« ほぼほぼまめごと(18) | トップページ | ほぼほぼまめごと(19) »

2017年2月 6日 (月)

うらきゅん(19)

しまったぃ

久しぶりに予約するのを忘れてた(;^ω^)

やっぱ2男君の受験が終わるまでは、落ち着かない

今日は最初の山場。第3志望校。。。

センター利用可若しくはこれで受かっていると、気分的にすんごく楽なんだけどなぁ

ともかくしても仕方ない緊張で、あれこれ忘れたり飛ばしたり。もしかして、楽しみにして下さっていたら、本当に_(._.)_ゴメンナサイネ

 

 

うらきゅん(19)

韓国ドラマ「ジキルとハイドに恋した私」

かのヒョンビンさんが二重人格を演じたことで有名になった表題のドラマ。以前からのブロ友さんも進めていらしたので、長らくどうしようか迷っていたのですが、何かのDVDの終わりに試聴用で1話あったのを観てみて、全部観ようと思いました。

相手役で、ク・ソジン常務の第2人格ロビンに惚れちゃったサーカス団長にハン・ジミンさん。「イ・サン」「パダムパダム」「屋根部屋のプリンス」「チャングムの誓い」でも印象的な方ですよね(#^.^#)

主役さんだけでも興味をひかれますね

最初はドタバタドラマかと思ったんですけどね~

意外とシリアスで、そのポイントになっているのが元々担当医をしていた精神科医のカン先生(「未生」の営業部長役がイメージと違っててよかったシン・ウジョンさん)とソンジュン演じるその弟子の先生。

特に先生の表情の変化は見逃すのはもったいない。以前観た「九家の書」のコン護衛兵や「抱きしめたい~ロマンスが必要」のアレンも中々目が離せない役者っぷりでしたが、このドラマでもとってもインパクトがありました。

でも、途中で出てこなくなってがっかりしましたよ。役どころだから仕方がないんでしょうが、緊張感を生み出してくれてたんだもんね。

|

« ほぼほぼまめごと(18) | トップページ | ほぼほぼまめごと(19) »

感想など(うらきゅん)」カテゴリの記事

コメント

ジキル、ハイド、私…
放送時にはチソンのキルミーヒルミーに押されていた様ですが、ハンジミンがとても魅力的でしたね♪───O(≧∇≦)O────♪
この2人は王の涙でも共演イサンとデビ様?でしたっけ(・・?)
悪女も美しかったけどポワンとした方が好きだなぁ〜

☆えっぴぃさん
きるみー…も面白かったけど、かぁちゃん的にはこっちの方が楽しめたような気がします
あっちは苦しく感じることが多かったように思う
いずれにせよ、こういう設定のものが増えてるんでしょうかね~

投稿: えっぴぃ | 2017年2月 7日 (火) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472088/69503168

この記事へのトラックバック一覧です: うらきゅん(19):

« ほぼほぼまめごと(18) | トップページ | ほぼほぼまめごと(19) »