2017年11月22日 (水)

ほぼほぼまめごと(59)

寒くなってきてるんですが、、、

更年期のせいか以前ほどブルブルしなくなってきちゃってねぇ。局部的に冷えてはいるんですけど。。。

体調がどんどん変化してて、困りますよね

ちゃんと対応しなくちゃね(((uдu*)ゥンゥン

 

 

ほぼほぼまめごと(59)

3男話「LINEでも生返事」

出張先のとぉちゃんから家族LINEが入った

「金曜日の夜8時からBSで時代劇が始まるから録画して」

誰もメールに気が付かない中、3男君だけが

「うぃっす」とお返事。ゆえに後で気づいたみんなは、彼がすぐ対応したものだと思っていました。

んで、日曜日にとぉちゃんが帰宅するなり

「3男、ありがとな」と、感謝すると、ばっと立ち上がって、どどどっリブングのテレビの前に慌てて向かって

「やべー、ういーって返事入れたのに、録画すんの忘れてたぁ~」と叫んだ。

全員からつっこみが入ったのは言うまでもありまへん。

曰く

「過ぎた曜日の番組だろ~っっ」

「今頃テレビつけても、1話は終わってるわ」

「さすが3男、間に合うと思ってるし」

って、1話の再放送中じゃん。すげーラッキー♪

ま、2話以降は連続予約を入れた模様であったし、たまたま幸いなるかな再放送やってたのよね~。結果オーライ?

3男てば、普段から生返事が多いけど、LINEでも生返事かっ?でもその割には、何となくフォローされちゃう持ってる奴だったのねぇ(;´・ω・)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

うらきゅん(59)

やばい、おちかれモードに突入じゃ

ちゃんと寝てないといけないのに、不足しちゃって

くぅぅ、なんとかしなくちゃ

最終稿のチャックもあるのに(;’’’’)やばばばば

 

 

うらきゅん(59)

米国ドラマ「リミットレス」

 とんでもなくアブナイ薬によって、普通の人が眠っている脳を120%活性化された青年が、妙なしがらみに縛られながらも、FBIの顧問として色んな事件を解決するという設定なんですが

 まるめると何だか身もふたもない単純なストーリーになっちゃうな~。でも面白いのよ

 まず、主人公のブライアン・フィンチくん役のジェイク・マクドーマンさんが、ロックやってる設定の割に何だか鍛え抜かれたいいからだ♪ま、見ただけで格闘技なんかも再現できる設定だから筋肉がなくちゃダメなんでしょーけどね(*^^)v

 スーパー記憶力があって語学を数時間で習得したり、学術レベルの医学の知識を持ったり、ハッキングできるようになったり、匂いを色で認識できたり、なんでもありなのよね。で、ともかく何だか楽しくなるんです(#^.^#)

 最近観るモノがないなーなんて場合はぜひに

あ、今、役者さんの名前調べてたら、このシーズンで終了だってぇ~なぬぅ、しかも、エレメンタリーも?

ちょっとかぁちゃん好みがなくなっちゃうってどうよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

ほぼほぼまめごと(58)

長いですが、思うことがあったので書いてみました。

こんなのは楽しくないとお思いの方は、

遠慮なくスルーしてちょ(#^.^#)

 

 

ほぼほぼまめごと(58)

かぁちゃん話「弔意」

先日、韓国の役者さんで、「ホジュン~伝説の心医」「武神」でとても難しい役どころを見事に演じておいでだった、キム・ジュヒョクさんが交通事故禍で亡くなられました。

心よりご冥福をお祈りいたします。。。

 さて、本題は別で。このことに関連してかぁちゃんが大好きなユ・アインさんがSNSで示した弔意が向こうで大問題になったようなのよね。お葬式の日が彼の大切な先輩の結婚式があって踊ったことも相俟って。。。

 日本でも直近で「あけおめ」「ことよろ」というお正月の挨拶の省略形に物言いがついていた記憶があります。

ただ、今回は祝意ではなく弔意であることが、軽薄に見えたようですね。どう示すかは人それぞれなので、この弔意がいい加減なものととるのかどうか意見の分かれるところなんでしょうね。ゆえに、いつも慎重なアインさんにしては珍しいなとは思いましたが、早朝のことでもあり、慌てて上げたような気もします。

これも大人の俳優であり大物俳優でもあるという証明なのかもしれませんね。多分どう表現しても気いらない人は必ず存在するでしょうから、これ以上物議を醸さないといいなと思いつつ、かぁちゃんの経験を思い出してました。

 

あれは、かぁちゃんが小学6年の時のこと。担任の先生が6年になってから、超ベテランの先生になり、かぁちゃんがイジメから救われて暫くしたころでした。

新しく赴任された校長先生が、倒れて2週間もしない内に亡くなられました。どんな人柄なのかどいういう意識のある方なのか、子どもなりにも判断するものですが、そんなヒマすらないくらいあっという間のことでした。

 その訃報が校内放送で流れた後の児童の反応が、とても印象的でした。多くの子どもは「死」というものが身近になって、とても不安な気持ちでいたように思います。中には、よく知らない人でも死ぬことの残念さを思いやって泣いてしまう子もいました。そんな中で、少数ですが、泣いている子をからかったり笑ったりしている子達がいて、「どういう神経?」的な非難の目が集まりました。避難に対する彼女たちの言い分はこう。

「あの先生のことは顔も覚えてないくらいよく知らないじゃん。なのに泣ける方がよく分からない。こういう場合でも泣くものだとは分からなかった」

 主張の正しさはともかくも、当時のかぁちゃんは一理あると思ったし、その上、彼女達はクラス内実力者だったので、とても責めることなどできませんでした。要は変に責めるとイジメが復活するのではないかと不安になっちゃたのよね。で、かぁちゃんは目立たないようにして沈黙を守る立場に。。。小さい人間です

 ところが、とっても皮肉なことに、超ベテランの担任の先生から学校葬で児童代表として「弔辞」を読むように言われました。それもかなり直前になって。。。

 代表委員会の委員長や副委員長をさしおいて?中学受験をするような優秀な子たちをさしおいて?一生懸命断ったのですが、日にちもないしすぐとりかかるようにと言われ仕方なくやることにしました。

多分、どの子からも今回の弔辞の難しさからお断りあったのだろうと容易に想像できましたし、先生に何かお考えがあるようにも思えました。

 徹夜した考えたんですよ。難し気な言葉やカッコいい言い回しを使えば、また再びイジメが始まってしまうかもしれないし、よく知らない人で共通経験もない人をどう表現すればいいのかも分からなかった。

 悩んだ挙句、赴任のご挨拶で朝礼台に立たれた時の第一印象をメインに据えて書きました。一緒に何もできなかったことが残念だという方向で。担任の先生は、思っていらした模範的な弔辞とは違ったので、かなり悩んでいらしたけれど、

「てにをはは修正がいりますが、文章全体に一貫性があり、失礼な内容でもないです。これで行きましょう」

 当日読みながら、学校葬の雰囲気やすすり泣く声なんかで、かぁちゃん自身もちょっぴり涙声になってしまったので、わざわざ泣き顔を確認してくるような子もいましたが、概ね皆の悲しみに水を差すようなことはありませんでした。

 超優等生的な表現や内容であれば、例のいじっめこ達から「優等生ぶっている」とか「えらそうに」とか言われていただろうに、そうではない印象と心情をつづったものだったので、彼女たちからのそういうイジメはありませんでした。

 一方、その彼女たちを責めた子達からも、「嘘がなくてよかった」というような評価を受けました。

 これのお陰で、私はどちらのグループからも距離を置くことが出来るようになりました。自ら場所を作ったようなんですようね。先生の意図通り?

 いずれにせよ、弔辞や弔意はそれを見る人の立場によって全く異なる印象になるもんなのだと、子ども心に思ったものです。

こんな風にブログで長文を書いていても、他所のブログで一言述べても、相手の受け取り方は様々で、大人になってもやっぱり難しいと感じるもの。まして、SNSでは短く伝えることが肝要だったりしますものね。

 あら、とりとめなくなっちゃったわ(;’’’’)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

うらきゅん(58)

身体が緊張でバキバキです

というのも、バイト先で使っているレジが新しくなったのですが、研修が十分というわけではなかったからです

暫くは失敗もありそうですが、ゆっくり丁寧に頑張るつもりです

なので、またまたブログがおろそかになってます(-_-;)

ごめんちゃいねm(__)m

 

 

うらきゅん(58)

和書「カエルの楽園」百田尚樹作

カエルを主人公にした現代の寓話です。とてもよく作られているし、平易な文章が読み易いので、3男君にお勧めしています。

 現代日本の問題をあれこれ思い浮かべながら読んでしまいましたよ。なるほどねぇ、と思うこともしばしばだったのですが、最後まで感じていた疑問が解けることはありませんでした。何分、これはカエルの世界ですから。。。

 パスカルの「人間は考える葦である」という言葉をずっと思い出していました。知と力は相対するものではないような気がするのですが、それぞれの思惑で中々上手くいかないことが多いものです。

それから、どんなに普段理性的な母親でも、自分の子どものこととなると守りの感情が先に立ちます。ゆえに、現実世界では母としてなら戦争や武力保持は反対の立場になります。でも一方で一国民としては、国という境界線の存在する場を守るために、防衛力としての武力は認めたいとも思っています。ただ、母親としての保護欲という感情はもしかすると全てを覆す力すらあるとも思っています。もちろんよくない方向での場合もありますが。。。

 でもねぇ、うまく言えませんが、この本に書かれていることは一つの真実であり、その一方で正解という訳でもないと思いました。なんども言うようですが、この小説はあくまでもカエルの国のことですから、人間界とは事情がかみ合わないこともあるように思えてならないんですよね

 だから、子ども達には進めつつも鵜呑みにはするなよ、考える一助とすんだよなんて言ってます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

ほぼほぼまめごと(57)

ええい、夜になっちゃった

今更ですが、アップしまぁす

ちょっとお疲れ気味なのよね😞

 

ほぼほぼまめごと(57)

2男話「比べて子育て?」

子どもも大学生にもなるとバイトや付き合いやらで、土曜日に家族が揃うことが珍しくなってしまうんですが。。。

 小さい頃からの習慣で、土曜日の夕食の時家族が揃うとテレビは日テレの「世界一受けたい授業」なんかが点いていたりします。先日みなで一緒に観ていたら。。。

子育て関係で今よく読まれている書籍で、友田明美先生の「子どもの脳を傷つける親たち」のご紹介があり先生が出演されていました。チャイルド・マルトリートメント(不適切な養育)というおハナシ

 まあ、ほぼ成長しちゃってる状態なので皆で楽しく観てたんですが、かぁちゃんへのちいちゃな非難がブツブツあったりして(-_-;)

兄弟などを比較して、、、のところで

3男「あ、おれじゃん、」

長男2男「えー、お前は仕方ねーんじゃね?」

母「むむっ、あんたの場合は、叱られるのと比較されるのが別々にある感じだよね。比較してもそれが悪いという言い方はあんまししてないと思うけどね」

3男「えー、結構比べられてるよ~ブツブツ」

ご不満な3男君を他所に、テレビの話題はどんどん進んで、子どもの話を繰り返し、肯定的に会話するとよくしゃべる子になるなんていうところで、

母「家はよく喋るよねー。ん?2男君を除いてかな?」

とかぁちゃんが言うと、すかさず3人から同時に突っ込まれた(--;A アセアセ

3男「ああっ、比べてるじゃん」

長男「ほらー、舌の根も乾かぬうちに比べてるよ。2男の脳は傷ついたな」

2男「おれの脳が傷ついたんじゃね?」

えー、この程度で比べたとか言われたら子育てに気を使いすぎてくたびれちゃうわ。って、3人ともすげー喋ってるのはかぁちゃんの気のせいではあるまい(-“”-)フン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

うらきゅん(57)

ちょっと過労気味で、失敗の連続です

気をつけなくっちゃ

でも、中々たんと寝れないのよね(-_-;)

 

 

うらきゅん(57)

和食材「にんにく塩」

確かそんなに読者はいないはずだから、アップしたからといってなくなることはあるまい~

って、パスコのホイップアンパンが食べられなくなって久しいので、不安は不安ですが、ご紹介しちゃいます

我が家で晩夏以降大人気になっている調味料があって、どんな肉料理にも合うので、テーブルに出しっぱなしになっているのがこれ。鹿児島のメーカーさんのもののようですが、塩は甘く、にんにくも辛くない。生ニンニクでお腹が緩くなるとぉちゃんも2男君もこれは大丈夫

さらさらでとっても使い勝手もよい。

あんまし料理の腕のないかぁちゃんでも、お肉料理を焼くだけで美味くなるのでほんと重宝しちょります

特に鶏胸肉のから揚げの下味にはもってこいで、安くて美味いから揚げになるので有難いんですよ~(#^.^#)

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

ほぼほぼまめごと(56)

また、何日も前に予約しておくので、コメントが旬にならないです。ごめんちゃい

でも、多分お天気が今の季節らしくなっているんじゃないかと、期待してます(#^.^#)

 

 

ほぼほぼまめごと(56)

3男話「飲んじゃったの?」

我が家の3男児が食事時に牛乳をお茶のように飲むというお話を以前したと思うのですが、どこで掲載したのか最早分かりません。が、お刺身でもなんでも牛乳なので、育て方を間違ったかも、なんてお話だったかと

 で、今回はそうじゃなくて。相変わらず牛乳を食卓に出しているがゆえに起こった出来事です

 鍋料理なんかすると、食卓がお皿などでいっぱいになって牛乳パックを置くスペースがなくなっちゃうことがあります。すると、彼らは床に置くんです。

 で、置いたことを忘れる。。。翌日かぁちゃんが気づく

真夏は腐ってる(-_-;)

でも、今年は既に寒くて1晩経っても大丈夫な感じ。

母「ね、臭う?どう?」

長男君「オレアレルギーで鼻利かないよ。んー臭わないかな?」

2男君「オレ、風邪ひいていて分からん。臭わないような気がするなぁ」

3男君「オレも鼻炎で全く鼻利いてないよ。大丈夫じゃね?」

母「そっか、一応用心して今日の夜クリームシチューで使うわ。冷蔵庫に入れるから飲むなよー」

 

夕食後、食卓を片づけていると、例の牛乳パックが空であるじゃんけぇ~。シチューに使ったのは半分くらいだけど

母「ちょっとこの牛乳飲んだの誰?」

長男君「あー、3男が飲んでたよ~。それ?」

母「そうだよ。さすがにあの量はシチューでも使えん。えー、腹下すかも~。だまっとこっと」

2男君「まあ、臭ってなかったし大丈夫じゃね?」

暢気な兄たちであった。ちなみに2日後グルグル来たようじゃった。やっぱり大丈夫じゃなかったねぇ(;´・ω・)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

うらきゅん(56)

遊興施設は、どこも悪天候続きで売り上げがよくないんでしょうね~

ともかくニッポン頑張れですね

雨でもめげずにお出かけしましょ(*^^*)

 

そして個人的には、例の自費出版は初稿校正の段階で、また気持ち悪くなるくらい自分の文章を読んで訂正確認中です。ごめんちゃい、あんましブログに入れてないんですよ~。お宅訪問も出来ず、ポチいいね返しもしちょらんですよ。m(__)m落ち着いたら回りまぁす

 

 

 

うらきゅん(56)

日本‘17年秋ドラマ

そこそこ観てる感じですねぇ

NHKは、

・下期の朝ドラ「笑ろてんか」

 はい、ハンサム男児を朝から拝むドラマだねぇ。

 千葉くん(なんで直ぐ死ぬの~)、桃李くん、一生さん

 んで、岳ちゃんときて、遠憲さんです。目の保養です

 お話も中々楽しいです。ニコニコしちゃいますよ

 

・土曜時代ドラマ「アシガール」

 漫画が原作の超フュージョン時代劇。設定も内容も可笑しいのよねぇ~。つい観ちゃう

 

・韓国ドラマ「オクニョ」は継続視聴中

 

 

〇日テレは、

・日曜夜の「今からあなたを脅迫します」

むふふふん、ディーン・フジオカさんがお好きなら絶対観てらっしゃるでしょ~。これは素敵というより、謎めいた迫力がある感じですねぇ。全体を漂う変な感じもいいですよ~(*^^)v

 

・土曜夜の「先に生まれただけの僕」

桜井君が羨まし過ぎるわぁ。かぁちゃんが男だったもう叱られてもぼーっとしちゃうよ。蒼井優ちゃんと多部未華子ちゃんに囲まれちゃってさ

 あ、でも内容は中々。サラリーマン校長頑張ってますよ

 

 

TBSは、

・火曜「監獄のお姫様」

ともかくキャスティングが豪華。ベテラン女優陣に圧倒さるれること間違いない。ともかく怪演です(゚д゚)(_)ウン

 

・金曜ドラマ「コウノドリ②」

 漫画が原作で、綾野剛さん主演のドラマの続きですね、間違いありませんよ。引き続きのキャストさん達の息もぴったりでともかく楽しい。あ、でもテーマは重いです

 

 

〇フジTVは、

・木曜劇場「刑事ゆがみ」

楽しいドラマとは言い切れないけど、滅多に連続ドラマに出ない浅野忠信さんと刑事初挑戦?の神木龍之介くんのタッグが面白い

 

・アニメ「いぬやしき」

中々衝撃的なアニメですが、興味深い。テーマソングの間の映像は、初めて大友克洋のアニメを観た時のような感覚になりました。

スーパーじじぃの活躍から目が離せませんな~

 

 

〇テレ朝は、

BORDER 先ずは「衝動~検視官・比嘉ミカ」

 もともとは、小栗旬君演じる霊の見える警察官のお話ですが、関係ある検視官役で波留さんが主演したドラマです。

とっても面白かった。「LINK」と服装は同じような感じなのに、印象が違いました。さすがに役者さんです

 この後ドラマが、「贖罪」10/29日曜21時からなので、感想を入れる暇がなさそうです。

 

・「相棒シーズン16」

今回は難しい立場の設定ですね~。面白いです

 

・「重要参考人探偵」

 まだ、見始めてばかりで。。。モデルで探偵役のジャニーズさん達の軽快な雰囲気とは違って、警察関係者が重鎮揃い。違和感が謎の重さを思わせて、逆に効果的になってるような?終わりに向けて愉しみですよ

 

〇テレ東

・要博士の異常な映画愛 勝手にセリフ変えてみました

 面白いです。映像と勝手にいじったセリフの絶妙なマッチングがともかく面白い、時に大笑い、時に含み笑い、時に苦笑い、、、ドラマじゃないけどご紹介しちゃいます

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

ほぼほぼまめごと(55)

ちっとも面白くないおはなしですが、ご用心あれ~ということでアップすることにしました

もしかして同じようなご経験のある方もおいでかしらん

ともかくみんな気をつけましょ

コマーシャルのように合言葉が効果ありそうですよね

自宅にかけた側が言うようにするといいかも

我が家でも検討しよっと

 

 

ほぼほぼまめごと(55)

長男話「尾崎先輩?」

ちょっと前の話ですが、長男が不在の時で夜7時ごろに電話がありました

「先輩の尾崎ですが、長男君いますか」

「尾崎さん?」(そんな女性の先輩聞いたことがないぞ?)

「はあ、先輩ですが、飲み会に今から来ないかと思って」

「飲み会ですか?長男の先輩で間違いないですか?」

(飲み会のお誘いが固定電話っておかしくねーか?)

「あ、不在ならまた今度お電話します」

ちょっと疑問を呈するとさっさと切られてしまいました、

名指しだったので、知り合いと言えなくもないんですが、以前3男君が電話に出た時に、兄の名前を言ってたことがあったので、急に心配になって、すぐ長男君に連絡

「尾崎?女?知らないな~。飲み会に誘われた?変だな」

「就職活動関係とかは?」

「いや、それも今考えたけど、そんな名前の人はいない」

「先輩としか言わないし、どこの先輩かとか名乗らないし、怪しげなんだけど、名指しだったんだよ」

「こえーな」

まさか、オレオレ詐欺も大進化を遂げていて、家族構成とかを丹念に調査してからその家に合った内容を提示する方向になってきたとか?

 家族でこまめにコミュニケーションをとっておかないと、うっかり知り合いだと思い込んで色んなことを喋っちゃいそうです。あぶないあぶない

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

うらきゅん(55)

おら風邪ひいちまっただぁ~(ノд-)クスン

はながぐるじい

のどがいだい

あたまがおもい~

台風も困ったもんです。各地の被害が心配です

 

 

うらきゅん(55)

韓国ドラマ「テバク~運命の瞬間」

「チャン・オクチョン」と「トンイ」の時代ですね。すごく役者の揃っている時代ですから、色々想像力を掻き立てられるんでしょうかねぇ

粛王様は「ペク・ドンス」で天を演じたチェ・ミンスさん。他にも「傲慢と偏見」「剣と花」「シンイ」「太王四神記」でもお目にかかりました。ともかく、すごく渋い魅力のある方ですよねぇ~。今回も何やらどすの利いた王様です( ̄▽ ̄)ニヤリ

 淑様には「匂いを見る少女」で厳しくて優しいプロファイラー役でお見掛けしたユン・ジンソさん。上品な感じのする女優さんですね

 陰で色んなことを操っているイ・インジャには名優チョン・グァンリョルさん。今回はちょっといやな感じの人

さて、因縁のある2人の若者には、チャン・グンソクくんとヨ・ジングくんが華麗に演じています

脇役さん方もベテランさん揃いで見応えたっぷり

 フュージョン時代劇好きな方なら面白くみられると思いますよ~

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«ほぼほぼまめごと(54)