« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

よしなしごと(50)

よしなしごと(50

「よしなしごと」の掲載もついに50回目を迎えました。長いこと読んで下さって本当にありがとう!!

さて、回数も丁度よいので一旦連載を切り、とも思ったのですが、やっぱ100回まではやりたいなぁ、心機一転したい気もするけどアイデアもないし…と頼りない母ちゃんですぅ。どうやらこのまま継続するかもですが、これからもどうぞよろしくお願いいたしますよ

(^0^)ろ(^◇^)し(^▽^)く(^ο^)ね(^ー^)

 

☆韓国ドラマ「隣りの美男(イケメン)」

 もうテレビ放映は終わったのですが、美男ですね」ですんごいキュートな女の子を演じたパク・シネちゃんと「製パン王キム・タック」のユン・シユンさんが主演の表題のドラマが面白かったです。

 10代の哀しい過去が原因で引きこもった女性を、年下のアクティブな男性が外の世界へ連れ出すお話なのですが、2人ともとっても魅力的でした。ちょっぴりもどかしい2人の恋に胸きゅん♪でした。

 

 

☆3男児話「ママと呼ばないで!」

 先日、3男くんの保護者のランチ会に出席した時に、親のことを何て呼ばせているかということが話題になりました。特に男児は、「ママ」と何時まで呼ばせるかというのは、気になるお母さんが多いようでした。上2人の時にも話題になったなぁなんて思いながら、と~まん家の話をしましたプププッ (*^m^)o==3

 

 家は、長男君もいまだに「ママ」でごじゃる(^^ゞ。彼女を家に連れて来るようになれば、さすがに変わるかもしれないけど、下2人いれば家の中では何ら不自然を感じないようで、外では「母」やら「お母さん」やらと使い分けつつも、「ママ」が抜けない…

 高校2年の時、同級生が遊びに来た時、なんの疑問も感じず

「あのさ、ママ…」と話しかけて来て、母ちゃんは大赤面…(-_-;)

「俺、全く気にならないよ」(それでいいのか、マザコン!長男…(^^ゞ)

ママと母親を呼ぶ世の男性をマザコンだと確信していた20代の母ちゃんの話は、止めておいた方が無難なのか…、話して自覚させるべきか…┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 2男君も家の中では、「ママ」でごじゃるが、彼はちょっと兄ちゃんよりは早くに「母さん」となるかもしれません。外では「母」か「あの人」と呼んでいるようなのでね~(あの人ってどうよ~( ノД`)シクシク…)

 

 そそっ、もちろん3男くんは、どこでも「ママ」でごじゃる。幸い感想文など学校に提出するものには「お母さん」と表現しているようなんだけど、「ママ、大好き~♪」と抱きついてくる彼を見てると、兄ちゃん以上に「抜けない」感いっぱい…(ノ∀`) アチャー

 何度も言うようですが、3男くんは小5…(^^

(大丈夫なのか??ん?その前に長男君の心配をしろってか?)

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 

そうは言っても、「おふくろ」とか呼ばれた日にゃ、急速に老化しちゃいそうで、母ちゃんが嫌なんですけどね~(もしかして一番の問題児?はあたち?)

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

よしなしごと(49)

これから、2男君の学校で、3者面談があるので、

お天気が心配…(;´д`)

だってさ、昨日はと~まん家の近くはゲリラ豪雨に見舞われて

すんごいことになってたの…(((゜Д゜;)))

バイト先なんて、前の道路が川になっちゃて(;・∀・)

中学に向かう坂が川になったら、流されちゃう~

と、妄想で恐怖しながらも、出かける前にアップしとこっと(´∀`*)ウフフ

 

よしなしごと(49

☆韓国小説「ドラゴンラージャ」イ・ヨンド作

 KPOPやらドラマやらは、何かと話題にもなるし有名なのも少なくないとは思うのですが、母ちゃんだけ?が残念なことに、韓国小説の良書とか人気本とかを知りません(´・ω・`)ガッカリ・・・

 たまたま知っているのがひとつあるので、ご紹介しますね~(*´∇`*)

 表題の小説は、図書館の児童書コーナーで発掘したもので、韓国ファンタジー小説ブームの火付け役と言われたもののようです。多分当時中学生の長男君向けに借りたものではなかったかと思うのですが、と~ま家では、今もなお、兄ちゃんが繰り返し読み直す大切なシリーズで、当時は、母ちゃんもすっかりはまりました(^┰^;)

 日本では、翻訳本が2005年~07年にかけて順次刊行されたので、兄ちゃんが刊行日を指折り数えて待って(あの頃はかわゆかった…(´・ω・`))、12巻まで揃えました。ライトノベルタイプなので読みやすいし、完結してるから、余裕があったらいかがかと~

 

 

☆長男2男話「おっさん」

 長男君は言うに及ばず、2男君も声変わりを済ませて、我が家はすっかり「おやじの苑」と化しているので、3男くんの可愛い高い声は、イライラすることもあるけれど、ほっとすることが多いのですが…兄ちゃん達はね~(##゚Д゚)

 まだ夜が涼しい時分、上2人が些細なことで喧嘩なすった。

 

 そもそもは、2男君が3男くんに声を荒らげたことが始まり。

2男君:3男、うるせー!!俺は受験生なんだ。少しは静かにしろ!

あまりの怒声に母ちゃんもちっとばっかしビックリしたけど、

そこへ長男君が割って入った…吃驚Σ(゚д゚lll)

長男君:黙れ!お前の方がうるせーんだよ。ほっとけ!

ことは、3男くんから離れて、兄ちゃん達二人へと…

長男君:受験生だろうが、関係ねー。甘えてんじゃねー

2男君:口出すんじゃねーよ!お前だって、この間まで、煩いって

   3男のこと怒鳴ってたじゃねぇか!

(に、兄ちゃんのこと「お前」って言いやがったぁ~((((;゚Д゚))))

… 云々かんぬん ぎゃおす~ …

(そおっと、窓を閉めたさ…やくざの家と思われてはたまりませんもん)

 

内容は、たいがい些細なことなんですけどね~

口喧嘩とはいえ、何しろ声がおっさん…

こえ~(´;Д;`)

あんまり怖いので、

母ちゃん、家の中で他人のふりしちゃった!∑(゜∀゜)

3男くん、もうしばらくおっさんにならないでね(´・ω・`)

(ああん?でも、後1,2年だけかぁ~(´・ω・`)ガッカリ・・・)

おっさんの三つ巴なんて、母ちゃん、怖いから~やめてぇ

父ちゃん、滅多に怒鳴ったりしないもん…(T▽T)

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

よしなしごと(48)

15日(月)に、長男くんの高校時代の部活母の会の面々と

ランチ会でした(*´∇`*)

飲んで、食べて、いっぱい笑って

悲しみが癒され、ストレスが解消されました

人と会うことも大切なことですよね~d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

触れずにいるのもどうかと思うので、ちょっと悲しい話題から

 

よしなしごと(48

☆にゃんこの矜持(もすくんの旅立ち)

 先週の金曜日朝640頃、と~まんちのにゃんこ「もすくん」が昇天しました。まるでと~まが看取れるタイミングを待っていたかのように、今日はどう?と声をかけたら、様子が急変し、目の前で逝ってしまいました。

 家族全員を起こして、お別れが言えました。20分くらいは、みんな離れがたくてなでなでしてました。兄ちゃん2人は、自室に戻ってこっそり涙してました。(洟をすする音がしてたもんね…)3男くんと母ちゃんは、ぽろぽろぽろぽろ…。父ちゃんは、急いで焼き場を調べてくれました…

 74日に20歳の誕生日を迎えたばかりでした。人間で言えば100歳を越える大往生です。ここ半年、本当によぼよぼになってしまって、とても写真をアップできる状態でなかったのが、ちょっと残念でしたが、結構頑張った最期だったのではないかと思います。

 腫れものが出て手術したのが大体4年前と2年前の2回。2年前はそのまま通院していたのですが、途中から暴れるは、大鳴きするは、で大抵抗…治療費も嵩み、ちょっと飼い主も疲弊してしまい、2か月と長めに頂いた薬を飲み切って、通院も治療も中止してしまいました。そのまま静かに、と思ったのです。

 だけど、暫くは、とっても元気でいてくれました。

 今年に入ってから、急速に老いてきました。6月中旬からは、段差が上手に上がれなくてトイレも失敗するようになりました。バイトから帰宅すると家の中は、おしっことんこの臭いで充満…。先ずは掃除から…なんて日々でした。

 でもね、彼なりにプライドがあったのではないかと思うのです。まっすぐ座っていられないのに、いつもと同じような姿勢を保とうとしていたし、うっかり母ちゃんの目の前で、しっこを垂れちゃった時はとってもバツが悪そうだったし、餌をもらったことをすぐ忘れちゃうので、あげたふりをすると、前あげた分を少し口にしては、あれ~?食べてたかもなって顔して、何もなかったよな感じで寝ちゃって…

 私たちが、そう望んでいただけかもしれないけれど…それでも、

にゃんこなりの矜持を保ちながら、静かに老衰して逝った気がします。

 土曜日に火葬してもらったのですが、出張中の父ちゃんを除くみんなで送ってあげられました。白い菊とそれぞれが書いたメッセージカードも一緒でした。

 

 

もすくん

やさしくしてくれて、ありがとう

なぐさめてくれて、ありがとう

よりそってくれて、ありがとう

そばにいてくれて、ありがとう

長生きしてくれて、ありがとう

ほんとに、ほんとに、やさしくておだやかなにゃんこだったね

もすくんは、大切な大切な家族だよ

もすくんがいないサミシサが、日に日に沁みて来ます

ほんとに、ありがとね…

もう、みんなの心配をしなくていいんだよ…

 

哀しいお話をアップしちゃってごめんなさい

気分を変えて3男話をひとつ…

☆3男話「給食委員会」

 ちょっと前の話しに遡りますが、

新学期といえば、子ども達が楽しみにしている「係・委員決め」

 楽しみにしている…というのが、と~ま母ちゃんには驚きです。何しろ、母ちゃんの世代は(3無世代とか5無世代とか言われた、無気力、無責任、何だっけ?な子どもがいっぱいで)、面倒くさいことや役柄を回避する傾向が強いから、係や委員は大押し付け大会だった記憶がうすらぼんやりとあります。

 今の子ども達は偉いです。どんなことにも積極的!とってもいいことだなぁ、学校の先生に感謝だなぁ、と常々思ってます。

 さて、今年は何を選んでくることやらと、ちょっぴり楽しみに待っていたのですが、

「今年は何委員なの?」

「給食委員!」(どや顔(●^o^●)??なじぇ~??)

「…?初めて聞いたような気がするけど、何するの?まさか、献立を考えたりはしないよね。栄養士さんいるもんね~。」

「うん、でも栄養士さんに色々聞いたり、感想を伝えたりもするよ。でも、一番の役割は、献立をみんなに知らせること」

「…?知らせる?献立表もらってるじゃん?」

「給食室の前のボードにその日の献立や栄養素を書くのと、クラスで発表したりするんだよ」

「へーっ、そんなことするんだ。」

「でも、誰も聞いてくれない…。」

「あらまぁ、そりゃ気の毒に。栄養価とか身体の何にいいのかとか栄養士さんに聞いて、みんなに教えてあげるとか、工夫してみたら?」

「あー、そっか、聞いてみるよ」

この後、3男君がどんな工夫をしたのか、しなかったのか、聞いてないけど、「食育」という点で大事なことだなぁと感心しました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

よしなしごと(47)

はひぃ、暑いですね~

お出かけせねばなりませんが、中々外に出る勇気が出ません(;^ω^)

ブログをアップしたら、意を決して出てきますぅ

 

よしなしごと(47

☆小説「12国記・丕緒の鳥」小野不由美作

 12国記のファンの方は少なくはないと思いますので、わざわざご紹介するまでもないのですが、短編の発表から先月末の文庫の発売までものすごく間が空いていたので、あきらめかけいただけに本当に嬉しかったです。まだ未購入の方はせひに!長編も執筆中とか…ああっ、ヨダレがぁ~

 で、表題の他に「落照の獄」「青条の蘭」「風信」という慶国の下官にあるような人々のお話を扱ったモノが、同時収録されています。どれも秀作で、本当に考えさせられるし、どうしたらかような優れモノを生み出せるのかと羨望も覚えるし…。

 んで、中でも気になってしょうがないのが、「青条の蘭」。新しい慶国王「赤子」ならどうするか、結果は自分でご想像あれ~ということなのでしょうが、ううっ、小野さん!気になって仕方ありません。史実を読むような気持ちで読んでるので、はぁぅんでごじゃるぅ~~~

 

 

「丕緒の」だけに、つながりって訳でもないんですが…

(あまりにも次元が違いますけどねぇ~あははっ)

☆3男話「それは止まり木…?」

 先日、やぎちゃん家(ブログ「やぎ子と子やぎの生活。時々旦那」:右下のから飛べますよ~)を訪問した際、子やぎちゃんがトイレを大洪水にして用を足すという話をアップしてありました。

んで、ネタになると気がついた…

 3男くんには、前世は鳥だったかも…な過去?悪癖?があります。

 幼稚園の頃、3男くんの後にトイレに入ると、便座カバーや敷きマットがびちゃびちゃなことが多くて、何度も濡らさないよう注意してたのですが、ある時いるのを知らずに開けてしまったら、

便座の上に、ちょこんと鳥のごとくしゃがんでいる姿を発見(_;)

「なんで、また、そのスタイルなん?」………

洋式便所だっちゅうに~、不安定でしょうがぁ~

そら、周囲に影響がないわけがありませんよね~(*´д`;)

「君は、鳥か?」と言いつつ、普通に座るよう指導したことがありました。

 さて、去年のこと(念を押すようですが、10歳でしたよ、彼は…)

ええ、ええ、ご想像通り、きゃつの辞書に「反省」という言葉はないに違いありません。

まだ、「鳥」でした…(~_~;)

もちろん、たまに濡れてましたが、最中に便座が下がったのかな?くらいで、あまり気にもとめてなかったのに、「お~ま~え~は~」でごじゃる。

 近頃は、鍵をかけることを覚えちまって、いきなり開けるというチャンスにめぐまれないので未確認ながら、たまに濡れた便座カバーが洗濯モノに出ていたのは、きっと3男くんに違いありません。んこの時だけみたいだけど、いい加減、「鳥」は止めて欲しい母ちゃんでした…

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

よしなしごと(46)

皆様、こんにちはぁ~(´∀`*)

嵐のような6月を終えて、ちょっち脱力状態のと~ま母ちゃんだすぅ

ぽちやいいねで応援して下さった皆様のブログやつぶやき…これから

ゆっくりお礼参り(じゃなかった)、再来訪しますね~

でもね、やっぱ3男児話はやめられましぇん

またまた、のんびり続けますのでよりぴくねん( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

よしなしごと(46

 

☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」

 NHKのこの時間帯の韓国ドラマ…毎回とっても待ち遠しいです。

始まりは忘れてしまいましたが、近頃では、「トンイ」「王女の男」と豊作♪

んで、今は表題のものを観てたのですが、主人公の女性「ウォル」役のハン・ガインさんの演技にほれぼれです。そして、男優さんは、影のある王の護衛「ウン」役さんがいいですねぇ♪あと、お茶目な内官(MCで有名?)も大好き!

 ちなみに、「ウォル」の子役、ともかく大人気のようで、「欲望の炎」「トンイ」「階伯(ケべク)」…と人気ドラマにあれこれ登場。次は何でお目にかかれるかとっても楽しみです。

 次回は「馬医」だとか…。これも借りてこようかどうしようか迷っていたシリーズなので、とっても楽しみです。チャングム、チュモン、トンイでおなじみの 監督さんがメガホンをとられたとか…。7月7日が待ち遠しいです

 

☆2男話余談

 この前、2男君の言い間違いの多さをネタにしたのですが…

長男君の友人が上をいく…

「とっぺんてってやるぅ」

なんのこっちゃですね~?

彼は、浪人中で模試に対する意気込みを述べたモノですが

分かります?

「てっぺん、とってやるぅ」が正解です

中々やりますねぇ。言い間違い選手権てのがあったら

まじで「とっぺんてれる」かも…(*´∇`*)

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »