« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

うら…うら…なこと(56)

どへぇ~

やる気が上がったり下がったりして

体調もいまひとつで、やる気じぇろ~

そういう時もあるよねって(;^ω^)

ファイトだかぁちゃん

ちなみに、今回のきっかけは旅行で増えた体重!

小娘かっ(*ノωノ)

 

うら…うら…なこと(56)

2男話「ゴミ屋敷」

テレビなんかでよくドキュメントしてますよね

自宅にどんどんゴミを運んできちゃって溜め込んでゴミ屋敷にしちゃったじーちゃんやばーちゃんのお話

大抵は精神的な何かが原因ということが言われているような気がします

何だか見てると、耳が痛いというか……

家の3男児、揃って片付けが下手(;^ω^)

長男は、普段は散らかすだけ散らかすけど、数か月に一度突然片付け始める

3男は、3人の中では比較的よく片付けるが、「ママ、○○はどこ?」って自分で仕舞っておいて忘れるのーてんきな奴

して、本題は2男君、

かぁちゃんの右手が腱鞘炎で半年近く自由にならなかった時、手をつけなかったら、それこそ掃除機も入らないくらいモノが積もって!しまった(;)

だって、中3の最後のあたりかのものが底から出て来るんだもの

「このゴミ溜めなんとかして~」「いくらなんでも、もう我慢できないよ。片付けないならお小遣いなし~」「ゴミ屋敷かぁ~」

なんて毎日のように騒いでいたら、やっと夏休み直前に3日かけて大掃除。

まあ、もう少し何とかなるような気もするけど、どうにか掃除機も入れるし維持して欲しいもんです

もしかして、高校受験の時のかぁちゃんとの確執が原因かしらね、などと大まじで精神的なものが原因かと悩んだかぁちゃんであった

ちなみに、この大方付けの後、かぁちゃんは喘息性の咳が止まらなくなった

きっとあそこから出た埃が遠因に違いない~<(^´)>

むむっ、物言わぬ仕返しかっ?!


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(56)

昨日は、3男君のピアノの発表会

でんでん練習しとらんかったら、案の定止まった止まった

だいぶ反省してたので、来年に期待しましょうかね

だって、2男君も間違えた途端頭真っ白で完璧に止まった翌年

言わなくてもしっかり練習してちゃんと弾けたので

どうも家の子たちは、少々痛い思いをしないとダメらしい

ま、何事も若いうちは実になるっちゅうことでよしとするのであった

かぁちゃんは何か体調が今一つ

冬の忙しい時期に向けて、立て直さなくちゃ

 

綺羅雲母ですじぇ(56

☆韓国ドラマ「弁護士の資格~改過遷善」

ユ・アインさんを初めて見染めた?「成均館スキャンダル」で、キム・ユンシクという男のふりをして頑張る女子を演じたパク・ミニョンちゃんが出ているので見始めました

主役の弁護士キム・ソクジュをキム・ミョンミンさんというベテランの役者さんが演じておられましたが、この方、「ベートーベンウィルス」にて天才肌の指揮者カン・マエストロを演じておられました。なんだか存在感のあるどこかで見たことのあるようなスタイルの音楽家で(日本のオペラ歌手秋川雅史さんに似てる?)、この弁護士さんとはあまりにもイメージが異なり、同じ人だと思い出すのに、10話目くらいまでかかりましたわ~(;)タハハ

ちなみに、この秋韓国で放映される、ユ・アインさん主演の「六龍が飛ぶ」?にもご出演のようです。日本での放映がまたれますね~

 特にね、記憶喪失になる前の冷徹で極めて優秀な弁護士さんよりも、記憶喪失になってしまったけど法律の記憶は失っていなくて、なんだかとっぽくてぽやんとしてるのに有能なところがとってもキュートなのよね

 ミニョンちゃん演じる新米弁護士イ・ジユンは、以前の「シティハンター」のSP役と少しかぶっている感じもするかな?でも、新米っぷりがすごく自然でいいですね~。今回はすごく脇役の印象が強いかも?

 チャ法律事務所代表のチャ・ヨンウ役のキム・サンジュンさんは、「シティハンター」や「チェイサー」でもすごく威厳のある役柄でしたねぇ

 判事でジユンのご近所さんのチョン・ジウォン役にはチン・イハンさんで、「奇皇后」ではタルタル役、「DrJIN」ではヨンレの兄ヨンフィ役でした。甘いマスクできついこと言ったりシビアな態度をとったりすると素敵なのですよ

 このドラマでもお見かけしたことのある役者さんが多数ご出演ですが、今回お気に入りの脇役さんは、オ・ジョンセさん演じるキム弁護士の親友パク・サンテ君。キム弁のことをよく知っていて分かっていて、ちょっとお茶目でキュートで冗談好き。なのに目がいつも真剣なの。ええわぁ~

うりっ?昨日で終わっちまった。短くないかい?


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

うら…うら…なこと(55)

とぉちゃんの勤続25年のお祝い金で行ってきた函館

5.6年ぶりの家族旅行で、もう暫く全員ではないだろうから

目いっぱい歩いて食べて愉しみましたよ~

もうこんな贅沢はできないだろーなー

気分がよくなった気がするな。えへへっ

さて、今日は自戒をこめて、、、、、長男話

 

うら…うら…なこと(55)

☆長男話「渾名」

2男君は渾名らしい渾名がないまま、何となく皆から一目おかれて来てるので「お父さんみたい」などと呼ばれて「そうねー」なんてさらりと答えるぐらいしか呼ばれ方については不明~(;^ω^)

3男君は、何度も登場しましたが小学校では「(給食)番長」と呼ばれ、今は名字の短縮系らしいけど、何となく親しまれてる感じが漂ってきます(*´艸`*)

さて、長男君

小学校では6年間、名字の一部を取って「○○ぴぃ」と呼ばれていました

ジャニーズの「山P」みたいで、そう呼ばれてるのかと1人むふむふ♪したもんです(*’’)

が、それは都合のいい解釈だったんですよね~(´・ω・`)

理由が分かったのは随分後のこと。。。ほとぼりが冷めてからみたいな

渾名が変わったのは長男君が中等一貫校に進学した時のことです

新しい学校見知らぬ友達、彼は絶対違う渾名で読んでもらおうと思っていたと言うのでした

「ねぇねぇ、中学でも○○ぴぃって呼ばれてるの?」

「いや、違うよ。○○○○」

「なんだか聞いたことのあるような名前だねー」

「そう?でも気に入ってるし。前のは好きじゃなかったから」

「え?○○ぴぃ好きじゃなかったの?なんで?可愛かったのに」

「うん、まあね」

とその時はお茶を濁されて理由ははっきり分かりませんでした

もう、高校も終わりという頃になって、ふと思い出して聞いてみた

「そういえば、、○○ぴぃって渾名好きじゃなかったんだよね。どうして?」

「うん、それはねー、下痢ぴぃからきてるからだよ」

「それってもしかしてかぁちゃんが言ったから?」

「それは知らないけど、△△くんが言い始めたんだよ」

たらぁり(;’’)かぁちゃんには身に覚えがってやつがぁぁ~

小学1年生の時のクラスメイトのその子に、長男が休んだ翌日かなにかにその理由を聞かれたのよね

「長男君、何で休んだの?」

「下痢ぴぃだったのよ」

「下痢ぴぃ?うっそ、まっじ。もう大丈夫なの?」

「うん、もう治ったよ」

会話としては問題がなかったと思う。

でもね、ちょっと口が悪いわ手が出るわな子で。。。

かぁちゃんてば、その後を確認せぬまま……

下痢ぴぃのぴぃが由来だったとはなぁ(;^ω^)

知らぬとは言え、かぁちゃんのせいで嫌な渾名になっちゃったんだね。すまねー長男君(いまさらっ?)


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(55)

土曜日からかぁちゃんは、函館に家族旅行です

今日の真夜中に帰宅する予定です

とぉちゃんが、去年25年勤続したお祝いにもらった旅行券を利用してます。ふつうならとっても旅行に行かれるお財布ではないので、うれぴぃなりよ

帰ってきたらお土産話ができるかな?

あ、ぽちいいねさぼって( TДT)ゴメンヨー

 

綺羅雲母ですじぇ(55

☆韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」

「夢見るサムセン」も頑張り屋の女の子が描かれていて毎回楽しみに観ていましたが、このタンポポちゃんもよいですね~

人間関係がややこしくて説明がめんどーなくらいだけどね。。。

主人公のタンポポちゃんことミン・ドゥルレ役にはキム・ガウンさん

目がくりくりしてかわいい女優さんですが、かぁちゃんは知らなかったなぁ

「君の声が聞こえる」でスハに片想いする女子高生役だったのだけど、雰囲気が違いすぎてでんでんおんなじ人だと思わなかったわぁ

寧ろ子役のアン・ソヒョンちゃんの方が「童顔美女」「紅の魂」「サメ~愛の黙示録」で見かけたことがあったじぇ

で、タンポポちゃんの生みのお父さんミン・ガンウクは、亡くなる直前に彼女が実の娘だと知ると言う可哀そうな人です。この方はあちこちで見かける役者さんですね。チェ・チョロさんと言うそうです

「トンイ」ではオ・テソクの甥オ・ユン、「スキャンダル」ではテハグループの専務で元記者のカン・ジュピル、「神のクイズ4」ではソハン化学会長と悪役で目にしてました。

でね、今回どういう理由にしろ注目しちゃっているのが、この方

出て来るとどーしても、観ちゃってふつふつとある想いに捉われるのが、セヨンというドゥルレの最初の養子先の娘で親友の子が養子にいった……(説明が難し過ぎるぅ)要するにそのセヨンの義父シン・デソン役のチェ・ジェソンさん)^o^(

どうしても梅宮辰夫さんに見えてしょーがねーの

「大切に育てた娘ハナ」のソル会長役を目にして以来です。こまったもんだ。

どういうんでしょうか、演技のやり方とか雰囲気とかかな?、、、

などなど、あれこれ楽しみをみつけている内にテレビ放送は終わってしまいそうです

長いので余力のある皆様はレンタルして観てね~


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

うら…うら…なこと(54)

本当にあちこちで天災に見舞われていますよね

被害に遭われた方が、早く立ち直れますように

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします

地震も洪水も噴火も、もう鎮まってくださりませね

 

うら…うら…なこと(54)

3男児話「鼻血ぶー」

男の子は血の気が多い

特に成長期は、運動会のように身体を激しく動かした日など、翌朝にお蒲団が血だらけになることは、本当に日常茶飯事

だけどこんな話しも耳にしたりしません?

タオルがぐっしょりとか、洗面器にたっぷりとか、、、

他所の男の子の話しでも「妙な病気か?」と不安になりますよね

慌てて病院に連れていくとなんでもないか、様子見で肩透かしをくらったりします(;^ω^)

でも、家の3男児の場合、そこまでひどくなくて

ティッシュを大量に使う程度だし、しかもすごくしょっちゅうなので

しまいにゃ、慣れた(^^

特に、スイミングの時は、、、、

ああいうプールは温水なので激しい運動で体温が上がり血流が激しくなりものですよね

「と~まさぁん」

とコーチに呼ばれたら、まず間違いなく鼻血です

3人が3人ともでした

それが不思議と中学生になるとめっきりブーにならなくなるんですよね

それでもたまにゴミ箱が血だらけのティッシュで山盛りになっていると

成長期なんだなぁと思います

(エロイもん見た?想像した?うーむ、それは謎じゃぁ~)

今やねぇ、

長男君?ビールばっかり飲んでるおっさんですなぁ

2男君?いまやひげそりがかかせないとーさんですなぁ

3男君のみかろうじてぼくちゃんだにゃ

それにしても、あー男くさい家になっちゃったもんだわ(;^ω^)


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(54)

死ぬかと思ったこの夏のあの日

一番に思ったことを本当は実現したいのだけど

どうしてもうまくいかない。たぶん怖いのね

でも、頑張らないといけないことは盛りだくさん

きっと一つ一つ実現させよっと

ふぁいとぉなのだ、かぁちゃん

 

綺羅雲母ですじぇ(54

☆北欧ドラマ「キリング」

レンタルしたDVDの1話まるまる紹介で観て借りたドラマは、

「アンダー・ザ・ドーム」:綺羅雲母ですじぇ(40)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2015/06/40-d9e9.html

「エレメンタリー」:綺羅雲母ですじぇ(51)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2015/08/52-a3b2.html

と続いて3番目になります

北欧3部作として有名な「ミレニアム」「ブリッジ」に続く作品のようです

この二つについての感想はなかったと思うのですが、北欧の淡い光の中で展開する殺人事件、暗い殺人事件を追う人々の話ですが、ハリウッドや韓流にはない雰囲気に、とても惹かれて観た記憶があります。

多分3作ともアメリカでリメイクされたのではないでしょうか?

かぁちゃんはどのリメイク版も観てないですが、「ミレニアム」の「ドラゴンタトゥーの女」は観たことがある人もおいでなのではないかしらん?

とっても面白いですよ~

んで、本題。最初に観た時「キリング」とは全く違う話しなんですが、1900年代日本を席巻した「ツイン・ピークス」を思い出しました。単に女の子の死体が発見されるってだけの共通点なのにね~。訳者さんも、美しいというより生活感丸出しで、北欧家具のようなおされな雰囲気とはだいぶ違います。

でも、誰に何故殺されたのかを刑事さんが追っていくんですが、その刑事さんの家庭環境や政治家のロビー活動が複雑に絡み合って飽きませんでした。

どうしても先を知りたくて第3部まで続けて観てしまいました(*^^)v


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

うら…うら…なこと(53)

イライラしたって始まんない、、、とは思う

思うけれども、やっぱイライラしますのよ、毎朝

みんな出る時間まちまち

3男君が6:45、2男君が7:15、は決まっていてよしよし

とぅちゃんが8時から9時過ぎまでいつか分からん

長男君がまったく不明、早かったり遅かったり

思うことを思う時間にできない

ああああああ、どうしたもんじゃろかねぇ(;´・ω・)

いっぺん、切れてやろうかねぇ(-“”-)ふんっ

 

うら…うら…なこと(53)

2男話「アイスの行方」

8月の初めは暑かったですね~

連続猛暑日を更新に次ぐ更新でぐったりでした……(-_-;)

だから、用事があって外出した日などは、踏ん張るために、何かお愉しみを想像しながら家まで頑張ったものです(*’ω’*)ニャン

あの日は、サクサクのアイス、サ○レのレモン味を頭に思い描いて、涼しさを想像しながら一生懸命暑い中歩きました(^^

手を洗ってうがいして、汗を拭いて、さぁ休憩~(*^^)v

ルンルンしながら冷凍庫を開けたらさ

ないのー、にゃいじゃにゃいよぉ~( ;;)

入れたはずの場所にお目当てのモノがない~((+_+))

「あああああっっっ」

という小さな叫びを聞いたのか聞かなかったのか

お茶を飲むために2男君がやってきた

「あんた、まさかぁ」とふっくらお腹くんに目が行った

「そのお腹の中~?」

「あん?サ○レ?今じゃないよぉ。昨日の夜ね」

とノンビリ返事が返って来た。はにゃにゃにゃにゃ~

何だか、怒る気が失せちゃったじゃんよ

本当ならアイスの恨みをはらさなきゃいけないんっだけどねぇ、

あの身体じゃ、かぁちゃんより暑かろうもんねぇ。

仕方ねー、ジト目で睨むので我慢してやっか

そうしてただの氷をぽりぽりこりこりしたのであった(-_-;)

その方がダイエットになるし、ね……(~_~;)


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(53)

夏は脳みそが暑さで膨張しちゃうのか、どうも小説の創作活動が停滞してしまう。涼しくなってきたので再始動と参りますか。

と、思っているのですが、自費出版するためのお金がまったくない

そのためになかなかやる気が起きてこない

言い訳かな?

別の方法も探さなくちゃ(;^ω^)

でも、やっぱ一言言いたいわい

ううっ(´;ω;`)ウッ…

長男めぇ~、

君のアメリカ短期留学代を肩代わりしたのよぉ~

遊んでないで、早く返しておくれ~

 

綺羅雲英ですじぇ(53)

☆韓国ドラマ「愛してもいいんじゃない」

また、民放の放映が終わってからの照会になっちゃったよ(;^ω^)

でも、結構楽しみにして観てたので。。。

このドラマの題名は以前から知っていました

というのも、大好きな韓国俳優のユ・アインさんが出演していた「チャン・オクチョン~愛に生きる~」を放映後の作品で、出演者にちょっと関係が。

かぁちゃんの感想アクセス先:綺羅雲母ですじぇ(6)

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2014/09/post-8eda.html

この「チャン・オクチョン」に出演していた方で、

東平君役のイ・サンヨプさんと仁顕王后役のホン・スヒョンさんのお二人が出演と言うので、アインさんファンの方がブログネタとして取り上げていらしたんです。

題名を知っていたので見始めたんですよね~

んで、内容は、うううむ、複雑な愛情関係で説明が難しいから、ぽいっ

って、感想になってないなぁ。ちょっとは努力しなくちゃね

いろんな年齢の人が抱く男女の愛についてテーマなんだろうけど、それが3つの家族の間で起きることなので、ものすごくややこしい関係になっちゃうの

最終話も、え?そんな終わり方でおしまいなの?と思わず。テレビの番組表を確認してしまった()

 みんながハッピーかな?_でもかぁちゃん的には、イ・サンヨプさん演じるチョン・ジェミンとシン・ダウンちゃん演じるウン・ハギョンが結ばれてほしかったんだけどな。すごく一生懸命な2人だったからねぇ(´;ω;`)ウウッ…

 長いドラマなので余力のある方はレンタルして観てね~


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

うら…うら…なこと(52)

にも薬にもならないお話を2回も続けて失礼しました

さ、このブログの趣旨に戻って、かわいい3男話です

?ん、そんな趣旨だったか?

まあいいや、

今回は楽しいかどうかはおいといて嬉しい発見(^^

 

 

うら…うら…なこと(52)

☆3男話「肩揉み」

母ちゃんは、ばりっばりの肩コリ婆である

それはもう10代から、かっちかちやでぇ~

定期的なくらい、その痛みから頭痛、嘔吐へと進みました

更年期がきて、そして太ってるし、血圧や体温が上昇したせいか

そこまでヒドイ症状にはなりにくくなったけど

ともかく、ヒドイ凝りに悩まされ続けてきたのです

男が4人もいるんだから、肩たたきやマッサージしてもらえば?

思いますよね~

結婚当初からあまりにもひどくて父ちゃんには頼んだのだけど、

ちっとも力を加減してくれなくて、

父ちゃんにしてもらうと、肩じゅう青痣になるくらい(´;ω;`)ウッ…

だから、あんまり頼みたくない感じ

んで、長男君に頼んだら、見るからに面倒くさいのがありあり

乱暴なことこの上ないのよねぇ

擬態語で表現すると、ぶんぶんがんがんどんどん

余計頭が痛くなるってば”(-“”-)

その反対に、身体の大きさに似合わないのが2男君

力を入れ過ぎないよう加減しすぎて、なでるような揉み揉み

にゃんこのマッサージか?効かないよぉ~(´・ω・`)

しゃて、ちびっこだった3男君、手が小さくて却って痛くて

しかも30秒ほどしか続かない……根気がないのね( ;;)

あんまりお願いしたことがなかったのだけど、

先日「ママの肩、かちかちだね。マッサージしてあげるよ」と!

にまにま、うれぴぃねぇ、「じゃ、頼むかな?」とやってもらった

たら、これが、痛いけど効くし、丁度いい

肩から腰にかけて、10分そこそこのことでしたけど、

にゃんと痛みがある右ひざまで何やらちょっと良くなったような??

こりゃ、気分の問題だけでなくて、3男君上手なようだねぇ

我が家の按摩さんを見つけてほくほくのかぁちゃんなのだ♪

あ、ただし、滅多にその気にならないのが珠にキズだにゃ


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »