« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(52)

先週の台風、こちらを直撃しなくてほっとしましたが

被害を受けた地域もあったようですね

どうぞ避難されて皆様がご無事で

早く住まいや生活は確保できますように……

さて、

涼しくて体は楽ですが、お日様がないとお洗濯に響きます

ちょうどいい感じの気候にならないかな?

なんて贅沢なことを考えています

今日はドラマのご紹介です

 

綺羅雲母ですじぇ(52

☆米国ドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン」

以前紹介した「アンダー・ザ・ドーム」同様、別のレンタルDVDに1話がおためしで載せてあって続きを観ようとおもっていました

アンダー・ザ・ドームの紹介はここにアクセスしてね

 →http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2015/06/40-d9e9.html

知らない人はいないですよね。コナン・ドイル原作のシリーズ

でも、これはその原作のイメージはなく、骨としての人物設定のみ残したおような大胆な脚色です

シャーロック・ホームズとワトソンさんを現代版にアレンジ

ホームズは、ジョニー・リー・ミラーさんという役者さんで、神経質で回転の速い感じがよく出てますけど、かつてイギリスがドラマ化した原作に忠実な彼とは随分印象が違います。逞しい?印象です

ワトソンは、びっくりの女優さんで、ルーシー・リューさん。すごくエキゾチックでキュート。原作より優秀な助手な気がするのは気のせい?

モリアーティも現代風で、ええっ、その方が?という配役

すごく毎回スピーディに話が進むし、謎解きも上級な感じがします

先日まで地上波でも放送してたようですが、今のところシーズン2まで放映された模様

とっても楽しめましたよ


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

うら…うら…なこと(51)

昨日今日と何やら涼しいぃ

いきなりだと体がなかなかついていかないですね(;^ω^)

PCはアップデートしたらいうことをきいてくれないし

2男君3男君の学校がぼちぼち始まって眠いし

やれやれ😥ご老体になった気分ですじぇ

しゃて、今回は前回の続きでかぁちゃんの夢の話なので

ご興味のない方は遠慮なくスルーしてちょ(*´ω`*)

 

うら…うら…なこと(51)

☆かぁちゃん話「続と~まの夢」

前回のような、自分にとっては衝撃的な出逢いで実現が難しい夢を諦め、

大学は教育学部に進み、①研究員、②カウンセラー、③中学教師の志望順で目指そうと考えたのです。

 は大学院に進む必要があり、これ以上親元にいるのが嫌で止めました

 はダブルスクールに通ったり、先駆者の先生を紹介してもらってお話を伺いに行ったり、かなり熱心に勉強していのですが、人の暗い部分をわざわざ観る必要があるとは思えないと母親の猛反対にあい、さらに一番目指していたスクールカウンセラーはまだ日本にはなく、大学卒業後自活が難しいと分かり諦めてしまいました。

 は、教育実習にもいって後は採用試験を受けるだけだったのに、東京はコネがないと採用されないと言う実しやかな情報(都市伝説かも~)を信じ込んで、止めてしまいました。

心のどこかで本当になりたいものなのだと納得していなかったのかもしれません。大学卒業後直ぐにも家を出たかったのもあったけれど、理由を色々つけて、止めてしまったのです。

 反対されたから、自活が難しいから、あれがない、これがないと理由をつけて、叶えるための工夫もそこそこに止めてしまうのは、どこか気構えが中途半端だったように思えます。

 そうして、普通に会社員になり、それも定年まで勤めるつもりだったのに、結局は結婚退職し今に至るのです。理由は父ちゃんの会社の取引先だったからですが、それも強く願えばどうにかなったかもしれません。

 どの時点でも、後悔しない生き方をしていなかったのだと思います。だから、物書きというお仕事に夢を抱いてちゃんと生き直したいのかもしれないです。

その上、何だか子育てが終わり親離れが進んでいく時に、自分を保てるのか、何者でもない自分を向き合って生きていけるのか、とても不安になってしまったというのも追い打ちをかけたように思います。

折角自費出版が叶った「秘匿」も、200部程度買って下さった方がいらしただけで1年が経ってしまいました。相変わらずちっとも売れてない小説家のままです。たいしたことないですね~

でもね、理由をつけて諦めたら10代の自分と何も変わりません。大成功はしないかもしれないけれど、自分なりに一つ一つ目標を設定して実現して行こうと思っています。

だから、これからもたとえ「売れない小説家」であっても、自分なりに完成度を求めつつ、作品を活字化していこうと思います。

ただ、自費出版するには資金がないのが辛いところです。私学に通う3男児の教育費は半端なく生活費を圧迫しているんですもん<m(__)m>クスンン

 ああ、宝くじあたんないかなぁ~(ん?どっかで聞いた科白だにゃ)


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(51)

夏休みもあと1週間

小学生なら宿題はどうなの?と厳しく言ったものですが、同時に早めに終わらせることができたら、最終日のあたりで、DLもしくは花やしきに行くことをちらつかせて、頑張らせたものです

3男君の高学年は、そうはならず残念~でしたけど

工作の手伝いを長南君が1年生の時お任せになってしまい、これではあかんと思って以来まったくお手伝いをしてないので、そういう意味では見てるだけ~のラストスパート。今と変わらんわね(*^^)v

さ、普通のペースに戻していきましょっと

今日はご紹介の日

 

綺羅雲母ですじぇ(51

NHKドラマ 戦後70年「一番電車は走った」

「日航機墜落事故」から30年

戦後70年とくくりのある年のせいか、今年は特別番組や特別ドラマが沢山ありました

これもその一つなのですが、広島に新型爆弾が投下されて、多くの被害が出た中で、僅か3日で広島電鉄の路面電車が走ったという事実を元にした再現ドラマでした

被害に遭われた人々とその家族を、被害のなかったところと物資を必要とした広島と、人と人、物と物、場所と場所、を結んで人の心に一条の光を照らした電車でした

そこにも普通の人々の生活があり、だけど再開に向けて立ち上がった人々がいました

こうしたことも忘れてはならない事実なのだろうと思いました

3.11の後、やはり短期間で開通した鉄道や道路のことを思いました

キャストは

一番電車を動かすことに奔走した広島電鉄電気課課長の松浦明孝に阿部寛さん

一番電車を運転した10代の少女田豊子に、黒島結菜さん

今回注目した脇役さんは、広島の惨状を目にして変電所の復旧に向き合えなくなったけれど、結局力を尽くして復旧に奔走した安永正一役の新井浩文さん

役者さんも戦争を経験していない世代になって説得力という点ですごく苦労なさったのではないかと思うのですが、じんと来ました

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

うら…うら…なこと(50)

ブログを新しくて、「綺羅雲母ですじぇ」「うら…うら…なこと」のふたつとも50回を迎え、ちょっと改まった気分になりました

自分のことを整理してみようかな~なんて思ったりして

今回と次回の「うらうら」は、なぜ今更夢をかなえようとしているのかについてまとめてみたので、何時ものオモシロ家族話をご期待の皆さまは遠慮なくスルーしてくだされ

ただ、夢をもつことに躊躇している方は、もしかして読んで下さると励みになるかもです。

 

うら…うら…なこと(50)

☆かぁちゃん話「と~まの夢」

うらうら50回できりがよいので、ちょっと自分のことをつらつらと。

このブログの題名にも「夢」という文字が入っているけど、かぁちゃんの夢について書きます。そもそもブログを立ち上げたのは、自分の小説を発表してアルファポリスという出版社のバナーを貼ることが目的でした

「自分の小説の活字化」というのを夢にして。

さて、いい歳こいたおばちゃんが、今更なんで夢なん?ですが、きっかけは、長男の小学校の卒業式でした。

いまは子ども達に色んな場で発表させてますが、かぁちゃんはそれが初めて目にした「夢宣言」でした。

自分の子のも含めて、色んな夢を微笑ましく聞いていたのに、ある男の子が「僕の夢は青い鳥文庫で書くような小説家になることです」と発表した時に、ズキンと衝撃を受けたのです。思い出したんです

そういえば私にも小説家という夢があった……

ローティーンの頃は、成りたいモノが漠然と沢山ありました

挿絵画家、小説家、漫画家、中学教師、カウンセラー、大学の研究職……

でも、ハイティーンになると、誰しも向き不向きや実現性と言う現実と向き合ったりして、止めたり諦めたりしますよね。ずっと同じ夢を見続けられる幸運な人も希にいるけど。かぁちゃんはごく平凡な女子でした。

高校で衝撃的な先輩に出会います。いずれも多分2つ年上の方でした。

1の文化祭で目にしたのです。

美術室にかけられた先輩の油絵の作品、自分のモノが児戯に思えました。

この方は、芸大の油絵科に現役合格という快挙の後、多分今もその世界で活躍されています

それから、数編の作品が掲載された文化祭用の文芸冊子。「仮面」という題だったの思うのですが、その短編小説に衝撃を受けました。

その後、中島敦の10代のデビュー作「山月記」に出逢います

若くして完成度の高いモノを作れる方々の存在を知り、止めてしまったのです。挿絵画家は油絵画家とは異なるし、純文学だけが小説ではないのに、こうしたモノ作ることに自分は向いていないとさっさと諦めてしまい、現実的な教師や研究員、カウンセラーを目指そうと思ったのです。

(長くなるので次回に続きます)


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(50)

先週の火曜日の夜、ちょっとやばかったの

夏バテしているところへアレルギー症状がでちゃった

よせばいいのに夕食時にビールを一缶ぐびり

かぁちゃん、ビールホップにアレルギーがあるんだけど、去年の抗体検査ですごく数値が低くて、もしかして大丈夫かな?って。

普段、ビールは飲んでもとっても控えめな量だったのに

お盆を1人で過ごす気楽さから、つい一缶いっちまった

で、症状は2時間後くらいのお風呂あがりに……

急に目の前が暗くなって赤や青か黄色の点がチカチカッ

つかまっているのに立っていられなくなり、呼吸困難~

ぜぇぜぇはぁはぁ、、、やばいっアレルギーと思って、

冷たいジュースで抗炎症剤を流し込んで、ついでに食道と気管支を冷やし

氷で胸を冷やしていたら、熱もないのに大量の汗が、

そして、なんだかトイレにいかなくちゃいけないような気がして

飛び込んだらピーッ、

頭がぐらぐらしている状態でトイレからでると、

ムカムカしてきてゲーッ

上から下から汗やら全ての成分を出しきったかのうような状態

そんなことを数十分、やっとこさちょっと楽に

死ぬかと思った。でも心残りがあるぞーと思ったりして。

ともかく、ビールはこりごりですわぁ~(~_~;)

今日は大好きな韓流俳優のユ・アインさん主演ドラマのご紹介

 

綺羅雲母ですじぇ(50

☆韓国ドラマ「密会」

かぁちゃんには苦手とする分野のドラマや小説がある

○誘拐モノ 

→ ともかく「子どもを誘拐して」が話しの前提なのはたとえシリーズものでも苦手だわ~。それと知っていればほぼ観ない。ただ「羊たちの沈黙」みたいに大人気だと観ちゃったりするんだけど、怖くて暫く夜歩けなくなったりして(-_-;)邦画の「大誘拐」みたいなのだと大丈夫なんですけどねぇ

 

○極道・やくざなどバイオレンスモノ

→ 観ないこともないのですが少ないです。「ゴットファーザー」なんかも30代までちらりとも……邦画「極道の妻たち」もちらっとしか観たことないし、韓流「男達の挽歌」もひとつも観てない。どうも子どもの頃に、高倉健さん主演の「極道シリーズ」のひとつを途中まで観て怖くなったのがいけなかったような気がする。と言いつつ仏画の「レオン」や韓流の「アジョシ」はしっかり観たので、例外は多々あるかな?

 

そして不倫モノ

→ 苦手ですね~。昼メロの「真珠夫人」やだいぶ昔の「金曜日の妻たち」のシリーズなんかも観てないんですよね。韓流「妻の資格」は途中まで観て苦しくなってギブアップしましたもの

 

さて、前振りが長くなりましたが、この「密会」は、かぁちゃんが苦手とする分野の一つ不倫モノなんですね~。多分、大好きなユ・アインさん主演でなければ観なかったと思うのですが、これが案外最後まで観られた

ドロドロしてない?というと不倫なのにおかしな話ですが。周辺の人々が権力と金と欲でドロドロしてるので、不倫のドロドロ感が強調されないということと、当事者である中年の夫婦(パク・ヒョックォンさんとキム・ヒエさんが演じています)とユ・アインさん演じるイ・ソンジェが人間として可愛いせいではないかと思う。

ヒエさん演じる40歳のヘウォンの、女性としての姿に何ともいえず共感を感じたし、アインさん演じる20歳のソンジェの純粋さに愛おしさを感じたし。ピアノ奏者という設定も、バックミュージックがクラシック中心になって心を洗ってくれるのでよかった気がするなぁ

今、テレビ東京系列で毎週金曜の朝放映してまっせぇ。


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

うら…うら…なこと(49)

さ、このお休みの間に玄関を綺麗にするの

って、あれ?自由に過ごすんじゃなかったっけ?

んんん、結局アイロンもいっぱいあるし、掃除洗濯……

おや?結局家事から解放はされないにゃ(-_-;)

あっ、でも時間の制約はないのが掬いだじょ

何時起きても何時食事にしても何を食べても

文句はいわれんな。すとれすふりーっちゅうことで満足しよっと

さて、今日はでかくてごっついけど顔はキュートな2男君のお話

 

うら…うら…なこと(49)

2男話「床屋さん」

我が家は、お子ちゃまがちいちゃい時からパパママ床屋

3人分を父ちゃんと分担してちょきちょきさくさく、、、、、

34か月に1回のスキンシップは、長男君が1才前からだから、既に15年は軽く超えました。

でも、長男君てば前髪を触らせてはくれなかったけれど~(-_-;)

→その理由はこちらにアクセスしてちょ

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2014/09/post-9491.html

長男君は高校を卒業するまでパパママ床屋で文句なしでした

女性ほど細くはないけど、かぁちゃんに髪質が似ているので、男子の割には細くて柔らかく、チョキチョキがそれほど苦にならなかったから、こちらもがんばれました。

髪質が長男君に似ている3男君も、嫌がらなければまだ後数年は切っているかもしれませんが、おされ番長?だから自ら床屋希望かもぉ~

→おされ番長?のお話はこちらにアクセスしてちょ

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2015/08/48-4cd1.html

だけど、2男君だけは、髪質が父ちゃん似~

太くて硬くて。。。シーツやタオルに突き刺さるくらい針みたいに真っ直ぐで、自分でも頭が洗いにくいくらい全体にバリバリぼうぼうなやっかいな髪

ハサミで切るにも、かなり力が必要で手が直ぐに痛くなっちゃう

切る時は2㎝ぐらいの坊主までザクザク切るので大変~~

その上、早い時期から背が高い≒座高も高いのね。お尻分厚いし

だから、座ってもらっていてもかなり手を上げないと頭に届かない

かぁちゃんも40肩で腕を上げ続けるのは、ちょっと苦しい。

てなことで、かぁちゃんがギブアップぅ

兄ちゃんが床屋に行くようになったのに続いて、中3から床屋にしてもらうことになったというわけなのだ

床屋ひとつをとっても、3人3様。

同じにしたくても同じように子育てするは中々難しいぃ~


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(49)

暑さも普通の暑さになった気がする

気のせいかもだけど、身体が楽になってるかな?

今日明日はバイトですが、今年のお盆は全ての家事から解放されるかな~という有難い予定~♪むふふっ

おひとり様で色々堪能してやるぅ(^^

 

綺羅雲母ですじぇ(49

2015年上期後半ドラマ

今期はあまり沢山観てない方かしらん?

先週「探偵の探偵」をご紹介しましたので、それ以外で。

まず、上期の頭から継続して観てるのはNHKの2作。

・NHK火曜ドラマ「美女と男子」

 仲間ゆきえさんが芸能事務所の社長沢渡一子役、「花子とアン」で鈴木亮平さんの弟役だった素敵男子:町田啓太さんが彼女に見出されて芸能界入りした向坂遼役。で、他の役者さん達も素敵なので観続けてます

・NHKBSドラマ「本棚食堂」

 締め切りや編集さんに追いつめられると、夢遊病のように書棚からお料理シーンが丹念に描写されている小説や漫画を取り出してきて、作っちゃう漫画家ペンネーム:姫川ロザンナの二人、真田錦(中村蒼さん)と山田二郎(柄本時生さん)。一旦終わって次は10月なのかな?

 お料理が美味しそうなのもあるのだけど、二人の気弱なやりとりが何とも可笑しくて、待ち遠しいドラマです。いつか自分の小説でもお料理のシーンを入れられたらいいなぁと思っています。

 

それから、7月から新たに観てるのが、次の3作。

・日テレ木曜ドラマ「婚活刑事」

 設定を知った時の可笑しさったら)^o^(いやぁ、そうきたか!っなありえない設定が面白くて、毎度分かり易い犯人探しに苦笑いしつつ観てます

主役の花田米子役には伊藤歩さん、NHKの朝ドラで伊藤真央ちゃん演じる陽子の国民学校の先生でしたね~って、他でもよくお見かけしてるような気もしますが、爽やかな可愛さの女優です

・テレ朝金曜ドラマ「民王」原作池井戸潤さんなのぉ~!(_;)

 ああああああ、遠藤憲一さんがぁ~、遠藤さんがぁ~。きゃぁぁぁ、海流にそよぐ若布になった気分になっちゃうよぉ~

よくある入れ替わり設定なのですが、父子間の入れ替わりで、強面の総理大臣遠藤さんがおバカな息子ちゃんといれかわったからさあたいへん!!!

・TBS金曜ドラマ「表参道合唱部」

 ストーリーとかキャスチングはおいといて、ともかく楽しいし、合唱が気持ち良い。歌うのが好きだけど、普通に歌うと喉と気管支を痛めてしまうのであまり歌えないかぁちゃんには、すごく嬉しいドラマです

 

・フジテレビ土曜ドラマ「ブスと野獣」

あんまりな設定なんだけど、妙にリアルで主人公の2人がかわいいので観てます。渾名がブスな中田健太役は矢本悠馬さん、レスリングの猛者で通称野獣の篠原幸恵役にはおかずクラブのゆいPさん、既にこのお二人でインパクトたっぷりですね(^^


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

うら…うら…なこと(48)

うだ、これで痩せると思おう

って、そんな浅はかな考えもうわっつべりするくらい、

あちぃ(-_-;)はぁ~

バイトに行く時間や、帰って来る時間が丁度2時ごろで

焦げちゃうくらいあちぃ

日傘の中で小さくかしこまってちょぼちょぼ歩いたって

いやぁ、あちぃ

これだけ連呼したら涼しくなるかな?

みなしゃま、熱中症にならないよう気をつけませうぅぅ

 

うら…うら…なこと(48)

3男話「伸び盛りパート3?」

3男成長話、第3段~♪は、おされ番長ぉ~???

遠くの中学に1時間かけて通うようになって以来、おやつの量がめっきり減ったし、運動量も増えたし、睡眠時間も蹴ったし、

で、3男君伸びてるのに体重が減って、いい感じでお痩せになった

そのせいか、近所のママに

「元々色が白いから、しゅっと背が伸びて何だかかっこいい~ジャニーズ系になったわね~」

と、ドキドキ?されてしまった

その上、どこをどう間違えてらっしゃるのか

「オレちゃん、クラスで2番目(←ププッ)に女子からもててるんだって」

実体を知らない女子からの熱ぅい視線~去年まで義理チョコしかもらったことありませんのにねぇ)^o^(今年は期待大ですな……?

んで、我が家の男児にはありえない現象が起きた

朝、髪を梳かしていやがるのですわっっ

って、そりは本当なら顔を洗うくらい当たり前のことなんですが、上2人は、ほぼ見たことがなかった。寝癖がついていても平気の平左

(あ、最近の長男君は彼女ができたのでそこそこおされですけど)

それで、おされ男児を期待するのはさすがに無理でしょ?

だもんで、少しは見た目に気をつかう奴なのか?と期待が膨らんだ~♪

じゃが、そ、それがね、、、、

髪を梳かして寝癖を直しているだけなんだけど、

その後が、ましゃかさようなことをなさるとはぁ~

人には見せられないかも……(^^

だって、朝から寝巻に野球帽かぶってんだもん(^◇^)

ある意味おされ番長なのか???

むむっ、給食番長転じておされ番長?(ないーなぁ)

給食番長の渾名の由来はこちら~

アクセス先:http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2013/09/58-a73e.html

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2014/06/97-13a9.html

 


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(48)

今週はこの夏一番のがんばり時のようです

ふんばって、耐えませう

それにしても咳が中々治まらないのが困りますぅ

あうあう、みなさまもお身体に気をつけて

暑さをのりきってくださいましね~♪

 

綺羅雲英ですじぇ(48

☆フジTV木曜ドラマ「探偵の探偵」松岡圭祐原作

原作者の松岡圭祐さん、元々知名度の高い作家さんです。

「千里眼」シリーズを始め映画化、ドラマ化もされた作品が既に数多くある方ですよね。この辺りの作品は読んだことはないのですが、2男君に借りて「万能鑑定士Q」を読み始めて、あまりの面白さに一気読みしました。

それで、「万能鑑定士Q」を「特等添乗員α」と合わせてご紹介しようかと思ったのですが、ご紹介するまでもないかと止めたことがあります

ですから、今更紹介するまでもないかもですが、松岡さん原作のこの小説、

既に4巻まで発売されていて、今は3巻をすごくドキドキしながら読んでます

フジテレビの今期のドラマでは一番楽しみにしています

主人公の紗崎玲奈役、北川景子ちゃんがすごくいいの♪

あの華奢な身体でのアクションについては、賛否あるかな?と思うけど

(運動音痴のかぁちゃんには充分かっこよいですけどね)

その綺麗さがすごく哀しみを誘います

川口春奈ちゃん、三浦貴大さん、と若手もすごくいいですが、

やはりここは、ユースケ・サンタマリアさん、井浦新さん、佐戸井けん太さんといったベテラン勢が脇を締めてくれてますね~♪

今回のお気に入りの脇役さんはね~

ずばり高岡早紀さん!ちょっと前に「天皇の料理番」でバンザイ軒のお色気おかみをインパクトたっぷり演じてくれてましたけど、今回はお色気を封じて精神的にいびつな女医さん役でした。もう出てこないのかな?

今シーズンいちおしだもんね(*^_^*)

 


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »