« よしなしごと(10) | トップページ | よしなしごと(12) »

2012年10月 3日 (水)

よしなしごと(11)

にゃんか、なしくずし的に水曜更新になってきちゃったよん

でも、今回もちょびっとでも読んで下さる方が、楽しんで下さるといいなぁ

☆映画「百万円と苦虫女」

以前、好きな男優さんについて、だらだらと掲載したのですが、今回は好きな女優さんについて書きます。男性のような切り口ではなくて、ただ「好き」と思っていて、彼女たちが出るならと思うドラマや映画があるという方々です。

 超ベテラン陣なら、樹木希林さん、岩下志摩さん、山口果林さん、中野良子さん、片瀬梨乃さん、叶和貴子さん、余貴美子さん、樋口加奈子さん…

中堅なら、名取裕子さん、男前な天海祐希さんと真矢みきさん…

若手はたくさんいて、井上真央ちゃん、多部未華子ちゃん、宮崎あおいちゃん、

栗山千明さん、北川景子さん、貫地谷しほりさん、…

あまり脈絡のない好きになり方でしょ~。本当はもっといっぱいいるのですが、

中でも、蒼井優ちゃんと戸田恵梨佳ちゃんと武井咲ちゃんは今一番大好きです。

そこで、蒼井優ちゃん主演のこの映画を借りてきたというわけです。

 映画は、ちょっとしたことで前科がついてしまった20代前半の女性が、一つの街で百万円を貯めては次の街へ移動するという、根無し草の生活をしながら、自分を癒していくものなのですが、この女性が原因でいじめられることになった弟との関係がすんごく沁みました。

 ちなみに、恋人になる役で森山未来くんが出てきて、と~まとしてはほくほくでした。想いがすれ違ってしまって終わった二人の関係が寂しかったけど…

 

☆詩「息子へⅢ」

 息子への想いを詩に書いて見る、第3弾は、いわずもがなの3男のこと。

だけど、これが意外に難しかった。難しいどころか、止めようかとさえ思った。

今も掲載すべきかどうか悩みつつ…

何だか詩とは言い難い体裁だし…

 最初に根を上げたのは長男だった。

おっとりと鷹揚で気の優しかった彼が、

「ママ、こいつ何とかして!!我儘過ぎる」

そう、何しろかわいいかわいい赤ちゃんだったから、

家族全員で猫っかわいがりし、何でもやってあげて、何でも与えてあげた

そんなことすれば結果は火を見るよりも明らかだったのに…

とんでもなく自己中心的な2歳児に成長していた

家族全員が思った

「このままではいけない…」

スパルタ的に、自分でやらせる、滅多に与えない方針への転換がなされた

入園する頃には、今度はとんでもない泣き虫に変身していた

できない、ほしい、を泣いて解決しようとする子どもになっていた

君に気の毒だったのは、

心配するあまり家族全員がそうしてしまうこと

甘やかすのも、厳しくするのも…一斉に。

 

あんなことや、そんなこと、こんなことを繰り返して、

今の口ばかり要領がよくて、努力しない君になっちゃった気がする

だけど、どうしたことか、魅力がいっぱい!

お茶目な末っ子だから、上二人にいじられまくって、逞しい…

そして、言葉で逃げるのは有段者だから、面白い…

必殺口先男と呼ばれながらも、決してめげない…

上二人の失敗をちゃんと見てるから、要領がいい…

困った!心配でしょうがないはずなのに、一番安心しているかも

だって、どう考えても人間関係ではサバイバルに強そうだ…

うまぁく世渡りしていきそうだ

何となれば、詐欺師にだってなれちゃうくらい(冗談、冗談)

 

そんな君だけど

実は、いじめられるよりいじめる立場に回りそうで怖い…

兄達が、それぞれの小学校時代、

優しいけれど気が弱いからいじめられた長男とも

大きな身体で優しいから一目置かれて誰からもいじめられなかった二男とも

どちらとも違って、日和見的で寄らば大樹の陰という君が、

その選ぶ道が自分に都合のよいだけのもので終わらないでほしい

君なりでいいからやっぱり優しい人になってほしい

ママの望みは難しいことなのかな?君にとって…

 

一番素直に「ママ大好き!」と言い続ける君に

「ママ大丈夫?」と体調を気遣いながら抱きつく君に

長兄次兄からは「甘い」と非難轟々だけれど、

実は三男ゆえに一番手をかけられていないことに彼等は気付いていない。

写真もない、おもちゃも新しいモノはない、洋服もほぼお下がり、

お出かけもない、家にあるからって、ないないづくしなのに…

甘やかしているのは、時間と食べ物の好き嫌いくらい…

同い歳の彼等が出来なかったことを悠々と自力でこなす君なのに

彼等が親から手をかけられて出来るようになったことが

誰からも導かれなくて中々出来ない…というだけで、

親からも兄達からも、中々評価してもらえない君だから。

 

そうして、

いや、それなのに?

君はきっと一生かわいい末っ子のままなんだろうね…

« よしなしごと(10) | トップページ | よしなしごと(12) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します 旬 です

って… 泣いちゃいました
三男の君 たまらないです

うちは 私が朝早くから遅くまで仕事をしてるので
かなり寂しい思いをさせてしまっているのに いいよ~って言って けなげに
一人留守番を頑張っています
私が同じように経験した寂しさを させてしまっているんです
わかっているのに 自分に余裕がなくて…
ダメな母親です
でも 息子と少しでも向き合う時間 大切に 息子の純粋な気持ち できるだけ 受け止めてあげたいと思います

☆旬さん
ご訪問、コメありがとう♪(#^ー゚)v
あのね、旬さんのブログに訪問した時にいつも思うのは、
旬さんって本当に心の優しい方なのだなぁってことです。
優しい旬さんだからこそ、自分に余裕がないって分かっていて、息子さんもそれを感じて頑張れているのだと思いますものo(*^▽^*)o~♪。
それにね、と~ま自身専業主婦の時だって、自分に余裕がない時だらけだったし、完璧なお母さんと思えることなんて全くなかったですもの。
と~まは、旬さんが息子さんの純粋な気持ちを受け止めようと思う心を美しいと思うし、一人の母友として旬さんを大切にしたいと、とっても思いましたよぉo(TヘTo) くぅ

(^_^)/おはよーございます
三男さんのこと、書いて良かったですね
少し離れたところから、改めて見つめる機会になったんじゃないですか?
そーかぁ、三男さんのルーツが分かりましたウンウン
以前と~まの夢さんに似てる?って言ったのは撤回です
三男さんは家族みんなに似てるんだ、だから三男さんのオトボケに皆が微笑んだり呆れたり、その中に自分を見てるのかもしれませんね
さて、そんな三男さんは、今世間で言われているようないじめっ子にはならないと思いますよ
三男さんは、自分の立ち位置も家族の想いも知ってるんだと感じます
そして、少なくともと~まの夢さんはキチンと子供さんたちと向き合って、理解しようとしてるでしょ
もし何かあっても、気付ける程に
次男さんのことも家族になっていく過程なのかもしれなくて、いつも進行形なんでしょう㋧(うまく言えなくてすみません)

私はこのところ、色々迷いもあって引くも進むも出来ないなという時に、「良寛さまの言葉」を思い出して少しだけど、取り敢えず一歩足を出すことができました
いつもお世話になってるブログに以前紹介されていたんですが、自分の事を、他の人の事を、そのままでイイんだと認めてあげられる言葉です
う~ん、繋がってる筈なんだけど、また分からない方向に逸れたような気がする・・すんません_(._.)_ 

☆tutatyhanさん
コメを☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
そうなの、少し離れて見てみたら魅力に気が付いたみたい
ただ溺愛してるってだけじゃなかったかな?
家族って、家族だからというだけで家族である部分とそうでない部分とあるのかもです。遠慮がないのは常に家族ならではなのかもですが、100%分かっているわけじゃないから、いろんなことを経験しながらお互いにより家族になっていくものなのかもしれません。よくわかんないけど、子供って親の知らない世界でいろんなこと見て知って学んでるから…あれっ?何か説明が変だわ…

tutatyanさんのブログ、と~まは好きですよぉ
最近読みたいブログが増えすぎて、コメもままならず、読んでも字文が頭に入って来なこともあるけど、特にtutatyandさんのイラストはそういう時でもするっと心に入ってくるので好きよぉ♪

人をそのまま受け入れるのって、そうありたいけど一番難しいかもしれません。特に家族だったり親しかったりすると、相手に期待する像みたいなものがあって、そこにはまって来なかった時に相手との関係に軋みが生じたりします。
ただ、子育てしていると、子供をつぶしてしまうので、まんまでいいよ、まんまが好きだよと伝え続けないとです。時にはそれも余裕がないと出来なかったり…><


長男、次男、三男さんも、性格がはっきりしてくる時期がくるかもですね、どんな人に成長するかは、ママの楽しみですね。
でも、ともあれ、まっすぐに育っていってほしいなと思います。自慢の子よと自慢してるのでは?
いつもためになる話ありがとう。

☆meguさん
コメv(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v
ふふふっ、ばれたかぁ
何がすごいってところはないんだけど、
と~まにとっては可愛くて仕方ない3男児なので
いいとこあるでぇって自慢しちゃうんだなぁ( ´艸`)ムププ
本当にまっすぐ育ってほしいですぅ

読んでていろいろ考えちゃいました。

僕は、上の坊主が3歳でお兄ちゃんになった時、どうしても下の坊主に手が掛かり、みんなの意識が向いてしまっていた中で、時折寂しそうな表情を浮かべる兄ちゃんに意識の比重を置いていた時期があります。
それでも良く考えると、弟は結局、生まれた時から何でも兄ちゃんと半分こという宿命を与えられていて、たった3年とはいえ全方面からまるごと愛情を注がれていた兄ちゃんと比べると、ちょっと気の毒な部分もあるのかな、と思います。

もちろん、愛情の注ぎ方に手を抜いたわけではないんですけど(笑)。

いずれにしても、ちゃんと子供たちと向かい合っていきたいですよね。
難しい年頃に差し掛かった時にも、支えになってあげられるように。

☆いかさまさん、
コメ、ありがとう♪(#^ー゚)v
バランスよくって、考えても中々思うにまかせないですよね~・"(>0<)"・。ンモォ~
要するに「どいつも大事でかわいいぜ」が伝わればいいんだけど、子供自身が比べてたりするから、ややこしい…
そうなんですよぉ。ちゃんと向き合っていれば、きっと壁にぶつかった時にも支えてあげられますよね?

こんばんは (◎´∀`)ノ
好きな俳優(女優)さん、名前だけは聞いたことがあるけど顔が・・・、という人が多い…(^_^;;アセッ!
で、三男君。私も4人姉妹兄弟の末っ子で育った身ですから、分かる気がします。私も我がままに育ったような気がしますし、だけど与えられるものはお下がりばかり・・・。それでも子供の頃は満足でした。
いじめられるのも困るけど、いじめる側にはなって欲しくないですね。いじめられる子の心の痛みを理解できる子に成長していってくれたら・・・、と思います。
頑張れ!三男君!そしてと~まさんも!

☆慕辺未行さん
コメ、v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)vv(≧∀≦)v うれしです
3男って、我儘と物わかりの良さが同居してますよね
すごく不思議だなぁって思うことが多々あります(*^m^*) ムフッ
その反面周囲の雰囲気に流されやすくて、つい最近も
いじめる側に加わった事実が分かって…
ただ、先生に叱られた後、、家族に報告して反省文を書くように指示されたのですが、正直に私に言えました。もっとも、最初は自分は悪くないという態度だったんですが…。
「だって、やらなかったらオレもいじめられるから怖かったんだもん」というよくある理屈を長々と。
まだ小4だから芽をつみとらないとと思って、「別のやり方を考えないとだめだよ。仲良しの子を裏切ったら、苛めのリーダーの子よりもその友達にはショックだったと思うよ。自分がその子の立場だったらどう思うか考えてみなよ。その場から離れて先生を呼びに行くとか、大人を探すとか、何か別のことが出来なかった?」と叱りました。
ものすごく考えさせられたみたい。もう絶対しないと言ってます。まだまだ不安だし、心配が当たったのは悲しいけど、先生の対応がとても的を得ていて良かったことにとても感謝しています。

三男君の様子、全く我が家と一緒です~
わがままなんだけど憎めない… 末っ子ならではの得な性格 でも、三人それぞれ性格は違えども愛情を持って接すれば、素直な良い子に育つはずと信じてます もし不良になったらオヤジも不良になってやる~なんつってね

☆たかさん
ご訪問、コメ、♪サンキュッ (v^-^v)♪
ほんと、3男って憎めないお茶目な奴ですよね~
実は、と~まも次男と何かの話をしていた時に
「おれ、ぐれちゃおうかなぁ」とお気軽に言うので、
「ぐれるの?んじゃ、ママが先に不良ママになってやる」と返したら、きわめて冷やかに
「ママには無理でしょ。不良にはなれないでしょう」と分析されてしまいました。ちっ、って感じですが、意外と親をよく観察しているもんだなぁと感心してしまいました。ははっ

う~ん・・・と、三男君への詩に唸らせてもらいました。
と~まさんの心の底からの愛情が、言葉の端々に溢れています。
素敵ですね
有段者 参りました(笑)
私も何かで有段者になろ~っと。

今日久しぶりに乗馬に行ってきました。やっと行けた~。
お馬様、モッサモッサとなかなか動いてくれず、
「直接交渉」しようかと思ったくらいです

☆ピアさん
ご訪問、コメ、☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
今んところ、と~まはイライラすることにかけては有段者で
家族全員が回避行動をとることも有段者です…(^w^) ぶぶぶ・・・

乗馬が出来るのって、やっぱりかっこいい!!
時代劇好きのと~まとしては憧れですぅ。いいなぁ
といいつつ、高所恐怖症なので絶対乗れないだろうなぁ
うぁう、長い髪をなびかせて、颯爽と河原を駆け抜けるピアさんを妄想してしまった(やっぱ、と~まは変態だったかもぉ…)

私が習いたての頃、アルバイトをしながら役者さんをやっている
男性がいました。
やっぱり馬に乗れると、例えチラッとしか映らないチョイ役であろうと
大河ドラマで大物俳優と共演できたり、仕事の幅が広がるそうです。
乗馬の他に剣術も勉強しているという事でした。
私もと~まさんと同じで、時代劇(大河ドラマばかりですが)の
戦のシーンに目が行きます。
一斉に馬でウワーッと激走するシーンを見ると、
ワクワクしてしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よしなしごと(11):

« よしなしごと(10) | トップページ | よしなしごと(12) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ