« ほぼほぼまめごと(84) | トップページ | ほぼほぼまめごと(85) »

2018年5月21日 (月)

うらきゅんなこと(85)

もう5月も後半、早いですねぇ(´Д`)ハァ…

ともかく毎日一生懸命です

 

かぁちゃんの小説の宣伝、もう暫くつけまぁす

自画自賛ですが、中々面白く仕上がったよ~(゚ー゚)ニヤリ

「紅嵐×渡雲(アカアラシニワタルクモ)」二ツ木斗真著 700(税抜)

発売元;株式会社文芸社

とりあえずKINOKUNIYA WEB STOREを掲載します

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784286186368

他に、楽天やアマゾンでもよろしくね(*- -)(*_ _)

 

うらきゅん(85)

韓国ドラマ「シカゴタイプライター」

 すいません。前世でソ・フィヨン役のアインさんてば最高に好みですわん(´∀`*)ウフフ、どすとらいくぅ~♪

オハナシは現在超売れっ子作家のハン・セジュが、タイプライターを通して過去生の記憶を辿るんですが、そこに二人の人物が深く関与しているの。

一人はタイプライターの精?憑りついた霊?みたいなヒトでシン・ユル兄貴。現在のセジュのゴーストライター、ユ・ジノ。まさしくゴーストなライター(´∀`*)ウフフ

もう一人はセジュのファン1号で、なんでも屋を生業としている チャン・ソルちゃん。彼女も自分の前世リュ・スヒョンの人生が見えちゃう設定

 他にも転生した人達がいますが、それは観てのお楽しみ

 冒険活劇の要素もあってすごく面白いです。かぁちゃん好みの作品です(゚ー゚)ニヤリ

ただ、抗日運動家が活躍する内容でもあるので、不愉快に思う方もいるかもです。でもファンタジーの要素が強いので、そこはお話としてスルーすれば十分楽しめますよ

 

 

|

« ほぼほぼまめごと(84) | トップページ | ほぼほぼまめごと(85) »

感想など(うらきゅん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472088/73524104

この記事へのトラックバック一覧です: うらきゅんなこと(85):

« ほぼほぼまめごと(84) | トップページ | ほぼほぼまめごと(85) »