« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

でいりーよみもの「新世界物語」69

地震と火山と……段々不安になりますね∑(゚∇゚|||)

どこも大きな被害が出ませんように
しゃて、今日は小説の日、ぽちっとよろぴくねん♪

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(69)

 この立体画像のやりとりも彼等には簡単にハッキング出来てしまった。

>すごいな

>ああ、俺の不安が具体的に理解できたな

>ちょっと、そうなの?やだ、説明してよ

>うん、リーダーがジェフのように発想のバランスのとれたタイプなら、無茶苦茶な迷走はしないだろうけど、普通勝利の美酒に酔うと、自分達の行ないは全て正しいような錯覚を抱くようになるんだ

>あ、おぼろげながら分かった

>迷走しないために、敵対する勢力、この場合負けた側の人間も建国の一員として迎えるってことだな

>そうだ。実際には別の混乱が生じるかもしれないけど、極端に走ることに比べれば抑制可能だと考えたんだろうな

>ね、だとしたら、私達も情報統制局みたいなところへお呼びがかかるかも

>大いにありそうだ

>もし要請があれば参画するつもりなのか?

>俺は、表舞台に立つつもりはない。そもそもそのつもりがあるなら、何も匿名でこんなことしないさ

>じゃあ、どうするつもりなんだ?

>おい、こういうのはどうだ?イサオのみが現政府に対して窓口になるってことで、ジェフと連絡回線を一つだけ準備したら?少なくともジェフの考えには協力体制にあることを知らせたら?

>どうするかな?ただ、ジェフは俺がこういう風に動くのを予測してたんじゃないかと思う。だから、俺らの使いようも、実は想定しているような気がする

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

でいりーよみもの「新世界物語」68

昨日は用事があって新橋まで行ったのですが

帰りに雨が降り出して、しかもすごく寒くなってた((+_+))サムッ
皆さんは体調大丈夫ですか?
しゃて今日は小説に日、読んでね~

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(68)

「今回の場合悪用と言い難い」

「寧ろ平和目的とも言える」

「面白い試みだった」

 それぞれがまるでそう思っていないような無表情で、好意的な言葉を述べた。

 多絵と李紗は顔を見合わせて、同時に言った。

「見逃すのね!」

「放置するということなのね!」

 その双子のような反応に、ジェフは大きく笑いながら

「いや、今のところ罰する法がないということにしておこうと思っている。イサオの意図するところには。私も思うところがある。その意図が成功するならばそれにこしたことはないとすら思っている」

「ジェフも考えていることなの?」

「もしかして、以前から頑迷に主張していること?」

「頑迷とはヒドイな。だが、そうだ。私は必要だと考えている。なくてはならない勢力だと思う」

「ジェフ、もっと具体的に言ったら?」

「いや、泉深、多分二人は分かっていると思う。そして、政府が罰しないことの意味を考える者がいることを祈ろうと思う」

「そっか、ジェフは以前から羊化しなかった大きい人達も、羊化して小さい人にしたら羊化から戻して、政府の一員だった者は再び元の地位に戻すって言ってたわね」

「ふっ、何も言うつもりはないよ」

「反対する意見を封じ込めた政府は腐敗する」

「もしくは専制になる」

 興奮状態にあった時の危険性を思い出して、二人の胸にひやりとしたモノが降りて来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

でいりーよみもの「新世界物語」67

今週は、何だか不調~

どうもアレルギー症状に思えるにゃ
ともかくいっぱい寝るのにゃぁ、ふにゃふにゃぁ
けふは小説の日、読んでね~

始まりの話(67)

「今後、お二人と同様の問い合わせがあると見越して、こちらとしての対応を説明する資料を用意しました」

その手が送信機を操作しているのが見えたので、多絵は受信機の前に移動し、資料を受け取った。

「先ず、羊化が始まる以前の主要十カ国におけるハッキング関連の法律と事例を集めました」

「大抵の国では、目的用途に関わりなくハッキングという行為自体を規制し罰則を設けていました。表向きはそうでも、軍や警察、一部の政府組織などは秘密裏に手段としていた節はありますが、概ね犯罪として扱われていたと言えるでしょう」

「対策としては、法整備が進んでいない現状を鑑み、規制することが難しいという立場をとることが妥当でしょう。但し、明らかな悪意や反体制の意志があると確認された場合は、別の判断が必要でしょう」

「また、映像に散りばめられたサイブリミナルの写真に関しては、過去を振り返っても、広告に関連した法律では規制されることはあるようでしたが、伝達を目的としたニュースで利用された場合の想定を特に見つけることができませんでした」

「サブリミナル?」

「そんなものまで?」

 同時に呟いた二人に、三人の準備室の人間が順番に説明した。

「人間の目に感知出来ない瞬間的な映像の混入」

「元は飲料水の広告に砂漠の映像をまぜたもので、広告効果は定かではないが、禁止された手法」

「マインドコントロールの一つとして、悪用された事例が公でない記録にはある」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

うら…うら…なこと(38)

雨降る1週間と思えば、何か天気いい?

ま、シーツでも洗いましょうかね

昨日は2男君の体育祭

高校生にもなると、中々そういうものを観なくなります

ちょっぴりさびしかったりして

でも、来年は高3で学生最後体育祭だから、行きたいな

しゃて、今日はそんな?2男君のお話

 

うら…うら…なこと(38)

2男話「熱い辛い」

我が家の食卓には、キムチ鍋であれキムチラーメンであれ麻婆豆腐であれ、何しろ熱くて辛いものがよく上がります。あ、カレーもですね(*^_^*)

それは、何より作り手の母ちゃんの好みであることが大きいのですが

いい汗をかけるし旨いので、家族の人気が高いのです

ところがぁ、

普段焼き肉や手巻きずしなんかだと破竹の勢いの2男君の手が止まる

テレビばっかり観て手が止まっとりますけど?

ちっとも減ってないじゃん\(o)/!

おや?病気かしら?というくらい箸が進まない~

そそっ、もうおわかりですよね

大きな身体で猫舌ちゃんなのです^m^プププッ

「ええっ、2男、このくらいがまだ食べられないの?」

と、3男君にまで見下され、むぅとして

「熱くて辛くなければお前に負けることはねーよ」

と、いらぬ負けじ魂に火がついたりして……(-_-;)

ははっ、誰にでも弱味はありますね~

ちなみに、母ちゃんが苦手な食材は活きてるやつ

活け魚のおつくり、白魚の踊り食い、韓国の生いか……

動いてるのはダメでしょ~(T_T)

 

あ、余談ですが先週紹介したアニメ「俺物語」の実写版

たけお役に鈴木亮平さんが体重を30㎏も増やし身体を作って挑むとか

楽しみですね~

2男君が役者さんなら、ごっつぅはまり役でしょうね~(^_-)-


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

でいりーよみもの「新世界物語」66

久しぶりに大きい地震がありましたね

皆さん、大丈夫でした?
と~まはちょっぴりびっくりしました
それにしても、子どもの手が離れると不安は大きくなるものですね(・。・;
しゃて、今日は小説の日、段々閉めに近付けているのですが
上手くまとまるかとドキドキです。読んでぽちっとよろぴくね

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(66)

「天才?ハッカーの?」

「そうか、あの一言!」

「李紗は分かったようだな」

「どうして、ハッカーを仲間にしたの?ただ、淵議員の運転手だったから都合がよかっただけじゃないの?」

「そう、元々はそういうだけのつもりだったけれどね、あまり素行がよくないタイプだと羊化を解いた時に協力的でないかもしれないから、前身を精査したのさ」

「ハッカーってよく分かったわね~」

「うん、都合のよいことに公表不可の前科があったんだ。未成年の時、大国の政府のシステムをハッキングして、その年の全国の実力テストの結果を公表しちまったんだ。お蔭で政府高官の子弟達の不正が発覚した」

「それって犯罪的技術を持った正義漢?」

「そう、その上頭脳があり過ぎて暇だものだから、武闘能力も鍛え上げちゃったんだよ。油断した警官を伸して、挙句、逃走。で、ハッカー集団をまとめた」

「うわぁ、すごい、ある意味かっこいいわね。でも、なんで小さくなって羊化されちゃったの?」

「うん?まあ、詳しくは知らない。ただ、羊化には相当頭に来てたみたいで、協力は無理かとも思ったがな」

「でも、結構冷静だったわよね。何を考えてたのかしら?」

「もう、多絵!私にも質問させて!イサオの話しはまた後にしてね」

「ああ、全く、多絵の知りたがりグセは終わりがないな。で?李紗は何が聞きたい?」

「イサオの意図。これに対する政府の対応」

「うん、そう思った。それについては彼等から説明してもらうつもりで、同行した」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(38)

3男坊は、今週末初めての中間テストで

昨日から、はぁ、はぁと溜息ばかり
人生は小さな壁の連続だもんね、頑張んべぇ
母ちゃんもあれこれ乗り越えなくちゃなんない
一生懸命丁寧に生きなくちゃね
さて、今日は色々ご紹介ブログの日。読んでちょ

綺羅雲英ですじぇ(38

☆日本ドラマ「15上期ドラマ」

今期は、いっぱい録画してるのにぼちぼち観ては、止めたりして(^^

○NHKドラマ

 ・朝ドラ「まれ

  主人公のまれには「花子とアン」で二妹役だった土屋太鳳ちゃん

  特にお気に入りは、元治と文のご夫婦(田中泯さんと田中祐子さん)

  脇役陣も好きな方が多い。観ていて楽しくて元気をもらえます

 ・「美女と男子」 

  仲間ゆきえさんが芸能マネージャー役で奮闘します

  これも脇役に味があります。初めて観る役者さんもいますねぇ

 ・「64

  ごっつ真面目でどっしりとしたリアリティのある刑事モノ

  主役は、ピエール瀧さん。その妻に木村桂乃さん

ものすごく丁寧にリアルを追求してあって、母ちゃんは、

役者さんも含めて、今期一番丹念に観たドラマです

  演技に少しでも不自然さがあるとドラマが瓦解する

ような難しいドラマです。すごくよかったぁ~

超のつくベテラン名優さん達が脇を固めていました♪

 ・「リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~

  主役は伊藤英明さんかな?津川雅彦かな?

  以前のブログ(よしなしごと(7))にだらだら書いたことがあるのですが

   アクセス:http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2012/09/post-e856.html

  母ちゃんの好みの役者さんのタイプは役になりきるタイプの方が多い

  のですが、昭和のスタァさんはそうでない方が多い

  津川雅彦さんはそういう役者さん、津川さんは津川さんのままなのに

杜氏だったり事務員だったり老獪な政治家だったりする役者さん

これはもう老優さんが素晴らしいとしかいいようがないですね

  津川さんなくしては……という存在感でした

  そして、現在大注目中の若手俳優,柄本佑さんもよかった

  柄本明さんの息子さん?天皇の料理番でもいい感じですねぇ

○日テレドラマ

・「ドS刑事

 華のあるお二人が主役、多部未華子ちゃんと大倉忠義くん

 原作の毒を随分抜いてあるけど、棘の方はばっちり

・「Dr.倫太郎

 飛ぶ鳥を落とす勢いの役者さんといえば堺雅人さん?

 某8で弁護士、某6で銀行員、今回精神科医、さて某5はどうなる?

 そういう妄想もあったりして\(^o^)

 大好きな蒼井優ちゃんが二重人格を。切り替えがお見事♪

 高畑さんが怪演~!いやぁ、さすがです(*^_^*)

○テレ朝ドラマ

  ・「アイムホーム

 泣く子も黙る?木村拓哉さん主演

 これはね、結構面白いです。先が楽しみですよ

 持っている鍵の謎が毎回解決してくのですが……^m^

・「天使と悪魔―未解決事件匿名交渉課―

 渡部淳朗さんと剛力彩芽ちゃん

 日本ではまだ出来ない?司法取引が行なわれちゃうのだけど

 丹念に事件を調べて解決していくお話

○TBSドラマ

・「アルジャーノンに花束を

 名作のドラマ化です、山下智久さん主演

 やまぴぃはやっぱりいいですね。

周辺を固める若手俳優陣もとても感じがいいです

・「天皇の料理番

 若手の旗手でしょーか、佐藤健さん主演

 いいねぇ、周囲を固める役者さん達も好きですぅ♪

○テレ東ドラマ

  ・「三匹のおっさん2~正義の味方ふたたび!!

   ははははっ、やっぱかわいいじじい達ですじぇ~

○フジテレビ

  ・「ようこそ、我が家へ

   池井戸潤さん原作、相葉雅紀さん主演

   怖すぎて続きを観てない……

  ・「心がポキッとね

   阿部サダヲちゃん主演、山口智子さん、水原希子ちゃん、藤木直人さん

   サダヲちゃんと季子ちゃんは気になるけど、途中でリタイア。

コメディのようで結構重いかなぁ

  ・「戦う!書店ガール

   AKBのまゆゆと稲盛いずみさんのやりとりがいいですね

   千葉雄大さん演じる三田君が今回のポイントだにゃ

   母ちゃん好みは木下ほうかさん演じる嫌~な上司野島店長!

  ・「猫侍2

   ぶっ、あいもかわらぬ強面メロメロぶり

 

今回、割と熱心に観てるのはね~

「まれ」「64」「リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~」「Dr.倫太郎」

「アイムホーム」「天使と悪魔―未解決事件匿名交渉課―」

「アルジャーノンに花束を」「天皇の料理番」

「三匹のおっさん2~正義の味方ふたたび!!~」ですかね~

ひとりでは「64」と「アイムホーム」がお気にいり

子ども達とは「Dr.倫太郎」「天皇の料理番」をわくわくしながら待ってます


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

でいりーよみもの「新世界物語」65

昨日はお天気がよかったからお出かけする予定だったのに

朝2男君を学校に送りだしたら、くらくらするくらい眠い
幸いバイトを交代して昨日はお休み
もう、さっさと予定を変更して寝ることに
午前中めいっぱい寝たら、何か身体が楽になったような……
風邪をひき掛けてたのかも~(-_-;)
しゃて、今日は小説の日、またまたよろぴくね

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(65)

  多絵の呼びかけに応じて、五体の立体画像がその部屋に現れた。二人は胸に手を当てて軽く会釈し、徐に口を開いた。

「新世界政府樹立準備室の皆さんにご挨拶します」

「私もご同様に、、、」

「やあ、仲良しさん達」

「久しぶりね、お二人さん」

と、ジェフと泉深は気軽に声をかけ、残りの3人は黙って同じポーズで会釈をした。

「さて、私は君達の疑問を分かっているつもりだが、念のため何の用で呼び出したか確認しておこうか」

「多絵、私から質問してもいいかしら」

「どうぞ、持ちかけたのは貴女だもの、さ」

「あの、今朝多絵の故郷でのニュースを観ました?」

「ああ、知っているよ」

 何やら悠然と答えるジェフが不穏な笑みを浮かべているのが、やけに気になる。

「あんなこと、普通に考えたら簡単に実現しません。政府あるいは仲間の誰かが音頭をとったりしたことなのですか?宗教家同士が自力でしたとは思えない」

「そうだな。音頭をとる者がいないと無理だろうな」

「あれっ?ジェフったら誰がやったのか知っている感じ」

「確証があるわけじゃないけれど、想像はつく」

「誰?」

「おそらくイサオだ。君達も薄薄は、」

「あーっ、あのイサオ?運転手の?」

「ああ、彼は地味で平凡な男に見えるだろうがな、その世界じゃ名前を知らない者がいないような天才的なハッカーなんだよ」

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

でいりーよみもの「新世界物語」64

なんだかね~。身体の動きがばらばらなの

前に進む早さとしゃがむ早さが一致してなくて

2男君のロフトベットに思いっきり頭をぶつけた

いてててててっ、血はでなかったけど

何だか頭が変っ、にゃぁ~ふにゃぁ~

あうっ?今日は小説の日よん、いつものごとくよろぴくねん

でいりーよみもの「新世界物語」64

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(64)

「ねぇ多絵、ネットのニュース観た?」

「朝の?流しっぱなしにするからなぁ、どれのこと?」

「私にはインパクトがあったんだけどな。貴女の生まれ故郷のエリアの旧首都に、色んな宗教のエライ人が何百人も集まったって、どこかの議場を映し出して、この未曾有の事態に全ての宗教が手を組んで対応しようってことみたいだったわ」

「えー、そんなの無理っぽい~。だって、歴史的に見て、大抵の大戦には宗教が絡んでるじゃない。何を信じようと勝手だけど、社会を形成する秩序としては、どちからというとない方がいいように思うな」

「でも、人の道徳心の礎としてなら必要じゃないかしら?」

「道徳は宗教と同一じゃないわ。寧ろ危険な思想と密接な関係があると思うな。違う宗教を受け入れないから、殺したり拷問したりするでしょ」

「でも、あの映像のように手を取り合うことが可能になったら?神もしくはそれに近い人を信じるという点においては、ものすごく強烈だから、同じ方向性を信者が与えられたらすごい勢力になるんじゃないかしら」

「いやだ、李紗ったら。宗教の壁を取り払って、何に抵抗する勢力?私達の作る政府を転覆するとか?」

「そういう具体的な意図はよく分からないけど、すごく引っかかる。何か大切なこをと置き去りにしてたような」

「ね、そのニュース録ってある?」

そういって李紗から映像を観せてもらうと、それまで彼女を安心させるつもりだったはずの多絵の心もざわつき始めた。

「ね、李紗、ジェフに訊いてみない?何となくだけど、不安になっちゃった」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

でいりーよみもの「新世界物語」63

なんだかね~、日中少しだけ昼寝をしないと体力が切れてくるのに

暑いは、新築マンションの工事が煩いは、
で、 昼寝が殆どできにゃい。。。段々しんどくなってきたぃ(p_q*)(p_q*)(p_q*)
でも、昨日エアコンクリーニングをしたので、暑いのはなんとかなる?
電気の節約との兼ね合いだにゃぁ~(´・ω・`)ショボーン
しゃて、今日は小説の日、読んでぽちっとよろぴくねん

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(63)

>イサオ、あまり反響がないけど、あれで成功したのよね

>あ?成功?まあ、やったこと自体は成功したといえるけどな、そういう定義に当てはまる結果を期待してた訳じゃないぜ

>ああ、すごく上手く事が運んだよね。でも、結果は目に見えることじゃないからな

>え?違うのか?

>何を期待してたんだよ、全く。ヒーローじゃねぇし

>初めに言ったろ。種を蒔いたんだよ

>種?ああ、そういうことか。種を蒔くのは成功したろ?

>うん、でも終わりじゃない。種を育てる行為もしたいんだ

>何をするの?

>色んなブログのキーワードを拾って、あの映像に対して俺らの期待していることに沿った主旨の内容だった場合、褒めたり賛同したりするコメントを残して欲しいんだよ

>なるほどね。それはお安い御用だ

>そうか?全世界でブログが何件あると?

>物事を簡単に考え過ぎるのが彼の悪い癖ね

>はっ、出来る範囲でやればいいさ

>いずれにせよ、気の遠くなるような作業だわ。コメントもいい加減なものだと、マイナス効果だしね

>そう言われてみると、確かにいい加減なことは書けないから、ちゃんと読まないといけないしな

>そうねー、ちょっと気が重いわね

>まあ、そう言うなよ。すぐ効果はなくても長い年月をかければ育つモノもある。何かきっかけがあれば気付くこともある。そうした何かを俺達は人に提示し続けるんだ

 彼らとの活発な会話を読むと、俺達は意義ある行為を捜していたのかもしれないと、ふと頭を過ぎった。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

うら…うら…なこと(37)補足あり

肘や膝が治って来たので、またいっぱい歩きたいのだけど

足が楽な靴がにゃいのよね~合うのに出会いたいものですにゃ

では、今日は家族話の日

お待ちかねのお茶目な3男君のオハナシ(*^_^*)

 

うら…うら…なこと(37)

3男話「夢宣言」

某国営放送の朝ドラ、今シーズンは能登を舞台に、夢嫌いだったJK(女子高校生のことだって(^^)が夢を追うという「まれ」を放送してます

「花子とアン」「マッサン」、と3作も続けて朝ドラを観るのは初めて♪

かぁちゃん好みが続いてる^m^、まぁ、それは置いといてぇ。

で、この主人公「希(まれ)」ちゃんの夢アレルギーを観ていて、ふと、、、

 3男君が進学した中学校では、入学式の時呼名の後に返事と夢宣言をしました。

その直前に交わした会話なんですが、

「オレちゃん、今は何になりたいとかないよ。小学校の卒業式みたいにあいまいな目標でもいいかな?」

「ダメじゃないだろうけど、入学説明会の時に先生がおっしゃってたのは、宣言することで実現に向けて努力することが大事ってことだったよね。だから、できれば抽象的なことより何か具体的な目標の方がいいかもね~」

と、説明しながら思い出していた

そういえば、大昔、彼の夢?を家族全員で大笑いしたっけ

以前のブログ「よしなしごと()」にアップしました

小学1年にもなって、救急車になりたいって……(-_-;)

アクセスは、こちら:

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2012/08/post-d258.html

 もしかして、無意識のトラウマ?

だとしたら、夢らしい夢がないのって母ちゃん達のせいかも……(-_-;)

うぇ~、なんてヒドイ親なんだぁ~(~_~;)

今頃しまったと申し訳なく思ったりして。(遅いわっ!)

でも、面白くて可愛かったのよね~たははっ^_^;

んん、それでもとりあえず

「僕の夢は、この学校で男子バスケ部を作って、何かの大会で優勝したいです」

と、この学校で何をしたいかを宣言することが出来ました(*^_^*)

女バスのお姉さま達に鍛えられている模様~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

でいりーよみもの「新世界物語」62

何処のエリアでか住民投票が行われました

僅差で勝敗が決したようですが、出来れば勝った方が僅差であったことを忘れないで欲しいものです。
その議案がていあんされたことにも意味があるのですよね
本当に大事なことは勝ち負けではなく、住民を守ることです
負けた方も、どうぞ、任期満了まですべきこと継続してもらうべきこと
きちんと道筋をつけて引き継いでもらって下さい。
王様ではないです。責は1人に帰するものではないはずです
おっ、真面目に意見書いちゃった(^^ゞ
とりもかく、今日は小説の日、読んでぽちっとよろぴくね

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(62)

>後一つ、すごく不安要素があるんだけど。こうやってハッキングの技術を駆使してるのって危険じゃないかな?だって、今は世界中が混乱して法整備も行き届いてない状態になってるけど、そもそも私達の行為は、どういう文化圏にあっても犯罪であったことに変わりはないでしょ。彼等はPCの専門でなくても、天才的な科学者の集まりなのよ。辿られつきつめられて罪を問われたら?

>彼等がその気になれば確かに我々の居所を探るのは然程時間を要する訳ではないだろうな。だが、考えてみろよ、今だったら混乱に乗じて操作し易いし、新しい国家としての法整備はされてないんだぞ

>ああ、そうか。罪に気がついても後の祭りにしてしまえばいいだけってことか

>そりゃ、褒められた行為じゃないけれど、信念を持って個人の利益供与に転用しないことにするしかないな

>もう一つ、俺ら自身を戒めるために、絵面を捜す過程で種々の個人情報を入手してしまわないように、予め設定しておくことと、それでも万が一手にしてしまったら、良心に誓って悪用などしないという決まりが必要だな

>物事が上手く進み始めると、必ず縛めが緩くなるからな。一回の映像提供ごとに情報の削除を義務付けておくのがいいかもな

>それは妙案

 

色々なエリアで季節が変わり始める時期だった。春、一斉に薄桃色の花を着けてあっという間に散って行く桜が美しい地域で、ニュースの一瞬を飾った映像があった。数百人の宗教家が一堂に会し歓談していた。同時に違いは明瞭だが仲のよい人々の姿が割り込んだ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(37)

もし人生をやり直せるなら何歳からやり直したい?

私は14歳の夏からかもしれないな

でも、やり直しは出来ないから、こうして生きて行くんだなぁ~

さて、今日は色々ご紹介する日、アニメにご興味がなれればスルーしてね♪

綺羅雲英ですじぇ(37

☆{アニメ三昧}

 今シーズンは日本のドラマでも韓流でもなく、何となぁくアニメが多い母ちゃんです。ドラマは流し観です(^^

○日曜午後「アルスラーン記」

 原作小説は田中芳樹さん、漫画は「鋼の錬金術師」の荒川弘さん

初めの頃、アニメの最後に田中さんからサインと楽しみにしてるというメッセージがあったけど、2男君と「小説の連載を終わらせる方がみんな楽しみにしてるよ~」と大笑いになった\(^o^)

○木曜夜中「俺物語!!」

 原作漫画は河原和音の漫画

主人公の「俺」は巨大な高校生1年生剛田猛男(家の2男君みたい(^^ゞ)で、痴漢から救った大和凛子ちゃんに恋をするのだけど、それがでっかい身体ですごくキュート♪

でっかい感じが家の2男君ぽくて親しみが湧いて見始めたのだけど、イケメン友達の幼馴染砂川誠君を好きだと思い込んでの行動が……^m^

神田さやかちゃんが歌うテーマソングもかわいい

どうやら、実写版が作成される模様。キャスティングが滅相楽しみである

○土曜深夜「ログ・ホライズン」

 橙乃ままれさん原作でアルコが漫画化

ロールプレイングゲーム?の世界に入り込んだ人々が、ゲームでのキャラやフォースのままに過ごしていく日々を描いています

分かったような分かんないような世界なので、つい観てます

○土曜夕方「境界のRINNE」

 高橋留美子さん原作の漫画

死神を祖母に持つ不思議な仕事をしている六道りんねはお供えを日々の糧にしている高校1年生。そのクラスメイトの真宮桜は幽霊が見える不思議少女

ん~不思議なオハナシだけど、中々面白い

○火曜深夜「暁のヨナ」

草薙みずほさん原作の漫画

父王を殺された王女さまヨナを中心に、1人ずつ仲間を増やしていき国に戻ろうとするオハナシ。仲間になる若者達が魅力的

○水曜深夜「英国一家、日本を食べる」

イギリスのグルメ本の作家さん一家が日本の各地を巡り食べ歩く実際のお話

妙にキュートな家族だし、日本食を別の角度から見ることが出来て

興味深い

もちろん、「ワンピース」はずっと見続けてるし、子どもが観ている関係で「黒子のバスケ」「ジョジョの不思議な冒険」「弱虫ペダル」「暗殺教室」「フェアリーテイル」なんかも目に入ってきますねぇ


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

でいりーよみもの「新世界物語」61

スマホの調子があまりにも悪く、

シフトの連絡を下さったバイト仲間に迷惑をかけてしまったので
昨日急いでDショップへ修理に……
ところが、店員さんが上手だった(-_-;)
買ってしまった。新しい機種。。。ああああしまったぁ
お小遣いがまたなくなっっちゃったよん
でも、ポイントやら10年割やらで相当お値引きになったのが救い
たはっ、嬉しいけどお財布やばやばです
あ、今日は小説の日、読んでぽちっとよろぴくね

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(61)

>あのさ、イサオ、具体的に何をするつもり?

>敵対している勢力を一堂に会する

>え?敵対している勢力だって?

>まだ決めてないが、例えば宗教とか、例えば民族とか、何でもいい。根深くて長い歴史があるものが望ましい。出来れば、それは皆で案を出し合って決めたい

>でも、無理に集めたら、それって嘘にならない?

>うん、嘘と言えばそうかもしれない。だが、俺は思うんだ。今現在現実でないから嘘だということにはならない。未来に変わる、変えられることなら、それはそれで真実なのではないか?とね

>ただ、集めるだけ?集めるだけなら喧嘩になろうとどうしようと放置すればいいから簡単だよ。でも、そういうことじゃないんだろ?

>ああ、出来れば仲良くでないまでも自然と歓談しているような雰囲気をリアルタイムで流したい。それと合わせて、色々な壁のある者同士の仲の良い絵面をどんどんサブリミナルにアップし続けたい

>絵面の方は、写真のメモリーを世界的に探せば幾らでも出て来るだろうから、キーワード検索でスクリーニング任せで済むから比較的簡単だと思うけど、リアルタイムでの映像の方は、どういう人達を集めるかによって難易度が格段に違うと思うけど?

>ちょっと待って。これにどういうことを期待しているの?

>実現が決して無理ではない、可能性があるということを信じてもらうこと。心に種を植えること。だろ?イサオ

>ああ、そうだ。多分俺らにしかできない。そして、ハッカーという犯罪者の如き言われようをされ続けた俺らも、正義感があるという矜持を守る行為でもあるな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

でいりーよみもの「新世界物語」60

今日は、バイトを交代したのお家にいます

ですが、スマホがうんともすんとも言わなくなっちまったのでs
Dショップに行ってきます(T_T)
なんぼかかるやろ~買い替えかぁ~(-_-;)
しゃて、今日は小説の日、読んでぽちっとよろぴくね

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(60)

 不安が目一杯高まった時に、イサオから連絡がきた。

>どうやら動いた方がよさそうだ

>動くって?

>監視するだけじゃないのか?

>俺ら、体力勝負は超苦手よ~

>いや、俺ら自身はお膳立てをするだけかな

>具体的な案があるのね?

>一つあるが、その前に皆の意見を聞いておきたい

>意見?

>ああ、俺が目にした状況を先ず説明する

………

>こういう現状を踏まえて、一つ布石を打って置きたい。それで大勢に影響があると信じるほどお目出度くはないが、その事実を知って心に疑問、いや単なる引っかかりでよいから感じる人を一人でも多く作っておきたい。それによってすぐ変化することはないだろうけれど、すごく必要だと思えるんだ

>布石を打つ?

>何をするの?

>人の心に引っかかりを作る?

>何に対する引っかかりなんだ?

>皆の疑問は尤もだ。『人は壁があっても乗り越えることも壊すことも出来る。そして、壁だと思っているモノは実は幻想だったのかもしれない』そういう引っかかりを感じて欲しいんだ

>えらく、、、難しくないか?

>一回だけで?

>先ずは一つだ

 漠然とした話しに、暫く、PC画面から文字が消えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

でいりーよみもの「新世界物語」59

台風一過あで昨日はあちちでしたね~

でも、お空は5月らしい綺麗な青色♪
暫くこんな風に平穏に日々が過ぎてくれると嬉しいな(*^-^)
しゃて、今日は小説の日、読んでぽちっとよろぴくね
と~まは午後バイトに行ってまいりまぁす(*^ω^*)ノ彡

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(59)

>人間てすごく安易なのよ。見た目がモノを言うの

>ネットの中では目から入る情報は制限されるから、案外そういう不平等は起きにくいし、壁も感じないよな

>そう、ブサイクとか、貧乏や金持ちとか、肌や目の色が違うとか、って見えてることばっかり

>女とか、童顔だとか、背が高いの低いの

>どーでもいいよなぁ

>あら、子孫を残すと言う意味では大事かもよ

>子孫を生み育てるのを守るには、頭脳じゃね?

>そういうことなら、主義主張が違うとか、国や所属が違うとか、教育程度とか職業とか?無関係じゃない

>まあ、いずれにせよ、グループを作って囲って区別しようとするという点では同じだよな

>それが、何かの脅威から守るためというなら分かるのだけど、何時の間にかその囲いや壁に価値があるように勘違いするようになるんだ

>人が幸せになるのに、本当はそんなものは一番大事なことじゃないよな

>そう、大事じゃない。違いはあるというのはあくまでも出発点に過ぎない

>違いがあるからその違いを認め合って、それぞれが少しずつ譲歩して我慢はするが納得して生きて行ければな

>本音は自分が平和で幸せならそれでいいんだけど、今の様子じゃそれが無理そうだものな

>ほんと、隠遁するのが最大の目標だったのになぁ

>正義の味方は柄じゃないのに

 監視の合間を縫って延々と送受信を続ける彼等は、実のところ外界と隔絶したところで生きて来たために、監視先の風潮に不安を覚えずにはいられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

うら…うら…なこと(36)

やれやれ、お天気ばかりは誰のせいでもないけれど

5月とは思えない天候に振り回されました

皆さん、大丈夫でした?

しゃぁて、今日はお子ちゃま話

のほほん長男君の話題です^m^

 

うら…うら…なこと(36)

☆長男話「がっつかなくてもいいよ」

 さて、古より兄弟が多いと、食卓は荒れる

テーブルの惨状を言うだけではありまへんが、

男兄弟がいるなら誰しも見かけたことはありますよね~

それはそれは、すんごい勢いです、、、がつがつがつがつ

相撲部屋顔負けですねん

豚肉の焼いたのを山盛り大皿で出して置いて、

テレビでも観ていようものなら、振り返った時には

1切れを残すのみ、、、なんてザラでごじゃる(-)はぁ

なので、どいつもこいつも特に真中のおかずを食べる勢いがはんばねーの

行儀悪いなぁ、お下品だなぁ、とは思ってるけど

ま、元気ならいいかと、放置~(躾がなってない?)

ところが、最近デート中に彼女に表題の一言

そりゃぁ、そうだ

以来、彼女とはゆっくり食べるようになったとかならないとか

お幸せなことで、、、、でぇ~

 


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

でいりーよみもの「新世界物語」58

台風が接近中?この経路はまるで真夏じゃん

5月ですじぇ。ほんとは早月晴れ~ってうきうきする季節なのに
どゆこと?やめちくれ~
何か夏には干上がってしまうんじゃないかと不安ですぅ(>_<)
気をとりなおして、今日は小説の日。ぽちっとよろぴくね~

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(58)

 イサオの提案は、さざ波のように繋がりのあるハッカー達の中に広がった。痕跡を残さず電波を監視することなど、彼等にとっては児戯に等しい。あっと言う間に、各エリアの代表達の通信手段は監視下に置かれた。

 そんな中での武装集団に対する作戦だった。だから、協力の依頼がイサオに届いた時、近くで具(ツブサ)に観察する必要がある、場合によっては別の提案をする必要に迫られるかもしれない、と一も二もなく快諾した。

「このやり方は本来の方針に反するんじゃねぇのかい?

 イサオのその発言は、それまでの経緯からして必然だったのである。異議を申し立てるような状況ではなかったのかもしれないが、これによってイサオは自分の勘が間違っていないという確信を得ることが出来たのだった。

「意に沿わない場合、足枷をつけた人間を作るのかい?一人?五人?一体何人だ?」

「この取り決めが施行された時の不十分さへの反省を感じないやり方には断固抗議したい」

 更に、イサオの考えを後押しするように、多くの叫びの情報が寄せられた。

「なぜ話し合おうとしない。なぜ力任せに事を進めようとする。なぜ始めから抵抗すると決めつける。時間がかかることがなぜ許せない」

「この所業が人の仕業ならば、私達には選択する自由と説明を受ける権利はなかったのですか。このような姿に変わってしまっては修道院に戻って今までと同じ生活をすることができません。院でのどの作業にも従事することができません。私は存在意義を失ってしまいました」

 その不平等は余りにも不当だから、平等であるためなら何をしてもいいのかと問い続ける必要があるのだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(36)

3男君が、中学の部活にバスケを選んだので

昨日は、バッシューを渋谷まで買いに行きました

履いてみて25.5㎝の型落ちのモノを選びました

それでも、普段履きの2倍くらいのお値段がしました(>_<)

なにやら声がおかしい3男君

長男、2男と同じように成長するなら、声変わりが始まると

足が大きくなって次に身長が伸び始めます

半年と持たずに、サイズアップしそうで、、、、ビクビク((+_+))

学生靴もだぁぁぁぁ(-_-;)

あ、今日はご紹介ブログの日でした

 

綺羅雲母ですじぇ(36

☆韓国ドラマ「相棒―チャクペー」

はい、ミーハーな母ちゃんとしては大好きなテレ朝ドラマ「相棒」と同じ題名なので前から観たかったのよね

割と好きと紹介して下さるユ・アインファンさんもおいでで、いずれ~と思ってたのですが、お正月の番組改編で上手く空いた時間に録画が可能になりました§^^§やったね

子役はいいですね、

「階伯」のイ・ヒョヌくんや「私の娘コンニム」のチン・セヨンちゃん……たまらんなぁ(^-^)♪

育ちが悪くても志次第で立派になるってことが言いたいのか

育ちが悪くても血筋は嘘をつかないってことが言いたいのか

なぁんて穿って観たりする部分もあったけど、概ね可愛いなぁ

と観てたのですが、大人編になってから興味が失速しがちになっていたところへ、別のドラマの関係で録画が無理になり途中まで。

 中だるみはよくあることだし、やはり結末は知りたいな

また機会があったら続きを観よっと(*^_^*)

ありゃ?これじゃ、ちゃんとした紹介になってないですね

たまのことと、おゆるしをばぁ~<m(__)m>オ、オユルシヲ~


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

でいりーよみもの「新世界物語」57

GW期間中、つぶを読んだりブログに訪問したりぽちをお返ししたりがちゃんと出来ませんでした(ノω・、)しゅみませんでした

体力はほぼ復活したので、以前のペースでお返ししていこうと思ってますo(_ _)oペコッ
(といっても、バイトの日などはさぼり気味ですがぁぁぁぁ)
ここのところついてないので、気分一新のつもりやりまぁす
しゃて、今日は小説の日。読んでぽちっとよろぴくなのだc(>ω<)ゞ

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(57)

>どういうこと?

>不平等な大きい人と小さい人の関係は是正されたんじゃないのか?

>うーん、とりあえず勘ってことにしといてくれ。ともかくこれから世界がどうなっていくのか、不安なんだよ

>勘?それじゃ、どう協力してよいのかも分からないわ

>うん?だなぁ。俺は淵議員の運転手という立場上、必要があって早い段階で羊化から解放された少数派なんだ。だから、解放運動の構成員達が、どういう感情を抱いていてどういう行動をとるのかを非常に間近で審らかに観察していたんだ

>黙って?

>そう自分の能力を示そうとは思わなかった。何ていうか優秀な科学者がぞろぞろいて出る幕がなかったってとこかな。まあ、俺自身が胡散臭い集団に属してるし、解放してくれた恩義はあっても、秘密が多くてあっちも怪しげだったっつーのも大きいな

>はっ、イサオの風貌じゃな

>うるせ。でもな、秘密裏に強引に事を進めるとか、とりあえず横一線に平等でないといけないとか、何だか引っかかってな

>そっか、結論はともかく議論がないところには歩み寄りもないってことかしら

>歩み寄れるかどうかは次の問題なんだ。絶対歩み寄るはすがないから、力づくで同じベースにするという発想にうすら寒いものを感じるんだよ。俺の考え過ぎならそれでいいんだ

>分かったよ。協力するよ  >もちろん、私も  >OK

 即座に同意の返信が相次いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

でいりーよみもの「新世界物語」56

まだ食欲は戻ってないですが、ほぼ復活~( ^ω^ )

あ、でも、食欲がこのままだとちったぁ痩せるかな?
ま、いいや、昨日で晴れて52歳になったじょ
あ、婆ぁやんって思った?へへへん、若い52歳のつもりだじぇ
自分で言っているようじゃ、不毛だわね(-_-;)
ま、いいか。今日は小説の日。読んでね~♪

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(56)

 淵議員の自家用車に乗り込んだイサオは、真っ直ぐ知人の自動車工場に運び、自分仕様に内装を変え各種の設備を施してもらった。その後元の家に帰った。

 家に戻っても以前のように寛ぐには、自分自身が小さくなりすぎていて、ぴったりゆったり出来るように誂えた諸々が合わなくっていた。

「まあいい。自分に合うように変えるのはぼちぼちやればいい。だけど、ともかく仲間達と語りたい」

 そう一人言ると、PCの画面をマホガニー製の立派な机の上に引き出した。椅子に膝立ちで乗ると、画面に指を触れた。指紋認証は残念ながらブーッと嫌な音で拒否するので、暗証番号入力になってしまった。サイズが小さいだけで受付拒否するとはいい仕事だなどと、心の中でその技術力を称賛しながら、

「先ずはキーボードを縮小してと、、、良かった。今世紀初期のキーボードダイプでは、一本指で操作する破目に陥るところだった。画面上で縮小出来る時代で助かったな。だけど、ブラインドタッチは直ぐは無理だな。音声入力に切り替えようか?」

 誰にともなく喋り乍ら、イサオの指は芸術的な勢いで画面をスルスルと操作し、仲間達を専用の裏チャットルームに呼び出した。

>よぉ、久しぶりだな。キング・イサオ!

>よかった。無事だったんだな

>生還を祝して乾杯

>昼間から飲んでやがる。あ、イサオお帰り

 一頻り皆の歓迎の挨拶が続き、その興奮が冷めるのを待つと、イサオは宣言した。

>聞いてくれ。これから新政府を監視する体制を作る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

でいりーよみもの「新世界物語」55

少し口に入れられるようになってきたぃ

この調子で体調を整えねばぁ、かぁちゃんが5月病になっちゃうわね(^^ゞ
今日も慌てて更新予約中です
このあと朝の家事が終わったら少し朝寝して午後バイトに備えますぅ
ではでは、今日は小説の日。読んでぽちっとよろぴくね

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(55)

イサオのツイートは更に続いた。

>全員がいきなり試すことはない。とりあえず俺を含めた数人が試しにアンチセコイアとやらに乗ってみよう。それでその結果をこの場で報告する。後の者がどうするかはそれを待っても遅くはあるまい。なるべくそれぞれのエリアで1人が試すようにしよう。エリア毎に事情が異なっているかもしれないからな

>イサオ、考えすぎじゃね?

>でも、本来私達は簡単に社会の陰に隠れることが出来るのだもの。だから、こういうことに乗るか反るかも自由でしょ。もしイサオ達がしなくてもいいと判断したら、さっさと隠遁しちゃいましょ

>悪いな、イサオ。俺達は高見の見物と洒落込んで、酒でも飲んで待ってるからさ。さっさと戻って来て状況を教えてくれよ

>何だよ、お前は新大陸の代表になってくれると思っていたのにな。まあいいや、任せとけ

>あら、あたしは旧大陸の代表になるわよ。イサオ、後でリアルで会いましょ。そして、先に乗った者同士祝杯でもあげましょうよ

>それもいいな。じゃあ、また

 そんなメールを交換した翌日から、イサオと後数人の仲間達とは全く連絡が取れなくなってしまった。

待ち人達は大きい人のまま完全に姿を眩ました。

 

 イサオ・ポランスキーは、その後淵議員の運転手として現れたが、どのネットワークとも交信することなく過ごした。やがて、時は過ぎ、ある日淵議員の自家用車ごと姿を消してしまったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

うら…うら…なこと(35)

昨日の記事をアップの予約した1時間ほど後、

ついに母ちゃんもおえおえが伝染(_;)

1時間おきくらいに6回吐いたら高熱……死にそうだった

よくなってきたような気がして、ごくごくっと飲んだら

またおえおえ~と3回、昨日は散々でした

ちなみに、長兄ちゃんも今朝おえおえしてたから

久々に家族全員に回っちまった。なんちゅーGW(T_T)

今日のアップは無理かと思ったけど、幸いストックしていた素材があるので10分くらいなら何とかなるべーとPCに向かいました

れも、ちっとちらくなってちたぁ、ではでは読んでね~

 

うら…うら…なこと(35)

3男児話「忘れモノ」

 新学期が始まって以来、緊張と焦りで目一杯の3男君

GW後に5月病にならないかと心配してたら

GW初日に早朝からおえおえする病気に。。。真っ白真っ青(-_-;)

バイトから帰って来たらぐったりしてました

回遊魚みたいに動いてる3男君も、この病気で元気なことがより有難くなって5月病にはならないかも~(逆か?)

で、表題のオハナシ

4月の最終週だったかな?

本当に毎朝、どたばたじたばたの末通学していくので

その日も、あわただしく玄関でお見送りし、

暫くして、次は2男君を見送らねばぁ、と

「弁当忘れるなよぉ~。はにゃ?弁当箱がふ・た・つ?のぁ~、3男てばお弁当忘れよったぁ~」

時計をみたら既に電車に乗って3分の1は学校に近づいてしまっている

もう無理ぃ。しかもタクシーで行くには東京の反対側だし、

午後バイトがある日に、学校へ届けに往復したら午前がまるつぶれ……

さっさと届けるのを止めた母ちゃんは、毒づく

「ふふん、これで言わなくてもお弁当を忘れなくなるのさっ」

が、案外上手だった。3男てば、お隣の席のT君に

8時半迄に購買部に申し込めば学校名弁当の注文が出来るよ。お金ないなら貸してあげるよ。500円だから」

という親切な申し出で、お金は自分の手持ちでさっさと注文

腹っぺらしで泣くかな?という母ちゃんの期待を裏切って、ちっとも懲りてない模様、、、

でも、「お小遣い直ぐなくなっちゃからもう忘れない」と真剣な顔してたから、さすがに大丈夫だろうと思っていたら、

GW直前の通学の日には、食べ残した弁当箱を学校に忘れて来た(^^

ただでは終わらない3男君であった(-)

そ~れ~に~し~て~もぉ、

くそ暑い早月晴れの日々、ジワジワと腐って行く中身達

GW明けに持って帰って来たって、洗うのは誰~

母ちゃんじゃぁん(――〆)


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

でいりーよみもの「新世界物語」54

我が家はこの連休てんやわんやになってしもーた(^^ゞ

土曜日に3男君がおえおえ病を発症し、
月曜日の朝、2男君が続いて発病し、
月曜の夜には、父ちゃんがダウンしてもーた
かぁちゃんと長男君はどうなるんだ?やっべぇ?
ひゃー、近所の病院もやってねーじゃん(;´д`)トホホ…
と、楽しくない状況になっちまったぃ
でも、こそこそ更新したりして、、、だははっ
今日は小説の日、やっぱし読んでぽちっとよろぴくね(*^_^*)

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(54)

 

 当局には、不祥事という認識が明確にあった訳ではなく、リンチという悪行を隠すため、事件そのものを秘匿するようやりとりして、こっそり処理したつもりだった。

 しかし、それは秘匿されたままではなかった。そこへ来て初めて、密かに危惧していた者達が行動を起こした。

 

>イサオはこのアンチセコイア計画というのに乗る?

 イサオ・ポランスキーは羊化された影になる以前、実は名の知れたハッカー集団のリーダーの1人だった。表向き、ニートや普通の社会人として生活しながら、裏ネットワーク内で、各種の情報や秘密を交換し共有する、集団と言うには不可思議な集まりであった。国、人種、宗教、経済、政治といった全ての括りと関わりなく、共感と言論を統制されない、ある意味ひどく自由な烏合の衆であった。

 実力が最もモノを言うこの集団において、卓越した能力を有する人間として尊敬を受けていたイサオの意見を仲間達は皆知りたいと思っていた。

 当初それほど邪悪な計画が潜んでいると思いもしなかったのは、この集団の人間がハッカーという一見あくどい犯罪者であるにもかかわらず、案外政治的には純情な者ばかりだったということなのかもしれない。少なくとも老獪ではなかったのだろう。

 だからこそ、イサオのその返信に皆が画面の向こうで首肯したのである。

>俺は先ずは実際に体験してみようと思っている。地球規模の危機に俺達が何もしなくていいってことはない。幾らでも陰に身を顰めることができる能力はあるけれど、1人の地球人としてそうしたいと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(35)

GW、いかがお過ごしですか?

かぁちゃんはね、おさんどんしてます

合間にPCでぽちしたり、ブログ読んだり、自分のブログ書いたり

ある意味、優雅な主婦してます(早起きしなくていいんだもん)

んで、今日はご紹介感想ブログの日だよん。楽しんでね~♪

 

綺羅雲英ですじぇ(35

☆韓国ドラマ「秘密」

土日にやってる韓国ドラマの放映の時間は結構観てます

「乱暴なロマンス」「親愛なる者へ」など沢山ここで観てました

今回のは、少し復讐色があって苦手かもと思ってたのですが

復讐のつもりが愛に変わって行ったチソンさん演じるチョ・ミニョク

 ボスを守れ、大風水、で拝見したことがある方ですね~♪いずれも笑顔が印象的でした

復讐されながらも惹かれて行ったファン・ジョンウムさん演じるカン・ユジョン

 私の心の声が聞こえる?はよかったですぅ、ゴールデン・タイムでは女医さん役だったっけ?

身代わりにたなってもらったお蔭で壊れて行ったペ・スピンさん演じるアン・ドフン

 朱蒙、風の絵師、トンイ、私の期限は49日とキーマン的な役が多い気がする

振り向いてもらえない愛ゆえに狂っていったイ・ダヒさん演じるシン・セヨン

 千年之愛、太王四神記でお見かけしたはずで、モデル出身の超美女

ともかく四人の生き様が哀れで哀しくて観続けました

 ラスト急速にまとめた感じもしましたけど、4人がそれぞれ緩やかに幸せな感じで終わったのは救いがあったなぁ

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

でいりーよみもの「新世界物語」53

感情がぶれる

理性的な判断と抑制のきかない感情の間で揺れる
そうだ、自己流だけど座禅しよう
頭の中を真っさらにしたいな
今日は小説の日。読んでぽちっとしてね~♪
(興味のない方は無理せずスルーしてくださりませね)

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(53)

 突然の大きい人の出現に懼れ慄いた街の人々がとった行動は、リンチといっても過言ではなかった。寄ってたかって痛めつけられ、血だらけの瀕死状態で病院に担ぎこまれた修道士達は、治療された後に、何の同意もなく小さい人にされてしまったのである。

 目覚めた時の彼等の言葉に心が動かされた医療従事者は、いたとしても表沙汰になることはなかった。

「神のお怒りではないということでしょうか。神のご意志ならば何の理由もなく天災が起きたのを受け入れるのと同じように、黙ってその事実と向き合うでしょう。ですが、この所業が人の仕業ならば、私達には選択する自由と説明を受ける権利はなかったのですか。このような姿に変わってしまっては修道院に戻って今までと同じ生活をすることができません。院でのどの作業にも従事することができません。私は存在意義を失ってしまいました」

 全世界の人々がそうすべきことだから、許可や同意など必要なかっただろうか。偶々知らないままでいたことが、瀕死状態になるまでリンチを受けなくてはならないことなのだろうか。何の武器も持たず何の暴力性もなかったであろう修道士達に、一体どれほどの脅威があったというのだろうか。

 もし、あの本部長の問いを世界を変えようとした小さい人々がきちんと租借していたなら、こうした事態にもう少しましな対応ができたのではないだろうか。過去にもしもを冠して仮定したところで、現在が変わる訳ではないけれど、出だしの検討不足を思わずにはいられない。

 事件は、しかし、余り世に知れ渡ることなく隠蔽され、その修道院には秘密裏に人と機材などが派遣され、全員が強制執行の対象となってしまった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

でいりーよみもの「新世界物語」52

2はははっ、もうドールデンウィーク真っ只中だよん(^^ゞ

って、思ったら夏休み?あだあだ、早すぎるよ~
何かいいことあるかな~へへへっ
お誕生月は、毎年何となく気分が昂揚しちゃいますの
おほほほほっ
今日は、小説の日です。読んでぽちっとしてね~(○゚ε゚○)チュッ?

新世界物語

作:二ツ木 斗真

始まりの話(52)

 多絵達が違和感を残したままでいたように、勝利に酔えない者が他にも少数ながらいた。

 最も激しい流血戦が繰り広げられたエリアでは、古い歴史的にも巨大な帝国が築かれた場所だったが、複数の国々が協力した軍隊のせいで戦線が激化した。

そのエリアの連合軍の最後まで抵抗した中隊の若い将校が、捕縛されながら咆哮した。

「なぜ話し合おうとしない。なぜ力任せに事を進めようとする。なぜ始めから抵抗すると決めつける。時間がかかることがなぜ許せない」

その叫びに近い問いが報告されても、世界全体で得られた勝利の喜びの中に在って、その意味を深く考える者はいなかったが、やはり多絵達同様漠然と心にしこりを残した者達がいたのである。

 小さな歪を残したまま、世界中の人々の縮小化が進み、小さい人であることが標準化され汎化された。連絡の行き届かないような未開地や遠隔地、外界との交流を途絶したような組織・団体の人々を除いて。少数派が残っていたが分かったのもまた偶然ではあったが、流血の闘争の末制圧した地域に出没したがために起きた不幸でもあった。

 ある宗教団体の俗世と隔絶した場所にある修道院の修道士達が、十数年ぶりに必要があって下山して、街に来たことが発端であった。

 双方驚いた。街の人々は既に小さい人に標準化していたし、修道士達はそういう諸々の事実を時系列的に全く知らない状態であったために、小人国に迷い込んだガリバー的な恐慌状態に陥った。

 修道士達のパニックが事態を象徴していた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »