« ほぼほぼまめごと(11) | トップページ | ほぼほぼまめごと(12) »

2016年12月19日 (月)

うらきゅん(12)

時間がない時って、抜けが増えると心配

何か忘れてないかしらん

とっても不安になります

 

さて、今日はちょっと真面目なオハナシです。最近すごくしみじみと考えるようになったので、書いてみようかと思ったの。ただ、そういうのはちょっとと思われる方はスルーして下され。長いし……

 

 

うらきゅん(12)

「日本人と日本国民」

この二つの言葉をかぁちゃん的には、こんな風に考えています。

★日本人とは、日本民族とも言い換えられて、概ね血によってくくられるのではないかと思います。だから、住んでいる場所に関係なく、遺伝的にそうであれば、日本人であり日系人であると思います

ただ、こういう方はそう呼んでもいいのではないかと、真面目に思っています。言うなれば「~道」と表現されるものを愛好されていたり、日本の文化、風物を心から理解し体現して下さったりしている方は、血に寄らず日本人と思って、深く感謝したいと思っています。

例えば、有名人ならスティーブン・セガール親父とか?

柔道や空手なんかのスポーツの世界では非常に多いのではないでしょうか。また、盆栽や禅寺でも最近は海外の方が一生懸命その道を邁進しておいでですよね。それから、日本の特産物(お茶やお酒)の製造元で励んでおいでの方もそうだと思います。

もっと身近な所で、2男君の同級生のお母さんで、日本語が堪能であり、入学式や卒業式などで着物をお召しくださるような方です。

 

 

★そして、日本国民。。。

こう呼ばれる人についてとっても思うことがあります。

これは、民族にも習慣にも伝統文化にも、そういったすべてのこととはかかわりなく、日本に住み、居住している者としての義務を果たし権利を有する方が全てを指しているんではないかと思います。

人種や民族に関係なく在日の外国人の中では、ちゃんと日本国民と言えるのが何割おいでなのかはわかりません。が、先ずは義務を果たしてほしいものです。税金を払うのをバカバカしいように思う人もいるかもしれませんが、世界一清潔できれいな国を実現しているのは、不平を言いながらも基本的に国民がきちんを納税しているからでは?

権利と義務は抱き合わせのものです。多分どこの国にあってもそれは同じはずです。悪用する政治家や公務員がいるとしたら、それは言語道断の行為なのであって、だから税金を払う義務がないということにはならないんです。

ひとまずそこをきちんとして欲しいし、それから日本人の美徳であるところを打ち消してしまうような言動をとられる方々はできれば国民になって欲しくないなと思ってしまいます。

できることならば日本人の心をもってほしいと思いますが、それは民族を乗り越えろという難しい面もあるので、日本においでで長期滞在される外国人の方には、出来れば税金を払うなど義務をちゃんと果たした上で、日本国民として恥じない方であって欲しいものだと思います。

自分のことや家族や祖国のことばかり考えるのではなく、今住んでいる場所や人に対して礼節をもって接してほしいな、今住んでいるところを守って大切にするという当たり前の義務を果たす人であってほしいな、お互いのことを尊重しあえる関係でいたいなと思います。

それは難しいことなのかしら?

 

私自身もことあるごとに日本人であること日本国民であることを振り返りながら、別の民族の方々他国民を尊重しながら、一生懸命生きたいものだと思っています。

 

とはいえかぁちゃんは国粋主義ではないですよ。故郷を大切に思っているだけですから。。。

 

|

« ほぼほぼまめごと(11) | トップページ | ほぼほぼまめごと(12) »

感想など(うらきゅん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472088/68898981

この記事へのトラックバック一覧です: うらきゅん(12):

« ほぼほぼまめごと(11) | トップページ | ほぼほぼまめごと(12) »