« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(65)

マンション全体で窓枠の改修工事中で、そのためかぁちゃん家も窓近辺を工事しやすいように開けないといけません

が、これが滅相大変

大きな体の男4人がいますから、荷物やら何やらみっちり詰まった状態

窓近辺に空間を設けるだけで引っ越し並みです

しかも、普段の整理が悪いので掃除機が入らない状態だ続いていたので、そらもーホコリやらカビやら

かぁちゃんはアレルギーを引き起こしてすっかり具合が悪いですぅ

工事は水曜なので、それまでじっと我慢の子です

大掃除が早く来たと思うしかありません(´Д`)ハァ…

きょうは最近、かぁちゃんが癒されてるドラマです(#^.^#)

 

綺羅雲母ですじぇ(65

☆華流ドラマ「お昼12時のシンデレラ」

かっわいぃぃ女の子が主人公のラブコメです

またまた、わーこんな娘欲しい病の再発だじぇ~(*ノωノ)キャッ

ちなみに以前は韓国ドラマ「わたしの娘コンニム」にて騒ぎやした

アクセスはこちら:よしなしごと(58)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2013/09/58-a73e.html

シュエ・シャンシャン役には、「後宮の涙」で有名を馳せた女優さんチャオ・リーイン嬢(^^

彼女と恋に落ちる若くしてIT企業の社長になったフォン・トンに「シンデレラの法則」のチャン・ハンさん

その親友でプレイボーイのジョン様にホアン・ミンさん

フォンの幼馴染で恋敵のリーシューにリー・チョンユアンさん

中国や台湾の俳優さんは「若曦」と「傾城の雪」絡みしか分からないのでどうかと思ったのですが、このドラマかわいくてとっても楽しいですよ~

何しろ萌え萌えしますのじゃ(#^.^#)

そして、まもなく地上波で「岳飛伝」がはじまります

本当なら観てた?「三国志」「水滸伝」などに続く英雄伝なんですが、例によってあまりにも男くさいと途中でやめちゃうかな?でも、清廉潔白で一途な武将ですから、どう描かれているがとっても楽しみですぅ


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

うら…うら…なこと(64)

テロの犠牲者のご家族がすごく勇気のいる選択をされました

憎しみや恨みを抱いて生きるのはとても苦しいことだし、幸せな生き方とはいえないと思うので、頑張ってほしいな。応援します

でも、テロを引き起こした人たちのこれからには、やはり厳しい視線も必要ですよね。2度とこんなに酷い選択をしないでほしいし、もっと自分たちが心豊かに生きられる選択をしてほしい

こんな行為は誰のことも幸せにはしないもの

いろいろな意味で祈ろうとおもいます

多くの人が幸せでいられますように、、、

 

うら…うら…なこと(64)

3男話「寝間着のまま?」

随分寒くなってきたので、今は寝巻は長袖長ズボンタイプになりましたけど、今回のお話はかろうじてまだ半袖半ズボンの時期のお話です

朝子供たちがバタバタ忙しなく学校へと飛び出して行った後、それこそぶうぶう文句をたれながら、毎朝同じ作業を繰り返します

朝食の食器を下げて洗います

水やら歯磨き粉やらが飛び散った洗面台周りを拭き掃除します

脱ぎ散らかした寝巻を拾い歩いて畳みます

………

野郎どもは発つ鳥後を濁しまくりなのである(-“”-)

言っても言っても、直らんし直さんし(-_-)

んで、いつものように寝巻を拾い歩いていたら、3男の半袖上着が見当たらない

いつもすっとばしてあるところのどこにもない

まーしゃーかー、寝巻の上に制服着て行きました?

って、かぁちゃんに身に覚えがあるので、そんなふうに思いつく

やれやれ血は争えんわいと、

3男、寝巻の上にYシャツ着て行ったかも。そういえば、かぁちゃんも以前コートを脱いだら家で来てる毛玉だらけのチュニックが出てきてまっつぁおになったことがあるわ」

ぶつぶつ長男に文句たれていると

「なんだ、おれもあるよ。小学校3,4年の頃、学校に着いてふと見たら、腹巻がズボンからのぞいてたよ。慌ててトイレに行って脱いだよ。かぁちゃんの遺伝子、すげぇな~」

むむっ?そりは遺伝子のせいなのか?

否定したいところだが、否定するだけの根拠に乏しいかぁちゃんであった(;^ω^)くっそぉ~

んで、ちなみに、3男君の寝巻は午後になって棚の上にあるのが見えた(-_-;)どんな脱ぎ方をしたらここまで飛ぶんだ???

 

 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(64)

昨日、免許をとってまだ数回しか乗っていない長男君の運転に身を委ね、実家に行ってきました

あードキドキした

それにしても、このPCちゃん何とかしないとな~

日曜のブログめぐりがいつもの倍くらい時間がかかり、ストレスになっちゃいよぉ(;^ω^)かみさまほとけさまぁ~_(._.)_

とと、今日はちょっとお役立ち?情報をば

 

綺羅雲母ですじぇ(64

☆「エチケット袋」

今年のロタウィルスは新型になってるらしくて、もしかしたら症状が重く出る人がいるかも~なニュースを見ました。

インフルエンザにしても、ウィルスが原因の病気の多くは、ウィルスを撃退する薬があるものは少なく、熱を下げるとか、吐き気を抑える、下痢をマイルドにする、といった対処療法ですよね

で、特にノロとかロタとかは吐しゃ物から伝染したりするので、始末が大変です。かぁちゃん家でも始末に失敗して、何度家族中を回ったことか(;´・ω・)

んでね、活躍するのが「エチケット袋」なんですよ

何だか気分が悪い時は、トイレやベット、カバンの中に用意しておきます

しっかり口元に袋を当てれば、トイレや洗面台で吐くより周りに飛び散りませんし、袋の口を絞れば匂いもサッと隠せます。当然、ベット周りなどのお掃除お片付けの手間も省けるし、外出先や病院で吐いて、周囲の方に迷惑をかけることもありません。すごく重宝します

飛行機なんかにおいてあるような旅行用のものを買って用意してもよいですが、家でも作れます

大きな広告紙を袋状に綴じたモノやファストフードや本屋で商品を入れてもらった紙袋をとっておいてもいいですね。それの中にMかLサイズのビニール袋を入れて、紙袋の口に広げるようにしてセロテープで止めておきます。2重にしておくんです。そうすると捨てるのが楽ちんですよ~

かぁちゃんの知恵袋?でした(*´ω`*)


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

うら…うら…なこと(63)

地球規模で見ると、有史以来戦争のなかった時代はなかった、と聞きます。

とはいえ、歴史に学ぶことが出来るようになった現在において、未だになくならいのはどうしてでしょう……

自己主張ばかりするのでは決してうまくいかないと思うのですが、自国の正当性ばかり主張する国や人々、自分達の利益しか考えないような財閥や企業、、、どこかで今も存在しているんですよ(-“”-)

だから格差もなくならないのかな?(´・ω・`)

それでも格差を埋めるためにとった方法がテロというのも、やはり承服できません。人の命を奪って得たものなど決して幸せにはつながならいと思います

犠牲になられた方々のご冥福を祈りつつ、原因を作った側にも結果をつくってしまった側にも厳しい非難の視線を向けたいと思います

それにしても、国や民族や宗教の関係は口喧嘩や兄弟喧嘩のようにはいかないもんでしょうかねぇ~(´Д`)ハァ…

 

うら…うら…なこと(63)

3男児話「スマッシュブラザーズ」

任○堂ファミコンの大人気シリーズですよね

長男君が幼稚園の時、家の中で楽しめるおもちゃとして、「64」だったかな?を購入して以来、「Wii」に至るまで長らくお付き合いのあったソフトです。

3男君がまともに参戦できるようになった小学校中学年の頃には、長男との差がありすぎて3人で遊ぶこともなくなってしまっていました。(でも兄ちゃんに勝ちたくて強くなったので、同級生からは「師匠」呼ばれてましたけどね)

それ以前から、3男がやるようになって以来家族みんなでマリオパーティ的なゲームをすることもだんだん減っていたので(5人同時プレーが可能なソフトがなかったのね)、この頃にはそれぞれが個人用のソフトを楽しむようになってしまっていました。

それが、久々に長男君が日曜日に完全に家にいた10月のある日、にゃんと、3人でスマッシュブラザーズをやってましたんですわ

妙にうれしかった。仲良し感がはんぱなくてねぇ

上手にできなくて泣きべそをかいて「兄ちゃん、弱くなれ」と怒りながらやっていた3男君を、

ゲームなのにぴょんぴょんジャンプせずにはおられなかった2男君を、

恰好だけはとぉちゃんそっくりに寝っ転がってやる長男君を、

しみじみと思い出して懐かしみました(´;ω;`)泣くほどのことか?

いまやおっさん2人に生意気男子1人ですもの

その後、マリオカート、とやって、夜まで3Dアドバンスを通信で。

狭い空間に寄り合って遊んでるので、

「んまぁ、密度が高いわよっ」とぶぅぶぅ言うと

「仲悪いよりいいでしょ」とのたまった

うん、まあ、「仲良きことは美しきかな」ですな。ゲームとはいえ。

 


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(63)

出逢いって何だろう

時には、もっと早く出会えていれば

出逢わなければ

出逢っていることに気付いていれば

なんて、いろいろ思う

いろいろ感じて、考える

考えても仕方がないかもしれいないのに

 

綺羅雲母ですじぇ(63

☆小説「猫が足りない」沢村凛

にゃんこのもす君が死んで以来、長男君とかぁちゃんの口癖が

「あー、ネコが足んないわぁ。ネコカフェ行ってくる」

「ううっ、ネコ足んないし、ねこあつめでもすっか」

「くぅ、ネコレス症候群だぁ。ねこに触りたい~っっ」

とかとかなので、たくさんある書籍の中でふいっと目に入ってきた題名です

沢村凛さんと言えば、歴史ファンタジーだと思っていたので

この題名を見た時は、「エッセイかな?」と思ってしまいました。

あ、ちなみに彼女の「瞳の中の大河」「黄金の王白銀の王」を持ってますが、どちらもすごくよい作品だと思います。ご紹介しようと思っていたのに、積んだままにして忘れてました(;^ω^)よろしければぜひっ

 いかん、本題。推理小説?というには、猟奇的な殺人事件とか、ものすごい謎解きとかがあるわけではないのですが、うん、ちょっとした生活感溢れる謎を解いていくお話しです

主人公が、大学卒業と同時の就職が成功しなくて、スポーツジムに通いながらぼちぼち就活しぃの、ジムで仲良くなったおばちゃん達とおしゃべりを楽しみぃの、ご町内に起きる謎と向き合う羽目に陥って……

何とも言えず面白いんですわ。設定が日常的でそんじょそこらにありそうで、しかも猫がらみ……

想像つかないでしょ~。気になっちゃった方は読んでちょ


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

うら…うら…なこと(62)

最近夢を見る暇がないにゃ~

なんか夢を見て楽しく目が覚めたい気分な今日この頃

今日は幼い自分のかぁちゃんのお話です♪

 

うら…うら…なこと(62)

☆かぁちゃん話「お嫁さん」

ラグビー日本代表の快挙のニュースを見ていて遠い過去の記憶が蘇ったので、ちょいと昔話をしようかな~

特に五郎丸選手は人気も急上昇してすごかったですよね

早稲田大学出身だそうで、思い出した

宿沢選手、40年ほど前のラグビーをご存知だと知らない方はいないかも

大学卒業後、ラグビー部のない三菱銀行?に就職したのに、日本代表であり続けた稀有なラガーマンです

後に日本代表の監督もされたけれど、早逝なさってしまい(´;ω;`)ウッ…

今日は、その宿沢さんに関連したオハナシです

 

さて、かぁちゃんとラグビーの関係は……

かぁちゃんの父は大のラグビーファンで、ラグビーマガジンが1号からそろってましたし(今はどこにあるんだろ?→処分してた(;'∀'))、毎年お正月の試合は欠かさず観戦してました。近頃はテレビ観戦で我慢しているようだけど、寒いのに楽しそうに出かけて行った記憶がありますね~。

その影響で、小学生から中学生にかけて、1月にはラグビーを見るのがかぁちゃん家の習慣でした。

当時、まだ社会人ラグビーが弱くて、日本一になるのは大学のチームという時代でした。長らく早慶が断トツでした(暫くして明治が加わり3強時代になったな)。何人か有名な方もいますね。早稲田なら学院出身の植山とか、後の監督清宮とか。慶応なら後に監督になった上田とか、伊勢丹を強くした吉田とか(あれ?吉田は少し後の世代だったかな?)

すぐに、立命館の平尾率いる神戸製鋼が強くなりました

神戸製鋼といえば、滅相悪くて泣く子も黙る伏見工業高校の大八木が花園で大活躍したような記憶もあるな。高校当時からでかかったにゃ。むむっ

かぁちゃんが、ラグビーを見てた時代の方はほとんど大学ラグビーで活躍された方だったですねぇ~

 

んで、宿沢さん

彼がまだ大学生の頃だったと思う。オーストラリアだったかな?と国際試合したことがあるんですが、それこそすごい点差で、全くもって大学生と小学生がやっているような印象しか残らない。。。(-_-;)

でも、負けてはいたのだけど、「ああ、ここに誰か来てくれたら」と、思っていると、まるで俯瞰して見ていたかのごとくどこからともなく宿沢さんが走ってきて、猛牛のような敵にタックルをかまして倒すのでした。

宿沢さんがいなければ、100点以上の差のついた歴史的大敗だったかも

むくつけき大男の敵は体格だけでも驚異的で、球は横へ横へと逃げるように流れ、蹴りだすのが精いっぱいなゲーム運びの中、果敢に低い位置から足にタックルをかます宿沢さんは、そら超かっこよかったのですっ

そして、その姿は美しかったです

そして、試合後のレセプションの映像で、相手方と英語でぺらぺぇらと喋る宿沢さんの素敵なこと!

かぁちゃんの中では今でも名スクラムハーフは彼しかいないのです

あんまり「宿沢さん」と騒ぐものだから、父から「宿沢くんのお嫁さんになるか?」「うん、なりたい!」って即答したもんです。

って、宿沢さん、見た目は女子の憧れるようなタイプではなかったのですが、英語はぺらぺらだわ、プレースタイルは頭脳的だわ、インタビューでは紳士だわ、ともかく小ちゃいお嬢には十分かっこよく見えたんですよね~()

という、話をしみじみと思い出しました

10歳くらいのきゃわゆかったかぁちゃんのお話しでした(*´艸`*)

今後も日本代表がんばれや~


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(62)

いつものご紹介の前に土曜日のことを少しお話ししますね~

かぁちゃんが若いころには考えられなかったことに、大学でも保護者会みたいなものが開催されている昨今。長男君の学校からも「ペアレンツ・デイ」なるものが開催され、ご招待いただいたので行ってきました。とりあえず、モノ申すにしても体験しなくちゃと思ってさ(*ω*)ヘヘッ

最初は、「もう大人になった子どもを子ども扱いする会」などと揶揄してたんですが、なるほど親の目も多少あるといいもんだなぁと思いました。

少なくともちょっとした抑止効果はあるかな?かぁちゃんが学生時代には、自分の書いた本をテキストとして買わせ、それを読み上げるだけの授業なんていうポンコツの講義が存在してましたけど、それはもはや存続が難しいでしょうね~。親が関わると……

でも。先生は大変です。

自分の研究以上に学生を育てなければなりませんもの

そして、就職の支援をする学生課も責任重大です

何となく大学側が自分の首を絞めているような気もしないでもない企画だったけど、最大限に学ばせたい子供にも、その費用を死に物狂い?で稼ぎ出している親にも、大学側は真剣ですよ~という姿勢は伝わる企画だった気がする

ただね、4年で卒業するのと院に進むのとでは、どうスキルアップできるのか、いまいちわかんなかったにゃ~

ただ、学祭と同じ日というのはどうしてでしょー

といいながら学生さん手作りの安くて味はさほどでもない屋台モノにお金を落としてきたかぁちゃんであった(;^ω^)アハッ

 

綺羅雲母ですじぇ(62

☆米国ドラマ「ボーンズ~骨は語る」

 まだシーズ2がぼちぼちレンタルされてた頃見始めて、シーズ3くらいまで観終わってたドラマです

面白くてね~。

殺人事件の検死のお仕事はいろんな角度からいろんな国でドラマが作られてると思いますが、これはボーンズだけに骨となってしまったご遺体の検死を手掛けるお話です

主人公で学者テンペランス・ブレナンを演じるエミリー・デシャネルさんが魅力的だし、それを助ける刑事シーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)との掛け合いもすごく好き。

そして、一緒に検視を進めていくグループの構成員がともかくかぁちゃん的にツボにはまりました

 微生物を調べたら随一のジャック・ホッジスはT・J・サインが演じまています。

ミカエラ・コンリン演じるPCに関することや髑髏から顔を復元することなら右に出るものがいないアンジェラ・モンテネグロ。彼女、すんごい頭脳を持っていながらすんごい乙女なので、一番のお気に入りなんですぅ(#^.^#)

他にもいい面子がいっぱいなのよね

で、久々に観てます。すでにシーズン10まで出ているらしいので暫く楽しめそうです(*´ω`*)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

うら…うら…なこと(61)

なんだか久しぶりにのんびりと過ごした休日

結構読書ができて嬉しかったぁ~(*)

そのせいかな?目がチカチカしてパソコンの光が痛かったじょ

ポチやいいねをさぼっちゃいました_(._.)_ゴメンチャイ

さ、今日は大きな体でお茶目な2男君のお話です

 

うら…うら…なこと(61)

☆2男話「ノンステップバス」

あー勘違いは、家の専売特許かってくらいかぁちゃんから3男君まで連発します。いちいちメモることが難しいくらい日常茶飯事なんだけど、これはちょっとインパクトが大きかったんでご紹介しちゃいますね(*^^)v

こと?は、シルバーウィークに行った函館で起きました

どこでもそうだけど、今時のバスは表題のようになってますよね

んで、当然函館のバスもかように表示されていたわけで

どういう流れだったけなぁ~ムムッ(‘ω’)

確かとぉちゃんが3男君に問うたのよね

「3男、中1でもさすがにあのバスに書いてある英語の意味は分かるよな?」

「えーっ、どれのこと?」

と、3男君はキョロキョロしてるのにまったく分からないふうだったので、かぁちゃんもヒント、ヒント

「カタカナで書いてあって、東京のバスも書いてあるよ」

と言ったら、前後の会話を聞いていなかったらしい2男君が口をはさんだ(´・ω・`)

「ああ、あのノンストップバスのこと?それがどうしたの?」

3男君以外の3人が固まって、2男君を見上げた

「?あれっ?違った」

自分のセリフがもたらした事態がわかりましぇんな2男君(;)

「いや、世の中に止まらないバスがあったら困るでしょ」

「もしかしてハイウェイバスとか?」

「わざわざ書かないっしょ」

「車庫入り?」

「それ、回送ね」

と、わーわーぎゃーぎゃー突っ込む突っ込む

やっと事態を察した2男君

「しまった。ノンステップバスね」(*ノωノ)

最近軽口をたたくようにはなったけれど、長男君に比べて冗談を言わないし、真面目でまっとうな口をきく2男君だけに、大爆笑でした(#^^#)

そうそう、当初の目的を忘れてはいけませんね

「段差のないバスのこと?」と恐る恐る答えた3男君

はい、正解。よかったね、この流れだとどんだけみんなに突っ込まれるかわかりませんからね~(*´ω`)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(61)

最近すぐに電池の切れたような状態になります

もしかして更年期の影響なのかな~

かぁちゃんもあれこれぼちぼちがんばろっと

 

綺羅雲母ですじぇ(61

2015年下期前半ドラマ

おおう、今シーズンはかかちゃん好みのドラマ目白押しですじぇ~

○NHKドラマ

・朝ドラ「あさが来た」は既に前回ご紹介済み

 アクセスは、「綺羅雲母ですじぇ60

 

・「デザイナーベビー~速水刑事、産休前の難事件~」

黒木メイサさんが妊婦の刑事役。妙に妊婦さんが板についているのは経験者だからでしょうかね?

周囲の役者さんも実力派揃いで見応えあります

本当は子供の誘拐が絡むものは観たくないんだけど、何だかテーマが気になるので観てます

これを観てるために、松坂桃李くんの「サイレーン」がぁぁぁ、再放送しちくれい<(_ _)>

 

・時代劇「ぼんくら2」

宮部みゆき時代小説が原作の第2シーズン

ごろーちゃんが冴えない武士の役で事件を解決していきます

これと「花燃ゆ」に出てなかったら「あさが来た」のはつ姉ちゃんのお姑役で松坂慶子さんが出てたりして。「篤姫」の再来~っって、違う方向に話がいっちゃったぃ(;^ω^)

 

○日テレドラマ

・「偽装結婚」

久々の天海祐希さん主演の痛快コメディですね~くすくす

普段はとってもレディでお淑やかのに、心の中の声がなかなか( ゚Д゚)

そして、いざという時のとんでもない行動力が、おおおおおおおっ

偽装結婚のお相手役は沢村一樹さん、これがまたぶぶっと面白い役どころ

そのお母ちゃん、富司純子さんのお茶目なことっ!

 

○テレ朝ドラマ

・「相棒シーズン14

もともと反町隆史さんは好きな役者さんではなかったんですが、前シーズンのNHKドラマ「限界集落株式会社」で、ちょっと見方が変わりました。役者さんとして1段上がったような変化が見えたよう気がしまして……なじぇに上から目線?というのはご愛敬~(*´艸`*)

んで、今回の杉下右京の相手役としていいですよぉ。今までとはまた違った頭脳派対頭脳派の駆け引きは見ものです。敵か?味方か?と翻弄してくれますよ。

 

・「遺産争族」

向井理さんと榮倉奈々ちゃんが恋人→夫婦役で、奈々ちゃん家はチェーン展開しているような大きな老舗葬儀社を経営しているお金持ち。その相続をどうするかで争う?のか何なのか、、、しゃて結果はいかに?

向井くんが演じる好青年のお医者さんは、本当はいい人なのか?それとも腹の中でお金を狙うおっかない人なのか?興味がわきますね~

 

・「サムライせんせい」

福山くん演ずる「龍馬伝」で大森南朋さんが演じた武市半平太を覚えている方も少なくないと思いますが、その武市をジャニーズ錦戸亮くんが、現代にタイムトラベルしちゃった設定でのお話です。ちなみに、坂本龍馬もあの人が演じてますよ~とっと馴染んでるし(´∀`*)ウフフ

そういう奇想天外な事実を森本レオさんがふあんと受け止めて、受け入れちゃうんですね。中々先が楽しみですね~

 

○TBSドラマ

・「下町ロケット」池井戸潤原作

そら、このお方の原作モノは観たくもなるでしょ。その上、阿部ちゃんが主演ですよ。ともかく、評価なんかぶっとばして観るでしょっ

んで、注目の脇役さんは、経理の殿村役の立川談春さん。いいのよっ

「ルーズヴェルトゲーム」ではいやぁぁぁなライバル会社の社長さんでしたけどね、今回は鬼の目にも涙が沁みましたね~( ;;)

他の方々もすんごくはまっててね、すてきなんですぅ

これは老若男女いけますっ。おすすめですぅ

 

・「おかしの家」

オダギリ・ジョーさまぁが主演ですもの、観なくちゃね

なんかね~、ジョーさまがいい加減なような変なような……ひげぇ~

ぷぷぷっ、でも、こういう感じのジョーさまも好き~

そしてね、ばぁちゃん役がね、初めて好きになった女優八千草薫さんなのっ!(*ω*)ともかくかわいいばぁばなの

 

・「コウノドリ」鈴ノ木ユウ原作漫画

綾野剛さん、素敵だわぁ~

ビアノを弾く姿はちょっとオバサンが入っていて変な感じだけど、産婦人科医としての姿には愛を感じますね~女医さんがいいなぁと出産当時は思ってましたけど、こんな先生ならぜひっっっ!?

って、もう子供を産む機会はありますまいがぁ(;^ω^)ぶはっ

 

○フジテレビドラマ

・「5→9~私に恋したお坊さん~」相原実貴原作漫画

「はい?山Pがお坊さん?ましゃか剃髪してます?」というあらぬ期待の下、予約したドラマなのですが、残念ながら髪の毛はあった(;)

じゃが、石原さとみちゃんとの恋の駆け引きはなかなかドキドキものです

ばばのハートをとろかす寺田心くんの存在も大きいですね

 

・「無痛~診える目~」久坂部羊原作

西島秀俊さんを嫌いな女子はいないでしょ~。あ、女子のつもりです(;^ω^)

彼が主役のものは面白い作品が多いですね~。これも大当たりです

そして、伊藤ちゃんがいいですっ!

何となくいい人な役が多いような気がしてたのですが、この刑事役、すんごく伊藤ちゃんにはまってます。

「君は正義感が強すぎるっ!」って、そうか憎しみと表裏一体の感情なのね

ちなみに、同作家原作の「破裂」をNHKで放映中なのですが、あまりのテーマの重さに脱落。霧村悠好さんの医療サスペンス小説なんかでも、途中でリタイアしてしまう小説がいっぱい。どうも医療モノは苦しくて怖いみたい。若干ファンタジーじゃないとかぁちゃんには重いようだと分かったじょ

 

○テレ東ドラマ

・「釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助」

釣りには全く興味がないので、過去のシリーズは何一つみたことがなかったのですが、濱田岳ちゃん主演なので録画してみたら、ともかく楽しかった。

びっくりするような、若しくは奇想天外な展開は期待できないけど、なんだかほのぼのしていてほっとするドラマです

周囲を固めるベテランさん達もとってもいいお味です(#^.^#)

あと、マドンナ役の広瀬アリスちゃん、「玉川区役所」以来注目してるけど、やっぱいとってもいいです。妹のすずちゃんより、かぁちゃんは好き♪

 

かぁちゃんのおすすめは

「あさが来た」「無痛」「相棒」「下町ロケット」「偽装結婚」「コウノドリ」です

ありゃっ、多いな((+_+))


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »