラシで少々嫌な思いはしても、虫歯建築会社のお世話にならない方がよいですよね(´―`*)ウンウン

|

« うらきゅんなこと(86) | トップページ | うらきゅんなこと(87) »

3男児話(ほぼまめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472088/73573772

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼほぼまめごと(86):

« うらきゅんなこと(86) | トップページ | うらきゅんなこと(87) »