« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(91)

ううっ、工事が終わったじぇ~(*´ω`)

あーしんどい5月どしたわぁ~

もう、こっくりさんで失敗しないかな?はぇ~

しゃて、今日は日本のドラマのご紹介

もしかしてもう観てらっしゃるかもなぁ~

 

綺羅雲母ですじぇ(91

TBSドラマ「99.9~刑事専門弁護士」

松潤さんが主演のドラマってそんなにたくさん観たことがあるわけじゃないですが、面白いものが多いような気がします。容貌に惹かれないので、特にお名前を挙げたことはなかったと思うのですが、中々よい役者さんですよね

確か、最初は「花より男子」で「ラッキーセブン」「ごくせん2」と観たことがあったと思います。あ、嵐の中ではニノが一番好きだもの。彼のは問答無用でなるべく観ますけどね(・∀・)ウン!!

で、キャスティングがツボ(^^

香川照之さん、榮倉奈々ちゃん、青木崇高さん、奥田瑛二さん、岸部一徳さん……名前がすぐ思い出せなくても顔は知ってるぜな方々も、1話ごとのゲストさんも、ついいいね~とつぶやいてしまいます

 それから、香川さんと松潤さんとのやりとりがいいし、岸部さんがやっぱり岸部さんなのらりくらりぶりがたまらないし、、あれこれあれこれ、、、、いいのよね~(#^.^#)ニヒッ

 あれ?評価が高い?かぁちゃんに紹介されんでも、もう観てる?そうですよね~。次回が楽しみなドラマですよね(¨)(..)(¨)(..)ウンウン面白いから子供たちと一緒に観てますよん(*´艸`*)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

うら…うら…なこと(90)

水漏れ後の現状復帰工事もあと廊下の絨毯を残すのみ

荷物を右から左へと動かし続けたけど、最大の山が廊下の3つの本棚

明日、明後日で移動しとかないと~(;^ω^)

頑張るのよ、かぁちゃん

んで、あー眠いが原因のかぁちゃん話ですぅ♪

 

うら…うら…なこと(90)

☆かぁちゃん話「食べたっけ?」

認知症が進むと人によって、顕著な症状があったりするらしい

こういう話題は不謹慎かもしれないなぁと思いつつ、歳と共に色んな不安が出てくるもんなので、笑いと一緒に悩ましさもあって、掲載しますね。愉快ならざると思われた方はスルーして下さいませね

 んで、続き。「~してない」「~された」というあらぬ疑いを周囲にかけてしまうケースが少なからずあると聞いたので、いずれかぁちゃんもそうなるかも~と。もし予防策があるものなら誰か教えてちょー

 新しいバイトを始めてから、お昼寝をうまくとれなくて、なるべく1日にトータル6時間になるよう心掛けていたのが、最近めっきり少なくなっているんです。4時間くらい眠れたら全然平気という方もおいでだとは思うのですが、どうもかぁちゃんは健全な状態を保つのに昼寝やちょい寝も併せて6時間というのが目安のようです。かぁちゃんにとっては寝過ぎではないんですぅ

 そのため、座ってテレビを観たりご飯を食べたりツムをやったりするわずかな時間に、気が付くと居眠りしていることが激増してしまったのです(-_-;)

 ある日、朝食を食べて3男、2男、とぉちゃんと送り出し、自分の朝食を食べて、長男のパンを焼いてジャムも塗っている内に、急速に睡魔が襲ってきた……パンをお皿に入れると、そのまま椅子でコトン(-_-)zzz

 数10分寝落ちして、はっと目が覚めた時には、直前まで自分が何をしていたのかすっかり忘れていたんですね~。

「あー、パン、焼いてあるじゃん。早く食べてお洗濯モノ干さなくちゃ」

メシメシ、長男の分のパンを2枚ココアで流し込んだ(;^ω^)

「あれ?なんだかやけに腹が膨れるなぁ~??ま、いいや、お洗濯ぅ~」

と、洗濯機のところに行って干し始めた。

「にしても、やっぱ腹いっぱいすぎる?あああああっ」

と、ここまで伸ばして思い出した。1回自分の分のパンを2枚食べ終わってた

あきらかに食べ過ぎです。さすがに昼食は食べなかったけど。。。

きっと、こういうタイプは認知症になったら、「○○さん、ご飯はまだですか?」とか「○○さんがご飯をくれない」とか、ないないという主張をして周囲を困らせてしまうに違いない(;´・ω・)どうしよー

 将来が不安なかぁちゃんであった

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(90)

人によって適切な1日の睡眠時間というのは異なるような気がします

かのナポレオンさまは夜4時間しか寝ないということでしたが、よく調べるとちょい寝がとてもお上手だったとか。

短時間睡眠が自慢のニュースキャスターさんは、先日ガンの手術を受けたとか。本当に丁度良かったのかな?

睡眠時間ひとつで感心したり考えたり……

ちなみにかぁちゃんは、夜の睡眠時間は平均4時間半だけど、トータル6時間くらい寝ないと段々体調が悪くなってきます。だから、お昼寝とかちょい寝をしないとなんですが、このところそれがうまくいかなくて。立ったまま寝そうになることしばしば。あぶな~(~_~;)気をつけなくっちゃ

さて、韓国ドラマが続いちゃいますが、今日もですぅ

 

綺羅雲母ですじぇ(90

☆韓国ドラマ「ピノキオ」

う~ん、面白かったのだけど、無理な設定がなくもなかったかな?

まず、嘘をつくとしゃっくりが出るというピノキオ症候群

こういうのは、まずもって頭に「故意に」という言葉がつくのが至極当たり前と思われるので、誤解や勘違いがなかったか精査を要するのは、当然かと思います。そういうのナッシング?だとしたら、警察もマスコミも慎重さに欠けると言わざるを得ない。うーーん、どこの国でもそうであってほしくありませんが、そうした慎重さが足りないのだとしたら、未熟なのではないかと思ってしまって、どうも理屈でドラマに感情移入できなかったじょ

 主役のはお二人はお気に入りの役者さんなので、それはご機嫌

キ・ハミョンでチェ・ダルポには、「シークレット・ガーデン」でも「ドクター異邦人」「君の声が聞こえる」「ゆれながら咲く花」でもとても印象的な役を演じられていたイ・ジョンソクさん。まだ少年のころは、大好きなユ・アインさんにちょこっと似ていたのでお気に入りに。ルン(*´艸`*)

ダルポの愛する女性チェ・イナには、「美男ですね」「オレのことスキでしょ」「となりの美男」で超キュートな女子を演じたパク・シネちゃん。ラブリー(#^.^#)

で、やっぱ一番のわき役さんは二人のコンピルじーちゃん。その役者、ピョン・ヒボンさんは、やはり超ベテラン俳優さんでしょうか?たくさんご主演されておられますが、かぁちゃん的には「火の女神ジョンイ」でジョンの師を演じられた記憶が鮮明です!(^^)!

あとね、ダルポの実のお兄さんキ・ジェミョンを演じたユウ・ギュンサンさんは、とっても悲しい役柄で印象的でした。この方。ユ・アインさんがこの前出演した「六龍が飛ぶ」で側近のムヒョル役を演じられたんです。滅茶苦茶早く観たい!!それから、刑事役でご主演の「カプトンイ」は観たいんだけど、怖そうなので逡巡しているの。どなたか感想をお聞かせください。怖いばかりでなければ視聴しようかと~

でもね、このとてつもなくフュージョンな設定の裏には、韓国社会の病魔を一生懸命えぐろうとしているのかもという気もするのです。検察やマスコミのあり方に一石を投じるような……ともかく、社会派ドラマでないものでこういうテーマを是非に扱い続けて欲しいと思うの。疑問を感じ続けるというのはとても大事なことですものね(*´ω`*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

うら…うら…なこと(89)

昨日から、水漏れで被害を受けた箇所の現状復帰工事です

急きょ工程表になかったところもやることになったので、本棚を2つ予定外に移動したりして、朝からちかれたびぃな1日でした

今日も工事が入ります。

布団に入って昼寝したいのだけど、そんなことは出来ません

居眠りしつつも頑張って起きていなくては~

5月は頑張りどころだわん

 

うら…うら…なこと(89)

2男話「偽ちまき」

最近、観察力に衰えを感じるかぁちゃん。で、その上もともと騙されやすいというか単純というか……

そのせいで、どうも3男児にいじられるようになって久しい

とはいうものの、中々2男君にいたずらされることは少ないので、真面目だなーとは思いっていた。

そういう思い込みもあって、この端午の節句にまんまとやられた

子どもの日ですもんと、朝ごはんに、買っておいた中華ちまきをだしたのよね。

そこまでは。まぁよくある朝の風景。みんな大好きだから黙々と食べているものと思ってた。

録画しておいた「あさが来た」のスピンオフドラマを、わくわくどきどきにこにこと熱心に観ていたので、食卓の様子にあまり気を配っていなかったのよね。そんで、ふと食卓を見たら、ちまきが一つ残ってる

「ねぇねぇ、これ誰か食べなかったの?」

「俺は食ったよ」

「何のこと?」

「だから、これ」(って、名前も度忘れしてるしっ)

「ああ、これ?」

「そう。誰?」

「オレも食ったよ」

「あ、もちろん」

「あれ?6個入り買ったけ?んなわけないな」

「………」

「ああっ、まさかの空っぽ?」

とっても上手に中身を抜いて元に戻してあった

「うん、実はオレ」と2男君

「んじゃー、ママが誰?って言ってる時、『まんまとひっかかった』って思って楽しんでたの?」

「うん、やった!って」

大学受験生だから、余裕があってよしとするか。はぁ

2男君にまでいたずらされるようになった面目ないかぁちゃんであった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(89)

仕事に慣れて来たら、小説を書こうと思っていたのですが

そうは中々上手くいかないもんです

眠くて仕方がないので、ほとんど手をつけてません~

ひゃー早く再開して新たなるチャレンジを始めなくちゃ

焦るじぇ~(;´・ω・)

 

綺羅雲母ですじぇ(89

☆韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」

少なくともかぁちゃんにとっては、有名な役者さん不在のドラマですので、何となく録画して観始めたという感じでしょうかね~

かねてより申しておりますように、復讐モノを苦手とするため、愛憎復讐劇だと大抵1,2話で止めちゃうんだけど、このドラマはそういうジャンルではないので、最後まで観ちゃいそうですよ(*´ω`*)

検事さん同士の特権乱用の応酬というのが妥当な表現のように思えるのですが、まともな正義感や法の執行者としての責任感はどっか飛んで、ありえないやりあいがひたすら続くんですよね。もし、これが韓国の法曹会の現実だとしたら、それはもう法とは言えないだろうと思わせるくらいです。腐っとるぅ~((+_+))

中でも怪演なのが、イ・テジュン総長を演じるチョ・ジェヒョンさん。「馬医」でも「スキャンダル」でも「階伯」でも「シンドローム」でも。かぁちゃんの知る限り上品ならざる役柄が多い役者さんですが、甘いマスクで底意地の悪そうな笑みを浮かべるのははまりすぎて怖いくらい。今回もど悪役ですな~

主役のパク・ジョンファン役のキム・レウォンさんは、全く存じ上げない方ですが、余命を宣告された検事さんで、総長の右腕だったのに妻子のためにそれを正そうと奔走します。命を削っていく姿がとても悲しく透明な印象でステキでした

その妻で真っ直ぐ検事たろうとするシン・ハギョンを演じるキム・アジュンさんは、以前ご紹介した「サイン」で新米法医官を演じておられましたが、あの時はすごく若い印象で今回は落ち着いた中堅検事の役が板についていました

もちろん周りを固める脇役さん達も実力は揃いです

あ、ユ・アインさんのファンならば「6龍が飛ぶ」でキル・テミを演じていたパク・ヒョックォンさんをご存知かと思うのですが、その方の演じるチョ・ガンジェも中々重要な役どころでいいですよ

コメディの要素はほとんど見当たらないので、重いものはパスという方には向かないと思いますが、見応えがあるのでぜひ~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

うら…うら…なこと(88)

ぶつぶつ誕生日と母の日が何もなく終わったと呟いてたのですが、実はちょびっと嬉しいことが……

すでにアップの予約をしていたので、書き直すのを忘れちゃったの

んー、日曜の夜、もう後少しで寝るというタイミングになって、長男君がご帰宅。「お帰り~、飯は~?」なんて言うかぁちゃんの目に見慣れないものが映った。テーブルの上に結構高そうなワインが!!

「あれ?これどしたの?」

「んー、かぁちゃんに。母の日だしね」

あんまりびっくらこいて暫くなんも言えなんだ

「高そうだね~」

「まぁねー、ロゼだよ」

「ほー、そりはいいねぇ。ビールだと飲めないもんね」

ははっ、ちゃんとしたもんもらったの初めて(*´ω`*)

ちょぴっと、だいぶん、嬉しいかぁちゃんなのね。エヘヘッ(*)

 

うら…うら…なこと(88)

☆かぁちゃん話「トレイに籠城!?」

「九死に一生」とかいうテレビ番組で、60歳の女性がトイレの閉じ込められてしまい、1週間その状態で過ごした、というのを観たことがある

通販で買った大きな家具をトイレの前に置きっぱなしにしておいたら、トイレに入った時に、偶然扉に倒れ掛かって開かくなってしまったということ。

その方はご高齢で力もなくどうしても開けることが出来ず、連絡のなくなった娘を心配して来てみた高齢のお母さんに助けられたという顛末だった。

それを観ながら、1人「ある、ある」と呟いていたかぁちゃんです

そう、あれは長男君が中学に進学してすぐの頃、彼を一人部屋にするために、ロフトベットを通販で購入し、ゴールデンウィークに組み立てる予定で、トイレの扉近くの壁に立てかけておいたのです。そうしたらおんなじ状況に……

その直前にちょっと危険なことになりそうになったけど、かすっただけで何とかことなきを得た経験があったので、なるべくトイレから離して立てかけておいたのに、ご丁寧に他の扉の邪魔にならないようにトイレの前にずらした家人がいた(とぉちゃんだった(~_~;)

じゃが、それに気づかぬかぁちゃんは普通にトイレに入って用を済ませた

いざ、出ようとしたびびった。びくともしない(;)キャー

始めはパニクって何が起きたか分からずただやみくもに扉を押したり叩いたり。

しかし、簡単に開く訳もありません

ちょっと冷静にならないと、と便座に座りなおして考えた。

あの当時鍵を持っているのはとぉちゃんと長男君だけ。彼らを待っていたら何時になるか分からないし、そもそも幼稚園のお迎えに行かれない。

お迎えに行かれない?そいつは大ごとでぃ。泣き虫3男君がたいへんっ!

扉を蹴破るか?脚力は健在だったけど、助走がつけられないから、足に怪我を負う可能性も少なくない。

待てよ?開かないのはもしかしてあのロフトベットの箱?だとしたら、箱の中に余白のようなものがあるはず。その余白を当てにして押せば開くかも?

扉の下部を足で押したり肩で押したり、少しずつ箱をへこませて開くようにしていった。

そうして人差し指1本分開いたとき、満身の力を右指先に込めて、倒れ掛かったベットの箱を持ち上げた。そらーもー必死です。

指が1本から2本になり3本になり、手全体になった時にはぐいっと持ち上げながら扉を全身で押して、はい開いた。

その夜、家族全員に箱の場所を動かさないよう怒りまくったことは言うまでもありまへん。あ、ちなみに、右手は暫く筋肉痛に悩まされました(;^ω^)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(88)

昨日はお誕生日でした

50歳から帰っていくので(かぁちゃんが決めたのさっ)

47歳になりました(何よ~、どうせ53才だよぉ”(-“”-)”フン)

すごいなぁ~、20歳の頃は自分が50を越えて生きているとは思いもしなかったけど、しみじみと生きてんのよね~

これからどんな人生になっていくだろう

どんな老いが待っているんだろう

考えても仕方ないけど、人生は続いている

 

綺羅雲母ですじぇ(88

☆韓国ドラマ「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」

製菓会社のグループ企業の一族が、とっても極悪非道な設定で、主人公の2人がその餌食に。というと復讐モノ?と思っちゃうかもですが、そうではありません。中々見応えのある設定で、俳優さんがどなたであってもきっと楽しめるお話だと思います(*´ω`*)

 そうはいうものの、やっぱり好きな役者さんが出ていると、更に魅力がアップするものです。そもそも観ようと思ったきっかけは、主役のお二人が気になっていたからだものね。

ムン・スイン役に「金よ出て来いコンコン」で頑張り屋の長女、「メイクイーン」では薄幸を押しのけて夢をかなえるために頑張る女性、「太陽がいっぱい」では悲劇の愛に踊らされた富豪の娘を演じたハン・ジヘさん。とっても好きな俳優さん♪背かすらりと高くておきれいなの。

ナム・ウソク役には、「サメ~愛の黙示録」ですごく哀しい立場におかれながらも主人公の女性を愛し続ける役だったハ・ソクジンさん

みんなのオンマのシム・ボンニョには、「雪の女王」「キムチ~不朽の名作」「キム・マンドク」「ホジュン~伝説の心医」「未来の選択」と沢山出演されている名優コ・ドゥシムさん

ともかくお気に入りなのが2人の子役

ウソク君の娘ビョル役のイ・ハンソちゃん

ミオとドジンの息子クァンテン役のチョン・イハンくん

ともかくきゃわゆいのよん

とっても楽しめるのでぜひ~♪

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

うら…うら…なこと(87)

この連休、お店にお客様がたくさん来てくださり、とってもありがたいことですね!(^^)!

お仕事も相手あってのことは、難しくもあり楽しくもありで、頑張り時なのです。いいねやポチで不義理を働いておりますが、余裕がある時には必ずめぐりますのでお許しをば~

さて、今日はばっちぃオハナシなので、そういうのは苦手な方は遠慮なくスルーして下され~(*´ω`*)

 

うら…うら…なこと(87)

☆2男話「洗髪事情」

かぁちゃんが子供の頃は、全ての家にお風呂があったわけではないので、まだお風呂屋さんが健在な時代でした。とぉちゃんが、学生時代から社会人1年目くらいまで住んでいたアパートも、トイレは共同でお風呂はありませんでした。

そんな時代ですから、家庭にお風呂があっても毎日入る人は珍しかったんですよね~

ちなみに、かぁちゃん家も1日おきだったし、洗髪はさらに1回おきでした(;^ω^)今から考えると何やら不潔なような不衛生なような……でも、光熱費の節約にはなってたんでしょうね~(´―`*)ウンウン

1週間に1回しか頭は洗えないという子なんかは、学ランにフケがぁ~なんてこともざらでした(;)

でも、何時の頃からか、お風呂は毎日、洗髪も毎日、中には更に朝シャンもしちゃうな時代がやってきて、フケなんて見たことない女子もいたりして

それなのにね、家の2男君が中学生の頃、制服のブレザーにフケが……

かぁちゃんは、先ず洗い方を熱心に指導したさ

「あのね、髪の表面を撫でるように洗ってもきれいにはならないよ。しっかりシャンプーを泡立てて、毛の根元から、頭皮を指の腹で擦るように洗わないと、フケが出るよ。不衛生だし女の子に嫌われちゃうよ」

風呂からでる度、「頭洗った?」「ちゃんと根元から洗った?」と毎日しつこく確認する日々が続き、気が付いたらフケよさらばとなり、すっかりそんなことがあったことも忘れ去っていました(-ω-)/

それが、最近、何のきっかけか忘れたけど、洗髪の話になって

「おれさー、中学の頃フケが結構出てて根元から洗えって注意されてたじゃん。実は洗い方を間違ってたんじゃなくて、めんどくさい日は体も髪も洗わずにいたんだよね~」

「そうそう、それでおれちゃんも付き合って、結構洗ってなかったんだよ」

絶句&(-“”-)キィ~

何のカミングアウトだよ~

お前ら、不潔男だったんかっ

女の子には決してもてそうにない所業の男児たちであった(~_~;)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(87)

ふぅ、やっと水漏れ事件以来滞っていた改修工事が動き始めました

今月中には終わると思いますが、折角のバイトがない日も何となく落ち着かない日々になりそうです(;´・ω・)

クローゼットの中身が家の中に広がっていて、ほんとイヤだったのよね

はやく元に戻したいわ~

 

綺羅雲母ですじぇ(87

TBSドラマ「重版出来」

今シーズン、日本のドラマは大量視聴ができないので、いくつかしか観てないです。

それを並べる前に、まず、何より最初に文句を言っておきたいですぅ~

猛烈に楽しみにしていた「精霊の守り人」。全22回、ああ、半年はこれで頑張れると思っていたのにっ(`Д´)ノプンプン

4回完結?次期は来年1月?どーゆーことよー

泣いてやる~(-“”-)プンスカプン

あーちょっぴりすっきりしたっ(;^ω^)

んで、今、観てるのを並べてみると

「コントレール~罪と恋」「最後のレストラン」「鼠、江戸を疾る」「トットてれび」「パリの四銃士」うにゃ?某国営放送のばっかりだにゃ??あ、でも「99.9―刑事専門弁護士」も観てるじゃん

それにしても何しろ今までに比べると、あらちょっぴり

その中でも、これは出色の出来でごじゃるよ。既に高い評価の声があるようなので、今更だけど、いいのよね~(^^

何より黒木華ちゃんがきゅ~とぉ(*´ω`*)うへへっっ

周りをかためるベテラン俳優さんもいい役者さんばかりなりよ

松重豊さんでしょ、滝藤賢一さんに、安田顕さんに、荒川良々さんときて、生瀬勝久さんに、小日向文世さん、おおおおおっ、と興奮状態に!

んで、まさかの社長役に高田純じぃ

いぇいなオダギリ・ジョーさんに要潤さん

若い坂口健太郎さんも幽霊さんの感じがとってもよかったし

別の本屋のお話でも店員さんが板についていた濱田マリさんもいいお味

男性向けの漫画本だけど、漫画家さん役に貫禄の女子がいてもよかったなかなんて思いながら、毎回めっちゃ楽しい~

ところで、かぁちゃんは黒木華ちゃんの名前、はなちゃんだと思ってたんだけど、これで「はる」と読むんだね~。今更ながら(-_-;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »