« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

うら…うら…なこと(86)

くうううう~、時間をうまく回せないじょ

ココの世界に入れない

スマホは字が小さいので、PCでしかやらないせいか

案外時間がとれないし

でも、ドラマは観たいし

ぽちもいいねも毎日ちょっぴり

本当に( TДT)ゴメンナサイヨー

 

うら…うら…なこと(86)

☆かぁちゃん話「ロフトベットにごっつん」

足腰がやばくなる症状をロコモとか言うらしい

その診断方法を試してみたら、2つの内一つ全くできなかった(;)ヤバシ

そんな50代のかぁちゃんは、寝落ちが続く今日この頃

慣れないあぱれるの販売すたっふ業

楽しい反面毎日女性の心がが読めずに反省ばかり

そう、そうなのよ、たかだかパートのおばちゃんの就労時間なぞフルタイムの方々からすれば大したことはないのじゃが、若干お疲れ気味なのね(-_-;)

どことなぁくふらふらよろよろしているらしく(*´艸`*)

立て続けにごっつんこ(>_<)

しかもなぜか長男君のロフトベットばかり

いえね、家は3男児ともロフトベットにしないと、机やらなんやらのスペースが確保できないので、長男君と3男君の部屋はロフトベットが2台並んでいるわけで、通路は人1人がやっと通れる幅しか空いてない。なるべく背を低くしてないと、歩く時の左右の揺れでぶつかっちゃうんです

疲れて腰が伸びてたらしく、どうもかがみ方が足らなかった

左のこめかみばかりごっちんごっちん、1週間の間に3回ぶつけた

痛くて目から火花が散って目が回った((+_+))

普通はあまりの痛さに暫くは用心深くなりはずなのに、懲りないかぁちゃんであった。やれやれ、その内流血沙汰かも~(;^ω^)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(86)

昨日はゴメンナサイ_(._.)_

丸一日あるといろいろ溜めたものをやろうとするので、ついつい「いいね、ポチ」をさぼってしまいました(;’’)

オユルシヲ~( TДT)

今週も寝落ちしないように頑張るぞ~(-ω-)/おーっ

 

綺羅雲母ですじぇ(89

☆「役者の声」

以前スマップの草薙君の声についてちょっと触れたことがありますが役者さんの声ってその人の味のひとつだと思います

(ゴメンナサイ。本題に入る前の前説で触れたらしくどこにアクセスしたらいいのか探索中です)

かぁちゃんが好きな役者さんて声がステキだと思う方が多いです

もちろんどんな声が好きなのかは主観が大いに混じるところなので、他の方はお好きでないなんてこともありますよね

ちょっと低めの甘い声、あ、もちろん大好きなユ・アインさんや日本の俳優さんならオダギリ・ジョーさんや加瀬亮さん、綾野剛さんは、もちろん、お声を耳にするだけどとろっとろな気分になってしまいます。そして、俳優さんだけでなく、異性に魅力を感じるところの一つとしても、声はあると思うのですが、たまに悪声とまではいかないけれど、魅力よりむしろ違和感や嫌悪感を抱いてしまうような声というのがあると思います

その方本人に罪があるのではないのですが、どうしたものかこの声には抵抗を感じるというケースが、かぁちゃんの場合明らかにあるみたいです

以前韓国ドラマの「輝くか、狂ううか」を観ていた時のことです

ストーリーは中々面白いと思うのに、ドラマに感情移入が出来ないし、寧ろ不快な気分になってしまうので、普段はなるべく字幕で観ているから申し訳ないんだけど、日本語音声に切り替えてみたんですよね。

そしたら、落ち着いてとても楽しんで観ることだできたんです

「チュノ」でも「根の深い木」でも少しもそういうふうに感じなかったのに、どうしてか主役のチャン・ヒョクさんの声が耳障りだったようなのです。アクションや演技、見た目やなんかはものすごく好きな役者さんおお1人なんですけどね???

そういえば、香港映画でジャッキー・チェンさんの声は全て吹き替えだと聞いたことがあるます。この場合は理由が違うのかな?

無声映画が有声に切り替わった時に、地声がキンキンで人気が凋落した女優さんのエピソードを主軸にした映画を観た記憶もあるな~。

やっぱし、声もその人の大切な魅力のひとつなんだなぁ

と、アニメ声がコンプレックスのかぁちゃんは、もっとステキな声に生まれつきたかったもんだとしみじみ思うのであった(;^ω^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

うら…うら…なこと(85)

余震が続きますね( ノД`)

今回の地震も犠牲者がおいでになり、とても悲しいです

こうして大きな地震が続くと

ここ日本が、地震帯にあり火山帯にもあることを痛感します

お亡くなりになられた方のご冥福を

家族を亡くされた方々には励ましを

どうか心が折れてしまわれませんように

多分多くの日本人が心を寄せていると思います

 

うら…うら…なこと(85)

☆3男話「かぁちゃんの未来」

さて、いつのことだったでしょうかね~。はやく孫が抱きてぇと騒いでたのは?そうそう確か記事にしてました

アクセス先:よしなしごと(68)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2013/12/68-37b4.html

最近弟が欲しいと言わなくなっていた3男君との会話

確かコマーシャルか番組かで赤ちゃんが出てきてかぁちゃんが騒いだ

「かわいい~、もー滅茶苦茶かわいい~」

「何?俺たちよりもカワイイの?」

「えーっ、だってあんたたちもうかわいい感じじゃないじゃん。全員おっさんみたいな声だしねぇ」

「それは残念だね~。おれも声変わりしたもんね」

「そうそう、だから早く孫みたいな~」

「孫がいいの?自分の子じゃなくて?」

「いやぁ、もう一人子育てする元気はないわぁ。孫を時々あやして楽しむのよ」

「そっか、残念だね~」

「え?結婚しないとか?」

「いや、きっとかぁちゃんが生きてる間には無理じゃね?」

「ええっ、そんなぁ。晩婚確実とか?」

「ん~、そうねぇ。かぁちゃんの未来は暗いねぇ」

と、背中をばんばん叩かれた

何だかすごく老いた気分になる会話だった(;)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(85)

はにゃ、寝落ちしてたじょ

でーじょーぶかな?

ちかれて若干呆けてきた気がする

気をつけなくっちゃね

4月は疲れが溜まる時期です

皆様もどうぞよく寝てお疲れを貯めないように……

 

綺羅雲母ですじぇ(85

☆小説「バーティミアス」

これ、ものすごく分厚い本なんですが、見つけたのは児童書のコーナーでした。最近文庫?になっているのを見かけたような気がするけど、多分1冊分が上下巻とかになってるような感じだったかなぁ~。要するにたっぷりです

んで、始めの内は、まるで専門書のように出てくる妖精やなんかの解説が下部にまとまっていて、何となく読みにくいような印象だったんだけど、そういうのに慣れて愉しめて来ると、癖になる面白さでした。

子どもにはもしかしたら理解しにくい部分もあるのでは?と、古本屋さんでシリーズを安~く揃えておいて、長男が高校2年になった時に薦めてみました。

はまってた(;)

スラスラは読めないけど、なんだか途中で止めたくない感じだとかで。

ヨカッタヨカッタ(#^.^#)

ファンタジーも乙女チックなものばかりじゃくて、これなんかは明らかに骨太な内容でした(・∀・)ウン!!

お時間があればぜひに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

うら…うら…なこと(84)

しまった完全にアップを忘れていました(;)

こりゃまたまいった

と焦ってアップしてみたけど、、、真夜中なりよ

誰か読んでくれるかしらん??

 

うら…うら…なこと(84)

☆長男話「水煮」

もうご紹介するにもあまりにも有名で何ですので、「綺羅雲母ですじぇ」で掲載するつもりはないのですが、上橋菜穂子先生の「精霊の守り人」が実写版で放映されてましたよね~(#^.^#)

綾瀬さんのアクションは?渋いジグロは誰?モンは?ジンは?タンダは?トロガイは?とドキドキして待ってたのですが、そういうのをぶっとばして、ワクワクして息を詰めながら観てました

その第1話を家族全員で観ていた時のこと

あれは、かなり最初の方で捕らわれたバルサが食事とお風呂でもてなされているシーン。バルサが言います

「今度は水煮か?」

いえいえ本当は「今度は禊(みそぎ)か?」と問うたのですが、家の兄ちゃんてば「え?そんな処刑方法があるの?」

口にしなければ大笑いにもならなかったのにね~誰に似たのか(あ?かぁちゃん?)ど天然な彼は言ってしまった

とぉちゃん、かぁちゃん、2男君から一斉に「いや、禊だし」と突っ込まれて、「ははぁ。美味しそうだなぁなんちゃって」と頭を掻く羽目に……

ちなみに、釜茹でという方法で処刑された大泥棒も確かお湯ではなく油だったので、水煮という方法が存在するかどうかは不明じゃな。蒸し刑とやらはある中国ならありそうだけどねぇ。そういうのを調べる趣味はないにゃ

んで、その間「??」な3男君にはとぉちゃんから解説が入ってました(;^ω^)

せめて話題についてきてほしい3男君であった

あれ?長男君の話のはずだったんだけど~(-_-;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(84)

いい意味でマイペースでいようと思う

私は私にしかなれないから、素の私でいるしか生きられない

どんな場面でも、いつも私なのです

なるべく人様にご迷惑をかけないようにしながら

がんばりましょ~

 

綺羅雲母ですじぇ(84

☆韓国ドラマ「私の残念な彼氏」

16話と短いドラマだけど、ラブコメの王道でしょーか?

ちゃんと男女4人がメインの恋愛模様です

とっても楽しかったです

主人公のユ・ジナには、ヤン・ジンソンさんで、「百年の花嫁」でキュートな婚約者を、「シティ-ハンター」ではナナの同僚のSP役をかわいく演じておいででした。そのジナが憧れの広告代理店?に就職活動してインターンとして選ばれるところからオハナシは始まります

仕事も恋もライバルになる同期の女の子チョン・ヘミに、ハン・ヘリンさん。「奇皇后」でパク・オジンをとても清廉に演じておいででした。そのノーブルな美女ちゃんですが、お父さんが政治家でこの会社の大株主なのでちょっと傲慢です。でも、二人はいい勝負をし続けます

始めの頃、ジナは、この代理店の企画本部長で社長を狙っている野心家のユナクさん演じるカン・ヒチョルに惹かれます。彼もジナに癒されます

でも、いつの間にか、都会的で洗練されたこの人よりも、実は社長の甥なんだけど、朴訥で純情で素朴なノ・ミヌさん演じるユウ・テウンくんに惹かれて結局結ばれます。ノ・ミヌさんは「パスタ」「僕の彼女は九尾狐」「剣と花」でお見掛けしたことがありましたが、何か不思議な魅力のある役者さんです。

つくりは単純なんだど、観ていて本当に楽しかったですよ~

あ、今回お気に入りの脇役さんは、会社のユン会長さんを演じたユン・ジュサンさん。いろいろなドラマでお父さんやエライ人の役をされてるので、きっと一度は目にしたことがおありだと思うのですが、どれも人柄がにじみ出ていらしてほっとします

それから、ジナの友人マルスクを演じたパク・ジンジュさん。「百年の花嫁」でも幼馴染の役で印象に残りました。「エンジェルズアイズ」では看護師さん役がキュートでしたよ。

ジナの両親を演じたキム・ジングンさんとキム・ヘソンさんもベテランの役者さんですから、どこかできっと見たことはあると思います。とってもステキなお父さんとお母さんでした(*´ω`*)

お暇なら観てよね~(^^

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

うら…うら…なこと(83)

花粉症の季節、抗アレルギー薬は欠かせない

飲まないと、くっさめとぽんぽのゆるゆるに悩まされた挙句、寝て過ごす羽目に陥るのよね

で、数年来1日2回飲む眠くなりにくいやつのお世話になっていたのだけど、今年はしっかり効いてないので、1日1回のに変えてみた

眠くなりがちと聞いたので、寝る前に飲んでるんだけど、本当に寝る前だと翌朝眠くてたまらない。どうやらお風呂上りぐらいのタイミングがよいみたいなんだけど、飲み忘れることしばしば(;^ω^)

効き目は弱いが以前のものに戻すか、結構効いてるけど忘れやすいので我慢するか、悩ましいな~(;)どーしよー

 

うら…うら…なこと(83)

☆2男話「スプーン王?」

個室はないけれど、それぞれ机を持っているのが我が家の特徴

子ども部屋も二部屋なので、小さい方はどでかい2男君、大きい方は長男君と3男君が共同で、和室はほぼかぁちゃんの独占状態だけど布団部屋の様相で、リビングは一見家族全員のモノのようだけど、夜はとぉちゃんの独占状態、てな棲み分けです

でも、その狭いスペースにはそれぞれ自分の机だけは確保されていて、読書や書き物、PCの作業なんかはみんなが別々

そのため、お茶やお菓子をその自分スペースにそれぞれが持ち込んで愉しむわけで……

かぁちゃんは基本的に置きっぱなしはしない。

とぁちゃんは、コップを定位置にだけど2,3個置きっぱなす、でもそらかぁちゃんが片づけるよね

3男君は、基本片づけをする方なので、大体半日以内には食器は戻ってくる。ま、たまに弁当箱はおやおや臭いぜなことになるけどね~(*´艸`*)

長男君はともかく机周りを自分仕様にカスタマイズしてるので、ティ○○ルの瞬間湯沸かし器やティーバック、お菓子箱などを所持してるので一応は整理されているのだけど、コップを返さない。しかも自分用を4個も持っているので、台所には1つありさえすれば困らないため、カピカピに乾燥し時にはカビの生えたコップを出してくる( ゚Д゚)ハァこれも困ったもんだけどね

さて、本格的に困ったのは2男君、、、、コップは一つしか持ってないので必ず戻ってくるんだけど、プリンやなんかのお菓子のために使ったお皿とスプーンが、ほぼほぼもどってこない。

100均で買った安いティースプーンが10本ばかりあるはずなのに、台所には3本。ぎりぎりでやんす。

一時期は長男君も溜めてらしたので1本もないことがざらで、ある時ぶち切れたかぁちゃんは、自分のためだけに500円のモノを買ってきて、それは隠し持っているの。そうでもしないとイライラ死しそうで……

んで、2男君に話を戻すと、7本ものスプーンが机周りに散乱していたので、ある日そこにあったコップに全部入れて立てておいたの。そしたら、そのまんま3カ月おきっぱ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / / \笑うしかないかぁちゃんである

先日、全部もどってきたけど、あるとあったで10本は多くて面倒ね~(*´艸`*)どっちなんだか(´Д`)ハァ…

いずれにしろ2男君は「スプーン溜めとく王」なのであった(;^ω^)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(83)

うむぅ、あれこれ思うところもあるし不満もあるけれど

やれることをやれるだけやろうという決意?の4月

そう思って臨んだ一昨日の土曜日は

バイトがものすごく上手くいったぁ(#^.^#)ホクホク

いっつもこういうことではないだろうけれど

今後も真正面から取り組むどぉ(*^^)v

かぁちゃんのいいところは真面目で正直なところ

そういうところを生かしつつ、他人に振り回されずに

がんばろっと

 

綺羅雲母ですじぇ(83

☆児童書「魔法使いの弟子」

久々の児童書紹介です。

長男君がまだ小学生の頃、「ハリーポッターシリズ」の次回作が出るまでの間、面白い魔法ファンタジーものを読みたいというので、いろいろ探したんですよね。フランスの「タラ・ダンカンシリーズ」もそこそこよかったのだけど、あれは女の子が主役でしかも恋愛話がご丁寧、、、で、男児受けは今一つ。それからしばらくしてこれを見つけて借りてきてのですが、当時1冊しか翻訳されていなくて、続きが読みたくなるのに続編がないならいいと断られて……。でも、かぁちゃんはとっても面白く読みました(*´ω`*)

ただ、ファンタジーと思って読むと違和感があるかもしれないです。そこのところは、2作目の「魔使いの呪い」のあとがきで上橋菜穂子さんがとてもうまく解説して下さっていて、なるほろです。

で、久しぶりに児童書コーナーをぷらっぷらしてたら。あ、たまに面白いのに出逢ったりするしね。シリーズで、ででんとおいてあったわけです。

大人借りしたいところをぐっとこらえて、ちびちび1冊ずる借りて読んでやす。

やぁ、面白いですよ~。ん~でも、いわゆる面白いには当てはまらないかな?はまる人ははまる的な?

重厚な文章がお好みの方には軽すぎると思いますが、魔法使いになるために一生懸命に励む男の子を応援してみたいと思う方にはナイスなチョイスだじぇ。児童書に抵抗がない方ははぜひ~(*´ω`*)

あ、作品順は「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」「魔使いの秘密」「魔使いの戦い上下」「魔使いの過ち上下」「魔使いの犠牲」「魔使いの悪夢」「魔使いの運命」「魔使いの盟友」「魔使いの血」「魔使いの敵」「魔使いの復讐」外伝で「魔女の物語」

ご紹介しておきながらなんですが、かぁちゃんはまだ完読できてないのだけど(;^ω^)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »