« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月26日 (水)

ほぼほぼまめごと(30)

世の中に褒め上手な人っているんだなぁ~

昨日、バイト先で接客した方から

「笑顔がとっても素敵」

って褒められた。

素直に嬉しかったっす(#^.^#)テレッ

かぁちゃんも上手に褒められたらいいなぁ

って、自分の子どもをもっと褒めろーとか、ご不満が噴出しそうな気もするわな(;^ω^)

 

 

ほぼほぼまめごと(30)

とぉちゃん話「ガスが漏れていませんか?」

どんなお宅にも消防法で定められた、ガス感知器?検知器?なるものがお台所の天井にくっついていますよね

我が家の感知器君、天井で換気扇のダクトが通っている枠に囲まれたような構造の場所に取り付けられているために、アルコール消毒薬や料理酒を普通に使ったくらいで、鳴りなさる

上昇したアルコール分の逃げ場が足りない模様。ずーっと換気扇を回して窓も全開してと、気を付けてないと、鳴りなさる

「ビービーッ、ガスが漏れていませんか?ビービーッ。ガスが漏れていませんか?」

かなりうるさいし、すぐに対処しないと管理人室でも警報が鳴ってしまうので、慌てます(-_-;)

それが、ある朝、アルコールもお酒も使っていないし、特に何も原因が分からないのに、鳴り始めた(;)マジ~

もちろん、かぁちゃんは不機嫌に。

だって、バイトの前だし洗濯ものの途中だし。。。

ぷりぷりしながら、換気扇を回してうちわで感知器くんを扇いで、音声消去。して、洗濯物に戻ったら、長男君ととぉちゃんがげらげら笑ってたの。何かと思ったら

「、、、あるらしーよ。今ググったら、実際にそういう人いたよ」

「どうしたの?」

「うん、感知器が鳴る直前に台所でとぉちゃんが屁をこいたんだってさ」

「いやー他にそれらしい原因がないっていうからさ」

「確かに台所くさいけど、まじで?」

「うん、結構試した人がいるみたい。出てるよ、見てみる?」

「いいえっ、ご遠慮申し上げますっ。ったく、今後は自分で対処してっ。換気扇回してうちわで扇いで、管理人室に警報がいっちゃったら、自分で謝って」

そらねー、毎回毎回冷汗かきながら対応してるというのに、のんびり大笑いとは許しがたいヽ(`Д´)ノプンプン

「ごめんごめん」ってちっとも心がこもっていませんが?

「おならで鳴るとは~」

「いやぁ。強烈だったんだよ。昨夜飲んだお酒とか?」

という親子の会話を聞いている内に、怒りを通り越して、かなり可笑しくなってしまった

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / /

確かにスカンクほど臭いもんね~とぉちゃんの屁ってば(あ、スカンクのを嗅いだ経験はないけど)

そっか、感知器くんが敏感過ぎると思ってたけど、

ごめんよ、ガス、漏れてましたね(~_~;)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

うらきゅん(30)

この土曜日、長男君の運転でかぁちゃんの実家へ

85と81の老夫婦です

かぁちゃんが50代中盤なので、当然と言えば当然ですが、父は頭に小さな動脈瘤があって静かに暮らさねばならず(高齢で手術は危険なんです)、母はだいぶん痴呆が進んでいました

なるべく行こうと思いますが、なかなか(;^ω^)

子育ても含め、悩み多きかぁちゃんです

 

 

うらきゅん(30)

書籍「文庫X~殺人犯はそこにいる」清水潔作

 先日9歳の女の子が誘拐された挙句殺されるという痛ましい事件がありました。その報道に際し、思い出さずにはいられない本でした。

 これは実話です

子どもを持つ一人の親として注視していた事件の数々。。。

実はその真犯人がつかまっていないかもしれないことを、この本は元記者という立場から丁寧に描いてくれました。

 それは、ものすごく恐ろしい事実です

今回の事件は、場所が違いますが、犯人像に同じような臭いを感じます。証拠を無造作に残しているようで、真実に連なるものは実は残されていない、気づかれていない。そうこうしている内に、未解決事件になっていってしまわないか?

 そんな不安にかられてしまいます

どうぞ今回の事件は犯人を捕まえて、その罪を罰してください。どうかお願いします

 実話の持つ重みをか恐怖とか、向き合う勇気をもって。ぜひ読んで欲しい書籍のひとつです

 

これ、書いた時、まだ容疑者がいなかったです。何とPYAの会長である人が容疑者として捕まったとか。でも、まだ犯人と確定したわけではないですよね、冤罪にならないよう慎重にしっかり証拠を固めてから起訴して罰してほしいものですよ。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

ほぼほぼまめごと(29)

ううっ、るーちんに戻すことができないじょー

またまたアップを忘れてました(;^ω^)

今頃ですが読んでちょ_(._.)_

 

 

ほぼほぼまめごと(29)

長男話「一期一会」

かぁちゃん家のおトイレには、日めくりカレンダーが毎年何かしらかかっています。四字熟語だったり慣用句だったり、英語のなんかだったり。。。

んで、今年は故事ことわざの類が掲載されているもんなんですが、3月下旬の分で、どうも解釈がしっくりこないのがありました

「相撲に勝って勝負に負ける」ってやつです。日めくりカレンダーに曰く

「相撲を取って優勢だったのに、ちょっとしたはずみで負けてしまう。経過や内容はいいのに、結果的に失敗してしまう例え」とか。

後の部分がどうもかぁちゃんの中で腑に落ちない。かぁちゃん的には、「目的とは異なるかけひきのような面では勝ったけれど、一番の目的である勝利は叶わなかった」というような意味合いでとっていた言葉なので、変な感じだよ~と長男に訴えたところ、トイレに見に行って

「うーん、そうねー。確かにちょっと違うかも。寧ろ戦術的には勝って戦略的に負けたっつー感じだもんね」

「ん?それもあるか?でも、ちょっと何か微妙に違う気がするけど?なんだかうまくはまらないよ~」

「でもね、言葉の意味って変わっていくでしょ。俺らの中には一期一会とか、全く逆の意味にとる奴もいるよ」

「ええっ、それってまさかの『一度しか会うこともないだろうから、どんなことしてもいい』的な?」

「そうそう」

「それはひどすぎないかぁ~(;)

2020年にはオリンピックもあるとういうのに、おもしてなしの心も感じられない『一期一会』では、日本人の美徳が疑われるわっっっ(;´・ω・)

若い世代が超心配になったかぁちゃんであった(;^ω^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

うらきゅん(29)

今日は雨が降るらしい

昨日からの異常な暑さに加えて、湿気かぁい!!

体がもたない感じです

みなさま、健康には十分お気をつけてなりよ

 

 

うらきゅん(29)

韓国ドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ」

主役のソ・ジヌは、癒しの俳優ユ・スンホ君。

アルツハイマーに苦しみ、冤罪で収監されてしまったお父さんに、名優チョン・グァンリョルさん

相手役のイ・イナ検事に、正義感の強い役はもうベテラン級のパク・ミニョンちゃん

気になる配役でしたし、何だかかわいそうな設定のドラマのようでしたので見始めました

んで、今回かぁちゃんに強烈なインパクトを与えて、このドラマを観続けさせたのは、何でもやっちゃう弁護士パク・ドンホを演じたパク・ソンウンさん。その他「太王四神記」「製パン王キム・タック」「アテナ」「階伯」、でもお目にかかっていたようですが、この役の強烈さは超弩級といえましょーっっ。権力と恩に縛られて少しずつ小さくなっていく感じが切なかった。すごい好きな役柄です

人に罪をなすりつけ微塵の反省もない保険会社常務ナム・ギュマン役には、「匂いの見える少女」でも悪役を演じたナムグン・ミンさん。

こういう財閥系のアホ御曹司は、実在でもしたのでしょうかねぇ。映画「ベテラン」でユ・アインさんの演じた御曹司もなにやら近いものがありましたもの。ミンさんでいうと、「匂いの…」の悪役の方が、背筋がぞぞっとする感じが好きですよ。

ストーリーは胸が痛くなるような面もあるのですが、弁護士ソン・ジェイクを演じたキム・ヒョンボムさんがいいお味を、カン・ソッキュを演じたキム・ジヌくんが爽やかに痛快にしてくれています

お時間があればぜひ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

ほぼほぼまめごと(28)

昨日はさぶかったぁ~((・◇・))ブルブル

ダウンコート、クリーニングに出すつもりだったけど、

保留……

皆さま、お風邪を召しませぬように。。。

 

ほぼほぼまめごと(28)

2男話「コート?」

また、でっかい系のオハナシです

この間クリーニング屋さんに行った時のことですが、2男君の制服の上着だけは比較的キレイなので、PTAのリサイクルに出そうと思って、持っていきました。

クリーニング屋さんのお姉さんが

「えとー?、これは?コート……ですか?」

「いえいえ、制服の上着ですよ。ズボンは穴が開いてダメになったけど、上着はキレイなので学校にリサイクル品として出そうと思って」

「制服ですか~。大きいですねぇ」

「嘘じゃないですよ。2男君はとっても大きいんです」

ぷっ、コートに見えるほどでっかい制服ってどうよ~

(´∀`*)ウフフ

この制服、ちなみにサイズは4Lだぜ(@_@)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

うらきゅん(28)

てーへんだぁ

久々に更新するのを忘れてました

ポチ返しをしているときに、はっと(;^ω^)

とりあえず、書き溜めておいてよかったと思いつつ

アップします~

今更ですが、読んでちょ

 

 

うらきゅん(28)

日本ドラマ「三屋清左衛門残日録」藤沢周平原作

このごろ日本の時代劇でドキドキするのが少なくて、ご不満だったかぁちゃんですが、久々に楽しみにしてました。

BSフジにて3週連続で放映された表題の時代劇、面白かったです

北大路欣也さん、伊東四朗さん、、、、、

とまぁ御大がいっぱい

派手なアクションを期待するとちょっとがっかりかもですが、重厚な演技で十分に補って下さいます

江戸時代、ある藩のお家騒動を隠居した清左衛門が、その立場から解決に導いていくのですが、その間に描かれる彼の幼馴染達の老いがすごく身に沁みますねぇ

いいドラマでした(´―`*)ウンウン

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

ほぼほぼまめごと(27)

本当にぼちぼちですが、お宅訪問とぽちいいね返しを始めました。以前ほどまめにはできそうにもありませんが、細々なりとも続けようと思っています。

今後も( `・∀・´)ノヨロシクオネガイシマァス

ところで、辞めてしまっていたほぼ2か月間、、、

ココに入ろうとすると吐き気がしてしまって。。。

なんでだろうと今になって思うに、

どうも2男君に対する罪悪感だったような(;)

大学受験に散り続けたあの2月、ココでの時間は明らかに息抜きを越えて遊びだったので、苦しんでいる2男君を他所に遊びに没頭することが出来なかったみたいなの

上手く受験の波に乗った長男君の時は、ほとんど休まずココにインしていたものね(;^ω^)

親って無力だけど、ほんとどうにもならん生きもんです

今日は心の癒し、3男君のオハナシです

 

 

ほぼほぼまめごと(27)

3男話「こっそり」

基本、我が家の3男児は食い意地が張ってる

間違いない

大皿料理にすると、それは明らかです

お肉の焼いたのなんかを大皿に入れて、うっかりテレビを観ちゃったりすると、ターイヘーン。顔をテーブルに戻した時には、時既に遅し。1枚も残っていないなんてことは日常茶飯事。

ただね、幼い頃あまり食に興味がなくて、味噌汁やスープを鳥の如く飲んでいた3男君にはあまりそういう競争に縁がないと思ってたの

ところが、先日、2男君の大学合格祝いで手巻き寿司をした時のこと。。。

お魚が高いので、最近はあれこれ魚介類ではないものも具材にしたりすることも多い。安いお肉を焼いたりとか。。。

で、今回はたまたま赤札がついていたので、チキンの甘辛焼をテーブルに置いておいたの

食べ始めて10分と経っていなかったと思うのですが、

さてチキンを巻いて食べましょーかねーとお皿を見ると

チキンがにゃーいっっ

1枚も残ってにゃーい

「ちょっと、かぁちゃんに1枚ぐらい残しておいてよっ」

と、ぷりぷり言うと

「かぁちゃん、俺たちも食っていない」

と、とぉちゃん、長男君、2男君が口を揃えて弁解なさる

当然全員の視線は3男君へ

「えへへへぇ~、だって腹減ってたんだもん。成長期だからゆるしてね」

んですと。仕方ねー赦してやっかという全員が溜息

(´Д`)ハァ…

まじでがんがん成長中なので、そら腹も減りますでしょ

ただ今、3男君身長175㎝向けてばく進中ですもの

それにしても、お前もか。。。でごじゃるよ

ちなみに、長男君の前に置くとヤバイのは、スライスオニンやキャベツの千切り、2男君の前には焼いたお肉類はすべて。。。気をつけないとね、あっと言う間にからっぽ

(;)ヒャァ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

うらきゅん(27)

さぁて、新学期が始まりますねぇ~

早くリズムのある生活にしたいなぁと思いますが、どうなることやら

大学生が2人って。。。(;^ω^)

もう知らん。勝手にしてもらおう~

 

 

うらきゅん(27)

韓国ドラマ「ヒーラー」

ヒーラーと称する闇の請負人、、、身軽でちょっと忍者みたいな身体能力。それだけでもかっこいいですね~

このヒーラー役にチ。チャンウクくん。特別好きな役者さんではありませんでしたが、「ペク・ドンス」はよかったですよね~(゚д゚)(_)ウン「奇皇后」では元の気弱な皇帝役でした。

 幼馴染で恋人で、しかも全編に通じる謎を解き戦う同志でもある読んしん役にはかわいいパク・ミニョンちゃん。彼女はとっても大好きな役者さん。「トキメキ成均館ス、キャンダル」に始まって「シティーハンター」「Dr.JIN」「幻の王女チャミンゴ」「弁護士の資格~改過遷善」「リメンバー~記憶の彼方へ」と、どの役もよかったですよ。

 この二人を引き裂き、互いが互いと分からぬようにしてしまった、敵役で御大に「六龍が飛ぶ」でインギョム役をド迫力で演じたチェ・ジョンウォンさん。ご自身がそのまま俳優さんとして御大ですよね。

それから、二人の両親の親友だったのに、その御大にひざまずいてしまった男キム・ムンシクには、「私の娘コンニム」でコンニムのお舅役だったパク・サンウォンさん。「太王四神記」「シンイ~信義」でもお目にかかりました

 うーん、人間関係とか謎とか、そういうのは知らない方が楽しめると思うので書かないで置きますね。でも、とっても面白かったので、観てみてね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ