« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

うらきゅん(18)

ちょっと咽喉が痛かったのもあるんだろうけど、

昨日の日曜、久々に朝起きる用事がなかったので、寝る気満々でいたので、自然に目が覚めるまで寝てた。。。

気が付いたら11時だった(;^ω^)

9時間近く寝られるなら、まだ体力はありそうだとも思ったけど、何より自分でびっくりした(@_@)

はははははっ、記録に残る起床時間だわっ

( ^)o(^ )ま、たまにはいいか

って、土曜日曜ともほぼココログめぐりしてないんだわ

大変失礼いたしました(--) ゴメンネ

 

 

うらきゅん(18)

米国小説「毒味師イレーナ」 マリアVスナイダー作

実在しない国の実在しないお話ですから、これもファンタジーなのでしょうねぇ。

うらきゅん(16)に続いて、いわゆるファンタジーとはちょっと色が違う感じです。ちょっとブラックです

主役のイレーナは、訳アリだけど殺人を犯し死刑寸前のところ、死刑か毒味師かの二者択一を迫られ、毒味役を選んで生きながらえます。

後に分かる彼女の能力が、その後の展開のカギになります

そうして、彼女は自分の人生を切り開いていきます

設定が暗いので、即元気になりたい場合には、ちょっと重たいお話ですが、とっても面白いです

とりあえず、続編の「イレーナの帰還」「最果てのイレーナ」は読んだんですが、更に続くシリーズの他にもどうやら作品がある模様。まだ、翻訳されてないようなので楽しみに待ちましょうかね(*´ω`*)

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

ほぼほぼまめごと(17)

年末にお話してた、新たな原稿の件ですが。。。

1社目から音信が不通なので、2社目に応募してみたところ、月曜日にお電話がありました

沢山の応募があるため、お返事そのものに2,3カ月かかるということでしたが、担当の青年は途中までかぁちゃんの原稿に目を通してくれていて、少し気に入ってくれているように感じました(*´ω`*)

ダメ元でしたから、ダメならダメで連絡くださるとのことですから、ともかくお返事を待ちましょう~(;´・ω・)

ちゃれんじちゃれんじ

ここがダメならまた考える

 

 

ほぼほぼまめごと(17)

長男話「ち○こしーしー」

いきなり突拍子もない題名で失礼つかまつりますぅ~_(._.)_ゴメンチャイ。

男の子が本当なら小さい時に経験済みなことなんでしょうけど、長男君は無類のお風呂好きなため、ほぼ毎日入浴を欠かしたことがなく、たとえオールで映画を観ても、友達の家に泊まっても、必ず早朝帰宅してシャワーはするぞな清潔男

なので、卒論が順調に進まず大学に泊りがけなんて日々が続き、当然ながらお風呂に入れない日もあったので、こんなことになったんですよね~

ある日、2日ぶりに帰宅してお風呂に入ってから、

「ひゃー、いててて」とぴょんぴょん

「何してんの?」

「いや~、中々風呂に入れなくてち○こが洗っても何となくかゆいなと思って、薬箱見たらこれはこれだろうと目について、ム○塗ったら、ひー」

ぶはははははっ、かぁちゃん笑いがとまらねーじゃん

「あほう、オ○ナインとかじゃないと。目の下と同じで皮膚が薄くて敏感でしょーが。ぶはっ。暫くしたら治まるから、我慢するしかないね~」

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / /

「んー、確かに、まずったわ。でも、かゆみも確実に治まりそうだ。んー、しかし、しーしーするぅ。くぅぅ」

兄ちゃん悶絶。。。男性諸氏よ、間違ってもム○をそんなとこに塗っちゃいけませんぜ。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

うらきゅん(17)

怒涛の受験日程が日曜から始まりました

遅刻させないよう、お弁当やお茶を忘れないよう

かぁちゃんの役割なんてそんなもんだけど

彼が新しい道に1歩踏み出せるように手助けを惜しまず頑張りましょう~

2男君は概ねしっかり者に見えるので、どうしても手をかけられてないように感じがちのようです

だからこそ一番心配だけしてるような感じです。。。

でも、スーパー反抗期をどうやら乗り越えて、受験期間のわりによく喋る今日この頃。

お互い成長しましたかねぇ(´∀`*)ウフフ

 

 

うらきゅん(17)

韓国ドラマ「夜あるく士」

西洋の吸血鬼のお話は大抵怖くて、子供の頃は本や漫画、映画でつい目にしちゃった時には夜眠れなくなったもんです。

でも怖いだけじゃないと新鮮だったのが、漫画「ポーの一族」でした。その後観た映画の「インタビュー・オブ・バンパイヤ」などはやはり余り怖くなかったですね~。切り方でこんなにも印象が変わってしまうもんなんですね。

んで、5年くらい前かな?に読んだ小野不由美さんの「屍鬼」では久しぶりに夜トイレに行けなくなりました。やっぱり、吸血鬼のお話は怖いや。。。って

でもね、韓国ドラマの吸血鬼ものは不思議と怖くないのが多い気がするなぁ

「バンパイヤ検事」とか「ディア・ブラッド」とか

表題のこれも全く怖くないです。しんと怖いというかぞぞぞぞっとする感じがないというか。設定に吸血鬼はあるけどメインテーマが別にあって、ホラーじゃない感じなのね。

背筋の凍るようなホラーを期待して観ると、がっかりしちゃうかもだけど、普通の時代劇と思って観ると面白いと思うよ~。よく目にする時代を模してるしね

あ、そしてですね、宮廷を牛耳るクィ役のイ・スヒョクさんは、前に「根の深い木」の護衛?諜報員?役でお目にかかった時からとっても麗しくて美しくて、吸血鬼の役とか似合いそうだなぁ~と思っていたので、すんなりでしたよ(*^^)v

「根の深い木」よしなしごと(41)にてご紹介

アクセス先;http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2013/05/41-f11a.html

もちろん主役のイ・スンギさんも麗しくて美しい吸血鬼役が板についてました(*)

彼と「私の残念な彼氏」綺羅雲母ですじぇ(84)にて。「TWO WEEKS」もよかったけど、ご紹介してないみたいだわ

アセクス先;http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2016/04/84-17f1.html

他の吸血鬼役のひとがボロボロ過ぎちゃって、ユン世孫の仲間の校理ハギョン役のヨ・ウジュ君なんか酷いかったわ。

お気に入りだったのにヽ(`Д´)ノプンプン

彼は、まだご紹介してないですけど「帝王の娘スベクヒャン」でも素敵な護衛役ですよ♪)

それから、120年前の世子もよかったわ。彼には「君を憶えてる」でお見掛けしたかな?あれ?違ったかしらん

「君を憶えてる」はうらきゅん(2)にて

アクセス先;http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2016/10/post-86f2.html

そりから、これはリビングの大型テレビの方で録画したので、冬休み中はお昼ご飯の時に観てたの。したら、目の悪い2男君が題字を観て、

「『夜歩くゾンビ』ってなんか、そのまんまな題名だね」

ですと。ソンビですってば。でも、そっちでも違和感なかったかも(;)ナハハッ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

ほぼほぼまめごと(16)

しまったぃ、また、予約設定するの忘れてたわ

夜になっての更新じゃ~(;)タハハッ

ええい、なんだかくさくさするぅ

気分転換が必要だわっ

って、何しようか?お金ないのにね(=_=)

 

 

ほぼほぼまめごと(16)

かぁちゃん話「LINE」

LINEって本当に便利だと思うんだよね。特に、家族とか友人とかにいっぺんに同じ内容を送信したいときは、グループ設定があれば普通のメールより設定が簡単らくちん。しょっちゅう使ってます

家族に「ご飯に何にする?」とか「何時に帰る?」とか、みんなに聞いて内容を共有するのも一瞬だものね。

でも、使い慣れたのはいいんだけど、たまにこんなことも起きたりして。。。

冬休みのオハナシでござんす

卒論で帰宅時間のまちまちな長男君宛てに「昼飯いる?」と送信したら、「いらねー」と返信があったので、今日は2男君と3男君と3人分と思っていたら、

「兄ちゃん、昼飯いらないなら○○にしね?」と3男君がスマホ片手にやってきた。

「え?なんで兄ちゃんがお昼いらないの知ってるの?」

と。したら、2男、3男の両方から

「何言っての?かぁちゃんボケた?家族メールじゃん」

「ほええ?なにーっっ、兄ちゃんだけに送信したつもりなのに。どういうことぉ」

「かぁちゃん、家族に秘密で何もできないタイプね」

とすっかり面白がられてしまった(;^ω^)

要は、前回の家族メールの最後の送信が長男君からのスタンプであったので、「長男君から○○が送信されました」とメニューに乗ってたわけ。んで、長男単独の送信先と勘違いしちゃったみたいなんですね

あ~あ、残念だわぁ。若いお兄ちゃんといいことしたりとか、自分だけ旅行に行ったりとか、ワクワク7ドキドキな秘密を持つのは無理そうだわねぇ。がっかり(;)

息子たちの前で赤っ恥をかいたかぁちゃんであった

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

うらきゅん(16)

ふうう、大学受験の第一関門、センターが終わりました

2男君の自己申告ではそこそこの結果だったようなので、

ここでセンター利用の大学に受かっているとかなり気持ちが楽になるのですが、さてどうなることやら

ああああ、一日も早く心安らかな日が訪れて欲しいですぅ

 

 

うらきゅん(16)

小説「魔法使いの弟子たち」井上夢人作

新しいバイトにまだ慣れてなくて、図書館にも通いにくく、新しい本もさほど購入できない頃のこと、家の本棚を物色していたら長男君が貸してくれました。

題名からくるファンタジーな印象とはかなりかけはなれた設定のオハナシでした。

ドラゴンウィルスによって感染する竜脳炎という病気で、大勢の人が死に至ります。そんな中でたった4人が生き残るのですが、意識が戻った3人には不思議な後遺症が発症します(@_@)

その後遺症をめぐって様々な事件が起きて、世界の滅亡にまでつながるようなことになっていきます。

最期に用意されたどんでん返しに唖然とさせられます

それは読んでみてのお楽しみですな(*´艸`*)

中々面白かったわぃ(#^.^#)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

ほぼほぼまめごと(15)

たまに、ふっと立ち止まってしまうことがある

いつもは子ども達の笑顔を見れば幸せとか普通のおばちゃんなんだけど、ふっと私自身の幸せって本当は何?とか考えちゃったりする

夢を叶えたいという思いの奥底に、もしかしてそれが隠れていて、普段にどこか満足できない自分がいるんだろうななんて思ったりもする

さてねー、どう生きれば満足するのか。。。案外永遠のテーマなんかい?

まぁ、模索しながら後50年くらい生きるんじゃろうかね~やれやれ、疲れること

 

 

ほぼほぼまめごと(15)

3男話「動かざること。。。」

12月のことですが、毎年末恒例の年賀状用の家族写真を撮影しました

かぁちゃんが持っていたカメラはほぼ壊れかけてるんで、

今年は3男君のカメラを使うことに

そして、とぉちゃんも使い方が不如意なもんで、

3男やってちょうだい」ということに……

台に載せて角度やら何やら一生懸命調整して、さぁタイマーを押そうとしたら、とぉちゃんが

「みんな笑って~、3男はカメラ動かしちゃうなよ」

と言ったんで、タイマーを押して慌ててみんなが並んでいる場所にボソボソ独り言ちながらぴょん

「動かざること、風のごとし」

一瞬にしてみんな固まった?凍り付いた?そして、次の瞬間大爆笑( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / /

長男君「動かなかったら風じゃね~」

2男君「そいつは風と言わねーな」

とぉちゃん「それは新しいな」

そして、かぁちゃんは声もなく笑い崩れた……

クラスに1人はそういうことを言う奴がいそうな3男君の残念な知識は、暫く家族が真っ当に写真を撮れない状況にしてしまい、写真用の笑顔以上の本物の笑いを誘いましたよ。ちなみに、長男君が「ただの空気かっ」とか「矛盾だ」とか言い募るので、かぁちゃんだけは笑いを止めることができず、変顔写真になっちゃいました。残念~??

それにしてもねぇ、動かざること風のごとしな状況ってどんなんでしょ?そいつは「無風」的な?どんな風にも「凪」がある的な?と新しい発想を家族で言い合ったりして。。。

ま、楽しい時間が持ててよかったよかった???

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

うらきゅん(15)

はぁはぁ、自分が受けるわけじゃぁないんですけどね、間もなくセンター試験です

頼むから、よい点をとっておくれ~

そして、浪人だけは避けておくれ~

あぅあぅ、緊張するじょー

かぁちゃんにできるのは、遅刻しないように起こして、お弁当を忘れずに持たせることだけですけどね、恙なく過ぎ越したいじぇ~~~~~はひぃ

 

 

うらきゅん(15)

韓国映画「王の運命~歴史を変えた8日間」

むふふ(*´艸`*)なユ・アインさんとソン・ガンホさん主演の映画で、原題は「思悼」

初めてユ・アインさんに出逢ったドラマ「成均館スキャンダル」でも出てくる王の家族ですので、他の歴史上の人物よりもかぁちゃんにとってちょっぴり身近?

もちろんアインさん主演ですから、バイト頑張ってるご褒美で購入よぉ~♪

素晴らしい役者さんたちの素晴らしい演技。

アインさんには涙しましたよ。可哀そうで

本当にずっしりとした腹ごたえのあるお話でしたし、色々な意味で悲劇でしたねぇ。最期の瞬間にしかわかり合えなかった父子が哀れでもありました。

ただ、韓国の王様と重臣たちの関係が、全ての人々に分かりやすくないというか、かぁちゃんも今まで色々な韓国ドラマを観て感覚的に理解していなければ、どうしてこれほど父子関係がこじれていったのかを理解するのが難しかったかもしれないなぁと思います。

アインさんが出演したものは、大抵23度を観てるのですが、これだけはちょっと繰り返して観る気になりにくい重いオハナシです。半年ぐらい経たないともう1度観る気分にならないかもです。それだけ全てのシーンを鮮明に覚えているということでもあるかな?

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

ほぼほぼまめごと(14)

ふにゃぁ~

熱はほぼないのですが、気管支の炎症がまだちゃんと引いてなくて、咳が出るし声が枯れるし息が苦しい(;^ω^)

困ったもんです。今年もまた1月中はだらだら大掃除を続けることになってしまったぃ

皆さんは、気持ちの良い三が日をお過ごしですか?

かぁちゃんはこのまま普段に突入しちまった(ノд-)クスン

今日もまたかぁちゃん話ですぅ(--) ゴメンネ

 

 

ほぼほぼまめごと(14)

かぁちゃん話「夢にみたこと②」

今回はうたた寝じゃなくて、昼寝の時に見た夢のこと

かぁちゃんて実生活で、切れるとか怒りまくるとかと割と無縁なタイプ(子供達には結構やっちゃってますけど)。高校生の頃には「ホトケの○○」という有難い呼ばれ方をしたこともありました。何分、そいつは怒るほどのことじゃね~なと思えちゃうので、あんまり腹が立たないのね。

寧ろ怒るより、現実に幻滅するとか自分にがっかりするとか、あるいは自分のせいかと落ち込んじゃったりする方が多いかもしれまへん。そういう風な感情に支配されることはものすごく多いもんね。自尊感情が低いのかな??

んで、夢の話

ある日お昼寝してたら、ともかく夢の中で腹が立つことに出くわして、ともかく怒ってた。それはもう韓国ドラマの女優さんのごとく怒鳴りまくって。許せなくて赦せなくて。止めどない怒りの中、

ジリリリリリッ

突然無関係に響くアラームで目が覚めた

夢だと気がついたのに、猛烈にぐったり。全力疾走した後みたいでした。

怒るのってとっても体力を使うのね。もしかして、かぁちゃんがあんまり怒らないのって、体力がないことに対する自己防衛本能なのかもしれないわ

なんて思ったある日の昼下がりであった。。。。。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

うらきゅん(14)

新年あけましておめでとうございます_(._.)_

年末から今日にかけて、すっかり体調を崩してしまい、ココに全く入ることができませんでした。インフルではないようですが、気管支炎のような感じで苦しかったぁ~

何とか軽くなったので、ともかくご挨拶をば。。。

昨年もいつもぽちやいいねを(’’▽`)ありがとう☆

今年もどうぞ( `・∀・´)ノヨロシクネ

 

 

うらきゅん(14)

高橋優「Beautiful

このブログでは、よいと感じたものを何でもご紹介するということだったので、今回は楽曲

あんまり音楽は聞かない方なんですよね~。子供の頃は7年もの間ピアノを習ったし(真面目にやったのは最後の2年間くらいなのであまり上手じゃないですよ)、高校では合唱部だったし、音楽が好きじゃないということではないんです。

現代よく耳にするものはどうも疲れてしまうことが多いので聞く機会が減ってしまっているという感じです。

ちゃんと好きな曲もありますよ~。SMAPの「世界にひとつだけ……」とか嵐の「モンスター」とか木村カエラちゃんの「バタフライ」西野かなちゃんの「会いたくて」とか、一生懸命並べた感満載だけど、好きですよ~

でもね、表題のこの曲、いいんです。最近つるべ師匠のAスタジオを毎週録画していて気が向くと観てるんだけど、たまたま再生した日が高橋優さんがゲストで、本当に久々に曲を聞いていて気が付いたら涙がほろほろ流れてました(´;ω;`)ウゥゥ

いい曲です。ココログに曲を貼るのは初めてで上手くいくかどうかわからないけど、下部に貼ってみました。お時間あったなら飛んでみてちょ(#^.^#)

https://www.youtube.com/watch?v=fvdSeOYxRXU

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »