トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

よしなしごと(2)

毎日、少しずつ書籍化に向けてアクションしていると~まですが、このペースだと実際にいつになることやらタハハな状況でもあります。

ま、ぼちぼち続けましょうかね~bleah

 

 映画

今回は、前回「青い鳥」で阿部ちゃんが主役だったつながりで、「奇譚」という映画を借りてきました。東北の過疎化が進む、間もなくダムに沈むと言う谷あいの村で起きた不思議な出来事のお話でした。元々は。コミックが原作だったようです。

日本の片田舎でイエスの再来と言う奇想天外な内容だったのですが、景色は美しく雰囲気に惹かれて最後まで観ました。ま、ちょっとマニアックかな?

阿部ちゃんは好きな役者さんの一人なので、東野圭吾の加賀恭一郎シリーズやテルマエロマエを楽しみにしているミーハーでもありますlovely

 

 

 ちょっとひとりごと

何かの出来事で、自分の名前を持ち出された経験はありませんか?

自分の言動に自信がないだけなのかもしれませんが、何か意見をする時に

何かと「○○さんが言った」とか「○○さんはそう思ってない」とかいった表現で、他人の名前を持ち出す人がいます。

子どものPTAなどで活動していて、長のつく立場になると、こういう経験が極端に増えます。周囲から信頼や尊敬を集めている人の言葉だと言うと、重みがあるから利用するのでしょうけど、当人からしたら卑怯と言うか無責任な行為に見えます。時には、知らないところで非難や批判をされるからです。否定も肯定もできなくて辛い時もあります。

自分の知らないところで名前を使われるのは本当に困ります。本当の意味で自分の言葉や意見ではないからです。そして、自分の言動に見えることなのに、責任がとれません。

誤解なのに相手に謝罪することができない場合もあります。

このような経験をふまえて、ブログのコメントやつぶやきにはと~まなりに神経を使っています。

他人の名前を引き合いに出すのは、有名人の言葉や書籍からの引用以外控えたいですし、逆の場合も御当人のブログやつぶやきを確認するなど注意するようにしています。

みなさまは、こうした場合どのように対処されますか?

また、こういう状況に陥ったらどう感じますか?

ぜひ、ナイスな対処方法を教えて下さいましぃhappy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

よしなしごと

次回作を掲載できるようになるまでの間、

暫らく、映画の感想は詩を載せてみようかと思ってます。good

内容によっては、コメントの掲載を控えて欲しい場合もあるかもしれないので、

コメントも承認制にしてみようかと…bearing

お試しに第1回は、映画の感想と詩を。出血大サービスo(*^^*)oエヘヘ!

 

☆映画

 阿部寛さん主演の「青い鳥」という映画を観ました。

 吃音障害のある先生役に阿部ちゃんが挑んだ意欲作です。

 興行的にはどうだったのか分かりませんが、大変共感することができました。

 いじめをしてしまい後悔と胸の痛みに耐えかねて、阿部ちゃんに食って掛かる生徒に

 吃りながら思いを伝えようと言葉を重ねる姿は、胸にずんと響きました。

 いじめの問題が取り沙汰されている時期だけに、

 一見の価値はあるかなぁと思いました。

 

 

☆詩

さて、詩を公表したことがないと~まですので、

共感を得ることができるかどうか分かりませんが、

ちょっと思うところがあって、年の差のある若者への思いを書いてみました。

若者を、息子や娘と捉えるのか、若い友人と捉えるのか、若い想い人と捉えるのか…

人によって異なると思いますが、読んでみてくださいましね

 

「十五の君を想う」

 

あの日、君はいまだ十五のこどもだった

幼さの残るとがったあご…

力なく落ちた細い肩…

倒れえしまいそうな薄い胸…

震える唇…

あまりにも哀しげなその姿に、

傷ついた君に寄り添いたいと思った

腕(かいな)にすっぽりとおさまってしまうような儚げな君の手を握る

それがあまりに華奢で心もとないから

この微かな記憶は現実だったかと不安になる

 

あれからどんな人生だったのだろう

齢(よわい)二十五の

この腕を要しない大人になった君は

眩しすぎる光をその身にまとった

か細かった体の線は、いつしか逞しくなり

朧げだった光彩は、美しくも強い稲妻となって

誰とも知れぬ近寄りがたい大人へと羽化した

 

未来を憂い、幸せを願ってくれる君の想いが

遠雷のごとく密やかに届く

愚直なまでに透明でまっすぐな瞳が心を射すくめる

かほどの敬愛に値しないものを…

戸惑いと羞恥が、かえって身を遠ざける

ただの偶然だったのか…

運命だったのか…

ただ、君のそばに在ることすら儘ならない

 

暗闇を這うように手探りで生きてきたから…

遠い過ぎ去りし苦しみと虞(おそれ)を抱いたまま歩いてきたから…

君の放つ光に足が竦む

それでも、

君の差し出す手を握り返せば

尊い絆は確かなものになるのだろう

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2012年8月 »