« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(9)

昨日の昼食時、美味しそうな卵の誘惑に負けて、

久々に卵ご飯をしたら、食後気持ち悪くなり

体調不良に……アレルギーでした(;_;)/~~~

後悔先に立たず、、、あ~あ、楽しくない日曜日になっちた

さて、ドラマも10月からのシーズンに突入

しばらく、映画や以前のものをご紹介しますね~

 

綺羅雲母ですじぇ(9)

☆邦画「はじまりのみち」

世界の黒沢と同期の監督で、今も尚映画史に燦然と名を残す

(といっても、母ちゃんが観たことのあるのは24の瞳だけさぁ)

映画監督木下恵介さんを加瀬亮さん♪が

その兄貴にユースケ・サンタマリアさん

お母さんが田中祐子さん、お父さんが斉木しげるさん

リアカーの荷物を運ぶ便利屋に濱田岳ちゃん♪

いい映画でした。うんうん(-)

戦時下の日本で、「陸軍」という映画を撮ったら

検閲官から、「戦地に子を送る母が涙するのが女々しい」

と評され、映画を辞めてしまいます(>_<)

母を兄とリヤカーで50㎞も離れた疎開先に運ぶことを通して

色々感じる……というお話ですが、

何度も、ぐっときて涙しました

まずは、最初に加瀬さんにうっとりすることは間違いないです!

あの昭和の雰囲気~、キャーッ♪♡♪

最後の方で、戦後木下さんが監督なさった作品を

省略してずっと流します。白黒からカラーへ、

知らない俳優さんから知っている俳優さんへ、

ああ、これもか、これもか、、、と物知らずの母ちゃんは感心~

同時に、愛する人がどんな形であれ戦争に巻き込まれるのは

絶対嫌だな

夢にみたことをかなえることが出来る世界であってほしいな

サンタさんへのお願いが、

戦争で亡くなった家族に会えることなんて、切ないな

間違っても戦争への道へなんか歩ませないもんね!!

と、意を新たにしてりして。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

うら…うら…なこと(8)

秋のアレルギー月間開始です

洗濯ものをしまったりすると、くしゃみがぁ~

ひーひーひー(;_;)/~~~

また、抗アレルギー薬の飲みっぱなしになります

ああ、あだ、あだ、鼻たりっ

みなしゃまも、お元気でぇ

さて、今日は楽しいぼくちんのお話(^◇^)

 

うら…うら…なこと()

3男話「オレちゃんの野望」

3男君、いい意味で自信がある\(o)/!

勉強が出来ると確信があるわけでも

優秀だと自負しているわけでもないようだが、

「やればできる」なのか「まだやってない」なのか

将来に全く不安がないようである(_;)

小学生なんてそんなもんだろうと、

2人を見て来て、そうと分かっているものの、

親からしたら、いや、昭和の人間としては

この自尊感情が、なんというか歯痒くて・(0)・。ンモォ~

何より「根拠なき自信」がどうも信じられないっ(_)!!

心の中で、あほっ!やらんと出来んわいっ!と何度叫んだことか

でも、時々、妙なことを言うのよね~(^^)wwwww

「ママ、おれちゃんが東大行ったらどうする?」

(どうするもこうするも、それ以前に、ちゃんと勉強するのか?高校に行けるのか?むぐぐぐぐっ)

「うーん、一生懸命勉強すれば行かれるかもねぇ。まだ、今の年齢では何も不可能なことはないかもしれないねぇ」

(あかん、事実を認められるよう、早々に指摘してやるのが大事かもしれないのに、母ちゃんには否定できないじょ。。。)

「ふっふっふっ、東大なら兄ちゃん達もオレに逆らえないね」

(そっ、それが、目的なのかっ(・・?)3男よ、いじましいじぇ)

「学歴では頭が上がらないかもだけど、逆らえないというのはどうかねぇ。どうやっても、君は一生弟だから、頭が上がらないと思うよ~」

「それでも、今みたいにチビ扱いじゃなくなるよね~」

「ううむ、そうね、一目置いてくれるかもねぇ」はぁ~

(い、いや、それより、おれちゃんよ。あんたのその大きいようで小さい野望、ぜってー、中学の中間試験の結果で、あっと言う間に潰えると思うじゃが。。。)

ああ、心の声が現実の声になる日が来るのだろうか?(>_<)

それとも、必要なくなるのだろうか?^m^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(8)

明け方冷えますね~

お風邪など召しておられませんか?

テング熱、どうなってるんでしょうね……

はやく納まってほしいですね

そして、秋を愉しみましょう

食べる裳のも見る物も聞こえる物も、

いい季節ですものね(*^_^*)

 

綺羅雲母ですじぇ(8)

☆NHKBSドラマ「おそろし」宮部みゆき原作

前のブログ「よしなしごと」で、てっきりご紹介していると

ばかり思っていたのですが、どうもコメントなどで

ちょっと触れただけみたいでした

宮部さんの時代小説は、結構好きなモノが多くて

特に「孤宿の人」が一番大好き~♪なんて流れで、

このシリーズも挙げたと思ってました(^^

ま、いいや。この度ドラマになってくれてあな嬉し。

 

くりくりの目が印象的な波瑠さん演じる主人公の「おちか」は、

ある理由で親元に住んでいられなくなって、

川崎から、叔父叔母が袋物屋を営む江戸に

奉公人として出て来ました。忙しくしたかったのね、、、

(♫忘れてしまいたいことが、今の私には多すぎる~♪だにゃ)

1話の縁で、色々な方の不思議な話を「聞くだけ聞く」

という流れになります

その話の内容が、不思議であり恐ろしくもあり可哀そうでもあり。

毎回楽しみにしている、久々の時代劇です

もっと時代劇やってくれないかなぁ~

2時間スペシャルとかでもいいからね(誰への注文?)

 

※続編「あんじゅう」他にもあるのかな?

おっ、因みに「ぼんくら」というシリーズも、10月中旬に

ドラマ化する模様……た・の・し・みだにゃぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

うら…うら…なこと(7)

昨日は夏だったのに、急に秋?です

皆さま、体調はいかがですか?

ふふふっ、ばぁばな母ちゃんは、ついていけぇ~ん

背筋を伸ばして若い振りぃ~♪

そして、水浸しのところへ大きな揺れ……

被害や事故になってないとよいのだけど(ー_ー)

ともかく、ここは、ブログは楽しく更新しましょ(*^_^*)

 

うら…うら…なこと()

2男話「長男~お風呂ぉ~」

あれは、まだ2男君の反抗期が本格化する少し前の中2の頃

我が家では、みんな体が大きいので、基本お風呂には

一人ずつ順番に入ってます(仕方ねぇなぁ(-_-;)

たまに、イレギュラーで3男君がパパや長男、2男と二人で

入浴することはあるけれど、狭いから大体お一人様(_;)

そうすると、どう考えても時間と光熱費が無駄になりがち

そこで、せめてものエコへの取り組みということで、

「次の人を呼ぶのは出る前に湯船に入った時、、、」

というルールにしてるわけです

ほんのぽっちり電気代やガス代が節約できるかも??な程度

だけど、冬場などはなるべく重ねて入りたいところです

でもね~、家はどうもおおらかというか大雑把というか…(^^

母ちゃんが、いちいち「次の人は呼んだの?」と確認しないと

どうもアヤシイ、忘れやがります<(^´)>

それで、2男が上がった時、いつものように

2男、こらっ!誰も入ってないじゃん。長男に声掛けたの?」

と、注意したら、「呼ん……よぉ」といかにもしましたな答えの後、

ちょっと小さめの声でやさしぃく

「長男~、次、風呂だよ~」

なぬっ?呼んだって言ったじゃぁん?

しかも、今頃のタイミングなのかっ?

長男に聞こえるのかっ?

まぢかっ??(_;)

父ちゃん、母ちゃん、3男君は、じーっと見た挙句

ぶーっプププッ (*^^)o==3

そうきたか……

(^w^) ぶぶぶ・・・

思い出すと、可笑しいからゆるそう~

家族みんなで大笑いしたので、後日3男君が

まねまねして、2男君をそのように呼んだけど

受けなかった……(>_<)ざんねんっ

身体も小さいし、反抗期でもないし、2番煎じたし、

意外性がひとつとしてなかった3男君であった(-)ぷっ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(7)

昨日は、久しぶりに家族5人が朝から揃ってたぁ

子どもが大きくなると段々そうなるんだろうから

嬉しいような淋しいような……

まずは、みんなだらだら朝寝(^◇^)

って、折角揃ったというのにねぇ

まあ、平凡な日常こそが愛しくて楽しいってことで

さて、本日もほぼだらだらしつつ、ブログ更新~♪

 

綺羅めくモノ(7)

☆洋画「インセプション」

レオナルド・デュカプリオ主演

実は、レオ様に興味を抱いたことが全くなくって

かの「タイタニック」を始め、色々観てないですねぇ^m^

これは、長男君が今一番好きな映画だと紹介してくれました

実際面白かったですし、レオ様がいいお味~(^^)

お顔は特に好みではないですが、素敵な役者さんですねぇ♪

 

えーっと、内容はね

記憶を操作できる技術が確立した近未来

他人の夢に入り込んで、考えとか記憶とかを盗むお仕事をする

レオ様演じるドムくんは、妻殺害の容疑者で

子どもに会えないという現実に苦しむ男です(T_T)

その容疑というか犯罪歴を抹消することを条件に

ものすごく難しい依頼をグループで引き受けます

「夢」に入り込むので、現実の時間とか条件の制約がある中で

しかも、自分の記憶も曖昧になるなんて邪魔が入る中で

成功に向けて猛スピードでことは進みます

すごくドキドキしました\(o)

何回も「ひゃっ」って驚きましたよぉ~

面白かったぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

うら…うら…なこと(6)

こらこら、暑いじゃないの

寒かったり暑かったり、勘弁しとくれ~(T_T)

昨日は、3男君が水泳記録会なので、参観~♪あちあち

着々と、小学校卒業に向けて、各種行事が終わっていく

淋しいけど、もう小学校は充分な母ちゃんなのよね

自分のためには6年しか通ってないのに

子ども達に付き合って14年も行ったもんね~

えーと、次は学芸会かな?

って、言いつつ号泣するに違いない母ちゃんだけどね。。。

 

うら…うら…なこと()

☆長男話「前髪ぱっつん事件」

子どもの髪って、理容院や美容院に行って切ります?

家は、母ちゃんも節約して、もう何年も美容院に行ってないから、

当然、小さい時からパパママ床屋です、、チョキチョキ

(流石に現在、大学生と高校生は床屋さんですが……(-_-;)

あれは、長男が間もなく1歳の声を聞くという頃

赤ちゃんの髪は、中々伸びないので

2回目か3回目の散髪でしたかね~(゚ー゚)ニヤリ

本人はじっとしてないし、母ちゃんも不器用だし

かといって前髪は目に入りそうだし、、、で、

仕方なくママ床屋となったのですが、

じっとしている瞬間を狙って、さっと切る、を

繰り返して、最後前髪です

大体想像できちゃった?( ´艸`)ムププ

そうなんです。くしでぱっと持ち上げた前髪を

さくっと切った!やったぁ、一発で成功!

と、喜んだのも束の間

ああっ、いかにも前髪ぱっつん、市松人形状の前髪(-_-;)

ちょっと「でこちん」な赤ちゃんだった長男君てば、

どう見ても、昭和初期のぼくちゃんです(いえ、ダメってわけでは)

自分でやっといて何ですが、笑い転げた。。。。

(><)ノぶぁっはははっははは♪wwwwwww

でもね、1歳児にも体面つーか、沽券つーか、あるのねぇ

お腹を抱えて笑う母ちゃんの横で

声を上げて泣き始めた、。゜(>д<)゜。ぅぇ~ん

「ごめん、母ちゃん悪気はないんだけどね。すんごく、かわいいよ」

なでなで、ぎうゅっo(^-^)oo(^-^)o

じゃが、誤魔化されてはくれなんだ(_;)

1歳児のプライドをずたずたにして、母への信頼?を失った瞬間だった?

ずーっと、忘れられてなかったようで。

「前髪は、絶対パパがやって」と

パパママ床屋の18歳まで、拒否された続けた母ちゃんであった

恐るべし1歳児のマイナス記憶!!

(>▽<)oきゃはははっ!(なぬっ?笑い事じゃにゃい?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(6)

風邪をひいてしまい、だるだるの土日でした

代々木公園に近づきもしてないのに

自分自身もかかったのでは?と不安になるくらいですから

周辺に少しでも近づいた方々の不安たるやいかに?

と思う一方で、以前、新型のインフルの時の騒ぎを思い出し

デング熱が、パンデミックを引き起こすようなことに

ならないよう祈りたいです

そして、事態が早々に収束することを切に願っています

では、更新~♪

連続で韓流ドラマですが、、、

 

綺羅めくモノ(6)

☆韓国ドラマ「チャン・オクチョン」BSジャパン

「トンイ」をご覧になったことがある方は、

禧嬪が大層な悪女に描かれていたので、

同じ人を扱ったドラマとしては違和感があるかもしれないですが、

ユ・アインさん(きゃーっ♪)演じる粛宗

キム・テヒさん(お綺麗よぉ)演じる張禧嬪

恋心を中心に見て行くと、周囲の思惑に振り回されてはいるものの

結構純愛なので、ときめきますぅ(=v=)ムフフ♪

政治的な駆け引きも中々面白かった

(゜ロ\)(/ロ゜)/どないなんねんってな感じで。

欲を言えば、史実をもう少し丁寧にこのドラマ風に解釈して

描いてもよかったような気がするし

韓国ドラマ流の脇役さん達を生き生き描くシーンがあっても

よかったような気もするなぁ(^_-)-

まあ、要するにもっと観たかったじぇ~、なのだ

だってね、アインさんが主役級なんですもん♪

主役は題名のオクチョン訳のテヒさんですものね

あと、本国ではテヒさんの演技力が随分こきおろされていたそうですが、

いえいえ、とっても存在感たっぷりの

つえ~こえ~女を演じておいででしたよ~(^^)

少なくともマイプリとかのかわいいお姫ではなかったですもん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

うら…うら…なこと(5)

2男、3男の学校が始まり、

朝は早いけど、リズミカルな生活がやってきた

あー、これで大学生がちゃっちゃと行動してくれたら

もっと優雅な奥様になれるかも~はぁ

それでも毎日は過ぎてゆく~

本日はブログ更新の日

つまんない母ちゃんの話ですが、、、、、

 

うら…うら…なこと()

☆母ちゃん話「ぎっくり腰」

白犬「お父さん」が涙目で、痛みを訴えているソ○トバンクのCMを観て

6月中旬になった5年ぶりくらいの本格的なぎっくり腰を思い出したっ

初めてなったのは、2男君が1歳半近く(既に10年以上前やぁ)

彼は年齢に比して大きい子で、この時期体重は既に15(^^

それでもその年齢なりに甘えっ子で

しょっちゅう抱っこをおねだりしてきたので、

ご要望にお応えするとなると、腰にかなりの負担が……

腰の疲労がピーク時に、満杯のスーツケースを持ち上げて

ギクッ!いやぁ、全く立てなくなったo(TTo)

全ての家事が滞り、子どもの声や足音が腰に響いた(~_~;)

以来、癖になり、くしゃみを始め意外な行為でなることも知った

毎年、特に冬から春の季節になることが多くて

対策や対応を学ばざるを得なかったなぁ~(_;)

初日と翌日の対応次第で、その後が決まることも分かった

それで、5年ほど前になったのが重いぎっくり腰の最後のつもりだったんだけど、6月に久々にやっちまった

5月頃から、外出時に3男君がまとわりつくようになって

先ずは左足を痛めた

それをかばっている内に、腰、特に左側に違和感が……

気をつけていないといけない状況だったのに、別のことに気をとられ~。

酷いじんましんが出て、頭痛と下痢に対応している最中なのに、

サボっていた冬の布団をしまっていたら、ぎっくり。ぎゃおす

立ち上がるのにどんだけ~なくらいもがくし

寝ても、寝返るを打つ度に目が覚めるし

痛み止めを飲んでも痛いし、足は上がらんし

座ってもいられないし、ほんと困ったよぉ\(o)/!

 

ぎくっときたら、全ての活動を一旦止める

ゆっくり歩く、段差は痛めた側をかばって

そして、初めは痛み止めを飲まずに、仰向けに寝て両足を曲げて

ゆっくりほんのぽっちり腰を上げてみる

痛い部位を探るのと、ストレッチの最初の段階

痛い部位が分かったらそこにシートを貼り、

がっちりウエストニッパーなどを巻く。

血流がよくなるビタミン剤や肝油ドロップで体調を整えつつ、

痛み止めを飲んでも良いが、通常営業は決してしない!!

出来れば、2日目までは寝ているのが望ましく、

微かなストレッチを負担がかからない程度に行なう

こうして、ぼちぼち活動するのがいいのよね

これで、長らく上手く行っているんですよね~

だけど、それでも2週間はゆっくり営業です

ああ、そうと分かっていたたのにねぇ

とっても辛い6月でしたぁ~。゜(>д<)゜。 

酷暑の後、急に身体が楽になる秋も、要注意ですよぉ~

(お金と時間に余裕があるなら、病院行った方がいいけどね(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

綺羅雲母ですじぇ(5)

土日は、ぽちもいいねもできず、失礼をば~<m(__)m>

一昨日は夏休みの宿題の仕上げをチェックし、

昨日は、3男君が模試でお出かけ。3男づくしどした(・。・;

だんだんお受験が本番間近になりつつあるんだけど、

何だか、へへへんな3男を見ていると

まぁいいかぁという気持ちが強くなってきちゃう

でも、センター試験じゃなくなる世代なんですけどねぇ

ま、子どもは子どもということで、母ちゃんにはブログぅ♪

 

綺羅雲母ですじぇ(5)

☆韓国ドラマ「サメ~愛の黙示録~」

ずっと感想保留にしてき韓国俳優さんがいます

このドラマに出ているすごく有名な人なのに感想がないなぁという

ことを、韓国ドラマファンの人ならお気付きかと思うのですが、

キム・ナムギルさんです♪うふふ

始めて観たのは「赤と黒」

このドラマは復讐モノで、3話くらいで観るのを止めました

というのも復讐モノが苦手だった上に(-)

この方をとても怖いと感じて、観ていられなかったから。

それが、役柄のせいなのか別の何かなのか、ずっと?でした。

次に観た「善徳女王」でも重要な役柄でご出演~

とても美しい俳優さんと思うと同時に、やはり怖かったんですね

それで、有名な方にも関わらず何も書かなかったのですが

この作品でそれが変わるかもしれないと見始めました

 

作品自体も、結構残酷な仕打ちで復讐心を形成した主役の

ヒス(ナムギルさん)が、色々な事実と向き合いながら、、、

愛と復讐心の狭間で、もがき苦しみながら、、、

行動を起こすところへ、相手の対応がミステリーを呼んで

誰が味方で敵なのか入り乱れ、次回を早く観たいと思うくらい

面白いものでした(^_-)-

そうして、ナムギルさんは、演技がすごく上手な俳優さんなので

その役にすっかり入り込んでいらして怖かったのかな?と

思いました。だって、この作品では、怖いというより

可哀そうな方が強かったような気がするんですよね~

そんな役柄でしたもんねぇ(¨)(..)(¨)(..)ウンウン

もしかして子役さんが良かったのもあるかな♪

またまた気になる俳優さんが増えてしまった(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »