« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

ほぼほぼまめごと(9)

人と接することの多いお仕事は、いいことも悪いことも多いなぁ

褒めていただいたり感謝していただいたり

一方で叱られたり文句を言われたり

一々上がったり下がったりしても仕方ないけど

やっぱしいいことが多い方がやりがいがある

一期一会です

丁寧に一生懸命接客しましょうかね(*´ω`*)

 

 

ほぼほぼまめごと(10)

2男話「塩加減」

今回はちょっと嬉しかったおはなしです

実はかぁちゃんてば、更年期障害の影響なのか最近味覚がいまひとつ(;^ω^)

たまに塩辛い料理を出しちゃって、みんな無言で口にいれてるなんて状況に出くわすことがある(;)テーヘンダ

ある日、2男君と二人で夕食してた時のこと

「かぁちゃん、今日の味噌汁塩辛いよ」

「え?そうかな?そんなに?またかぁ~(´Д`)ハァ…」

「もしか塩辛いって感じない?」

「んー毎回じゃないけど、あんまり感じてないんだよね~」

暫く黙っていた2男君が喋り始めた

「これはネットで読んだ話で、ちょっといいなって思ったんだけどね、」

あんまりお喋りでない2男君が結構続けて喋るもんだから、何事かと思わず真剣に聞いてたら

「母子家庭のお家だったかな?そこのお母さんが、離婚のショックかなんかで味覚障害になっちゃって料理が美味く作れなくなってしまったんだって。それで、仕方なくお惣菜とかばかりになってたんだって。そしたら、ある日。10歳ぐらいの息子がお母さんにこう言ったんだって」

そこでちょびっと言葉を切ってから、息を深く吸い込んでから続けたの

「『お母さん、一人で苦しまなくていいよ。これから料理する時は僕が一緒にいて味をみてあげるから』以来、一緒に作るようになって家庭料理が復活したんだって」

実はそこまで聞いて泣き虫母ちゃんは、すっかり泣きそうになっていた。このタイミングでこんな話をするのは、そらもう意味が分かるというもんでしょ。でもね、大学受験を控えてるんだからと思って、ぐっとこらえて

「いい息子さんだねー。でもさ、小学生だからできたかもねぇ。中学生以上になったら中々そうは出来ないものね。家だって3男君は帰宅時間が8時前だし、キミも塾があるし、兄ちゃんは帰宅が不定期だもの」

と言ってしまった。気持ちだけでいいよ~( ノД`)

とはいうものの、2男君の気持ちが嬉しくて、その後思い出しては、涙ぐんでしまうかぁちゃんであった。

だって、味覚障害っぽくなっていることに気が付いてるのって彼だけなのよね。他(他よばわりっ)は味付けを失敗したくらいにしか思ってないみたいだもの。

って、受験勉強の叱咤激励するのを止めるわけにはいかないけどさ。。。

一緒に涙ぐんでくれいぃ~(´;ω;`)ウゥゥ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

うらきゅん(9)

ブログのお友達、モカラテさんからカワイイ首飾りを買いました。奇しくも同じくブログのお友達ちゃちゃわんわんさんも買って記事をアップしてました。

モカラテさんのブログアクセス先;

http://mocha-latte-caffe.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-313f.html

ちゃちゃわんわんさんのブログアクセス先;

http://chachawan.cocolog-nifty.com/blog/

なのでかぁちゃんもチャレンジ

 

                             Dsc_0174

                    うーん、やっぱり縦にできない

 

うらきゅん()

韓国ドラマ「愛するウンドン」

「奇皇后」でワン王を演じたチェ・ジンモさんが主役でらしたので何となく録画してみました。

最初から、子役がとってもキュートでかわいくて、つい次回も観たくなるような感じでした。小さなウンドンの子役イ・ジャインちゃんと、20代のウンホ役ペク・ソンヒョンさんがよかったですねぇ~

ソンヒョン君は、かぁちゃんのお気に入りなのですがm古くは「チェオクの剣」その他に「インス大妃」「ホジュン~宮廷医官への道」「太陽がいっぱい」「華政」で観たことのある子役ちゃんです。かわいいよね

ウンドン役のキム・サランさんが、少しずつ記憶を取り戻していく様子にはドキドキしました。彼女の家族がやきもきする姿にも何か痛みを感じました

そして、ウンホがウンドンを愛することの深さにしてやられましたよ。

どうしてそんなにも長く愛することができたのでしょう。

どうして止めてしまわなかったのでしょう。

どうしてそこまで運命を信じることができたのでしょう

そしてその運命はどうにも止められないのでしょうか

愛して愛してそれでも愛するって、すごいよ。。。

観るのをやめられませんですね~

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

ほぼほぼまめごと(8)

作品を1社に送付してみました

自分のためにお金が貯められないので、採用してもらわないと上梓でけん

こういうのって同時にいっぱい送るものなのか、それともお返事を待ってから次のチャレンジをすべきなのか、悩みながらとりあえず1社と思って

昨日届いたはずだけど、読んでももらえない可能性もあるあるしなぁ。ああ、ご縁がありますように。。。

夢に実現に向けて、弛まずがんばろっと

 

 

ほぼほぼまめごと(8)

3男話「ポッキーゲーム」

ある日、いつものごとく8時前に帰宅した3男君

いつになく何となく口元がニヤついている

「どした?」

「あのさ、かぁちゃん、ポッキーゲームって知ってる?」

「ああ、知ってるよ。ポッキーを彼氏と彼女なんかが両側から食べてくやつでしょ。うまくすればチューになるやつ」

「それを学校でやらされた」

(このあたりで顔が何やら変な感じ。にやけてやがる)

「誰と?男同士とか?」

「いやぁ、彼女と」

「なんだ、じゃ、ノープロブレムじゃん。ただし、人前でチューはどうかと思うけど」

「それはしてないけど」

(ほんとか?口元ゆるんでるじょ。うらやましーぞぉ)

「その割にはなんか嬉しそうね~」

「え?そんなつもりはないけど」

どうやら、仲がいいのを周囲にからかわれた挙句そういうことになったらしいが、チューの真偽はともかく、そういうシチュエーションになったのが実は嬉しかったようで、帰宅一番のご報告となったわけですね

色恋沙汰をかぁちゃんに報告してくるあたり、まだまだ幼い気はするけど、ま、健全な感じはするからよしとするか~。ちょっとサミシイ気もするが。。。

って、彼女さんの親御さんが知ったらえれーことになるんじゃろか?もうちょっと釘をさすべきだったかしら?

何だか悩み事が以前と違ってきたかぁちゃんであった

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

うらきゅん(8)

土曜日、バイト後帰宅して30分でお昼ご飯食べて休憩して、行く準備して、とバタバタと1時間20分かけて3男君の学校まで行ってきました

秋の3者面談です(-_-;)

とんでもなくひどかった学期初めの実力テストに、さすがに焦った3男君は、中間テストでちびっと奮起

数学だけだけどちょっとよかった

そのことで先生からも評価され、自分でもやった分がちゃんと点数に反映されることを学んだようで、顔つきがしっかりして見えてきました

3男君に光が……(あ?彼女のお陰?)

にしても、かぁちゃんには若干、強行軍だったらしく、ほぼぐーたらな日曜日なってしまった

しわ寄せが今日に(;'')(;)(;)

がんばれかぁちゃんなのだ

 

 

うらきゅん()

露国ドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」

初めて目にするロシアのドラマ。映画は若い頃に一度観たことがあるような気がするんだけど、あんまりはまらなくて(爆睡した記憶が……( TДT)ゴメンヨー)、その後ご縁はなかったのよね~たまたま某レンタルショップの小冊子にて興味を抱き観ることに

近頃阿部寛さん主演で日本版を放送していて、そちらも毎週楽しみにしてるんだけど、元々の方を「BONES」の後に借りて観てるの

あ、ちなみに日本版では、香川さんがへなちょこに見える刑事さんなんだけど、ひょっと気づいちゃって阿部さん演じるスニッファーと捜査をちゃんと進展させていくんですね。ロシア版のビクトルはへなちょこというより女に滅法弱いだけかな?

嗅覚捜査と言えば、どうも「刑事わんこ」思い出しちゃうかぁちゃんだけど、これはあんまりコメディの要素はないかな。全体的に暗い印象をぬぐえないんだけど、謎を匂いで解いていくのは面白いです

かぁちゃん的なツボはビクトルの上司の局長さん

なんとなくやることがお茶目でいいのよね。見た感じはふっくらつるんですクスクス( ^)o(^ )

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

ほぼほぼまめごと(7)

咽喉の調子はなんとか持ち直したようですが、乾燥に弱くて、バイト中お茶を飲まずにいると、ケンケンと咳が出てしまします。何かうまいやり方があるといいなぁ

これから年末に向けて益々忙しくなるからな~

皆さまもお体に気を付けて、頑張りましょ(*)

 

 

ほぼほぼまめごと()

2男話「おズボンすとん」

前から室内着の新しいのを欲しがってたのよね~

できれば同じ形がいいという希望だったのに

なくてねー。あんなもんでも流行があるみたいで。

んで、ゴムが伸びてるけど履きやすからとずっと使ってるおズボンがあるんです

んー、最初にここまで説明しちゃうとバレバレね

でもね、そういうのを分かっていても、かぁちゃん耐えられなかったのさ

つい先日のこと、外干しのお洗濯ものをしまってもらっていたときのこと、

手拭いも含め、ほとんどのものをハンガーに干してから物干し竿にかけてるので、2男君の大きな手をすれば、がっさり全部持ち込んで、家の中の小さな竿にかけちゃうことができるんです。かんたんらくちん

ですが、両手いっぱいに持って入るわけで、両手を上げてかけようとしたその瞬間

すっとん(*ノωノ)

ズボンが落ちてパンツ丸見え………

その瞬間をかぁちゃんは目撃しちゃってねぇ。結果だけ見たならばそうでもなかったんだろうけど、あまりの衝撃に笑いが止まらなくなってもーた

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / /

ものの見事に上からくるぶしまですとんっっっ

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

うらきゅん(7)

土曜日に、3男君の部活が紅白試合だったので観てきました。中々かっこよかった(´―`*)ウンウン

その調子で頑張れよ~

で、かぁちゃんの方はダウンしちゃって、2日連続してポチもいいねもできず、寝てました(´Д`)ハァ…

失礼しました_(._.)_

お陰で咳が少し止まってきました

今日中におさまるようにしなくっちゃ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

うらきゅん()

日本ドラマ「16秋ドラ」

●NHK朝ドラ「べっぴんさん」

うかつにも「ととねぇちゃん」の録画を2週間も気づかずに過ごしてしまい諦めた。前期はがっかりだったので、今回は気をつけて録画。最近の傾向に違わず、かぁちゃんが好きな女子頑張るな設定(・∀・)ニヤニヤ。ととねぇちゃんは「暮らしの手帖」の創始者をモデルにし、今回はベビー服の「ファミリア」の創始者をモデルにしているとか

主人公のすみれちゃんが、「表参道高校合唱部」でほにゃんとしたJKを演じた芳根京子ちゃん。「花子とアン」で仲間由紀恵さんの少女時代を演じていたのはちょっとイメージしてなかったけど、お気に入りの役者さんです

もうちょっとリズム感が出ると嬉しいなと思いつつ。

 

●フジ火曜ドラマ「レディ・ダ・ビンチの診断」

吉田羊ちゃん主演のちょっと変わった立場にいる女医さんのオハナシ。病気の原因を特定していく医師団の一員として羊ちゃんは存在しているのですが、女性ばかりの中にあってちょっと周りからとんがっているというか、アウトロー的というか、ちょっと過去が気になる存在です

 

●TBS火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

コメディドラマです!!とにかく楽しいです

「箱入り息子の恋」という映画を観て以来気になる役者の星野源さん演じる平匡さんとアラガッキーの演じるみくりちゃんとの契約結婚のオハナシです。原作は漫画のようですよ

アクセス先:綺羅雲母ですじぇ(26)「箱入り息子の恋」

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2015/01/26-c45b.html

平匡さんの同僚風見さんを大谷亮平さんという役者さんが演じておいでなのですが、韓ドラで幾度かお目にかかったその人のようです。ディーン・フジオカさんのように逆輸入なるでしょうか

 

●テレ朝水曜ドラマ「相棒シーズン15」

下期にこのシリーズははずせません

反町さんが益々絶好調です。ただ、米沢さんにかわる人を求めてしまうのは、かぁちゃんだけでしょうかね~。そういう立ち位置で、浅利陽介さん演じる青木がおいでなのだとは思うのですが、登場した時の不気味さからどうも抜け出せませんね~

でも、展開が読みにくくなって楽しいです

 

●テレ朝土曜ドラマ「ラストコップ」

刑事もののコメディです。うーん、ツボにはまりにくいんで、もしかしたら途中で止めちゃうかもと思いつつも観てます。妙なテンポと妙なのりが魅力かな?

 

●TBS日曜ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」

今期一番のお薦めかな?子供たちと観てます

織田裕二さんが変なんですが、すごく優秀な暇人を演じています。これはともかく観て損はないと思いますよ~

朝ドラ「まれ」で活躍した土屋太鳳ちゃんがたよりない刑事役で、中谷美紀さん演じる変な解剖医もおかしいです

大人女子のアイドルディーン・フジオカさんも執事役がとってもすてきです

 

●アニメ

NHK「3月のライオン」、再放送で「エヴァンゲリオン」「精霊の守り人」

フジ「舟を編む」

なんかも楽しみにして観ています

 

他にも観てますが、とりあえずここまでにしときます

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

ほぼほぼまめごと(6)

日曜に、ほぼほぼまめごとのネタを考えてたんだけど、卒論で忙しく不在がちな長男君、学校が遠くて滞在時間の短い3男君のネタが極端に少ないことに気が付いた

必然的に2男君とかぁちゃんの話が増えるのね

つまらなかったらごめんちゃいねm(_ _m)ペコリ

3男君のお話しなるべくいっぱい探しておくから~

 

 

ほぼほぼまめごと()

かぁちゃん話「ヘイタクシー?」

この前久しぶりにあるものを目にして思い出した

まだ、正社員でお勤めしていた23,4歳のことだから、かれこれ30年も前のオハナシ

普通にサラリーマンになったかぁちゃんは、本当に一生懸命お仕事してたので、男性上司と男性の先輩との3人で九州に出張した時も、目一杯気張ってお二人に気を使っていたのよね

九州支社での会議を終えて、次の場所に移動するために、タクシーに乗ろうということになった。一番下っ端のかぁちゃんの出番なので、車道に身を乗り出してタクシーに手を振った( `―´)

近くに寄って来たので、「さぁ先輩方どうぞ」言いかけて固まった

ハザードランプを消したパトカーだった

中から制服の方が「どうかされましたか?」

だぁぁぁぁぁぁっ、(;’’)タラァリ

「ごめんなさぁい、ごめんなさぁい。目が悪くて遠目にタクシーに見えたんですぅ。すみません、すみません」とペコペコペコひたすらペコリン(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

「はははっ、何事もなくてよかったですよ」

そう、気さくに手を挙げて行ってしまいましたが、一度かいた冷汗がすぐに消えることはなく、上司と先輩の笑いを含んだ視線の痛かったこと~

ああ、恥ずかしかった(;^ω^)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

うらきゅん(6)

むむむっ、新しいバイトで、新しい時間帯で

そして、夏にばてたせいで

今、すんごく肩が凝って腰が凝って痛くてツライじょ~

今回は足の付け根も痛くて右足がうむむぅ~

テレビで新しく「子宮冷え」が下半身太りの原因かもと言ってたので、その運動も取り入れつつ、少しばかりストレッチを増やしている今日この頃

あががっ、はよ楽になりてぇ~~~

 

 

うらきゅん()

韓国ドラマ「魔王」

いまさらですよね~。韓国ミステリードラマの金字塔なんて言われてますし、日本版のリメイクを嵐の大野君が主役でやってますし、ご存じない方の方が少ないかもですもの。

でも、最近再放送を初めて観て面白かったので、念のためご紹介しとおこうかと(*´σ-)エヘヘ

あらすじもキャスティングも今更だよね……(;´・ω・)

過去の罪に苦しみながら、そして相手の分からない状態で復讐を受けながら、悲鳴を上げるように犯罪を暴こうともがくカン・オス刑事に「剣と花」「赤道の男」「善徳女王」で男の中の男みたない役柄を演じたオム・テウンさん。

オスの犯罪捜査にヒントをくれる超能力者で図書館司書のソ・ヘインに、「アラン使道伝」「僕の彼女は九尾狐」でちょっと不思議な役を演じたシン・ミナさん。

オスとその過去の事件に関与した友人や家族を追い詰めて復讐していくオ・スンハ(チョン・テソン)に、「宮」「蒼のピアニスト」のチュ・ジフンさん。無表情で無情な復讐者が、段々痛みを現すようになる、わずかな変化をジフンさんはとっても丁寧に演じておいででした。

とってもよくできたミステリーだったし、かぁちゃんの苦手な復讐劇とは一線を画したストーリーで大満足でした。まだ視聴しておいででないなら。是非に~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

ほぼほぼまめごと(5)

ものすごぉくゆっくりとだけど、あれこれできるようになってきた気がする

もう少しで「慣れました」って言えそうだぁ(*)

ただ、まだ生活のリスムが出来ていなくて、日常的なことを忘れたり間違えたり(;^ω^)タラッ

始め不安に思ったよりはましかな?

この調子でいつも一生懸命丁寧にお仕事しましょ

さて、バイトに慣れたら、ライフワークの小説の方も何とかしなくちゃ。年内の目標がまだ達成できていないので、何とか11月中に漕ぎつけたいな

うまくいったらご報告しますね(*^^)v

 

 

ほぼほぼまめごと()

2男話「おひげ」

毛深さって兄弟で全く違うのよね

3男君はまだ発展途上だから、どうなるか皆目見当がつきませんけど、長男君はなぞ。腋毛や胸毛は全くなくてツルツルテン。毎日のようにお風呂で脇をソリソリしないといけないかぁちゃんの羨望の的です。脇には1本だけ生えたことはあるけど、それもかぁちゃんの記憶があるくらいだから、やっぱ非常に稀

遺伝なのだろうか?もしかして突然変異??

ところが、2男君てば、脛毛も腋毛も胸毛ももふもふ。

誰に似たんだろう?とぉちゃんもそれほどじゃないし、親類縁者もご先祖様もここまでのは知らないなぁ。え?不貞?んなことはございませんがな。彼はどっちにもよー似てますし、かぁちゃんは若い頃はとぉちゃん一筋だったんでぃっ(あれ?過去形?そこは無視しなはれ)

んで、最近ノーベル医学賞を取られた大隅教授を見ながら、2男君と盛り上がった。

「俺のもみあげ、最近前に向かった伸びてきてるのよね。顎とか鼻の下とか合わせると、大隅教授みたいになるかも」

「教授、決まってからキレイに刈揃えたって言ってたよ。伸ばしっぱなしっだったてことよね。無精すれば本当にそうなるかもね~」

「大学行ったらそうしようかな?」

「かぁちゃん、ひげはあんまり好きじゃないけど、教授みたいにキレイにそろえて清潔にしてるならいいかもね。いずれにしても、大学が決まらんと~」

と言っている横で、2男君はひげもしゃな自分を妄想してニマニマしていた模様。さて、どうなることやら???

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »