2017年6月28日 (水)

ほぼほぼまめごと(39)

昨日はたははははっ

わけあって家に帰るのがとっても遅くなったので

4時ごろ遅い昼食を食べ終わったら、眠い。。。

ねむくてたまらたなくなって、横になった

爆睡~~~

目が覚めたら19時半、あーはっはっはっ

最早笑って誤魔化すにしても遅すぎて

3男児とぼそぼそレトルトカレーを食す羽目に

( TДT)ゴメンヨー、準備しておいた食材は今日使うからね~

 

 

ほぼほぼまめごと(39)

かぁちゃん話「こけっ」

かぁちゃんは、そもそもおっちゃこちょいなので、やらかすことが多いんですが、

今のバイトを始めてからも色々ありました(;^ω^)

んで、中でも恥ずかしくてしょうがないのが3つ

一つ目は、始めて間もない頃、お取り寄せのお品物を探してしゃがんでいました。さてありました。立ち上がろうとしたら、盛大にしりもち。。。スカートの裾を踏んでた。

 そのお客様は、たまにいらして「もう慣れた?」と心配して下さります。恥ずかしくて有難くて(;)ナハッ

 二つ目は、お取り寄せを伝票をおつくりしているときのこと。レジの場所の中で、右から左へと大急ぎで動いている際に、下に敷いてあるマットに蹴躓き、これまた盛大に転びそうに。。。幸い誰も引き込まず、右から左へとおっとっとっと。。結構な距離です。転びませんでしたが、やっぱりお客様に心配していただきました(;^ω^)

 三つ目は、つい最近のこと。お品物の在庫を調べて戻ろうとしたときのこと、行くときは気を付けてよけた籠の存在をすっかり忘れて、それに蹴躓いた~しかも、ぐるんと回ってしまったので、クオカードの機会を道連れにしてしまって、どんがらがっしゃん(;)これもまた、お客様にご心配を頂いてしまいました。

つくづく人騒がせな女でごじゃいます(´;ω;`)ウッ…

 

あーあ、いい加減おっちょこちょいを発動しない女になりたいわぁ(´Д`)ハァ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

うらきゅん(39)

うううっ(´;ω;`)ウゥゥ

頭が小説のことでいっぱいです

自費出版にかわりはないのですが、今回は出版社の方にお願いして、少しでも多くの方に読んで頂けるよう時間をかけて修正してました

それが、どうやら終わりに近くなり、後は校正を幾度か返し、表紙や帯を検討して完成させていきます

上手くいけば来年の2月頃に上梓です(;^ω^)

不安でたまりません。。。

前回は、自費出版だし好きなようにやってみようという意気込みだったんですが、少しでも多くの方の目に……と思うと、これでいいのかどうか迷ってしまって

ともかく頑張ります。

ブログも遅れないように更新しますね_(._.)_

 

 

うらきゅん(39)

韓国ドラマ「シンデレラと4人の騎士」

はい、そろそろツンデレ王子なお話を観たいと思っていたので選択いたしまた

 チョン・イルさんファンならきっとチェックしておいでとは思います。カン会長の次男の息子で、ツンデレ度ナンバー1のジウン役です。イルさんといえば、「美男ラーメン店」「お嬢さまをお願い「夜警日誌」「太陽を抱く月」とお目にかかりましたが、どれも素敵でした。今回は反抗的な態度が、主人公の女の子の存在でどう変わっていくのか、楽しみですねぇ

 カン会長の長男の息子ヒョンミンに、「星から北あなた」でかわいい弟役を演じたアン・ジェヒョクくん。ナンパで高飛車なタイプですが、女子に滅相弱いので、さて彼もどう感化されることやらワクワクしますねぇ

 カン会長の3男の息子ソウに、「愛しのソヨン」でソヨンに家庭教師をしてもらった子の役でお目にかかっていたようです。イ・ジョンシンくん。アイドル歌手でもてもてですが、一番常識的な印象です。事実はどうなんでしょ?

 さて、不幸な生い立ちから母に教わった「孫氏兵法」を縁に、カン会長から3人の孫の改造を依頼された女子高生ウン・ハウォンにお初にお目にかかりますパク・ソダムちゃん。始め、日本の女優さん剛力彩芽ちゃんに似ているように思ったのですが、暫くすると違って見えてきましたよ。

 先が楽しみですねぇ。

 そして、今回かぁちゃんのツボなのが、4人目の騎士なんだけど、孫じゃなくて総括秘書でありボデイガードでもあるイ・ユンソン役のチェ・ミンソンさん。クールかつ理知的でいいのよ~。「パスタ」「ヨンパリ」にもご主演されていたようですが、これでしょ~っっっ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

ほぼほぼまめごと(38)

ファイト

戦う君のことを

戦わない誰かが笑うだろう

ファイト。。。。♪

 

それでも一所懸命生きましょう

 

 

ほぼほぼまめごと(38)

2男話「絞られて②」

 さて、大学生になってはや3ヶ月。こちらも長男同様絞られてます。といっても。生物学的に。。。

 我が家から遠く離れた場所にあるキャンパスに通う2男君ですから、電車代だけで目の飛び出るような金額(~_~;)マジカ?さらに駅からのバス代なんて出ようはずもなく。。。。バス代は電車代より高いんですもん(;^ω^)

 んで、お願いして駅からは余程お天気が荒れない限り、歩いてちょーだいということになって。。。

 始めの内は慣れないせいもあったのか、40分以上かかるとぼやいていたのだ、このごろ30分を切ることも、、、

体重も10㎏近く減ってきて、どうやら身が軽くなって足取りも軽くなっている模様( ̄― ̄)ニヤリ

 このまま、あと10㎏痩せたらすんごくかっこよくなるにゃぁと(・∀・)ニヤニヤしてます。

そ、彼の場合歩くことによってダイエットに成功して、身が絞られているんです。えーこっちゃ(*^^)v

 こっちももっと絞られろ~と母の心の声が響きます

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

うらきゅん(38)

大輪の薔薇だけがお花ではありません

小さくて目立たない野の花も、可憐なお花です

どんな生き方をするかは、その人それぞれでしょうが、

お花を咲かせましょう

スマップさんのお歌の通り

どのお花もどのひとひらも

世界にひとつしかありません

私のようなおばちゃんもです

 

 

うらきゅん(38)

書籍「黄砂の籠城」松岡圭祐作

松岡氏の小説は、いつだっかた「万能鑑定士Q」をご紹介したことがありますよね

アクセス先:よしなしごと(40)「万能鑑定士Q」

http://manamana1.cocolog-nifty.com/blog2t15futatuki/2013/04/40-6c1b.html

「催眠」「千里眼」の各シリーズを始め「特等添乗員αの難事件」「探偵の探偵」「探偵の鑑定」「水鏡推理」と多作でもあり、映画化、ドラマ化と知らない人のいないような作家であり作品群でもあると思います。

でも、表題のこの作品これまでのものとは全く異なります。歴史小説でもあり骨太な作品でもあり。。。初めて見た時は、陳舜臣さんか北方謙三さんかというような表紙で、作者を見てえっ?となりました。

ともかく、松岡氏の作品なので買ってみて、今までと異なる作風にびっくり。たまに、今までにない表現や言い回しに戸惑ったりもしたけど、ともかく面白かった

日本と言う国が欧米列強と肩を並べるとみるか、アジアの雄とみるか、それともただひたすらに生きた人々を描いたとみるか、、、できれば人としてどうあるべきかを考えるよすがにしたいなと思いつつ。。。

今、改憲のことが色々言われている。日本国を守るのに自衛隊は必要だと思うし、守ってくれている自衛官達の生命を守るのに法的な根拠が必要なのも、理屈としては分かっている。でもね、歴史的にみて憲法やら法律やらは、解釈によっていかようにも利用されてきましたよ。その不安をきちんと取り除いてくれないと、おかぁちゃん的には賛成と中々言えないですよ。

おかぁちゃんとしての立場で物言うと、いかようにも解釈された挙句はどう?いかがな状況においても、人を殺さねば生き残れないような、人を殺すことが正義となるような、そんな世の中にもう一度してはならないと思うのです。世界情勢を鑑みるにそうはいっていられないんでしょうか?世の息子をもつおかぁちゃんはみんなそう思ってるんじゃなかろうか?誰にどう感傷的と言われようとも。。。

あ、話が逸れましたは、書籍は、帯にあるような評価はともかくも、歴史に埋もれていた事実にスポットライトが当たって、素晴らしい人物についてご紹介してもらった感じです。多分知っておくべきだと思う。

せひご一読を~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

ほぼほぼまめごと(37)

あら?また忘れてました(;)

作品を上梓するまでこんな感じかもです(;^ω^)

見捨てず、待っていておくれやすぅ

 

 

ほぼほぼまめごと(37)

長男話「絞られて

さて、今年、無事に大学院に進むことができた長男君、今までの普通の大学生活と一緒と言う訳にはいかないようですよ。そらまーそうでしょーねー。何しろ院生ですから、ひとつ専門職に近づいたわけで。。。

 卒論を基に、このたび学会で発表とあいなったようなのですが、その日の家族メールに

「学会発表終了。質疑応答であっという間に殺されました」

(´∀`*)ウフフフ瞬殺された模様

そらそーです。仮にも「学会」です、たかが「卒論」くらいで、専門職の皆様をうならせるほどには、君は天才じゃーない。本人が一番分かってはいるでしょうけどね。。。

卒論のために読んだ書籍の何十倍もの書籍を読んで備えていたとしても、撃沈したでしょうに。。。そんな風には見えませんでしたもん。勉強不足をよくよく感じて、更に邁進してちょーだいね

このくらい、乗り越えないまともな「修論」は期待できないでしょうし、「院卒」というのも烏滸がましいでしょーものねぇ

もっと絞られてこいや~(イジワル母の心の声です)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

うらきゅん(37)

この土曜日、3男君の部活の練習試合

相手校と実力差があって負けてしまいました

本人もエンジンがかかるのに随分時間がかかりました

悔しいようです。何が足りないか、何を反省したらいいのか、いっぱい考えて次に生かして欲しいな

そのための練習試合ですからね(*´ω`*)

さ、かぁちゃんも同じです。いっぱい考えましょ

 

 

うらきゅん(37)

韓国ドラマ「オーマイビーナス」

ん~ちょっぴりぐっときて、でも時々きゅんときて、全体的に何やらエロかわいいお話で、楽しめました

医療法人の後継者であるけれど、訳あってトレーナーをしていたキム・ヨンホに、泣きの演技が沁みるソ・ジソプさん。「バリでの出来事」「ガラスの靴」「ごめん、愛してる」「主君の太陽」「ファントム」でお目にかかりました

 2年目の弁護士カン・ジュウンにお目目パッチリえくぼがかわいいシン・ミナちゃん。「アラン使道伝」「魔王」「僕の彼女は九尾狐」にて。。。

 かぁちゃんのツボに入ったのは、カホングループのミン秘書室長を演じたチェ・ジノさん。「ファントム」「シティーハンター」でちらっと。でも、この作品の役がよかったと思うなぁ~。いい叔父さんって感じが

 お時間あればぜひ~(*^^)v

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

ほぼほぼまめごと(36)

ちょっと横に、、、のつもりでの昼寝なのに

ここのところ爆睡してしまいます

昨日も2男君にドンドンドンとふすまを叩かれて

びっくりして目覚めました

それがなければいつまで寝ていたことやら(;^ω^)

お疲れ模様のかぁちゃんだす(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

ほぼほぼまめごと(36)

かぁちゃん話「肝油ドロップ」

かぁちゃんは言いたいじょ!!

表題のカ○イ肝油ドロップなる栄養剤。子供の頃からあったような気はするけど、こんなに美味しくなくてサカナ臭くて、嫌々食べたような気がするんだにゃ。それが、長男君が幼稚園の時に久々にお目にかかったら、これが臭くなくて甘くて食べやすい。そのおかげで、我が家の常備剤になりました

 少し調子が悪くなりかけた時や、風邪を引いて風邪薬を飲むときには必ず抱き合わせで飲むのがとぉちゃん以外の我が家の方針。

 そのせいかどうか、ともかく治りが早い。

2男君は、幼児の頃、よく中耳炎になったのですが、それも病院でもらった薬と一緒に飲むと、わずか3日で完治してしまったり。長男君は、インフルエンザもタミフルのお陰かもしれないですが、やはり一緒に飲んで1日で好転しましたよ。3男君に至っては、自ら早め早めに服用するため、ほとんど風邪をひかない。。。もちろんかぁちゃんも。

 じゃが、常備剤なのに、ここ半年我が家にはカ○イのがなくて、似たようなものがテーブルに載っていました。効き目は、気分の問題かもしれないけど、今一つ。。。

 それが、先日いつも行くドラッグにありました。3つあったので、早速買い占めです( ̄▽ ̄)そこで、店員さんに確認したら、、、

「次いつ入荷するか分かります?」

「それがよくわからないんですよ。何しろ中国の人がどんどん買い占めてるみたいで、生産が追い付かないらしいんですよ」

「まじか~、こんなところにも爆買いの影響??」

中国の皆さん、お願いしますよ。元々買っている人が困らない程度に買って行ってくださいよ。お蔭でかぁちゃんてば身体の調子が今一つすぐれないし、3男児も体調不良になりやすいんですよ~_(._.)_タノムヨ~

 ってか、メーカーさんはウハウハなんかい??

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

うらきゅん(36)

もっと本を読まなくちゃ

もっと知識を増やさなくちゃ

もっと考えなくちゃ

もっと、もっと、もっと、、、

私の欲は知識欲ってやつなんでしょうか?

50を過ぎても世の中は知らないことに満ちている

自分を追い詰めすぎないように、がんばらなくちゃね

 

 

うらきゅん(36)

書籍「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」ケント・ギルバート作

ケントさん、正直、喋るのは相当上手だけれど、文章もこんなにも上手だとは思いもしませんでした。

何よりよく調べてよくご存じなのにオドロキました

彼の著作は、ある世代以上からの支持は厚く、沢山の方がお読みになっているので、今更という感じもしますが、その視点がとても興味深かったのでご紹介します

一番えっと驚いたのは、101ページの韓国の英雄「安重根」の解釈です。これが事実なら、日本人だけでなく韓国人もきちんと知るべきでしょうね~。それにしても、韓国で漢文をきちんと理解でしる普通の人は多いのかしら?また、攻撃的な批判を受けそうですが()ゞ。。。

それから、感動したのは149ページのウズベキスタンでのことです。この事実は、ともかくも語り継ぐべきものだと思います。いかなる立場いかなる状況においても、決して失うことのない凛とした筋を忘れてはいけないと。。。

なんていう思いの連続でしたよ

ただね、かぁちゃん達のような庶民的なレベルでは、儒教的であれ非儒教的であれ、どこまで影響されたかはよく分かりません。そういう画一的な言葉では表現できない奥深いところで、儒教的であったり武士道的であったりはするんでしょうねぇ。それでも、一人の人として凛とした存在でありたいとは思いますよ。自己中なのではなくて、謙虚な人でありたいなぁ……

ともかく、かぁちゃんは特別国粋主義者ではないけれど、まだまだ一人の日本人として知らないことが多いなと思いました。

若い方には特にご一読をお勧めいたします

 

他にも著作は多くておいでなのですが、いかんせん本屋さんでのお取り扱いは既に少なくなってしまっているようですが、新作の「日本覚醒」もちろん手に入れやすいかと思います。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

ほぼほぼまめごと(35)

またも予約忘れです(;^ω^)

なんだかねぇ、真っ当にできた週がないわぁ

でも、今日のは面白いのでぜひ読んでちょ~

 

 

ほぼほぼまめごと(35)

3男話「持ってる男」

かぁちゃんは、かなり鈍足です。走り方はきれいだと言われつつ(褒めどころがそこしかなかった?)、足が速かったのは早生まれがお得だった小学1年生の時だけ。。。

早生まれったって、学年でなので4,5月生まれのことですよ。本当の早生まれはハンデだらけで苦労したと思う

 んで、小学1年の1位から小6になる頃には、気が付けば6人走れば6位までずるずると下がっていきました。

特に努力もスポーツもしなかったからねぇ(;^ω^)タハッ

ゆえに、結婚相手はスポーツが得意な人と思っていて、とぉちゃんは高校生の頃テニスで県大会優勝したとかしないとかと言うので、期待してたんだけど、足は普通だったそうで。。。なので、3男児にもちっとも期待しとらんかったのね(´∀`*)フッ

 長男君は、中高生でテニスを頑張ったので、リレーの補欠になるところまでいきましたよ。2男君は、でっかいがたいを支えるために、スピードは期待できず、かぁちゃんに似て鈍亀ちゃん(;)ハハッ

 リレーとは縁がないと思ってたんですけどね。ついに3男君にいたって、先週の体育祭でクラス対抗と男子リレーの2種類に出ることに

サッカー部の子がクラスにいればそうはならなかったんでしょうけど、他に速い子がおらずという訳ですが、それでも縁のなかったリレーに息子が出るというエキサイティングな事実に、前日からアゲアゲ気分でしたぁ~♪

そして、本番。なんと1位でバトンを受け取り、見たこともないような感じで駆け抜け、このままあの白いテープを切るのかぁ~、と期待が最高潮に高まったその時、

つるっこけっ。。。。。ゴールを目前に見事に転んだ(-_-;)

そして、全員に抜かれビリでゴール

さすが、持ってる男は違います。最期にちゃんと落ちまでありました(*´艸`*)くふふ

仲良しの同級生曰く

「うーん、あのまま、まさかの4つ足になって駆け抜ける気かとおもった」

………そうすればビリはまぬかれたかも(母の心の声)

生涯でたった一度だったかもしれないチャンスを、何気なく逃した3男君であった(;)

そうそう左足に結構な擦り傷ができてましたわ()

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

うらきゅん(35)

50肩かしらん。いてー

右肩が痛くてあがらんじょー

肩たたきで叩くと暫く楽になるけど、すぐ戻っちゃう

どうにかなんないかしら

さ、気分を変えて。あげあげでいきましょ~♪

 

 

うらきゅん(35)

韓国映画「ハッピーログイン」

あい、またまたアインさんが出ている映画です(^^♪ルン

3組の男女の恋愛模様をさらりと描いています

一組目、「冬ソナ」のチェ・ジウさんと「ホジュン」のキム・ジェヒョクさん演じるCAとシェフの二人。ゆえあって、同居することに。兄妹のような関係からやがて愛を育むようになっていきます

二組目、「六龍が飛ぶ」のユ・アイン♪さんと「キムマンドク」のイ・ミヨンさん演じる兵役後の人気俳優と脚本家の二人。兵役前からどうやら何かあった模様の二人は、素直になれない愛に苦しみます。コートキスがラブリー

三組目、「未生」のカン・ハヌルくんと「ファントム」のイ・ソムちゃん演じる天才作曲家とドラマプロデューサーの二人。初恋と一目ぼれで、初々しい恋愛関係を築きます。すごくキュートでした

それぞれの恋が優しくて温かい。ほのぼのする映画でしたよ(#^.^#)

え?アインさん?うへへへへっ、かわいかっこよし

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ほぼほぼまめごと(34)