« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

よしなしごと(36)

うぁう、昨日3男のヤマハの合同発表会なるものがあって、1日仕事どしたwobbly

普段は、前日から準備して入力のみすればいい状態にしておくのに、

今回は完全に忘れてました…たはは( ̄▽ ̄;)

なので、今日更新しまぁす(´▽`)

 

それにしても、昨日の3男lovely、すごくしっかり弾けていて

「おおっ、成長した!」と思っていたら、椅子chairから立つときに

こけっ(・・;)

何か落ちがつかないと駄目(´Д⊂なんでしょか?

それとも…、行きしなに、手をつなごうとしたら、

「もう、5年生なのにオカシイでしょ(--)

と、母ちゃんを拒絶したバチがあたったんでしょか??へっ(´;ω;`)

まぁ、いいや~bleah

今回は、滅多に登場しなかった長男くんのおはなし…( ^ω^)笑ってね

\(◎o◎)/!前回のブログへのコメ、ありがとうございますぅ

リコメは必ずしますので、少々お待ちを~(´ε`;)

 

よしなしごと(36

☆長男話「Yes,I am do?????

 今でこそちゃんと大学生になれることが決まった長男aquariusですが、ここまで来るまでに、紆余曲折…あれは忘れもしない中12学期末のことです。

「母ちゃん、英語の点が平均点ぎりぎりだったよ」

(きゃつの名誉のために書いておくと、他のものはそれほど悪くもなかったんですがね、英語は、最初からなんだかなぁsadな点数だったんですぅ)

「どれ、見してみな。どんなとこで間違えたの?」

………はぁ??coldsweats01

まあ、あれこれ、ありはしました。誰もが間違えるような、動詞の活用とかから単純なスペルミスまで…。でもね、この間違いは、うむむむむ(´Д`;)

Yes,I am do~???何で、動詞が二つも重なってるの?普通、常識的におかしいって気付くよね~dash

「どうし?」(この?きょとん顔?で気づくべきでしたけど…)

「述語には動詞か形容詞かだけど、形容詞はともかく動詞を二つ重ねるなんて日本語でもないでしょう?『私はするです』とは並べないで、接続詞とかでつなげるでしょう?」

「どうし?けいようし?せつぞく???」

「あぁんdespair?主語述語とか、名詞動詞とか…文法を習ったでしょ?」

「いやぁ??spa

まさか、こんな形でゆとり教育というものを思い知らされることになろうとは思いも寄らなかったですぅ~。小学校から中学のその時点まで、英語ではおろか国語ですら、と~まが子どもの頃習ったようなかたちでは文法をやっていなかったんですよ、彼は…sweat01

 慌てて、基本を教えるところから始めたのですが、いきなり詰め込むのは難しかったんですよね~。あんまり英語が得意でなかった母ちゃんは、英語を教えるのもいまひとつ。他の教科ならよかったのだけど、止まって止まって、進まない~(>_<)。仕方ないので、父ちゃんに泣きついたらcrying、極めて基本の文法の問題集を買ってきてくれて、冬休みから春休みにかけての土日、つきっきりで教えてくれました。やれやれ、よかったbearing。お蔭で苦手とか不得意とかいう感情には縁がなくなりましたけど、そりゃぁ、心配しました。彼の未来はどうなるんでしょ?って。社会に出たとき、絶対必要だもんね~、今の時代…。  

もっとも、それから本格的に勉強してくれるようになるまでには、まだこれから更に色々ありましたけど、何分単純な長男くんなのでね、解り易かったですよぉ(^w^) ぶぶぶ・・・

 彼女が出来るheart04=成績が上がるup → 振られるheart03=下がるdown → 出来るheart02=上がるup

ぐるぐるぐるぐるtyphoon

女の影響甚大sunな男でした…(~_~;)ど~なんでしょ?

 でぇっ、ともかくぅ、だからね、勉強はやればやっただけ身に着くとっても解り易いものなので、判定が多少悪くっても諦めたり、馬鹿だと決めつけたりしちゃいけないと思うのです。うちの兄ちゃん、高2の段階で、合格した大学の判定はDとかEとかでしたもの。成せば成るんですぅ( ̄∇+)vキラーン

全国の受験生及び受験生の親御さん、目標に向けて頑張るのよ~!と~まん家も、今度は2男の高校受験ですから、いっしょにねぇ~(*´∀`*)

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

よしなしごと(35)

先週、不安で不安で(>_<)仕方ない余り、明るくない言葉を掲載しちゃったのですが、急転直下…事態はと~まの不安を他所に一気に変わりましたsad

 義父が、3月14日に静かに息を引き取りました(´・ω・`)

週末にかけて、お通夜、本葬とてんてこまいで、じっくり考える時間がなかったのですが、終わってしまうと、親の年齢から目を逸らしていた自分と向き合うことになりました。
 まだ、今年81歳の義母、同じく81歳の父、77歳の母と高齢の親がいるのです。どうしたらよいのか、どうするのが自分を追い詰めずにすむ方法なのか、介護と向き合っている皆さんのブログをもっと丁寧に読ませて頂きながら、じっくり考えようと思っていますフムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!

 さあ、そうは言っても、人生は続くし、こればかりではありません。深読みし過ぎたところで、その通りになるかどうかなんて誰に分かろうはずもありません。何より、真面目なことも人生の大切な一部ですが、と~ま母ちゃんらしいのは、元気で明るいことでしょ~happy02。気持ちが暗くなりがちな時は、やっぱり3男話に限ります♪むふふふふ( ´艸`)となって頂きましょ♪

 あ、それから、前回のブログへのコメントはこれからリコメントしまぁす

 

よしなしごと(35

☆3男話「おなら星人」

 我が家は、元々と~まが野菜bud好きだったせいなのか、男児達の割には野菜料理が大好きdelicious。なので、ブログのお友達が美味しそうな野菜料理を紹介して下さっている時には、やってみずにはいらせません。先日も、mohさんち(右のブログ紹介と~まの大好きブログの「いつも家内安全!」ですよぉ)のおとちさんがお作りになった「キャベツのステーキ」に一目惚れして早速作ったところ、全員に大受け!( v^ ) オイチイ♪すぐさまキャベツが安い時の我が家の定番入りです♪(おとちさんありがとう!!)

って、話がずれてしまいそうですが、そんな野菜好きなために、多分他の家のみなさんより腸に空気が溜まり易いのではないかと思うのです。だってね、全員便秘にはなりにくいし、結構おならをしますbleah(食事中ならばすみません~)中でも、3男のおしりはおしゃべりが過ぎるのです。これがもう半端ないっていうかぁ

 しゃがもうとしてぷっ。着替えながらぷぷっ。歩きながらぷぷぷっ。

それが、もう、笑いがとまらなくなることに…

長男が中高と部活でテニスを、2男が中学で水泳をやっているので、どうも同じモノをやりたくなくて、色々チャレンジしてみたところ、バトミントンが一番気に入ったようで、小学校のクラブでも選択し、家でも土日には兄ちゃん達につきあってもらってバトミントンを愉しんでいます。

 先日、受験が終わって時間が出来た長男につきあってもらっていた時のこと。

後ろに下がりながらショットしようと、タッタッタッと軽快なステップで下がったところ、そのリズムに合わせるように、プップップッと。もうそれで本人可笑しくて可笑しくて笑いが止まらず、家に駆け込んで来ました。

「ママぁ~、あのね、」後はもう言葉にならないくらい笑い転げて

キャハハ!!ミヾ(^^*)(=^^)ツ彡アハハ!!

 そうして、その話をしようと笑いながら、プップップップッ…際限なく…

この連続技は、ギネスに乗るんじゃないかしらん…ねぇプププッ (*^^)o==3

それにしても、このおしゃべりおケツ(^w^) ぶぶぶ・・・

何とかなりませんかね~

 その後、すっかり家族からは「おなら星人」扱いになったのは言うまでもありません( ̄▽ ̄;)

(かっこよくないとこがお茶目な3男らしいでしょ?)

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

よしなしごと(34)

すんごい風(||´Д`)o~

皆様ご無事ですか?

洗濯物が何度も落ちたので、とうとう家干しに…(_ _|||)

さて、家の事情になりますが、舅が倒れ危篤状態になりました。

その後少し回復したのですが、介護が必要な状況で

まだどうなるか先のことが分かりません。

とりあえず、今まで通りの生活をと~まと3兄弟は続けることになりましたが、

この日曜日にも日帰りでお見舞いに行ってきました…

目は覚めてますが、意識があるのかないのか…まるで赤ちゃんのようです。

父ちゃん自身とお姑さんが納得出来るように、父ちゃん、今踏ん張ってます。

この先どうなるのか分かりませんが、夢は捨てたくないし、ココにもいたいです…

なるべく楽しくブログの更新も続けるつもりなので、

どうか変わらず仲良くして下さいね(´・ω・`)

追伸;うっかりご報告を忘れちゃうとこでしたぁ

長男第1志望残念でした…精一杯の高望みをしたので、今はやりきった感でいっぱい♪

春から大学生~♪入学式前に英語のテストだってさ。

今日日の大学生は遊べない~( ̄▽ ̄;)

 

よしなしごと(34

☆TVドラマ「カラマーゾフの兄弟」原作ドフトエフスキー

 と~まは、時代劇でも現代物でも、恋愛モノでも刑事モノでも、ドラマは怖いとか重いだけのものだと、ちょっぴり苦手(´・ω・`)なのであんまり観ません。大抵、キャラがお茶目happy02だったり、脇役が面白かったりhappy01するものを観ます。

 だから、今シーズンも、「泣くな、はらちゃん」とか「まほろ駅前番外地」とか、つい「ふふっlovely」となっちゃうものをピックアップして観ています。その中で、ちょっと異色wobblyなのがひとつ…

 実は、表題のドラマは暗くて怖い「父親殺しの事件」を扱ったものの上、お茶目な要素もコミカルなシーンも一つもないドラマなので、普通だったら第1話を観て止めてると思うのですが、今回は配役がとっても良かった( ´艸`)ムププheart04

 3兄弟…、お人好しで騙され易い長男が斎藤工さん、優秀な弁護士で切れ者の二男が市原隼人さん、純粋で優しい三男が林遣都くんなのですが、それぞれがとってもよくて、ついつい毎回観ちゃってます。もちろん、脇役陣もいいお味なんですね~(´∀`*)ウフフ。

名著と呼ばれる原作本を読んだことがないので、結末がすごく楽しみな母ちゃんです

 

 

☆2男話「我が家のパルタ」

 長男から数えると、乳幼児と呼ばれる年齢の子どもが、と~まン家にいた年数はかれこれ10年はあります。その間、ずっと某国営放送教育チャンネルtvの幼児番組にはお世話になったのですが、結構と~ま好みのキャラクターも沢山いました。

ブーバーガー、ニャッキ、カペリート、おしりかじり虫…

その中に、白い紙でできたロボット「パルタ」のシリーズがあり、それを思い出す2男話を、長男経由で最近耳にしました。

 と~まン家の2男くんは、気は優しくて力持ちなでっかい中学2年生なのですが、家では3男とぎゃーぎゃー大騒ぎして、時には3男にいらついて怒鳴ったりもするので、外で見せている姿とは随分ギャップがあります。もちろん、この前アップしたみたいなこともある、ごく普通の中2だと思います。でも、聞くところによると、学校schoolでは穏やかで真面目で物静かな優等生っぽい奴のようです。内弁慶とも言うでしょうか?

そのため、同級生の中では少し大人smileに見られがちみたいなんですが…

先日、給食をちょいとおかわりし過ぎて、うっかりげっぷ( ̄▽ ̄;)をしちゃったらしいのです。その時近くにいて目撃したクラスメイトがぽつり…

「2男くんって、人間だったんだ…」

(オレってロボットだと思われてるの?)と…

ロボコップか?な言い様だけど、多分その子にとっての2男君は、少なくともクラスメイトというイメージではないんでしょうね~

我が家では大笑い( ´∀`)になりましたけど、何とも強そうです

 ただ、2男くん、ぽにょぽにょheart01した体型なので、決して強そうなイメージじゃぁないのです。ターミネーターのようなのとはまったくもって違います。そこで、イメージしたのが「パルタ」だったのです。今も放送しているキャラクターかどうかは分からないけど、何となくぽややんariesとした雰囲気が2男くんに通ずるところがあるように思うと~ま母ちゃんなのです。(あんなに華奢でも小さくもありませんけどね~o(*^^*)oあはっ♪)

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

よしなしごと(33)

ああ、いいお天気ですね~happy02

雪の多い地方は、雪崩注意報が出ているとか…どうぞお気をつけて

さて、明日は長男の卒業式と第1志望の発表があります

どっちも、号泣ヽ(≧Д≦)ノ するに違いないと~まです( ´艸`)ムププ

今日も楽しい…くはない内容だけど、ブログの更新♪

3男くんの救急搬送話ですが、手持ちの救急話はこれでオシマイ

オシマイにしておくれ~と叫びつつcoldsweats01

 

よしなしごと(33

☆3男話「救急搬送話③」

 これは、3男児にまつわる救急搬送話の中で、と~まが最も青く(((゜Д゜;)))なったお話です。

あれは3男が3歳の時のことです。

 その日、と~まは体調が劣悪でした。貧血と頭痛の上に風邪を引いて熱を出していました。だからといって、幼児を見ていなくてよい理由にはなりません。しかも、長男がお友達を家に連れて来ていたのに、と~まはリビングにいることができなくて、寝室で横になって寝ていました。これも、2男の飴ちゃん同様、と~まの手抜きから起きたことです。

 遠くの方で「ぎゃっ」“どすん”と聞こえたような気がしました。更に、3男が泣いている。゚(゚´Д`゚)゚。ような気がして、よろよろと起き出してリビングに向かう途中、3男とばったり…

顔中流血!洋服も血まみれ!

悲鳴(゜ロ゜)を上げたようなおぼろげな記憶があります。

ともかく、一瞬にして、覚醒し、さっと血が下がるのを感じました。

全ての病の症状がぶっとびました…ヽ(´Д`)

 3男を横にして顔の血を拭きとると、額がさっくり切れており、どくどくどくどく…拭いても拭いても、血が溢れて来ます。

 何があったのか長男に確認しようとリビングを見ると、長男とその友達が床の血溜まりを拭いていました。二人の遊びに巻き込まれて、部屋の入口の枠に額から激突した末のことのようでした。

 お友達にはすぐ帰ってもらい、3男の血の止まらない額から手を離せなかったと~まは、長男に119番をするように言いました。でもね、何度電話しても切られてしまったのです。子供のイタズラと思われて…。

「かけたら、ママに代わるって言って子機を渡して!」

長男が悪いわけでもないのに、冷静さを欠いていたと~まは怒鳴っていました。

事情を説明したら

「自家用車やタクシーで来られませんか?首から上は普通出血が多いモノですよ。出来れば、自力でお願いしたいのですが…」

「顔なので出血が多いのは分かっています!でも、ともかく血が止まらないんです!自家用車はありません!タクシーも都合よく止まる場所ではないんです!頭も打っているようなので怖くて動かせないんです!」

 救急コールセンターの方には大変申し訳ないですが、度を失っている母親には、理屈は通じないものかもしれません。だって、出血多量で死んじゃうって、マジで怖かった…(´;ω;`)。冷静であれば別の対処方法を思いついたかもしれないですが、この時のと~まに冷静な判断力など期待できるはずもありませんでした。

 結局、救急車に乗って子供専用の医療センターに運ばれました。今も不思議なのですが、2,3歳の子供には担架は使用しないものなのでしょうか?隊員さんが抱いて連れて行ってくれました。

幼児ですし顔ですので、当然麻酔はできません。7針以上縫う間大泣きです。

 看護師さん二人とと~まの3人がかりで抑えていました。この真っ青になった話の中では唯一微笑ましいというかほっとするのですが、あんまり暴れて泣くので、針が刺さるなど別の事故になってはいけないと、と~まが咄嗟に思いついたのは、一緒に歌うこと…。

「3男くん!バナナンの歌好きだよね。ママと一緒に歌おう!」

「バナナが1本ありました。青い南の空の下~♪」

大泣き…大暴れ…ダメかと思ったら、3男、泣きながら歌ったのですよねぇ~。

痛がりながらも不思議と暴れなくなりました(歌の力ってヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ!!)

その様子が、可愛いくて可笑しいと、看護師さんに大ウケ…( * ^)oo(^ *)

「上手だね!終わったら好きなだけ歌ってね!」

無事縫い終わりました…ホッ(´・ω・`)

今も3男の眉間には、3㎝ほどの消えない痕があります(愛と誠?ハリポタ?)

それを見るたびに、母ちゃんは自分の横着さに腹が立ちます…(;ω;)

 

 

paper余談ですが、長男の友達のことが未だに気がかりです。

「君は悪くないよ。見てなかったおばちゃんが悪いんだからね。」と言い含めて帰宅させたのですが、彼が蹴ったボールが3男にぶつかったために起きたことなので、責任も感じていたでしょうし、お父さんからとっても叱られたようでした。(その日の夜二人で謝罪に見えたので、分かったのです…親にちゃんと自分で報告しただけでも偉いと思うのだけどな。)そして、何よりもあの出血量…大人のと~まですら夢でうなされそうな血溜まりが出来てましたもの。

 3男の傷跡はかなりはっきりしていて、しかも顔なので隠すのが難しい状態でした。3ヶ月間程は外出する際には肌色のテープを貼って誤魔化していたのですが、もう3週間後には幼稚園だし、3男も「いつまで貼らないといけないの?気持ち悪いよ」と言うようになっていたので、貼らないことに決めた日のことです。運悪く、彼とばったり。彼の視線は3男の額に釘付けでした。それまでは、笑顔で話もできていたのに…

「また、遊びにおいでね」と言った言葉も耳に入ってはいない様子でした。その後、3男を見ることができなくなってしまったのですから。その2年後久しぶりに会った時ですら、逃げて行ってしまいました。

 それだけ、3男の傷跡が残っているとも言えますが、あの血の記憶は、言葉で慰めてどうにかなることでもないのかもしれません。未必で傷つけた側がいつまでそれによって受けた心の傷を抱いてしまうものなのか、と~まには分かりませんが、必要以上に重荷になっていないといいなと思うばかりです…。

(ちなみに、長男とは今も連絡をとりあっているようで、それが救いです)

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »